プチエロ?話。

とある日の放課後。
自分は廊下で同じクラスのAさんと、共通の趣味の話題で盛り上がっていた。
しばらく話しこんでると、廊下の奥から1人の女の子がこっちに駆け足でやってくるのが見えた。
同じく自分とクラスメート、細いフレームの眼鏡がトレードマークのKさんだった。
「あっ!KちゃんKちゃん!」
ほぼ同時にAさんも気づいたらしく、手を振りながら大きな声でKさんを呼んだ。

いつもテンションが高くてあっけらかんとしてるAさん。
どちらかというと控え目でおとなしいKさん。
性格は対照的だけど、不思議と気が合うらしい。
2人は仲が良くて、休み時間を一緒に過ごしてる姿は毎日のように見ていた。

Aさんの声で、Kさんは自分達の存在に気づいたらしい。
「あ、こんにちは」
Kさんは足を止めると、自分達に挨拶をした。
「こんにちは」
自分も挨拶を返したが、Kさんの様子がどうも引っかかった。
少なくとも今まで、Kさんが廊下を走る姿は見たことがない。
表情も気のせいか、いつもより少々固く見えた。
気になった自分はKさんに質問してみる。
「そんなに急いでどうしたの?」
「え、それは…」
言葉を濁すKさん。
しかし、すぐにはにかみながら言った。
「ちょっと、お手洗いに…」

納得した。
Kさんの頬は、ほんのりと赤く染まっている。
恥ずかしそうな様子のKさんを見て、悪いこと聞いちゃったかな、と思った自分はすぐに謝ろうとした。
…が、しかし。
自分が謝罪の言葉を発する前に、Aさんの明るい響きをもった言葉が発せられた。

「うんち?」

何というダイレクトな質問。
女の子らしくない、というよりデリカシーがなさすぎるAさんの言葉に、自分はあっけにとられてしまった。
Kさんはといえば、顔を真っ赤にして首をぶんぶん振っている。
するとAさん、さらに驚くべき過激な行動に出た。
「そっかそっか、じゃあこっちの方か?!」
と言いながら素早くKさんの背後に回る。
そして、何とKさんの下腹部をギュッと押したのだ。
「キャ!」
Kさんは全身をビクリと震わせ、甲高い悲鳴を上げた。
「これがホントの押しっこ!なんちゃって」
超がつくほどのくだらないダジャレを飛ばしながら、AさんはKさんに抱きつくようにして下腹部をギュウギュウ押している。
「押さないで!」
Kさんの焦った声が廊下に響く。
おしっこを我慢してる状態でそんなことされたら、地獄の苦しみを味わうことは誰でもわかる。
しかしAさんはKさんの膀胱への攻撃を緩めない。
「あ、ダメ…」
Aさんの恐ろしい責苦の前に、Kさんの体がくの字に折れ曲がる。
目の前で繰り広げられるエロスな光景につい見入っていた自分だが、さすがに見かねて助け船を出した。
「ちょ、ちょっとその位で止めた方が…」
もしも、本当にKさんがおもらしをしちゃったらシャレにならない。
「ん、じゃあこんなもんで」
Aさんも軽いの戯れのつもりだったのか、すぐにKさんから離れた。
僅か10秒程度の出来事だったけど、おそらくKさんにはもっと長い時間に感じられたんじゃないかと思う。

「もう…やめてよ」
Kさんは体をそわそわさせながらAさんに軽く抗議し、すぐにトイレへ向かった。
廊下を駆けるスピードは、明らかにさっきよりも上がっていた。
おそらくAさんの押しっこ攻撃により、尿意が危険なラインに達したんだろう。
そして諸悪の根源、Aさんはというと。
「ちょっとKちゃん偵察してくるから待っててね!」
ウキウキとした表情でKさんの後を追いかけて行く。
そして廊下には、1人ぽかーんと突っ立っている自分だけが残された。

悶々とした気持ちを抑え、自分は2人が帰ってくるのをただただ待った。
4,5分経って、やっと2人はトイレから帰ってきた。
すかさずAさんは、にやにやしながら自分に報告する。
「Kちゃんがしてる時の音聞いちゃった!Kちゃん、トイレの水が流れないうちにしちゃうんだもん!」
またも飛び出したAさんのはしたない発言に、例によってKさんの顔は一瞬にして赤く染まった。
「え、嘘でしょ…先に流したはず…」
困惑した表情を浮かべるKさん。
そんなことまでわざわざ言わなくても、と自分はAさんに突っ込もうとしたけど。
「そう、嘘!」
満面の笑みを浮かべるAさん。
どうやら、ただ単にKさんをからかいたかっただけらしい。
「Aさんひどい!」
照れ隠しか恥じらいか、Kさんは顔を真っ赤にしたままAさんをぽかぽか叩いた。
しかしすぐに取り押さえられてしまい…
「ヒー、やめて?!」
Kさんは自分が止めに入るまでの数十秒の間、Aさんのコチョコチョ攻撃を受けるはめになったのだった。

すったもんだの騒ぎの後、自分はKさんにお願い事をされた。
「お願いだから、今日の姿はなるべく早く忘れて」
無理でした、すいません。