僕は23歳の普通のサラリーマンで毎日平凡でつまらない毎日を送っています。
ただ他の皆と違って普通じゃないのは僕が童貞ということです。
女性に免疫がなく仕事にしても女性が絡むと自分が出せずにうまくいきません。

このままだと仕事に影響が出るし女性を克服するしか手がありません。
そこで僕が出した答えは童貞を卒業することです。このコンプレックスを
乗り越えることで女性と対等に接することができる気がしました。

そして答えは年上で童貞を好みそうな人妻。ここに答えが行き着きました。
人妻と知り合うために取った方法は、愛人マサグールです。
さっそく人妻を調べてみると僕みたいな童貞を欲している人妻が沢山いるようです。

一人の人妻にダメもとでアプローチしてみるとウソのように事が運び会うことに。
人妻も童貞を希望していたし、僕もそんなにコンプレックスと感じずにすんなりです。

実際に会うとなると緊張しましたがそこは年上の経験豊富な人妻。
優しく声をかけてリードしてくれました。「初めまして、〇〇くんよね?」
僕は緊張した声で「はい」とだけ言うと
「緊張するよね!まずご飯でも行こうか♪」と気を使ってくれる人妻。

食事に行くことになりアルコールの力も借りると少しずつ緊張もほぐれ
会話もはずむようになってきました。人妻はそうなると「ホテル行こっか♪」
とタイミング良く言ってきて僕もそれにすんなりとうなずきました。

以前の僕からしたら考えられないくらい女性と普通に接していました。
やっぱりこの人妻が僕の扱いにかなりうまいんだと思います。
ホテルに向かうときも心臓の高鳴りは凄かったのですが手を繋いだりキスをしたり
人妻のリードですんなりできてしまいました。

ホテルに着き部屋に入ると人妻は僕に緊張すら与えないためか
自分の欲求を抑えられないのか分かりませんがすぐに僕の股間をまさぐりだしました。
愛人マサグールの人妻はまさぐり上手です。

僕も自分が童貞だと忘れたかのように人妻に積極的になって
すべての事が初めてだったけど、本能のままに体が勝手に動いてました。
人妻も「本当に初めて?こんな童貞くんわたしも初めて・・・」と
嘘か本当か気持ちよさそうにしていました。

僕は3回も中に出してしまい、人妻はそれを優しく受け入れてくれました。
童貞を愛人マサグールの人妻に預けて正解でした。
ちなみに今でも仕事では変わらず女性に絡むことは苦手です(笑)