私44歳、妻40歳、結婚17年の夫婦です。
今年、ある縄師に妻を緊縛してもらいました。
お淑やかで清廉な箱入り娘だった妻は、結婚生活が長くなってもセックスで乱れてくれなかったので、寝取ら背でも挑戦しようかと思いましたが、私以外とセックスするくらいなら死ぬと言われて、セックスは無しで緊縛凌辱のみならと説き伏せたのです。
そして、私はその緊縛された妻を撮影しました。

「旦那さん、女は全裸よりも半裸の方が色っぽいんですよ。」
そう言われて、浴衣を着て和室で撮影しました。
妻は、浴衣から乳房をポロリと出し、M字に開脚して性器を露出して縄で縛られました。
陰唇を木製の洗濯バサミで片方3か所ずつ挟まれて、それを左右に広げるように縄に固定されて、性器の中身を丸晒しにされ、恥じらいに顔を赤らめていました。
ピンクローターで丸出しの陰核を責められ、バイブレーターで膣の奥深くまで掻き回され、妻の色白な美身は淫らな虐めに薄紅色に染め上げられていきました。
縄師は、陰核にローターを絆創膏で固定し、バイブレーターに縄をかけて挿入したまま固定し、妻を放置しました。
陰核と膣内を徹底的に責められ、快感地獄に身を捩り、淫らな蜜を零し、ついには潮の飛沫を噴きあげました。
延々と続く恥辱に、半裸の美身は羞恥の淵に追い込まれていくのがわかりました。

縄師は、薄ら笑いを浮かべて妻の乳首にもローターを貼り付けました。
緊縛凌辱で甚振られる妻から、お淑やかな女が屈辱に屈して発する被虐の妖気が漂いました。
恥辱の限りを尽くされて、抵抗虚しくどうしようもない快楽の渦へと妻が呑み込まれていきました。
緊縛の恥辱へ追いやられて、悶え乱れて逝き果てた淑妻の憐れな姿は、羞恥の美が極まるデジカメ画像に切り取られていきました。

この時の画像を妻に見せると、その時の記憶がよみがえるのか、身体をモゾモゾさせます。
「抱かれたいか?」
と耳元で囁けば、黙ってコクリと頷きます。
「股を開いてオマンコを広げて見せなさい。」
というと、あの真面目でお淑やかだった妻が、股を開いて陰唇を指でめくるようにしてパックリと広げて、ポッカリ開いた膣口と陰核を晒します。
「まだ触ってもいないのに濡れて、嫌らしいオマンコですね・・・自分でクリを弄ってみなさい。」
妻は涙目で言われた通り、クリを指で弄りはじめます。
「はあっ・・・はああ・・・」
切なそうな目で私を見つめる妻がとても憐れで、私はパンツを脱いで妻を抱くのです。
お淑やかで清廉な箱入り娘だった妻が、今まで聞いたことも無いような声で喘ぎ啼き、仰け反って逝き乱れるようになりました。
「あなた・・・セックスって、こんなに気持ちいいものだったんですね。私、乱れた姿をあなたにさえ見られるのが恥ずかしかったけど、あれ以来、あなたにだけは全てを曝け出すことができるようになったわ・・・」
これからも続く長い夫婦生活が、より充実すると思います。