mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2015年11月

30 11月

情報網

俺は夜の仕事が多い。妻も働いていて、幼稚園の子供の行事やお迎えは俺の仕事になる事が多い。
そこで人妻達と会う機会が多いと思う。
ある日友達と飲みに行っていて、偶然隣の席に子供の母親達がいた。
向こうは4人で来ていて、結構飲んでいたみたいで、すぐに同席するように言われてしまった。他の3人も同じ幼稚園の子供がいるみたいで、そう言われてみれば顔を見た事があるなと思っていた。向こうは俺の事を知っていた。男親が迎えに来たり、行事に出たりするのは目立つらしい。
その中で、Y子が俺にやたらとくっついてきたり、話しに割り込んできていた。今思うと俺を見る目も誘うような色っぽい目をしていた。
母親と言ってもみんな30歳前の女。それも人妻の色気をプンプンさせた女たち。
俺も友達も乗せられていた。帰ることになって、それぞれ別れて、しばらく歩いていると、後ろから自転車でY子が追いかけてきた。
「途中まで同じ方向ですよね、一緒に帰っていい?」
「いいですよ、一人じゃ危ないよね」
「もう私なんかじゃ大丈夫だろうけど、やっぱり怖いから」
自転車を降りて俺の隣を歩いていた。
話しながらY子を観察すると、胸元が谷間が見えるくらいの服でワンピースがミニ。下にスパッツみたいなのを履いてたけど、かなりそそった。
「○○さんって若いよね」
俺はY子と目があって、観察してるのがばれたかと思って言った。実際若く見えていた。
「えっ〜、それって服装のこと?」
「違うよ、見た目」
「そうかな、でもうれしい、●●さんこそかっこいいよ」
「うそだよ」
「ほんと、幼稚園のお母さん達にも人気あるよ」
「○○さんは?」
ダメもとで聞いてみた。
「私もいいなぁ、って思ってましたよ」
俺はもう我慢限界。そうやって歩きながらも体を不自然に寄せてくるY子にどうしようもなかった。
「ちょっと休んでいこうよ」
すぐ近くの小さい公園に連れこんだ。
自転車を止めたY子の手をすぐに引っ張って公園の奥に連れて行った。
「あ、えっ、だめよ」
と言ってたが、ほとんど抵抗らしい抵抗もなく、1番奥のベンチに座らせた。そしてキスをしていた。
初めは「むぅうう」と舌が逃げ回っていたが、すぐに絡めてきた。
Y子の体を触りはじめると、脱力したようになり俺に体を持たれかけていた。ワンピースなので下から胸まで全部めくって舐めまわした。
「恥ずかしい、でも気持ちいい」
感じてくれていた。足をベンチにあげて、黒のスパッツに黒のパンティーを脱がせて、マンコを責めまくってやると、自ら口を押さえて声を押さえながら体を硬直させながらイッタ。
「俺にも」
とズボンを下ろしチンポをY子の顔の前に持っていった。もうギンギンのチンポは反り返っていた。
「大きい」
手で持って舐めはじめた。
「硬くて、すごい、こんなの初めて」
俺はその言葉に奮い立った。
Y子を立たせて後ろを向かせて、ベンチに手を付かせると一気に後ろから入れた。
「だめ、あふれる、きついよ、ダメダメ」
夜の公園でかなり大きな声で言われてしまった。
俺は置いていたY子のパンティーを渡して口に入れるように言った。
「だって、すごいもの、全部入れられたら壊れそうだし」
「だいじょうぶだよ」
俺は思いっきり後ろから突きまくった。
Y子は俺が手でお尻を支えてないと崩れていくくらい脱力して、何度もイッタみたいだった。
最後はY子のお尻に放出した。
「ものすごいね、こんなの初めて」
「俺もよかったよ」
「また、会ってくれる?」
「ああ」
そう言って別れた。
それからしばらくしてのことだった。
子供を幼稚園に送り、家に帰って少しだけ家事をしようかと思っていたら、Y子が走ってきた。
「こんにちは」
「ああ」
「この前のことお友達に話したら、●●さんの大きいモノ見たいっていう人がいるんだ」
「えっ」
俺は耳を疑った。誰に話したんだ?
「ほら、あの人」
少し離れた所に清楚な人妻が立っていた。
顔は知っていた。子供の送りやお迎えで見た事がある。いつもスカートをはいていて、清楚な感じの品の言い奥さんだ。
「今度でいいから見せてあげなよ」
「いいけど」
俺はちょっと怒っていたが、その奥さんを見て、すぐにスケベ心に火がついた。
「ねえ、見せるって事は・・・、わかってる?」
「ああ、そっちこそ誰にも言うなよな」
「ごめんね、あと3人は待ってるよ、●●さんの大きいモノ」
俺はゾッとした。ちょっと考えると人妻といい関係になれるから、得した気分だが、1週間くらいしかたってないのに、もうそんなに話がまわってると思うと、ゾッとしてしまった。
ただ人妻好きの俺は喜ばしいと思う。

30 11月

マンコ専用便所女

俺は名古屋の荒畑の辺りに住んでいるバカ女をマンコ専用女にして、ハメ撮りしてやっている。
自分がたいした服を着ているわけでもないのに、道ですれ違う人の服装にあれこれ難癖を付けてはアハアハと笑うバカ女なので、毎回オマンコするたびに鼻の穴に顔面シャワーして、鼻の穴からチンボの汁を飲み込ませてやっている。
そんで鼻の穴からチンボの汁を垂らしたクソマヌケなアホヅラをデジカメやビデオでバッチリ撮影してやっている。
バカ女は自分がイケてると思い込んでいるようだが、俺にとっては都合のいい便所女に過ぎない存在なのだ。

この前の休日は一日中ハメ撮りして、バカ女のムチムチの肉体を思う存分もてあそんでやった。
俺はビデオをセットしてから、いきなりチンボ丸出しになって、ションベンくさいチンボとクソをしてから二時間くらいしか経っていないケツの穴をねぶらせてやった。
バカは「ヂュボッ!ブチョッ!」と汚らしい音を立ててチンボとクソ穴をむさぼりまくっていた。
そんでチンボがビンビンになってから、バカメスのマンコとケツの穴を交互に舐め回して軽く一回いかせてやった。
それから正常位でチンボをマンコにぶち込んで、ブチュブチュとディープキスをしながら腰を左右にクネクネさせてピストンして立て続けに二回いかせてやった。
次は四つんばいにして、バックから必殺のマッハピストンでドスバスに突きまくってやった。
バカ女は「ぬわぁぁぁーっ!」と絶叫して完全に昇天してしまった。
そんでフィニッシュは「顔面シャワー!顔面シャワー!」と叫んで、ものすごい勢いでものすごい量のチンボの汁を、バカの鼻の穴にめがけてぶっ放してやった。
俺のチンボの汁は白い放物線を描いて、バカメスの鼻の穴にズボボボボーッ!と飛び込んでいった。
鼻の穴に精子が直撃した瞬間、バカ女は「グハッ!ンガッ!ゲハァァァーッ!」などといかにもバカらしい無様な呻き声を上げた。
俺は「そりゃっ!そりゃっ!精子ぢゃ!精子ぢゃ!」とか言いながら、容赦無く精子をぶっかけ続けた。
俺はチンボだけでなくキンタマもデカいので、精子の量も人並み外れて多い。
その時も射精は十秒以上続いて、見る見るうちにバカメスの顔面はヌルヌルのザーメンでドロドロになっていった。
バカ女は鼻の穴が両方ともチンボの汁でふさがってしまい、鼻の穴で息ができなくなっていたので、口を大きく開けて「ハガーッ!ハガガアーッ!」などとキチガイのように喘いでいた。
俺は「ホントにバカとしか言いようがねえな、このアマ」としみじみ思った。
そんで俺はニヤニヤ笑いながら、バカのハナタレヅラを覗き込んで「ブタァ、メスブタァ」とののしってやった。
それから鼻の穴からチンボの汁をダラダラ垂らしたブタ女のマヌケヅラと、だらしなくパックリ開いたスケベマンコをデジカメで何枚も撮影してやった。
そんで鼻の穴にチンボをグイグイ押し付けてブタ鼻にしてやったり、チンボを頬にビタビタと叩きつけてチンボビンタをして、更に屈辱的な気分を味合わせてやった。

それから「ケツの穴舐めろや」と言って、メスブタの顔の上でウンコ座りしてケツをビタッ!と顔に押し付けて、ケツの穴に舌を挿し込ませて三十分くらいクソの穴を舐めさせてやった。
そんでチンボがボッキしてからブタをマングリ返しにしてチンボをぶち込んで、俺のケツの穴とチンボがマンコに入っているところを見せつけながらピストン&回転運動をしてやった。
ブタ女は「すごいチンボ!すごいチンボ!」と泣き叫んでいた。
俺は「おら!もっと泣け!わめけ!この浅ましいメスブタが!」とののしりながら、更に激しくマッハピストンしてやった。
ブタは完全に気が狂ってしまって、恥じらいも忘れて俺の目の前で鼻水を垂らして、「マンコ気持ちいい!もっとオマンコして!マンコ!マンコ!」だの、「マンコイグ!マンコイグ!チンボッ!チンボッ!チンボチンボチンボチンボ!」だの、卑猥な言葉を叫びまくっていた。
俺はいったんチンボを抜いて正常位にして、フィニッシュに向けてファイナルピストンしてやった。
ブタ女は無様にも両方の鼻の穴から薄汚い鼻汁を垂らしてアヘっていた。
俺は心の底からメスブタを軽蔑して、鼻の穴に指をズボッ!と突っ込んで鼻の穴とマンコを同時に犯してやった。
そんで「くたばれクソアマ!」と叫んで、クソメスの鼻の穴に思いっきり顔面シャワーを浴びせてやった。
俺がチンボの汁を出し尽くすと、クソブタは両方の鼻の穴からネバネバの粘液を垂らして、「ハガァ?、ハガガァァァ?、ヂンボォォォ?、ジヌゥ?、ジヌゥゥゥ?」などと訳のわからないことを言って悶えていた。

それからクソ女を風呂場に連れて行って、顔にめがけてションベンをぶっかけてやった。
もちろん精子を顔射する時と同じように鼻の穴にションベンが入るように顔射してやった。
クソアマは顔をしかめて「ヴババババッ!」と凄まじい叫び声を上げていた。
俺は情け容赦無くクソメスの鼻の穴にめがけてションベンをジョビジョバと噴き出し続けた。
俺はニヤニヤ笑いながら「ふふふふ、くらえやクソブタ、俺様の熱いションベンをよ」と冷たく呟いていた。

三発目はケツの穴にチンボをぶち込んでやろうと思って、クソ女を四つんばいにしてケツの穴にローションを塗りたくってから、指をズボズボと突っ込んでよくほぐしてやった。
クソアマはアヘアヘ言ってよがっていた。
指を抜くとクソメスのクソがベッチョリとこべり付いてきたので、鼻先に指を持っていって「ほれっ!」とか言って、自分のクソの匂いをたっぷりかがせてやった。
クソブタは「あああ?くさい?くさい?」とか言いながらも、鼻の穴をフンフン鳴らして自分のクソの匂いを吸い込んでいた。
俺はだんだんと残酷な気分になってきて、「うらっ!」とか言って、クソ女の鼻の穴にクソの付いたままの指をブスッ!と突っ込んでやった。
クソアマは「ンバッ!ウバガッ!」などと叫んで目を白黒させていた。
俺はその無様なブタヅラを冷ややかに眺め、鼻クソをほじくるように指をグリグリしながら、「ぬひひひ!どうぢゃ!鼻の穴まで犯された気分は?チンボの汁の便所女が!人間のクズが!社会のゴミが!ぬひひひ!」などと最高に侮辱的な言葉を浴びせてやった。
後でビデオを見返したらその時の俺は、悪魔のように残酷な笑みを浮かべながら、便所女の鼻の穴をグチュグチュとほじくり回していた。
それからチンボにゴムを付けてローションをゴムの上から塗って、クズ女のケツマンコに根本までチンボをぶち込んでズボズボにほじくり回してやった。
そのまま二十分くらい無我夢中でものすごい勢いでマッハピストンしまくって、汗だくになってケダモノのようにハメまくってやった。
ゴミ女は涙とよだれと鼻水を垂れ流しながら、「ヂンボォーッ!ヂンボォーッ!ヂンボオオオオオオオオ!」などと地獄の底から響いてくるような野太い声で吼えまくっていた。
俺は「ケッ、ケツの穴ぁーっ!」と叫んで、便所女のケツの中でドバドバと射精してしまった。

それから一発射精するたびにゴミクズ女にケツの穴を舐めさせて、合計五発オマンコしてやった。
ブチュブチュといやらしい音を立てて、必死こいて俺のクソの穴を舐めまくる便所女の姿は、正にカスとしか言いようが無かった。
ケツの穴をねぶらせている間に、俺はカス女の顔面に鬼のようにくさい屁を何発もぶっ放してやった。
最後の顔射を食らった後、カスは大股をおっぴろげて大の字になってグッタリしていた。
俺は「嗅げ」と命令して、カス女の顔の上でウンコ座りして、顔にめがけて「バスッ!」と一発屁をこいてトドメを刺してやった。

30 11月

生意気キャバ嬢ににトドメの顔射

俺は名古屋の錦でリナという名でキャバ嬢やってるバカ女を肉奴隷にしてやっている。
リナには双子の妹がいて、二人とも同じ店で働いていて、店のナンバー1とナンバー2を争っている。
妹の方はそうでもないが、姉のリナは気が荒く、客に毒づくことも多いクソアマだ。
しかしそんなヤンキー気質のクソ生意気なキャバ嬢も、俺のチン長22センチのスーパーデカマラナイスチンボの虜になってしまっている。
M気質のアホな客どもに甘やかされてチヤホヤされて、女帝気取りになってしまったバカキャバ嬢も、俺にとっては呼び出すとマンコを濡らして飛んで来る都合のいい便所女の一人に過ぎないのだ。
この前もリナと一晩中オマンコしてハメ狂ってやった。

リナが部屋に来るとハメ撮り用のビデオをセットして、直ぐにブチュブチュとドスケベなディープキスをしてオマンコ開始。
リナにチンボをねぶらせて、ビンビンにボッキしたチン長22センチのデカマラチンボを見せつけてやった。
それからクンニと手マンで一回いかせて、薄汚いマン汁をダラダラ垂らしたドドメ色の腐れマンコにお待ちかねのデカマラチンボをブスッ!とぶち込んでやった。
そんでベッドをギシギシきしませて「えっさかほいさ、えっさかほいさ」とマッハピストンして、リナを何べんもいかせてやった。
俺が「チンボって言え!チンボチンボって続けて言え!」と命令すると、リナは従順に「チンボチンボ!チンボチンボ!チンボチンボチンボォォォーッ!」と叫び始めた。
そんでフィニッシュはリナの鼻の穴にめがけて、ものすごい勢いでものすごい量のチンボの汁をぶっ放してやった。
俺のチンボの汁はドバビスドペーッ!と噴き出して、白い放物線を描いてリナの鼻の穴にものの見事に直撃した。
そんであっという間にリナの鼻の穴を両方ともチンボの汁で完全にふさいでやった。
後はチンボから手を離して、膝に手を当てた相撲の四股踏みポーズでチンボを自由にビンビンはねさせながら、ビソッ!ビソッ!とリナの顔中にくっせえチンボの汁をまき散らせてやった。
俺は鼻の穴を精子で詰まらせてフガフガ言ってるバカキャバ嬢のアホヅラを見下ろしながら、「オメーはその程度のカスなんだよ、ボケナスが」と呟いて、心地良い征服感に酔いしれていた。

それから人気キャバ嬢のアホ丸出しのハナタレヅラの顔の上でウンコ座りして、ケツを顔にブチャッ!と押し付けて、俺のケツの穴をベロベロ舐めさせてやった。
そのままチンボがボッキするまでニ十分くらいクソ穴を舐めさせてから二発目開始。
リナをマングリ返しにして俺のケツの穴とチンボがマンコにズボズボ入っているところを見せつけながら、腰を左右にクネクネ動かしてピストンして何べんもいかせてやった。
リナは涙とよだれと鼻水を垂れ流して、「ウワァァァーッ!ンワァァァーッ!」などと叫んでよがり狂っていた。
最後はまたリナの顔の上でウンコ座りして、口にチンボを突っ込んで「全部飲めよ」と命令して、喉の奥に精子をぶちまけてやった。
リナは精子を飲みきれずに逆流させて、鼻の穴から白い汁を「ブフッ!」と噴き出していた。
俺はニヤニヤ笑いながら、両方の鼻の穴から薄汚いチンボの汁をドロドロ垂らした生意気キャバ嬢のアホヅラをデジカメで撮影して、「バカ女が」とののしってやった。

それから四つんばいになってリナにケツの穴を舐めさせながら、ローションを使ってチンボをしごかせてやった。
40分くらいケツの穴を舐めさせていると猛烈にオマンコしたくなってきたので、リナを四つんばいにしてバックからドスバスに犯しまくってやった。
そんで30分くらい休み無しでマンコを突きまくって汗だくになって、リナをさんざん泣きわめかせてから、またしても鼻の穴に強烈な顔射をかましてバカ女にトドメを刺してやった。
リナはベッドの上で大の字になって薄汚い腐れマンコを晒して、完全に俺に屈服していた。
俺は仁王立ちになって女帝気取りのバカキャバ嬢のクソマヌケなハナタレヅラを見下ろしながら、冷ややかに「メスブタが」と吐き捨ててやった。

それからリナを風呂場に連れて行って、俺の足元でM字開脚をさせて、大笑いしながら鼻の穴にめがけてションベンをぶっかけてやった。
リナは顔をしかめて鼻と口からションベンを溢れさせて、「アガガガガッ!」とものすごいダミ声で呻いていた。
そんで「おまえ程度の女はいくらでもいる。そのおまえが俺様のようなナイスチンボの持ち主とオマンコできたことを光栄に思えや、人間のクズが!社会のゴミが!」と罵って、鼻からションベンを垂らしたままの女にチンボをしゃぶらせて、鼻の穴にチンボをグイグイ押し付けてブタ鼻にしてやったり、チンボを頬にビダビタ叩きつけてチンボビンタをして、更なる屈辱を味わせてやった。

こうして俺は自分自身のスーパーデカマラナイスチンボの力で、見かけ以外は何の取り柄も無いクソバカ女を完全に征服してやったのだった。

セール中!
その他の体験談
エッチな体験談 検索
𝕏 (旧Twitter)で配信中
スマホ・携帯でも
QRコード
今なら30% OFF
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: