俺が1年生ぐらいのときだった。
俺は何故かしら性欲が小さいときから強かった。だが、オナニーとかはしらず、ただのエッチな子供だった。
夏にプールに行った。親は共働きだったため一人でいった。結構ガラガラだった。
10分ぐらいして休憩になった。すると、10人ぐらいの女子高生が入ってきた。「今休憩だってさー。」
「えーっ!せっかく来たのにいきなりー」
とか話ていた。全員ビキニで俺のアソコはもう、勃起していた。
休憩時間が終わって俺は流れるプールでのんびりしてた。そして「ハッ」と、女子高生の集団を思い出した。そして俺は尾行(?)っぽい事をしたくなった。その女子高生たちは、まるで貸切状態のように小さなプールで遊んでいた。
そしてまた休憩時間になった。
一人でベンチに座っていた。気がつくともう、俺と女子高生たちしかいなかった。
1分ぐらいたってからゾロゾロと俺の方に歩いてきた。
「僕、一人なの?」
「うん。」
「キャーー、結構この子かわいい!!」
「本当だ、マジかわいい。」
(えーっ!?俺まだ「うん。」しか言ってないんだけど)
「ねぇ、お姉ちゃん達と遊ばない?」
と、聞いてきたのはかなりおっぱいがでかい人だった。返事はもちろんOKした。
その後、休憩が終わって遊んだ。
最初にウォータースライダーをした。何故だか、一人ずつ俺と滑りたいといったから、俺は合計10回滑ることになった。
一回目……

階段を登る時に名前を聞いた。一回目に一緒に滑った人は、「ゆき」と言う名前だった。
「私はゆき!よろしくね!」
俺が前を滑って、ゆきが後ろだった。ゆきは、俺にきつく抱きついてきて、おっぱいが背中に当たった。今思うと、ゆきはDカップぐらいだったと思う。
そして、9回滑って最後に10回目になった。9回ともみんなおっぱいを俺の背中に当ててきた。相手はあの巨乳のお姉ちゃんだった。
名前は「なつき」って言う名前だ。
滑っている時にまた抱きついてきた。
「00君、君ってHだね。」
「えっ!何で知ってるの?」
「気づかない?お姉ちゃん達みんな00君の背中におっぱいつけてたでしょ?その時どさくさにまぎれて00君のおチンチン触ってたんだよ。そしたらずーっと勃起してたって聞いたの。」
顔から火がでそうだった。
「僕、エッチ好きだよ。」
「うん!じゃあセックスって知ってる?」
「何それ?」
「男の人のおチンチンを女の人のおチンチンに入れるの。」
「えーっ汚い。」
「ううん、ものすごい気持ちいいのよ。」
「フーン。」
「あれ?疑ってる?じゃあセックスしてくれたら私たち全員裸になるよ。」
「本当?!!」
「うん!」
「じゃあ僕セックスする!!」
「じゃあさすがにプールの中じゃできないから、とりあえず出ようか。」
「うん。」

プールから出て、俺の家に入れた。親はもちろんいない。
「お姉ちゃん、早く服ぬいで!」
「ハーイ。」
そして全員が裸になった。
「00君も早くー」
「う、うん……」
俺はパンツは脱がなかった。
「00君、パンツも脱いで!」
「恥ずかしいもん。」
と言った瞬間、ばっ!と脱がされた。
「キャー大きい!!」
「00君、本当に1年生?」
「うん。」
「勃起してるけど推定18センチぐらいかな?」
と、ゆきが言った。
みんながジロジロ見ていて、急に快感がアソコに走った。その瞬間にものすごい量の精子がでてきた。ゆきの顔に思いっきりかけてしまった。
「あ、あの……ゴメンナサイ。」
「キャー、すごーーい、こんなに大量の射精見たことないよ!」
「えっ?怒らないの?」
「当たり前だよ!多分00君、今日だけで射精100回はするんだから!」
「ねぇ、さっそくやろ!」
と、なつきが言った。
「おいで00君。」
「じゃあ、まず私のこの穴に00君のおチンチン入れて。」
ジュボ、ジュボジュボジュボ。
「い、入れた?」
「うん。」
「そ、そうしたら……ハァハァ、00君のこ、腰を左右に動かしてぇ……」
「お姉ちゃん大丈夫?」
「う、うん。アアァッッ!!………き、気持ちいい……」
「あっ、お姉ちゃんどうしよう、またなんかヘんなやつが出そう。」
「ハァハァ…………い、いいわよ……思いっきり、……ッッ………私の中に出してーーー!!!」
「い、行くよ!」



……………………こんな調子で本当に今日中に100回はイったと思う。ものすごい貴重な体験をした日だった。