私の部活での、女子部員によって男子を脱がせたときの話です。。
女子部員のリーダーは「H先輩」といい、私のお姉ちゃんと同級生で仲良しだったので、入学してきた私のことを可愛がってくれました。

入学してから何週間かたった頃、放課後の部活中に私はH先輩から「いいもの見せてあげる。」と誘われました。
H先輩は体育館の舞台下にある半地下の物置へ私を連れて行きました。
中に入ると、男子部員の中でかなり目立っていた同級生のS君が1人、女子部員に取り囲まれるようにして正座させられていました。
H先輩が「始め〜。」と言うと、取り囲んでいた女子部員たちが集団でS君の服を脱がせ始めました。
S君は「ちょっと、何をするんですか」と必死に抵抗していましたが、上下のジャージとTシャツを脱がされ、あっという間にパンツ1枚だけの姿にされてしまいました。

そのまま長テープルの上に仰向けで押さえこまれてしまいました。
H先輩はS君の顔を覗き込みながら「S君のチンコを見せてもらいたいんだけど。いいかな?」と言いました。
私は罪悪感を感じながらも「チンコが見れる」という好奇心や興奮でドキドキしていました。
S君は「いやですよ!」と抵抗していましたが、H先輩はS君の下着を脱がし始めてしまいました。
H先輩は「ほら、毛が見えてきた〜。」「チンコ見えてきた〜。」と言いながら、S君をいたぶるようにゆっくりパンツを脱がしました。
S君は「やめてください!」と叫びながら必死に身をくねらせていました。
可哀想だと思いながらも、私はH先輩の言葉やS君の姿に異常なくらい興奮して濡れてしまいました。
「チンコ半分見えた〜。」そして…「あ〜あ、チンコ丸見えになっちゃった〜。」とうとうチンコが丸出しにされました。
H先輩はパンツを完全に脱がしてしまい、足を開かせてキンタマまで丸見えにしました。
全裸にされたS君は顔が真っ赤になり恥ずかしそうでした。
みんなでチンコを眺めながら「皮かぶりまくってる」「変なの」とか、最初は言葉でS君を責めました。
H先輩は私に手招きをして、1番よく見える位置でチンコとキンタマを見させてくれました。
だんだん罪悪感がなくなってきた私は、みんなと一緒にS君のチンコやキンタマを指で突いたりして興奮していました。

H先輩はS君の顔をのぞきこみ、「くやしそうだけど、本当は嬉しいんでしょ?」と言いました。
私が「嘘だぁ〜」という顔でH先輩を見ると、「嫌そうな顔してても気持ちよくて勃起するし、精子も出すから。」と言ってチンコを指でつまみました。
指でムニュムニュいじくられていたS君のチンコは、しばらくすると本当にふくらみ始めました。
H先輩が「亀頭見たことある?」と聞くので、私は首を横に振って答えました。
すると、H先輩は私の手を取って、半勃ちになったチンコをつまませました。
H先輩に手を添えられてゆっくりチンコの皮を剥くと、目の前にニュルン〜と亀頭が出てきて丸出しになり、最高に興奮してしまいました。
チンコをオモチャにされくやしそうなS君とは反対に、一度ふくらみ始めたS君のチンコは見る見る膨張して、あっという間に倍ぐらいの大きさになり、完全に勃起しました。
S君はくやしそうな顔をしてるくせにチンコはしっかり勃起しているので、女子はみんなで大笑いしました。

そしてH先輩はゆっくりとS君のチンコをこすり始め、今度はチンコのこすりかたをみんなに教えます。
私が言われた通りに、嫌がるS君のチンコをつまんでシコシコしていると、1分もしないうちにS君のチンコはさらに硬くなりました。
カチカチに硬くなって血管が浮き出てビクンビクン脈打ってるチンコも、パンパンに張り詰めてテカテカ光ってる亀頭も、チンコ初体験の私には刺激が強すぎました。
って言うか、チンコにすごく興奮してチンコが大好きになりました。

その後は、S君を押さえつける役を交代しながら、みんなで順番にチンコを握ってシコシコして遊びました。
チンコの先っぽから透明な汁が出てくると、H先輩は指先で触って糸を引かせて「これガマン汁っていうんだよ」と言い、S君の胸やお腹やキンタマになすりつける遊びもしました。
しばらくすると、それまで諦めて無抵抗だったS君が体をくねらせて再び抵抗し始めました。
H先輩が「あ、出るのかも。」と言うと、みんなはS君を思いっきり押さえつけてチンコに注目しました。
H先輩はチンコをまっすぐ天井に向けて、チンコを握りしめながら激しくこすりました。
S君が「ああっ、ダメっ!」と叫ぶと、チンコの先から勢いよく精子がドピュ〜!ドピュ〜!と2回ぐらい、みんながビックリするぐらい飛びました。
後は、ドクッドクッとチンコを伝ってH先輩の手やチン毛の上に流れていました。
すぐに精子の臭いが充満して、あの独特のツ〜ンとした臭いに抵抗感がありましたが、同級生の射精を目撃してしまった興奮のせいか、その臭いも興奮に変わりました。

この日以降もS君は女子部員に呼び出されチンコを勃起させられシコシコして遊ばれました。
そのたびに私は男子の射精する様子をたっぷり観察できました。