俺はしがない会社の本社勤務の営業課長だ。でも会社の事務の女の子とみんなが帰宅した後の残業時間に全裸の社内セックスをするようになった。これとは別に19歳のフィアンセがいる。俺が女にしてやったセックスを教え込んだ可愛い婚約者だ。ところで俺は日頃頑張って仕事をしているので栄転のチャンスが巡ってきた。婚約者の実家がある雪の多い地方都市の営業所栄転が希望だ。

俺は人事部長に直訴した。今朝、人事部に呼ばれたので会社や取引先の女の子とのセックスがばれたのかとヒヤリとしたが、行って見ると希望した地方営業所への早めの転勤内示だった。よほど本社に転勤希望者がいないのだろう。日頃の働きを評価して2階級特進の営業所長を命ずるという内容だった。転勤先の集合写真ももらったがさすが美人が名産と言う都市だけあって若い可愛い娘がわんさか揃っていた。

俺は内心これは女の喰い放題だ。みんな俺のペニスを待ってろよ。ヒイヒイよがり狂わせてやるからなと思った。それで最近は週末に銀座のブランドブティックに行って彼女達へのお近づきのプレゼントを買いあさっている。プレゼント作戦で肉体関係に若い娘を引きずり込むのは俺の得意技だ。今までこの手で取引先に何十人と言う愛人を作ってきた。本当に営業に行くのかセックス目的なのか分らないくらいだ。

あとなじみのワインショップに行って美味しいセカンドラベルを集めている。お洒落で美味しいなワインは女の子に喜ばれる。フィアンセは会社を今月31日付で寿退職して俺についてくることになった。赴任して落ち着いたら結婚しようと思う。実は美人の彼女の膣は名器で玄人好みの美味しい味なのだ。あれを毎晩喰えると思うとペニスに血が集まってくる。事務の女の子には新幹線が有るから頻繁に会議で本社には戻るよと慰めを言った。

実は人事部で内示を受けた後で、しょげる事務の女の子を人気のない書類保管室に呼び両手を壁につかせて立ちバックで2発ほど安全日の膣に熱い精液を大量にお見舞いしてきたばかりだ。しかし社内でセックスすると落ち着くというのは困った性癖をつけてしまったと反省している。さて立つ鳥跡を濁さずだ。綺麗に仕事を片付けて後任にスムーズな引継ぎができるようにしたいと思う。これを会社から投稿したら真面目なお仕事に戻ろう。

勿論取引先にもあいさつ回りをしなければならないので体力と精液の続く限り愛人たちも可愛がってお別れセックスをしてこなければならないなと思った。この世の中は女とセックスで回っているような気がする。でも気を付けて子供を作る事だけは絶対に避けたい。