ヨリコに再会した時はお互いバツイチ子持ちだった。
「懐かしいわね・・・」
「25年ぶりかあ・・・」
中学の3年間、ずっと好きだったが気持ちを打ち明けられずに卒業して以来だった美少女が、40歳の美しい淑女となて目の前に現れた。
「アキラ君のところもお嬢さんなんだね。」
「1年生だよ。頼子の娘さんは受験生なんだね。大変だ。」
「アキラ君、奥さんは仕事でこれないの?」
「俺、2年前に離婚したんだ。男に寝取られちゃってね。元嫁、俺以外の子供を妊娠しやがってね・・・情けないだろう・・・」
「ごめん、余計なこときいちゃったね。でも、私なんか離婚して8年よ。私も元旦那の浮気が原因だった・・・」
「ヨリコ、美人なんだから再婚できただろう?」
「女の子抱えて・・・他所の男なんて危なくて一緒に暮らせないわよ。年頃になって、母親の再婚相手に襲われる女の子って多いのよ・・・」
中学のPTAでの再会、お互いバツイチで再会した中学の同級生は急速に接近し、慰め合うように寄り添った。

再会から3か月、ヨリコを口説いた。
恥じらいながら、コクリと頷き、
「アキラ君とかあ・・・いいわよ。中学の時、ちょっと気になる存在だったしね。」
嬉しかった。
ラブホで見たヨリコの体は、働いているからなのだろう、とても引き締まって美しかった。
40歳バツイチのヨリコのマンコは、顔は美人だが8年間の結婚生活でグロかった。
マンビラはマン筋からはみ出し、灰色に近い紫になっていた。
大きなマンビラを開くと、内側にも同じように変色した小さなマンビラがまるで花びらの様にマン穴を囲っており、その中は美しい桃色で、まだ舐めてもいないうちからプックリと膨れて皮から剥き出たクリが目を引いた。
舐めるとヒクヒクしながら汁を溢れさせ、クチュクチュと嫌らしい音をたてた。

前夫には何百回抱かれたのだろう。
いや、これだけの美人だ、抱かれたのは前夫だけじゃなかろう。
美人のヨリコは男に弄ばれ、チンポの出し入れは数えきれない回数をこなし、チンポに引き伸ばされ、自ら滴らせた汁で変色したヨリコのマンビラ・・・
8年間、夜ごと前夫のチンポを咥え、出し入れされ、掻き回されたヨリコのマン穴・・・
8年間のクンニで吸い尽くされたのだろう、人並み外れに剥き出たクリ・・・
そんなことを思いながら、美しい40歳になった憧れの美少女をクンニした。
「アッ・・・アァァ・・・ンンアアァ・・・」
色っぽい声が聞こえた。

「アキラ君のも、舐めさせて・・・」
当たり前だが上手なフェラだった。
チンポを慈しむような愛情が感じられて、感動した。
「ヨリコ・・・生ではだめかい?」
「絶対に、中には・・・」
「出さないよ・・・」
ヨリコのマン穴にズブズブとチンポが沈んでいった。
「ンハアァァァ・・・」
ゆっくりと出し入れすると、ブジュル・・・プチュ・・・ブチュル・・・クチュ・・・嫌らしい汁の音が響いた。
ヨリコは次第に声が上ずり、やがて呻きになっていった。
チンポに根元で肥大して皮から剥けたクリを擦るつもりでグラインドさせると、
「ンヒィィィィィィーーー・・・・・ンングゥゥゥゥ・・・・」
ヨリコは仰け反り、ガクガク震え出し、バッタリと倒れた。

暫くして、ヨリコは、
「8年ぶりのセックス・・・アキラ君にイカされちゃった・・・あっ!アキラ君、イッてないでしょ。ごめん、イッて!」
ヨリコはガバッと股を広げて、トロトロに濡れて蕩けてポッカリ空いたマンビラを広げ、
「何だかコレ、恥ずかしいわね・・・」
と、自分で膝を持ってマンコを全開にした格好に恥じらった。
これがあの、憧れの美少女だと思うと、ますます興奮した。
遠慮なくブチ込んで、今度は高速ピストンで射精に向かって一気に腰を振った。
「アァアァァアァアァァ〜〜〜・・・・・・」
一度イッて敏感になったヨリコは堪らずガクガク痙攣して、再びガクリと崩れ落ちた。
ヨリコからチンポを抜いて、ヨリコの胸元に精液をかけた。
ヨリコの乳房から溶岩が流れ落ちるように、精液が乳房の間に堪って、僅かに傾いている右側へと澪筋を伸ばした。
慌ててティッシュで拭き取った。

「アキラ君・・・気持ち良かった・・・ねえ、私達セックスしちゃったけど、キス、まだよね・・・」
「アッ!ヨリコ・・・」
ヨリコと舌を絡めた濃厚なキスを交わした。

ヨリコの娘と俺の娘は仲良しで、お互いの家を行ったり来たりして、俺とヨリコを二人きりにしてくれた。
ヨリコの娘が大学進学で東京に出ることになった時、
「二人とも、いっそ結婚すれば?そうしたら遠慮なくエッチできるでしょ。」
娘達に言われて、43歳でヨリコと再婚した。

再婚して3年、俺の娘も家を出てヨリコと二人、毎日イチャイチャしている。
セックスの相性がいいのか、46歳の夫婦が毎日励んでいる。
ヨリコはマンコを悪戯されるのが好きで、バイブやクリ吸引器などを買い込んで、ヨリコのマンコを責めている。
ヨリコのマンコはますます熟して、すっかりドドメ色になったが、時が過ぎるほど愛しくて、俺のチンポはそそり起っている。