mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2011年04月

27 4月

写メ

中学生の時のある日の放課後、私の仲の良い友達の女の子のグループ4〜5人で教室に残って雑談していた時教室の片隅に残っていた男子2〜3人が携帯を見ながらげらげら大きな声で笑っていました。私たちが気になって「ナニ、ナニ〜?」って聞きにいくと男子の一人が「見たいか?面白い写真があるぞ」って携帯を振りかざして言いました。私たちは「うん。見たい、見た〜い。見せて〜」って言うとその男子は笑いながら私たちに携帯を渡しました。そこに写っていたのは膝までジャージとパンツを下ろされて横たわっている下半身の写真でした。私たちは「キャーキャーッ」(/ω\)って口では言いながらそのおちんちんの画像をみんなで食い入るように見ていました。その写真のジャージはどう見てもうちの学校のジャージなのです。・・・ってことは誰か同級生の写真?私たちはみんなで「ナニコレ?誰?誰?」って男子に迫りましたが男子は「それは言えない」の一点張りでしつこく迫っても教えてくれませんでした。この写真は一年前の林間学校に行ったときにその男子の寝てる隙にイタズラでパンツを下ろして撮ったということでした。教えてくれないならその写真をメールで自分の携帯に送ってと一人の女子が頼んで誰にも見せないならということでそのコの携帯に画像を送ってもらいました。・・・もちろんすぐに私たち他の女子の携帯にコピーしましたけど(笑)みんなで写真をまじまじ見ながら「びっくり〜もう男子って剥けてるんだね。お父さんと同じ。大人じゃん!」とおちんちんの話で盛り上がりました。同級生のおちんちんはまだ小学生と同じで皮をかぶったおちんちんだと思い込んでた私はちょっとショックでした。その写真のおちんちんはちゃんと剥けている大人のおちんちんだったんです。逆に皮のむけたおちんちんの方が見ていて恥ずかしくなりましたけど。なんか皮が剥けた性器そのものが見えちゃっているわけで(・_・;)私たちはこの写真が誰なのか?何か誰だかわかるヒントは無いか?みんなでよく写真をみていたら左足の付け根に近い部分の太ももの内側に小さなあざがあるのが見つかりました。これでこの写真のおちんちんが誰のものなのか特定できるかも!足の付け根なんて普段は見ることができませんが次の月から体育は水泳です。その時なら足の付け根に近い部分も見ることができるかも・・・みんなで水泳の時にこの写真の人物を探すことで話が決まりました。待ちに待った水泳の授業が始まりました。私たちは気づかれないようにさりげなく男子の股間を一人ずつチェックしていきました。でもあんまりジロジロ見ることもできずチラッ、チラッっと横を通り過ぎる時に一瞬見る程度のものでした。でもそれでは太ももの内側はあまり見ることもできず、そこを見ようとするとどうしても股間のモッコリが目に入ってきてしまいそっちの方が気になってしまってあまり見ることができませんでした。そこで私は自由時間のときに潜水で泳ぎ水中から立っている男子の近くに行って太ももをチェックしていきました。すると一人太ももの内側に写真で見たアザと同じような場所にアザがある男子を見つけました。私はすぐに水中から顔を出して立ち上がりその男子が誰なのか確認しました。するとそのコはなんとクラスの中でも背が低く顔もまだあどけなく小学生のような顔をしたK君でした。「エッ、うそ」思わず声に出そうになりました。K君はびっくりした顔で「びっくりした、急に水中からでてくるんだもん」って言って笑っていました。私はすぐに他の女の子にアザのことを言って他の女の子も水中から確認しに行きました。するとみんな間違いない、同じ場所だし形も非常によく似てるということであの写真はK君であることが判明しました。あのあどけないK君があんな大人のおちんちんを持っているなんて・・・そのギャップに私たち全員驚きました。その日の昼休みに私たちはK君が一人でいるところを狙ってみんなで話しかけにいきました。K君はなんだか当然わかっていませんが女の子が数人で自分の所に話しかけてくれて悪い気はしないのかにこにこ明るく私たちの話にのってきました。私たちは適当な話をしながら自分の携帯を開けておちんちんの写真とK君の顔を交互に見てみんなで「この顔でこのおちんちんついてるんだ(笑)」とか「みんなが自分のおちんちん見ながら話してるとは想像もしてないだろうね」などとメールで会話をして爆笑していました。K君は「なに?なにか面白いことあったの?」とか気にしていましたが私たちは「ううん、なんでもない。こっちの話」などといってごまかしました。最後にみんなでK君に「写メ撮らせて〜」とお願いしてK君も自分がもててると勘違いしてかOKしてくれました。私たちはただ顔とおちんちんのセットの写真が欲しかっただけなのに(≧▽≦)時々K君の顔の写真とおちんちんの写真を交互に見ながらニヤニヤしています
27 4月

サポしている俺の彼女

友達Fの2歳下の妹Kちゃんは5000円でプチサポしてくれるらしい。こんな噂が学校に広まったのは、もう高3も終りの冬だった。Kちゃんは高校に入ってからバンドを始めて、ギターしょいながら学校に登校するような、勉強よりは遊びが好きな子ではあったけど、中学時代からKちゃんの事をしっている俺としては、とても信じられなかった。「2年のHとSがフェラしてもらった」とか噂はいろいろ聞いたけど、誰も実際に確かめようとはしないまま、卒業していった。それから1年くらいたって、いつまでたっても彼女のできない俺に、友達が紹介してくれる形でKちゃんと再開した。お互いにかなり驚いて「おぉ〜!久しぶり!」なんて言い合い、ファミレスで飯を食いながらFはどうしている、とかいろいろ世間話を楽しんだ。それからカラオケに行って、3人で歌った。楽しかったしまだ時間もかなり余ってるってのに、友達は「じゃあ、俺はボチボチね」って出て行った。なんだろうって思ってたら、Kちゃんは笑ってた。俺は俺達をくっつけようと言う気配りか何かだと思ったが、実は違ってた。「先輩、じゃあいいですよね?」ってKちゃんはキスをしてきた。舌を自分からからませてくるようなエロいキスで、俺はすぐに勃起してしまった。そのまま、Kちゃんは俺の股間を撫で「もう固い…」って囁くと、ベルトをはずし、ズボンを下し、俺のチンポを見て「先輩…包茎なんだ。可愛いな」とか言って、やさしく皮をむくと、そのまま舐めてくれた。俺は、もう何も言えずにただ初めて味わうフェラに悶えていた。「…でるよ!」たまらなくなり、俺が言うとKちゃんは俺のチンコをすっぽり咥えて、口の中へ出させてくれた。射精が終わるまでずっと咥えてくれて、そのままゴクリ。「はじめてだって聞いてたから、飲んじゃいました。先輩だけ特別です」って、言ってチンコをお掃除フェラ。もう頭の中が真っ白になるくらい気持ちよくて、放心状態だった。しばらくして、俺が「なんで俺なんかとしてくれたの?」って聞くと「誕生日プレゼントですよ。Uさん(さっきの友達)からサポしてやってって言われて(笑)」って明るく答えた。「…あ、やっぱりそうなんんだ」「ビックリしました?」「うん。でも、気持ちよかった。ありがとう」「そっか。気持ち良くなってもらえたなら良かった」俺、されておいてなんだけどちょっと悲しかった。気持ちよかったけど、噂は本当だったんだと思うと、複雑な気がした。その日は適当に世間話をして帰った。そして俺はKちゃんとは、メールをやりとりするようになった。フェラしてくれたのは気持ちよかったけど、実はちょっと複雑な気持ちだった。先輩の事は昔から知ってたから、その日の夜は私もちょっと複雑な気持ちだった。何度もメールをやりとりする内に、本音も言えるようになった。そしてフェラされてから1か月ほどして、Kちゃんの学校が終わる時間に合わせて二人で会う事にした。正直、この一か月メールや電話でKちゃんと接していて、俺はKちゃんの事がたまらなく好きになっていたのだ。学校から少し離れた所で落ち合って、車を走らせながらいろいろ話した。メールや電話で、俺がKちゃんの事を好きな事は伝わっている。Kちゃんは自分の事を包み隠さず話してくれた。セックスに興味があって、中学の時に告白された同じ部活の男子と経験した事。親とケンカとうまくいかず、半ば自棄でサポしはじめ、止められなくなってた事。誰かとセックスしていると落ち着いて、安心できる事。そもそも、セックスが好きで色々な事をされたいと妄想してしまう事。いままでに何十人かの男のをフェラしていて、十数人とセックスしている事。友達のUともサポで関係を持っている事…洗いざらい話してくれた。でもそれはもう分かってた事。彼女が金でチンコを咥えて、先輩でも友達でも簡単にさせてしまう女の子だってのは、メールをやりとりして知っていた。それでも、俺は彼女と付き合いたかった。俺がそれでも一緒にいたいと伝えると、彼女は「私、きっと浮気しちゃうよ。他の人とセックスしちゃうよ」と言った。俺が「それでもいいってば」と答えると、うなずいてくれた。きっと彼女は浮気するし、サポも続けると思う。それでも、付き合えてよかったと思った。彼女をどうにかできるなんて偉そうには言えない、ただ好きになってしまった俺が負けたんだと思う。あれから半年たって、とりあえずはうまくやってる。彼女は相変わらず好奇心旺盛だし、セックスに貪欲だ。でも、俺がそんな彼女に慣れてきた。クズと言われようと、一緒にいろいろ楽しめるようになった。正直、今俺は幸せだ。
26 4月

祭りの夜に

夜の神社。それは静寂と不気味さの中にあって、どこか厳かで俗世間から隔絶された異質な空間である。しかしそんな境内も、祭りの日となれば様相はガラリと変わってしまう。あちらこちらで篝火が焚かれ、夜を徹して地元の男達が出入りする。祭りは二日に渡って行われる。メインである神輿が登場するのは二日目で、その前夜は祭りの到来を人々に知らせるという意味から、夕刻から深夜にかけ、鐘や太鼓を吊るした竹筒を前後で男達が担ぎ、それらを鳴らして町を練り歩くのである。これは何組かに分かれて交代で行われるため、待機する者達は境内で自分の番になるのを待つのだが、皆年に一度の祭りとあって、血気盛んな若者を中心に男達は無礼講とばかりに酒を飲み、すでにすっかり酔い潰れている者もいる始末であった。そして境内から離れた人気のない林の中にあっても、暗闇と静寂の中で篝火の灯りがほのかに照ってき、人々の賑やかな声が届いてきていた。本来なら誰も立ち入る必要のないそんな林の中に僕はいた。僕の前に、屈強な四人の男達がいた。木の幹を背に立つそんな僕の周りを、男達が取り囲む。赤ら顔の四人は野卑な笑みを浮かべつつ、それでいて獲物を捕捉する獣の様な眼差しを僕へと集中させてきていた。「へへ、ひょろっちい癖に、ここだけは随分と逞しいもん持ってるじゃねぇか」「何を恥ずかしがってんだ。たく、それでも祭りに参加する男かよ」嘲笑の言葉が僕へ次々と浴びせられる。この地の祭りに参加する男は皆、昔からの伝統で今でも法被の下に褌を着ける事となっていた。しかし僕の着けていた褌はすでに地面へと落ち、露わとなった股間へ男の一人が手を伸ばしてき、好き勝手に弄ってきていた。その様子を、他の三人は楽しそうに眺めている。男のされるがままとなっている僕の瞳はすでに今にも溢れんばかりの涙で潤み、屈辱と羞恥心、そして恐怖といった様々な感情が交じり合い渦巻いていた。今年中学を卒業した僕は、この地域の習いに従い、初めてこの地の祭りに正式に参加していた。仲間と共に鐘を担ぎ、一通り町を練り歩き神社へと戻って来た僕は、すでにすっかり酔っぱらっていたこの四人の男達によって、半ば強引に人気のない林の中へと連れてこられたのである。そして待っていたのは、僕にとって堪え難い男達による戯れであった。「お願いです……もうやめてください……」僕は必死に声を引き絞り、か細いながらも声を上げた。しかしそれが今の僕には精一杯であった。自分を取り囲む四人の男達からの無言の威圧感を前に僕は何ら抗えず、今はただ男達から早く解放される事をひたすら祈る事しか出来ない。しかし男達は何ら憐憫の気配すら見せない。むしろそんな僕へ、よりいっそう男達の瞳は加虐的な光を増していく。「そんな白けた事言うなよ。お前だって、こうして毎晩弄ってんだろが?」男はそう言いながら、僕のペニスをより活発に扱いてきた。グッと、いっそう僕は全身を強張らせた。局部を曝け出すばかりでなく、他人によって好き勝手に弄られるなど、堪え難い屈辱であった。しかしその反面、男から加えられてくる刺激に、しだいに僕の股間の奥底からは確実に疼きが増してき、力なく垂れ下がっていたペニスは固くなってきていた。(嘘だ……何で……!)自分の身体に起きてきている反応に、僕自身が激しく困惑し、愕然となっていた。「ああ……」思わず僕は、戸惑いの声を漏らさずにいられなかった。男の手によるペニスへの摩擦が、僕の意思とは無関係に、急速に欲望を刺激させてくる。それに伴って、痺れる様な感覚が僕の全身を駆け巡っていく。男達の瞳が、いっそう爛々と輝き出してくる。男からの刺激が紛れもない性感へと変わり、それによって僕のペニスは単純なまでに勃起を開始してきてしまう。四人の視線が集中する中で、見る見るペニスは反り返り、委縮しきった僕の姿とは極めて対照的に、まるでその存在を誇示せんとばかりの猛々しい姿へと変貌してきてしまう。男は一旦、僕のペニスから手を離してきた。そしてそんな僕の姿を晒し者にでもするかのごとく、男達はニヤニヤしながら下半身を眺めてくる。そんな男達の視線に、僕は下唇を強く噛み締め、ひたすら耐えるしかなかった。「おいおい、すっかりビンビンになっちまったじゃねぇか」「おっさんにシゴかれて、そんなに気持ちよかったか?」浴びせられる男達の言葉が、容赦なく僕のプライドをズタズタにさせていく。「ち、違います……」必死になって僕は反論しようとする。もはやこんな自分の姿すら見るに堪えられず、僕は大きく顔を背け、ギュッと力一杯に瞼を閉じた。「よく言うぜ、こんなにさせておいてよ」再び男の手が僕へと伸ばされてくる。「あっ……!」ペニスへと触れられた瞬間、僕は反射的にビクッと全身を震わせ、甲高い声を発してしまう。その反応に、男達がドッと笑ってきた。「ほら、どうした?嫌がってる割に、何でそんなやらしい声出してんだよ」男の指先が、撫でる様に僕のペニスを刺激してくる。それだけで、ペニスは激しく脈打ってきた。「見ろよ、こんな元気一杯に跳ねてやがる。綺麗な顔してるが、ここだけはもう一人前の男だな」男の手が再びしっかりと僕のペニスを掴んでき、ゆっくり腕を上下に動かしてくる。本格的に加えられてくる刺激に、僕は必死に耐えようとする。しかし理性とは裏腹に、もどかしいまでの欲望の疼きが、刺激に促されて急速に限界へ向け高まってきてしまう。「はぁ……あっ……」堪らず、何度も僕は腰を捩った。「どうした、もう限界か?」「や、やめっ……それ以上は……ホントに……!」強張った全身が、ブルブルと震えを著明にさせていく。(だめだ、耐えろ!)激しく心の中で叫び、自らへ言い聞かせようとする。この先に待つ結果など、到底受け入れられるものではなかった。しかし僕の懇願などに、今さら男達が聞く耳を持つはずがなかった。「こんなにさせといて、今さら何いい子ぶってんだ。お前だってこんなんじゃもう、後に退けねぇだろが?」よりいっそう、ペニスを掴む手が加速されていく。「んっ……ああっ!」容赦なく加えられる刺激に促され、僕の欲望は限界に達してしまう。男達の見守る中で、僕のペニスから勢いよく白濁が噴出する。ガクガクと、僕は激しく脚腰を震わせる。背後の木の幹へもたれ掛かっていなければ、そのまま倒れ込んでしまいそうであった。この上なく屈辱的な射精へと導かれながらも、僕の頭の中は一気に真っ白となり、普段の自慰とは比べものにならない、洪水の押し寄せる様な激しい絶頂感に包まれながら欲望を吐き出し続けた。第一波が終わった後も、その勢いは衰えながらも断続的に白濁が噴出し続ける。そんな僕の姿に、男達はすっかり魅入っていた。「すげぇ、まだ出てやがるぜ。若いって、ホント羨ましいな」「どうだ、初めて人にイカされた感想は?お前だって、自分でシコッてるだけじゃあ物足りなくなってた頃だろ?」そのまま僕の身体は、ガクッとその場へ崩れ落ちる。「はぁ……はぁ……」息を荒げ、これまでの過剰な緊張の反動とばかりに、激しい疲労感が僕を襲う。「へへ、こんなん見せられちゃ、こっちも堪らねぇな」男達は互いに目配せをし、何か意思を共有したとばかりに頷き合ってきた。そして四人は、素早い手付きで自らの褌を外してくる。射精直後で茫然自失となっている僕の前に、すでにすっかり怒張した四つのペニスが突き出されてきた。「さぁ、今度は俺達が気持ちよくなる番だ。へへ、安心しろ、いきなりお前の初物を奪うなんてひでぇ真似はしないからよ。そん代わり、今夜は口と手をしっかり使ってくれよな」夜はまだまだ長かった。
セール中!
その他の体験談
エッチな体験談 検索
𝕏 (旧Twitter)で配信中
スマホ・携帯でも
QRコード
今なら30% OFF
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: