6年前の夏休み。中学3年生の時初体験。

 相手は大学生の家庭教師です背が高く格好良く私の憧れの先生でしたが 暑かったからキティ柄入りキャミソールワンピース(ノーブラで薄い生地)で授業を受けていました。

  「先生 ここが分からないですけど」
 先生は優しそうな笑顔で「どれどれ まみちゃん是はこうすればいいんだよ」
 私に急接近する先生の横顔を見つめていたら胸の鼓動が激しくなり下半身が熱くなり、股間が気持ち良く成ってきました。オナニーの経験はあったけどオナニーをしなくても気持ちが良くなる事に気が付き、これが恋なんだなと思いました。

 私は冗談で少し先生を困らせようと思って、着ていたキャミソールのヒモを肩からわざとずらし小さく膨らみ掛けた乳房が見える様にしました。

 先生も気が付き、先生の視線は私の胸元。私も大人に負けないくらいの色気があるんだなと思っていたら「おいっ。まみちゃんのオッパイは小さいな。はははははっ」と爆笑するではないですか。

 思春期が始まった傷付く年頃の私は反抗的な態度で「先生っ、まみは怒った。大嫌い。先生帰ってよ。もう来ないで」と謝り続ける先生に心でもない事を言ってしまいました。

   先生は静かに立ち上がり「ごめんね もう・・・来ないから・・次はから別な先生が来るからね。本当にごめんね」と振り向いて行きました。
 私の瞳からは大粒の涙が溢れて、いつの間にか先生の背中に抱き付いて「先生、帰らないで。帰らないでまみが悪かったから。先生」
 先生は私の両肩に手を遣り「そんなに泣くなよ 分かったから分かったら」と優しく私を抱き寄せました。

 先生は泣いている私の唇にキスをしてきました。私の身体は先生を受け入れていて頭中はポーとなって、始めてのキスに息を止めていました。
 息はいつするんだろうと思っていたら、先生の舌先が私の口内に入って来た時にあそこからジュワと濡れてくるのが分かりました。

 心臓の鼓動はドキドキと激しく鼓動を打ち、先生の手が私のパンツの中に入って来て、私は先生を見つめながら首を左右に振り先生の腕を両手で押さえました。でも15歳の私の力ではどうにもなりません。

 先生の指が私のクリちゃんに中に入って来て、指先が冷たく感じたけど凄く気持ちがいいでした。
「まみちゃん ほらっ もうこんなに濡らして、いけない子だね。」と私の目の前にベトベト愛液が糸を引いた指先を見せました。

「嫌っ、先生。まみ・・恥ずかしいよ。先生っもう・・まみは嫌だよ・・」と言うと先生は私のワンピースの中に顔を入れてクリチャンを押し広げる様に舌先で舐める回すではありませんか。

「先生 駄目っそこは オシッコの出る汚い所 舐めないで」
 違う快感に私は「あっはあっうあぁぁぁ。うふんあふん」と自然に甘声が漏れました。

 下半身からは先生の舐め回すイヤらしい音がしました。
 その時先生が「まみちゃんは15歳だね。昔はお嫁行って赤ちゃんを産んでいたんだぞ。」
・・・・・・後は恥ずかしくて書けません・・・・ゴメンナサイ・・・・

 先生のお蔭様で今は名門私立高校に入りました。もし先生がこのカキコを読んだら遊びに来てください。