こんにちは、僕は都内で営業職をしている27歳の男です。

これは先日会社で残業をしていた時の話です。

僕の使っているオフィスは、1フロアで200人以上が使える大きなビルに入っています。

最近は残業が厳しくなってきてるので、19時を過ぎるとほとんどの人が居なくなってしまいます。

僕も基本的には18時半には帰るのですが、営業から戻った時間によっては20時位までいることもあります。

その日は19時位にオフィスに戻りました。

もうその時間には誰も居ないので、電気も消えていました。

僕は一人だけの時なんかは、面倒なので電気を消したまま作業する事がよくありました。

その日も真っ暗なオフィスで一人、パソコンに向かって作業していました。

すると、いきなりオフィスの一箇所の電気が点きました。

誰か帰ってきたようなので、チラッと見てみると一人の女性社員でした。

その人は、奈々と言い、25歳の子でした。

僕はあまり話した事が無かったので挨拶もしないで仕事を続けていました。

僕と彼女のデスクはオフィスの端と端なので、彼女は僕に気付いていなかったと思います。

奈々は仕事が出来ると評判の女性で、しかも30歳の上司と社内恋愛(公認)をしていました。

奈々は可愛い方であるのですが、ズバ抜けてるわけでも無かったので、そんなに意識した事は無かったです。

ただ、一度だけ夏場の私服を社外で見た事があって、ムッチリとした体型と柔らかそうな巨乳が印象的で、ズリネタにした事は何度もありました。

僕は30分程して仕事が終わったので普段通り帰ることにしました。

出口に向かう時に奈々の席を通るので、挨拶だけして帰ろうと思っていると、奈々が居なくなっていました。

“あれ?”っと思っていると、携帯のバイブの音と一緒に泣くような声が聞こえてきました。

僕は気になってしまい、ゆっくりと歩きながら奈々の姿を探していました。

すると奈々らしき人陰があって、何故かしゃがみ込む様に座っていて、自分の椅子の座面に顔を伏せるような格好でいました。

僕は腹痛でも起こしたのかと思い、後ろから近寄ろうとすると、とんでもない物を見てしまいました!

なんと奈々はスカートを捲り上げて、ケツを丸出しにしてしゃがんでいました。

よく見るとパンツは片足に丸まって引っ掛かっていて、アソコも丸出しでした。

そして腰を若干グラインドさせながら、ローターのような物でアソコをイジっているようです!

奈々は必死で声を我慢しているようですが、声が漏れていました。

僕は興奮を抑えながら、ゆっくりと自分のデスクに戻り、デジカメを取り出し、動画モードにして奈々の後ろから撮影をしました。

低い位置から見ると、奈々のスケベなケツの割れ目からアナルが見えて、さらにアソコの割れ目もマン毛もハッキリ見えました。

奈々は興奮してるのか、かなり近くで撮影してるのに気付いていませんでした。

さすがに顔を正面から撮る事はできませんでしたが、髪型や体型、あとは若干見えた横顔で奈々である事は誰でも分かる映像でした。

そして僕は気付かれないようにデスクに戻り、奈々が帰るのを待ちました。

奈々が帰った後に僕もすぐに家に戻り、速攻で家のパソコンで動画を見ながらオナニーしまくりました!

とんでもないスケベ映像で、その日は3回も抜いてしまいました。

そしてその日以来、奈々を見るだけで興奮してしまい、会社のトイレでもオナニーするようになってしまいました。

でも、奈々本人には手を出す勇気はありませんでした。

当然そのビデオをネタに奈々とヤリたいと思いましたが、開き直って盗撮で訴えられたらとか、恋人の上司に相談されて大事になったらと、色々考えてしまい行動出来ませんでした。

それから2ヶ月位が過ぎて、季節は夏でした。

社員が集まってバーベキュー大会をした時に、奈々がすごいスケベなチューブトップを着て来た時がありました。

ムッチリした体に、たっぷんたっぷんに寄せられたおっぱいが谷間を作っていました。

たぶんそこにいた男は全員、絶対に谷間を見ていたと思います。

もちろん僕もチラチラ見ていたんですが、ふとトイレの帰りに奈々と彼氏がイチャついているのを見てしまいました。

それを見たら、羨ましくなってしまい、彼女も居なかった僕は『絶対に奈々を犯してやる』と思ってしまいました。

それからは本気で慎重に奈々とヤル事を計画するようになりました。

まずは奈々のデスクに動画の一部をプリントした写真を封筒に入れて置いておきました。

中にはもう1つ、ホットメールのメールアドレスを入れて、そこに連絡させました。

『誰かに言えばネットに公開する!もし僕が逮捕されたら自動で公開するプログラムを作ってあるから僕以外止められないぞ!』

そんな幼稚な文章しか浮かばなかったんですけど、開き直って封筒を置きました。

封筒は夜帰る時に人に見られないように奈々のデスクの引き出しに入れました。

そして次の日の朝、僕は早めに行って奈々が来るのを待っていました。

奈々が現れて、いつも通り自分の席に座り、僕の封筒を見つけたようです。

封筒の表には『一人で見て下さい』と書いたので、奈々は封筒を覗き込むように見ていました。

そして奈々の顔色が一瞬で変わるのが分りました!

奈々は立って見てたのですが、フニャフニャと座ってしまい、呆然としていました。

そしてハッとした感じで周りを見回しています。

とりあえずは成功です!

その日の内に家のパソコンでチェックしたら、奈々からメールが来ていました。

『あなたのしている事は犯罪です。私も大事にはしませんので、盗撮した物を全部渡して下さい。さもないと警察に言います』

ハッキリ言ってビビりました。

一瞬、もう止めようと思いましたが、奈々のムッチリした体が忘れられません。

『警察に言いたければ言って下さい。僕が一日に2回、パスワードを入れて管理しないと動画がネット上に公開されてしまいます。警察に取り調べなんて受けてたらそんな暇無いですから、公開されちゃいますよ』

そう返信しました。

すると2時間位して・・・。

『何がしたいんですか?』と聞いて来たので、『あなたの体を一度だけ好きにさせて下さい』と返しました。

しばらくしてから『あなたは本当に最低の人間です』と返ってきたので、『あまり僕を怒らせない方がいいよ』と言いました。

それから2時間位が経って・・・。

『どうすればいいですか』と連絡が来ました。

僕は予定通りの返事がきたので、『日曜日に◯◯ホテルまで来て下さい。あとは携帯にメールします』と連絡して終わりにしました。

そして、遂にその日が来ました。

ホテルに先に行って、部屋にカメラを隠しました。

そして用意していた覆面を被りました。

奈々とは直接話した事はなかったので、声でバレる心配はありません。

奈々と連絡を取り合い、部屋に呼びました。

この時は一番ドキドキしました・・・。

警察が一緒だったら最後です・・・。

でも、奈々は一人でした。

部屋に奈々を入れると、奈々は無言で下を向いています。

少し震えているようでした。

奈々はこの暑い中、警戒してカーディガンを着ていました。

僕はとりあえずカーディガンを脱がせると、その下にはキャミソール一枚でした。

キャミソールをピッチピチにしている巨乳の谷間を見た時には、すでにビンビンでした。

僕は奈々にデジカメのメモリカードを渡して、「これで全部だ」と言いました。

奈々は少し安心した顔をしながらも、こっちは見ませんでした。

僕は奈々の手を引っ張ってベッドに連れていきました。

奈々をベッドに寝かせると、たっぷんたっぷんの巨乳が左右に分かれて、脇の方まで垂れています。

僕は服の上から巨乳を揉みまくりました!

奈々は必死で抵抗しています!

「抵抗するならデータを返してもらうぞ!」

僕がそう言うと大人しくなりました。

そして、奈々の肩からキャミソールとブラの肩ヒモを抜き取り用意していたロープで、奈々の両手を縛り、万歳させてベッドに固定しました。

もう奈々の胴体には布が巻かれてるだけの状態なので、下に引っ張っただけで巨乳が飛び出します。

僕はじっくりと首筋から舐め回します。

そして僕の大好きな脇も舐めまくります。

奈々は必死で歯を食いしばって我慢しています。

奈々は感じているのかプルプル震えていました。

僕「気持ちいいのか?」

奈々「ふざけないで!あなたみたいな最低な人には何の感情もありません!」

そう言って睨み付けていました!

僕「会社でオナニーしてる淫乱が何言ってんだよ!」

そう言うと黙ってしまいました。

そしていよいよ!キャミとブラに手を掛けました。

そして一気に下にズリ下げると、“ドプンップルンッ”って感じで柔らかい巨乳が波打って飛び出しました!

奈々「いやぁぁぁ」

僕は夢中でむしゃぶりつきました!

最初は陥没気味の乳首がみるみるうちに勃起して、両方ともカッチカチに硬くなっていました!

僕「お前すぐ乳首勃起してんじゃん!ほらぁ!」

そう言いながら両乳首を弾くと、「あはぁああ、うっ、ぐっ」と震えながら首に太い血管を浮かべながら我慢していました!

僕はその後も乳首を舐めたり、持ってきた筆で乳首をイジめたりして楽しんでいました。

奈々は口では「何も感じない」と言っていましたが、明らかに感じていました。

耳まで真っ赤にして、声を洩らして、ビクビク痙攣しています。

そしてしきりに内股を擦りあわせていました!

僕は今度、奈々のズボンを脱がせました。

奈々のジーパンを脱がせると、容赦しない感じで、思いっきりマングリ返ししてやりました。

奈々「いやぁぁぁ、やめてぇぇ」

叫んでましたけど、思いっきり顔を近付けてマンコの部分を凝視してやりました。

すると、パンツの中央に特大のシミが出来ていました!

僕はそこも容赦なく言葉で攻めました。

「何だこのデケー染み!見た事ねーぞ!」

「やっぱり変態は違うなー!」

「すっげーマンコの臭い!」

奈々は顔を真っ赤にしていました!

そして親の仇でも見るような顔で睨み付けてきました!

でも、睨んでいる時にパンツの上からクリを弾くと、一瞬で感じている顔に変わりました。

必死で表情に出さないように我慢しているようです。

奈々をマングリ返ししながら、パンツの上からクリを鼻先でつついたりしていると、奈々は腰をモジモジさせていました。

相当感度がイイ体のようで、自分でも抑えられない感じでした。

僕は奈々が使っていたのと似たような感じのローターを買ってきていたので、それを取り出してクリに当てつけると、奈々は異常に暴れだしました。

奈々「やめてぇぇぇ、ダメぇぇぇ」

そう言いながら腰を動かして必死に逃げようとしていました。

あまりにも暴れるので、「動いたらビデオは返さねーぞ!」と言うと静かになりました。

奈々は泣いていました。

それでもかまわずローターを当てました。

奈々は必死で腰を動かさないようにしているようですが、反射的に逃げるようにポイントをズラしてしまいます。

僕は追っかけるようにローターを当て続けていると、「あっ、あっ、あっ、ダメ、やめて、もうやめて」と声が出てきました。

気が付くと奈々のパンツの染みがかなりデカくなっていました。

僕「お前感じてんじゃねーかよ!」

奈々「ちがっ、あっ、やめて、こんなの気持ちよくない、あああっ、やだ」

腰をビクビクさせながら説得力の無い事を言っていました。

僕はローターをグッと押し付けるようにクリに当てると、奈々の腰が凄い勢いでブルブル揺れ始めました。

そして、太ももとかに凄い力が入り、下半身がバイブみたいに振動したと思ったら、急にガクンガクンと力が抜けて、静かになりました。

僕「おい!奈々!勝手にイッてんじゃねーぞ!」

そう言うと涙目でボーっとした顔で、「ハァハァ、ハァハァ、違います・・・ハァハァ」と言っていました。

すぐにクリを触ると、「いやああ、ダメ、今はダメ」とか言いながら暴れだしたので、今度は電マを持出しました。

奈々を押さえて、パンツの上から電マを押し付けました。

奈々は大声で叫びだして、「いぎゃああああ」と言っていました。

そのまま続けてると、なんとパンツの横から大量の水みたいのが“ジュブジュブウウウウウ”と溢れだしました。

もう布団はビッチョリです。

そしてさっきと同様に、凄い速さで腰震わせて、頂点から一気に下るように力が抜けて、ぐったりしていました。

僕は完全に放心状態の奈々の髪の毛を掴んで「イッたんだろ?正直に言え!」と言うと、小さく頷きました。

そして今度パンツを脱がせると、中は凄い事になっていました。

透明のマン汁でビラビラがクチャクチャに広がって、中からは真っ白なマン汁がドンドン出てきました。

クリの皮はめくれ上がって、かなり特大のクリが顔を出しています。

僕はクリを中心に舐めまくりました。

奈々は最初とは違い、「あああん、あああ、ハァハァ、はっ、ふぐうううううう、あああああ」と大きな声を出していました。

そして自分で腰を動かして、かなり気持ち良さそうにしていました。

でも「気持ちいいだろ?」と聞くと、「知りません、ハァハァ、何の感情もないですから、ハァハァ」と強がっていました。

僕はアナルに指を突っ込んで、マンコ側に指を曲げて刺激しながらクリを舐めました。

すると10秒もしないうちに、奈々が叫びだして「あぐあああ、ふうっ、ふぎっ、あふぁあああああああ」と言いながら凄い腰を振りまくってイッてしまいました。

奈々はヨダレを垂らしながら放心状態でヒクついていました。

ビックリするくらいすぐイク女です。

今度は、奈々の両足を大きく広げて、膝が胸にくるまで持ち上げた状態で、ロープでベッドに固定しました。

奈々は嫌がっていましたけど、体に力が入らないようでした。

こうなるとマンコはパックリ丸見えで、ツヤツヤしたクリが枝豆みたいに飛び出しています。

そして僕はローターをクリにテープで固定しました。

でも若干ポイントをズラして固定したので、イク事は出来ないと思います。

その後は、筆で乳首を転がしながら、アナルをほぐしていました。

奈々はすぐに感じ始めて、ポイントのズレたローターを追っかけるように腰を動かしていました。

僕「どうだ気持ちいいか?」

奈々「気持ち良くないです、ハァハァ、あうう、あっ」

心は折れて無いようでした。

でも、奈々のアソコからは大量のマン汁が溢れていて、ドロドロと力んだ瞬間に出てきます。

そして、そのまま20分位やり続けていました。

奈々の顔は汗だくで、脇にもビッチョリ汗が出ていました。

相変わらず腰がスケベに動いていて、ベッドは垂れたマン汁で染みが出来ていました。

僕は一旦ローターのテープを外して、今度はローターのコードだけを摘み、振り子みたいにしてクリに当てました。

ローターはさっきと違い、飛び出したクリにピンポイントで当たるので、その瞬間奈々の腰は跳ね上がるようにビクついて、「はぁうう」と声が出ます。

でもローターは腰が動くと、揺られてポイントを外れてしまいます。

奈々はローターを追っかけるように腰を動かし、一瞬“ジジジッ”と当たる時を待っているようでした。

そしてローターが当たると、面白いように反応して、中から更にマン汁を溢れさせていました。

僕は時々ローターを手に持って、しっかりクリに押し付けてやると、待ってましたとばかりに感じ始めて、つま先がピンッと伸びて、体をブルブルさせてイク準備を始めたので、その瞬間に外しました。

奈々は眉間にシワを寄せて僕の方を見ました。

僕「おい、イキたいか?」

そう聞くと、首を振って黙ってしまいます。

そんな事を何回も繰り返していると、奈々も我慢の限界がきたのか、「イキたいか?」と聞くと小さく頷くようになりました。

僕「イキたいならパイズリしろ!」

奈々はビックリした顔をしていましたけど、僕はロープを解いて、ベッドに大の字になってナニを突出しました。

まずは「しゃぶれ」と言って、頭を無理やり掴んで口に突っ込みました。

しばらくジュボジュボやらせて、その後に奈々のマンコを自分の指でかき混ぜさせて、そのマン汁をおっぱいの谷間に塗り付けさせました。

そして奈々の巨乳にヌッチョリとチンコを差し込みました。

無茶苦茶柔らかくて、全部が包み込まれるので最高に気持ちいいです!

そして奈々に自分でおっぱいを揺らさせて、シゴかせました。

そうすると奈々自身も感じ始めて、チンコを見つめながら「ハァハァ、あっ、あんっ」と声が漏れていました。

そして毎回谷間から飛び出てくる亀頭を見つめて、段々口が開いていました。

最初は偶然みたいな感じで亀頭に唇を当てていました。

僕は気付かないフリをしていると、しばらくして完全にパイズリしながら先っちょをジュッポリ咥え始めました。

そんな事をしていると、僕も最初から興奮していたので、あっという間に射精してしまいました。

弱味を握って無理やり犯すようなシチュエーションも初めてなので、すっごい興奮していた様で、大量の精子が出てしまい、奈々の顔にかかりました。

奈々は嫌がる事無くそのままにしていました。

すると僕は、射精した瞬間に一気に興奮が冷めてしまいました。

前々から計画して、想像して、妄想していた興奮が高まりすぎて、一気に弾けてしまったようです。

そしてもうどうでもよくなってしまい。

僕「もう帰っていいよ・・・」

なんか急に冷めてしまい、ダルく感じてしまいました。

奈々は「えっ」って感じの表情をして、なかなか動こうとしませんでした。

僕「だからもういいよ、満足したから帰ってもいいよ。もう呼び出さないし、動画もそれだけだから」

素っ気無く言って、ベッドでゴロゴロしていました。

奈々はしばらくベッドに座っていましたが、ゆっくりと身支度を始めて、最後は僕の方を見て何か言いたそうでしたけど、帰りました。

僕は満足したので、ホテルでしばらく寝てから帰りました。

そして翌週から何事も無かったように出社しました。

奈々も意外と元気に仕事をしているようでした。

そしてそれから1週間が過ぎた頃、なんと奈々からメールが来ました。

僕は若干ビビっていました・・・。

(ひょっとして警察に?)

焦りながらメールを見ると・・・。

『本当に動画はこの前ので最後なんでしょうか?コピーとかありません?』と書いてありました。

『本当に終りです、今後はあなたに何も危害は加えませんので忘れて下さい』と僕は書きました。

すると『信じられません。あなたの部屋を調べさせて下さい』と返事がありました。

僕は意味が分かりませんでした。

そんなもの抜き打ちでやるなら意味があるでしょうけど、最初に言ってしまったら隠せばいいだけの話です。

でも、『それで気が済むならそうしてください』と書きました。

とにかく僕もビビっていましたので、穏便に済ませたいので、奈々の言う通りにしました。

そして住所がバレると困るので、車で待ち合わせをして目隠しをして来てもらう事で合意してもらいました。

そして翌週末、変装をして奈々を駅で待つことにしました。

奈々の意図がよく分からないまま、当日になりました。

僕は車で駅まで迎えに行きましたが、覆面をするわけにはいかないので、帽子とサングラスにマスクで、かなり怪しい格好で行きました。

そして奈々と携帯で連絡を取り合い、車に乗せました。

まだ残暑が残る季節でしたが、奈々の格好がこの前とは全然違いました!

この前は暑いのにも関わらずカーディガンにジーパンでしたが、今日はチューブトップにミニスカートで、かなりのエロい格好です。

奈々のムッチリとした谷間が見えて、おっぱいがこぼれそうでした。

僕は薄々奈々の本心に気付きました。

奈々はどうやら犯される喜びに気付いたのではないでしょうか?

この前散々イカされて、さらに焦らしたままパイズリさせて終わっているので、欲求が溜まりっぱなしなのではないのでしょうか?

そして恐らく、僕がしつこく追い掛け回したり、何度も関係を強要しないのを知って、恐怖心が無くなってきたのだと思います。

僕はそんな奈々の本心に乗ってあげることにしました。

そして車で目隠しをさせてアパートまで行きました。

部屋に入ると奈々は「じゃあ勝手に探させてもらいますから・・・」と言って色々物色していました。

パソコンの中も見ていました。

でも、僕から見てると一生懸命探している感じも無く、何かを待っているように時間を掛けてる気がしました。

僕「こんな事して、もし何も出てこなかったらどうするの?許さないよ!」

奈々「・・・その時は・・・謝ります・・・」

僕「謝るだけじゃすまないよ!」

奈々「・・・その時は・・・好きにしてください・・・」

真っ赤な顔でそう言いました。

奈々はやはりこの前の快感が忘れられないみたいです。

そして奈々はパソコンや押入れを物色していましたが、当然動画のデータなんか出てきません。

それどころか押入に入っていたこの前のローターやらロープが出てきて、奈々は顔を真っ赤にして片付けていました。

僕「何もねーだろ?どうすんだよ!こんな休みの日に家にきやがって!」

奈々「すいません・・・」

明らかに盗撮して犯した僕が悪者なのに、何故か謝っていました。

僕「約束通り好きにさせてもらうぞ!」

そう言うと、下を向いて黙ってしまいました。

僕はチューブトップとブラジャーを一緒に掴むように手を入れて持ちました。

そして「いいか?邪魔するなよ!」と言うと、一気にお腹までずり下げました!

奈々のおっぱいが“タプンッ”と飛び出すと、奈々は小さい声で「きゃっ」と言いましたが、言った通り抵抗はしませんでした。

僕は両手で柔らかいおっぱいを力強くクッチャクチャに揉みまくりました。

奈々は真っ赤な顔で涙目になりながら呼吸を荒くしていました。

すぐに乳首がカッチカチに勃起してきて、「お前もう乳首たってんじゃねーかよ!」と怒鳴ると、泣きそうな顔で「ハァハァ」と言っていました。

どうやら奈々は物凄いドMみたいです。

僕は奈々をベッドに座らせると、「そこでオナニーしろ!」と言いました。

そして、この前使ったローターを渡しました。

奈々は戸惑っていましたが、「早くしろよ!」と言うと、ゆっくりローターのスイッチを入れました。

僕「スカートまくって股広げろ!」

そう言うと、奈々は股を広げました。

すると、何もしてないはずなのに、パンツの部分にでっかい染みが出来ていました。

僕「おいおい、なんだそりゃ?お前なんで濡れてんだよ?変態だろお前!」

奈々は恥ずかしそうで悔しそうな顔をしていますが、この前の憎しみを込めた顔とは全然違います。

僕「お前、犯された男の前でマンコ濡らしてんじゃねーよ!さっさとオナれよ!」

奈々は少しずつパンツの上からローターを当てていました。

最初は必死で声を我慢していましたが、太ももをプルプル揺らしながら、次第に声が「あくぅう、あふぅ、あんっ」と漏れていました。

たぶん奈々は、人に強要されて、しかも人に見られながらのオナニーが快感らしくて、陶酔したような真っ赤な顔で感じまくっていました。

僕は乳首を一緒にイジってやると、すぐにイキそうになったのでローターを取り上げました。

奈々はすがるような顔でこっちを見ていましたが、無視して電マを持ってきました。

この前みたいにパンツの上から当ててやると・・・。

奈々「いやあああ、ダメ、ダメ、ああああああん、あああああ、いやああああ」

さっきのローターと違って、激しく腰を振り乱して気持ち良さそうに叫んでいました。

でも今回はこの前みたいに簡単にイカせません。

すぐに腰をグラインドさせてイク体勢を感じると、すぐに電マを離します。

この前以上にそれを繰り返します。

奈々の表情を見てると、こっちが何も聞かなくても「イカせて下さい」と言い出しそうだった。

もうパンツは凄い事になっていて、染みどころかマン汁で全体が透けていて、ビラビラの形までハッキリ分りました。

僕「奈々、イカせて欲しかったらパイズリしろ!」

奈々は体勢を入れ替えて、僕は服を脱いで大の字になって寝転がりました。

奈々は素直にこの前の事を思い出して、自分でアソコを触り、マン汁を胸に塗り付けました。

そして最初は勝手にしゃぶってからパイズリを始めました。

この前教えた事もあってか、かなり手際良くやっていました。

相変わらず何も言って無いのに飛び出した亀頭をしゃぶっています。

僕はまたすぐにイキそうになって、何も言わずに大量の精子を奈々の顔にかけるように発射しました。

奈々はビックリしていましたが、全然汚いと思っていない感じでした。

そして、パイズリが済むと前回同様に「もう帰っていいよ!」と言いました。

奈々はすごくびっくりした顔をして、すぐに下を向いて固まってしまいました。

今回は僕も、もう一回は出せる感じでしたが、奈々の本心を暴く為に芝居しました。

やはり奈々はイカせて欲しいようでなかなか動きません。

僕「あっ、そうだ、最後に口でチンコ掃除して帰れよ!」

そう言うとすぐにチンコにシャブリつきました。

奈々は一生懸命しゃぶっていて、掃除じゃなくて必死に勃起させてるようにしか思えませんでした。

その証拠に関係ない玉や足の付根まで舐めています。

僕は勃起しそうになったので、「もういいよ!」と言いました。

奈々はまた固まってしまい、なかなか服を着ようとしませんでした。

そしてしばらくすると・・・。

奈々「・・・あの・・・最後までしなくていいんですか?」

僕「は?別にいいよ、今抜いたばっかだし」

奈々「・・・あの・・・さっきの・・・」

僕「なんだよ!終わったから帰れよ!もういいだろ?」

奈々「・・・さっき・・・まだイッてないから・・・」

僕「なんだよ!ハッキリ言えよ!」

奈々「・・・さっきの続きをして欲しい・・・」

僕「は?お前ヤリてーの?なぁ?」

奈々「・・・はい」

僕「あははは、お前超ドスケベじゃん!脅された知らない男にイカせて欲しいの?」

奈々「・・・はい・・・」

僕「だってお前彼氏いるだろ?帰ってイカしてもらえよ!」

奈々「・・・彼だと・・・イカないんです・・・」

僕「なんで?好きなんだろ?好きでもない俺よりいいだろ?」

奈々「・・・彼、普通っていうか・・・あまり積極的じゃないから・・・」

僕「なんだよ!ハッキリ言わねーなら帰れよ!」

奈々「下手なんです!・・・それに・・・あそこも小さくて・・・元気ないし」

僕「は?じゃあ不満ばっかじゃん、別れれば?」

奈々「・・・でも一緒にいると楽しいから・・・」

僕「じゃあ彼氏がつまんねーセックスしてるから、こんなにマンコビッチョリさせてんの?おらぁ!」

奈々「ああ、ああああん、ああ、そうです、ハァハァ、だから、お願いします、あああああ」

僕「だったら最初から素直にやらせろよ!最低な男とか言ってたじゃねーかよ!」

奈々「あああ、あっ、すいません、ハァハァ、すいません、最初は・・・でも今は違います、ああああん、ああっ」

僕「お前みたいな巨乳はセックスしかねーだろ?」

奈々「ああ、あっ、はいいいい、すいません、ハァハァ」

僕「犯して欲しかったら股開いてお願いしろ!」

奈々「ハァハァ、お願いします、ハァハァ、いっぱいイカせて下さい、お願いします」

僕「何で彼氏じゃダメなんだよ!」

奈々「彼氏、下手だから・・・お願いです、イカせて下さい、ハァハァ」

僕「じゃあこれからはマンコ使いたい時に呼び出すからすぐ来いよ!」

奈々「はいぃ、いつでもすぐに来ます、だから、ハァハァ」

僕は電マのスイッチを入れると、奈々のクリに押し付けました。

奈々は待ちかねた刺激で、絶叫に近い声をあげて喜んでいました。

奈々「いやああああああ、ダメえええええ、すぐイッちゃうううううううう」

そう言い出したので、すぐに電マを離しました。

そうしたら奈々は大騒ぎです!

会社で見るイメージとは全然違い、ただのスケベな女です!

「いやあああ、やめないで、お願い、お願いしますうううう、イカせて、イカせてええええええ」と叫びまくっていました。

何回か繰り替えして、いよいよイカせてやると、物凄い事になっていました。

体中は汗まみれで、ヨダレは垂らしまくり、マン汁でシーツはビッチョビチョ、太ももは痙攣して終始振動して、段々腰がブルブル揺れて高く上がって、仕舞いにはブリッジする形になったと思ったら、噴水の様に大量の潮が噴き出して、「ひぐううううううううううう」と叫びながらイッてしまいました。

待ちに待った快感で、奈々は一本釣りされたカツオみたいにビチビチと跳ねまくっていました・・・。

激しくイッて、ベッドで魚みたいにビクビク痙攣している奈々のマンコにチンコをあてがいました。

奈々は気付いたみたいで、勝手に腰を押し付けて入れようとしています。

僕はゆっくりと生のチンコ入れていきました。

奈々はチンコが奥に入るほど大きな声になっていきました。

そして奥まで“ブチュッ”と入れると「うぁあああ、気持ちイイ、ハァハァ」と言っていました。

ゆっくりとピストンをすると、あっと言う間にチンコの竿の部分が真っ白の液体でヌルヌルになってしまいました。

僕「奈々、生だけどいいだろ?」

奈々「えっ、やっ、ゴムは?ゴムして!」

そう言ったので、僕は勢いよくチンコを“ぶるんっ”と抜きました!

同時に奈々のアソコから、“ブシャッ”と潮が噴き出しました。

僕「ゴムするんだったらもういいや、つまんないから!」

奈々「えっ、ハァハァ・・・やだよここまでして・・・お願い・・・彼氏にも生でさせてないの・・・」

奈々は泣きそうな顔でそう言うので「じゃあもういいよ、帰れ!」と言いました。

奈々は黙ってしまって動かないので、奈々を四つん這いにさせて、何も言わないで後ろからチンコを穴に当てました。

奈々は徐々にこっち側にケツを押し付けてきて、すぐに亀頭が入ってしまいました。

僕「ゴムしてねーぞ!」

聞いても奈々は無言でマンコを押し付けてきていました。

奈々は諦めたようなので、後ろから激しく突いてやりました。

奈々は嬉しそうに「あああ、すっごい、あああん、すっごいイイ、気持ちいい」と叫んでいました。

激しくピストンを繰り返すと、ポイントによっては奈々のマンコから潮が噴き出しました。

「ああああ、すっごいイイ、マンコ狂っちゃう、マンコ狂っちゃう」

奈々は完全に狂ってしまったようになってそう言いました。

そして奈々は潮を噴きながら、「イクううううう、ひぐうううううう、オマンコがイイ、イクううううううううう」と叫んでイッてしまいました。

さっきの余韻もあるのでしょうか?死にそうな人みたいに声も出せない、呼吸も出来ないみたいになっていました。

僕もさっきのパイズリから完全復活したので、正常位にしてからまた激しく突きました。

僕「奈々、俺も出すぞ!」

奈々「ハァハァ、あっ、あっ、うん、ハァハァ」

僕「中に出すからな!」

奈々「えっ、ハァハァ、だめぇ、ハァハァ、中は、あっ、あっ、ダメ、あああん」

僕「ダメだ、中しか許さねーよ」

奈々「あああ、お願い、ああああ、あん、中は結婚する人だけなの、お願い、ああ、ハァハァ」

僕「知らねーよ!出したいから出すわ!」

奈々「お願い、他なら何処でもいいからああ、何でもするから、お願いしますぅぅぅ」

僕はまた勢いよく“ぶるんっ”とチンコを抜きました。

奈々は切ない顔でこっちを見ています。

そして「帰って下手くそな彼氏としろよ!」と言いました。

奈々「そんなに怒らないでよ・・・」

涙目になっていたので、「じゃあ中に出すぞ」と聞くと、返事が無かったので、そのままもう一度ぶち込みました!

奈々は無抵抗で、結局自分も腰を振っていました。

僕「奈々、いいか?出すぞ?イクぞ!」

奈々「いやあああああ、ひどいよ、ハァハァ、あんっ、あああああん、ああああああ」

僕「ほらあ、出してって言えよ!中に出してって!」

奈々「いやあ、言えないよそんなの、あんっ、あっ、ああああん」

僕「じゃあもう止めるぞ!いいか?」

奈々「やだあ、ひどいよ、あああん、ああああ、あっ、あああん、出して、中に出して、ああああああ」

僕「彼氏にも謝れよちゃんと!名前言って!おらぁ!」

奈々「もう、ひどいよ、ああん、あああああ、キヨちゃん、ああああん、ああああ、ゴメンね、あああ、出されちゃう、ああああああ、いやああああ、気持ちイイ、ああああ、すっごいイイ」

僕「イクぞ、奈々、イクぞ、あああああああああ、イク、イク」

奈々「いあああああ、ああああ、すっごいイイ、激しいのイイ、イク、イク、あああああああああ、イクううううううう」

二人とも同時にイッて、奈々の奥には大量の精子が流れ込みました。

奈々は結局開き直ったのか、両足で僕の胴体をがっちり絞めて、まるでもっと奥に注がせるような勢いでした。

その後も奈々はすぐには帰らなくて、彼氏の電話も無視して二人でハメまくりました。

もちろん全部中出しです。

そして会社でも、トイレで目隠しをさせて犯したり、屋上でしゃぶらせたりさせて、しばらく使っていました。