僕は小学五年生でした。

 そのころ僕は、友達に見せてもらったHな動画に、心がモヤモヤしていました。

 それはきれいな女の人が、男の人のチNポをなめたり、口の中に入れたりして、チNポの先から白いおしっこを出すものでした。

 友達は「これは『フェラチオ』って言うんだよ。」と教えてくれました。
 それからというもの、僕はそのフェラチオの事を考えながら、チNポをさわると気持ち良くなるようになりました。

 六年生になると、僕は固い自分のチNポをさわっているうちに、一瞬身体がピクッとして、チNポの先から白いおしっこが出るようになりました。
 僕は、あのフェラチオの動画を心で脳内再生しながら、男の人が白いおしっこを出す瞬間に 僕も白いおしっこを出すように手を動かすと、すごく気持ち良くなることを覚えました。

 でも、僕の心の中で再生される動画は、あの時の動画と違っていました。
 男の人は、パパに変わっていました。そして、フェラチオしてるのは
 僕に変わっていました。

 僕は小さい頃から、パパのチNポに魅力を感じていました。
 パパといっしょにお風呂に入ると、パパはよく、
 「ママにはないしょだよ。」
 と言って、排水口の上にしゃがんでおしっこをしました。
 茶色い皮の先にあらわれるピンク色の先っぽから、ジャアジャア音をたてておしっこを噴き出すパパのチNポ。
 
 僕が、初めてチNポをさわる時に思い浮かべたのは、女の人のヌードではなく、パパのチNポだったのです。

 夏休みの半ばになったある朝でした。
 その日ママは親類の家に用事があって、夜通し留守でした。
 朝はやく、まだ暗いリビングに行くと、夜中のスポーツ中継を見ていたパパが、オフのテレビの前でパンツ一枚で眠っていました。

 僕はこっそり近寄りました。
 そして、パンツのふちに指をかけてずらしてみると、パパのチNポがプラ〜ンと跳ねあがりました。
 (パパの……チNポ……『朝立ち』が始まってる……)

 僕はパパのチNポを軽くにぎると、ピンク色の先っぽを口の中に入れました。ずっと憧れていたパパのチNポの形を、舌の先で描きながら、それがみるみるうちに、口の中いっぱいに広がってくるのを感じとっていました。

 「え、誰?」
 パパが身体を起こして言いました。僕はかまわず、チNポをいっそう深く吸いこんで舌を動かしました。
 「キ、キミ…… ダメだよ……」
 パパが、チNポをなめているのが僕だと気づいたようです。僕はあの動画で女の人がしていたように、パパのだらんと垂れ下がったキンタマを揺らしました。
 「あ…… ダメだ……」
 そう言ったパパのチNポから、熱い液が僕の口に噴き出されてきました。
 口の中で感じたニオイから、それが白いおしっこだと言うことがわかりました。
 「…………」
 パパは黙って僕の頭をなでました。僕は柔らかくなっていくパパのチNポを口にしたまま、何も出来ずにいました。
 パパがいきなり立ちあがりました。そして僕を「お姫さまだっこ」して、足早にリビングをあとにしました。

 パパは、僕をパパとママの寝室に連れてきました。ベッドの上に寝かされた僕は、いつの間にかパンツも脱いで裸になっていました。
 パパは僕のチNポをつまみました。
 「キミはもう、ここをさわって白いおしっこを出してるんだね。」
 パパの言葉に僕がうなずくと、
 「そんな悪いイタズラを覚えてしまって…… そのはけ口に、オレのチNポを選んでくれるなんて。」
 パパはチNポをつねるようにねじりました。
 「ごめんなさい…… パパ… ごめんなさい!」
 僕が言うと、パパは
 「罰だ。罰をするから、目を離さずにちゃんと見てるんだぞ。」
 と言いました。
 
 (罰って、どんな罰だろう……)
 怖くなった僕がちょっと涙目になってパパを見ていると、パパは僕のチNポに顔を寄せて、長く舌を出すとペロッと僕のチNポをなめはじめたのです。
 (うわぁっ!)
 僕のチNポは弾むように固くなりました。
 パパはななめ上を向いて固くなった僕のチNポに、舌をヘビのように巻きつけたり、キンタマのところから先っぽの方へと一筋になめたり、唇をすぼめてチNポの先っぽの皮の内側に舌をチロチロと差し込んだりするのです。
 (パパっ、ダメ…… )
 僕はチNポを唇に当てるパパに呼びかけようとしました。でもあんまり気持ち良くて声になりません。そして僕のチNポの先から、白いおしっこがダラダラとあふれて来ました。
 パパは口の周りに白いおしっこをつけたまま、ニヤッと笑いました。

 「どうだった?」
 そう聞くパパに僕は、
 「すごかった……」
 と答えるのがせいいっぱいでした。

 パパは僕のチNポのまわりや、自分の口もとをウエットティッシュでぬぐうと、僕の横に寝て僕を抱きしめました。

 「キミのフェラチオ、すごく上手だよ。」
 パパにそう言われて僕は恥ずかしかったけど、パパの目を見て言いました。
 「パパの……ペロペロしてくれたの……気持ちよかった。」
 パパは僕のチNポを軽くさすりながら言いました。

 「『見えるフェラチオ』っていいだろ。」
 「見えるフェラチオ……?」
 パパは僕の顔を見つめて言いました。

 「口の中にすっぽりチNポがおさまったフェラチオが本流だろうけど、パパはそんな……ブラックボックスみたいなフェラチオより、自分の好きな人が自分のチNポをなめているって姿を見ながら気持ち良くなりたいんだ。
 だから、キミのチNポを口の中におさめないで、チNポと舌の姿を見せながらなめたんだ。」

 パパの言ってることは、よくわからなかったけど、パパといっしょに寝ている僕の心の中には、パパが僕のチNポをなめている姿が、ナマで見たときよりもエロく僕の心で再生されていました。

 「この次は、僕がパパに『見えるフェラチオ』をしなくっちゃ。」
 夏休みは、まだ残っていました。