夏休みに入って数日後、今日は通っているスイミングスクールで水泳大会だ。

自分もなぜか選手になっている。予定表を見ると、9時集合、10時開始で10時10分から自分が泳ぐ番になっている。

といっても、まだ通い始めたばかりでまともなクロールもできないのだけど、なんとなくの平泳ぎでもいいらしい。

ママと一緒にいつものバスに乗り、スイミングスクールについた。

早速着替える。ママから渡された海パンは、いつものものが洗濯中に破れてしまったとかで、いつもと違う色だ。


何かごわごわした感じがする。着替え終わったら、ママからスイミングの事務所に呼ばれているといって一緒にいった。

すると、別のクラスの真夏ちゃんも来ていた。彼女は自分より1学年上の3年生だ。ほかにも2人別のクラスの子が来てた。


30分くらい、授業のこととか学校のこととか聞かれた後、先生に連れられ体操室に行った。

もうみんなそろっていた。自分の出番までここで待つんだけど、自分は2番目だからすぐに呼ばれた。

全部で4人、でもあとの3人は別のクラスの子で誰も知らなかった。

いつものようにプールへ行くんだけど、なぜかシャワーが止まっていた。


スイミングの女性コーチに連れられてプールサイドにいくと、25メートルプールの周りには客席が出来ていてみんなのお母さんとか知らない女子中学生や女子高生や幼稚園児の女の子がいっぱいきてた。

それを見て、去年、遠足で高原パークへ行ったときのミニコンサートの客席を思い出した。


先生から、4人全員プールに飛び込み、ゴールしてプールから出たら、そのまま立っていてね、みんなの記録が発表されるからね。と言われた。


飛び込み位置に立った。

自分は2番レーンだ。パン!というピストルの合図をもとに、足から飛び込んで平泳ぎしていった。

半分くらい泳いだらでなんかおちんちんのあたりが変な感じがした。ちょっと手で触るとパンツが消えていた。

えー、慌ててプールの中で立ち止まったら、やっぱりパンツがなくなっていておちんちんが出ちゃってる。

ふと見ると、あとの3人はもうゴールして上がっていた。見ている人たちは、大輔君頑張れー! と応援される。

何とかゴールのところまで来たけど、プールから上がったらおちんちん丸出しになっちゃう。どうしよう。

でもみんな頑張れーとか言われてるし・・・


そのときだ、客席の脇から大輔くーん と叫びながら「わんぱくどっきりカメラ」というプラカードを持ったお姉さんがやってきた。

何度もテレビで見たあれだ。

そうか、自分がターゲットだったんだ。そうしたら見ている人たちもみんな笑い出した。

ちくしょー、ちょー恥ずかしい。

テレビでは何度も見て笑い転げてたのにまさか自分がやられるなんて、そうしてるうちにママも笑いながらやってきた。

えー、ママもどっきりのこと知ってたの。


ママに言われておちんちん隠しながらプールサイドに上がったら、僕のお尻を見て客席の人にまた笑われた。ママが笑いながら、プールサイドに置かれていた箱を指さして、あそことそこにカメラがあったんだよ。とか言うから、やっぱりテレビに映ったらしい。

プラカードのお姉さんがマイクで僕にいろいろ言ってくる。

お姉さん「大輔君、その水着変だなって思わなかった?」

自分(正直に答えた)「わかんなかった」

お姉さん「大輔君パンツが溶けたとき、すごい焦った顔してたよ」(ここで見てる人が笑い出した) 

そうしたらママとお姉さんが「ほらほら、ちゃんと気をつけしなきゃだめだよ」、と言っておちんちん隠していた腕をつかんで来た。

客席に来てるみんなのお母さんとか先生の前でおちんちんを見られてしまった。

見てる人みんなに大笑いされた。知ってる女の子も居るのに、とても恥ずかしい。

そしたらお姉さんが「恥ずかしいの?」と聞くから「恥ずかしい」というと見てる人みんなまた笑い出した。

本当に恥ずかしい、早くパンツとか履かせて、と思ってたら、お姉さんは客席に向かって「はーい、それではみなさんせーのでお願いします」というと、「せーの、大輔君わんぱくどっきり大成功!」と見ている人みんなに言われた。すごい悔しい感じがした。


撮影が終わったのか、お姉さんは後ろへ戻り、ママは裸の自分を客席の後ろに連れていった。

そこに椅子とテーブルが何組があって、椅子に座るとテレビ局の人がやってきて、どうもありがとう。とても楽しい映像が撮れたよ。

とか言われたけど、僕は放送されて自分の騙されたところがテレビに映るのが嫌だった。でも、来月の放送で使われるんだって。

どっきりは1か月くらい前から準備していて、先週はお母さんとかスイミングの人とか打ち合わせもやってたらしい。

カメラが、プールの周りに3台、泳ぐ前に待ってた体操部屋にもあって、ずっと僕のこと映してたんだって。

みんなどっきりのこと知ってるのに、僕だけ何にも知らないで泳ぐ前のところから映されてたなんてマヌケで恥ずかしいところが映ってるはず、あーやだやだ


そうしているうちに、ママが友達のお母さん何人か連れてきた。結城君や剛君のお母さんだ。

みんな裸の僕を見て、「大輔君、面白かったよ」「大輔君、おちんちんばっちし映ったよ」とか言われ、また恥ずかしさがこみ上げてきた。

いつパンツくれるの?ってママに聞いたら、テレビの人が午後に裸で並んでもらうからそれまでだめだって。


裸のまま待っていると、僕以外にも3人騙されて裸になった子がやってきた。

みんな恥ずかしがっている。しかも2人は女の子だ。女の子のあそこってどうなってるんだろう。

じっくり見たいけど、ママの前だから恥ずかしくてじろじろ見れない。


お昼ご飯を食べ終わったころ、だまされた裸の子たちがテレビの人に集められ、これから記念撮影をするっんだって、さっきの客席に連れられると、みんな客席から降りてプールサイドにいた。

そこへ、僕たちだまされた4人が裸のまま客席の真ん中に立たされ、後ろにぼくたちのお母さん、隣にプラカードのお姉さん、僕たちの下にだまされなかった子供たちが立ってる。

テレビの人の合図で、みんなで「わんぱくどっきり大成功!」というのだけど、女の子が恥ずかしがってあそこを手で隠そうとする。

そのたびにやり直しになった。僕は恥ずかしいけど、早く終わりたくてずっとおちんちん見せていた。

20分くらいしてやっとオーケーとなって全て終わった。

僕たちはその場でスイミングの女性コーチからいつもの水着を渡されて着て、1時間の自由時間でプールで遊んだ。

でも、女の子から、大輔君ぶらぶらしてたよと言われた時はすごい悔しかった。


次の日、ママに言われてまたスイミングに行った。撮影の続きというだけで何やるかわからない。

ちょうどお昼ご飯のときにスイミングについた。スイミングの人に連れられて体操室に行く。

昨日泳ぐ前の控室って言われていたところだ。中には裸の子供たちが何人か座っていた。

今日も同じどっきりをやったらしい。そうしたら、ママがいきなり、さあ、服全部脱いでって、シャツを脱がせ始めた。

そうしたらテレビの人が説明してくれた。昨日と今日のどっきりで8人の子が騙されて裸になった。

でも、テレビでは1つのどっきり企画だから、8人全員裸で記念撮影をしたいから、昨日騙された大輔君ももう一回裸になって、みんなと一緒に並んでほしいって、しかも、今度は外でやるんだって。

半ば無理やり脱がされているうちにもう一人も来て、8人全員が裸になった。

そうしたら、テレビの人が行くよというので、正面玄関から外に出て駐車場にいった。

裸で外に出るのが恥ずかしい。駐車場にはたくさん人がいたみんなのお母さんとか女子中学生や女子高生や幼稚園児の女の子たちも来たみたい。

スイミングの子供たちもいるけど着替えて普通に服着てる。

その前で、裸のまま立って、「わんぱくどっきり大成功」と言わされた。

外でしかもみんな服着てる前で自分達だけ全裸、しかも、ママが後ろに立って僕の手をつかんでいる。

スタッフの人の指示なんだけど、みんな手でおちんちんやおマンコを隠させないようにするらしい。

撮影が終わるまで丸見えな状態だったんだ。


撮影が終わったら、スイミングの女性コーチがタオルをくれたのですぐに体に巻いた。

そうしたら、同級生の女の子とその子のお姉ちゃんと妹がやってきて、大輔君、面白かったよ。なんて言われた。

同級生の女の子もとその子のお姉ちゃんと妹もどっきりのことは知っていたんだ。そうやって昨日のプールのことを思い出すとカーッと恥ずかしさが出てきた。