"

【前置き】

自分で言うのも難ですが、僕は小学校時代、中学受験のため3年生から塾に通っていました。そのため学年トップの成績でした。しかしクラスから孤立しているわけではなく、男女問わずみんなから人気で、友人に勉強を教えてあげたり一緒に宿題をしたりと楽しい日々を過ごしていました。特に6年生の時、同じクラスでちょっとおバカな女子のTとMには、幾度となく呼ばれ勉強に付き合っていました。
しかし、はじめに述べたように僕は受験をし、東京の中学校に行くことになりました。
TとMには
「これからも分からないことがあったら、その時はまた付き合ってくれる?」
とお願いされ、僕も
「了解。じゃあメアド交換しよう。勉強教えてほしくなったらメールしてね。」
と言ってみんなと別れました。


中学に入り、僕もいろいろ忙しくなり、「連絡が来るかなぁ」と思っていたのは1年の夏休みまででした。それまで1回も連絡はなく、僕はTやMのことを忘れていった。
この話は、小学校卒業から1年以上経った中学2年の夏休み。Tからメールが届いたときのことである。



【本編】

「Y(僕の名前)?久し振り(^○^)/元気?
私は数学がムズすぎて死にそう。1学期の期末赤点だった…
明日は暇?もしよかったら○○図書館で勉強教えてほしいんだけど。もちろんMも一緒。」
こんなメールがTから届き、僕は
(TとMかぁ、懐かしいなぁ。いろいろ話したいし)
と思い、OKの返事を出した。


翌日、図書館の入り口で待っていると、
「「おまたせ〜〜」」
と声を揃えてこっちに駆けてきたのは、随分と印象が変わったTとMだった。
Tはもとから細くてきれいな体と手足だったのは覚えていたが、1年経って体のラインがくっきりしていて胸も大きい。一言で言うと大人のオンナって感じ。
Mは学年でも1、2を争う背の低さで、あまり身なりに気を遣わない印象があったが、今日のMは可愛らしい服装に身を包み、思わず顔がほころんでしまった。
そんな僕に
「久し振りに会ったのに黙っちゃってどうかしたの?」とM。すると
「もしかして私の可愛さに惚れちゃった?」とT。
図星…。もちろん「はい、そうです。」なんて言える訳もなく、
「あはは。2人とも大人っぽくなったなぁ、と思って」と言っておいた。するとTが
「Yはぜんぜん変わってないね」と一言。Mも
「そうだね。変わってない」と。
とほほ。僕は昔っから服とか全く気にしたことがなかったからね。そこまで言われるとちょっとショック…
「そうかなぁ」とだけ呟いて、
「早速、勉強するか。」と強引に話題を変えて、1人足早に図書館に入っていった。


図書館では、学校での事件、むかつく先生の話、運動会や部活の話などを交えながら時が経つのも忘れて勉強をした。


夕方、勉強を終え、みんなで帰り道を歩いているとき、Tの耳を疑う発言がありました。
「そういえばY、ザーメンってしってる?学校の男子たちが話してて、なんなのか聞いても全然教えてくれないんだよね。Yは知ってるのかなぁと思って。」
まさか純粋無垢な女の子から""ザーメン""なんて単語が出てくるとは思わず、本当にびっくりした。僕が絶句していると、
「どうしたの、Y?なんか固まっちゃって」とT。
いかん、何とかうまく受け流さねば、と考えていたが、ふと脳裏に
(これはいいチャンスではないか、うまくやればエッチなことに持っていけるぞ)
という考えが浮かんでしまった。仕方のないことである。目の前にいるのはきれいな&可愛い女子、そんな女子がこんな発言。普通の男子ならそんな考えが浮かんで当然だろう。
ということで僕は、
「あぁ、ザーメンね。僕持ってるよ。」
と言ってみた。そしたらTが
「ほんと?じゃあ見せてよ。」
と言った。
「じゃあちょっとこのまま僕ん家行かない?」
と誘ってみると、
「「OK」」
と何の躊躇いもなく返事が返ってきた。
何とか嘘は言わずに(僕がザーメンを持っているのも事実だし)誘うことができた。
幸いなことに、両親の帰宅は夜9時ごろだし、ゆっくりコトを進められそうだ。


家に着いて少しゆっくりして、いつ話題にあげようかと様子を窺っていたら、Tが
「そろそろザーメン見せてよ。」と言い、突然座ってる僕の後ろに回って抱きついてきた。もちろんTのふくよかな胸の感触がが背中に伝わる。
僕が呆気にとられていると、今度はMが僕のズボンを下ろしにかかった。
何が起きているのか頭の整理が追いつかず、ただ茫然としている僕に対し、Tは耳や首筋を舐めてどんどん攻めてくる。Mはパンツ越しに僕の竿を優しく刺激してくる。
Tは
「まさかYがこんな行動に出るとは思わなかったよ。本当は自分からこういうことしてもらおうと思ってさっきあんなこと言ったんでしょ。なかなか自分から言い出さなかったのはYらしいけどね。」
と。どうやら作戦にはめられていたのはこっちの方だったようだ。考えてみれば今の時代、簡単にザーメンなんて言葉ネットで調べられるし、分からないわけがなかった。TとMは予め今日この話題を出そうと計画していたらしい。僕の反応を見るために。しかし僕がなかなか言い出さないことがチキンとみなされたのは、けっこうショックだったりする。
そんなことを考えているうちにとうとうシャツとパンツも脱がされてしまった。
これまでの行動で、もちろん僕の竿はギンギンになっていた。それを見たMは
「Yのおっきいね。」
Tも
「勃起したおちんちん初めて見た〜」
と感想を口にし、更に
「何してもらいたいの?自分で言ってみて」
と。完全に主導権を握られてしまったが、ここは素直になって
「舐めてほしい」
と一言。しかしそれでは許してもらえず
「どこを〜?」
とT。仕方なく
「僕のチンポを舐めてください」
と言った。すると
「じゃあそこに寝て」
と言われ、おとなしく言われたとおりにする。すると2人が僕の足元に座って両側から舌でゆっくりと舐め始めた。竿だけでなく玉もだ。
吸われたり、舐められたり、自分の竿に舌が絡みつく。ペロペロと先を舐められたり、逆に舌で包みこむように舐められたり、とにかくいろんな初めての感覚に頭がぼーっとしてきたそんな時、Tが
「そろそろ私も気持ちよくしてもらいたいな〜」
と急に上の服を脱いだ。ブラジャー1枚となったTは、
「さっきは私たちが脱がせてあげたんだから、私のブラも取って」
と言って背中を向けてきた。僕はゆっくりとブラのホックを取った。こっちに向き直ったことによって露わになるTの胸。服越しよりもずっと大きく感じるその胸を見つめていると、その胸がゆっくりと顔に近づいてきて、
「好きにしていいよ」
と言われた。初めは少しためらったが、手でゆっくりと揉んでみたり、乳首を舐めたり、甘噛みしたりと生乳を堪能した。時々漏れるTの喘ぎ声が僕の性欲を掻き立てる。
しばらくすると、ずっと僕の竿を舐めていたMが
「T〜。そろそろ交代。私も気持ちよくなりたい〜」
と言ってTと交代してから、
「私は全裸にしてもらおっかな、脱がせてくれる?」
と言い、体を預けてきた。
僕は戸惑いながらも上から脱がしていった。Mはブラをしてなかったのですぐに胸が現れた。Tと比べると大きさはかなり劣るが、幼女を連想させ、それがまた興奮した。
「下もおねがい」
とお尻を突き出してくる。ゆっくりとホットパンツを脱がし、下着が露わになる。ふと見てみるとMの下着はアソコののあたりが少し濡れていた。
「Mはもう感じちゃってるの?随分エロい女だねぇ」
と言ってやった。これでからかわれっぱなしの僕も一矢報いたかな。そんな風に思っていたらMが急に僕の顔の上に座ってきた。いわゆる顔面騎乗の態勢だ。
「Yはここのニオイで感じるんでしょ?ほら」
とちょっとお怒り気味の様子。あんなこと言うんじゃなかったと少し後悔…。顔からお尻が離れて、
「じゃあ、おねがいね」
とM。僕はパンツに手をかけ、ゆっくりと下ろしていく。徐々に露わになったのは、まだ毛がちょっぴりしか生えていない可愛らしいおまんこだった。そして再び顔騎へと。Tが
「M、自分だけずるいよ〜。私も〜」
と、自分で下を脱いでこっちにやって来て、
「手で気持ち良くして」
と僕の右手をつかみ、自分のおまんこへと誘導した。顔騎されていて見えないけど、触ってみた感触だとTのおまんこはわりと毛がびっしり生えてそうだった。
初めておまんこを見る、触る、舐める。こんな経験を同時にして、更におまんこのニオイに興奮して、僕の竿も痛いほどギンギンになっていった。
しばらくして顔騎から解放されて、Mはフェラに戻ってく。再び2人からのフェラに僕の竿も限界に達し、
「もうイキそう」
と伝えると、Tが
「わたしのくちのなかにいっぱいだしてぇ」
と竿を咥えながら言った。Mは
「ずるいよぉ。わたしは〜」
と言ったが、もう遅く、僕はTの口の中に大量の精子をぶちまけた。
竿から出る精子を最後の1滴まで吸い尽くしてくれて、飲もうとしたTだが、Mが
「私にもちょうだい」
と言い、Tが口移しでMの口にTの唾液と僕の精子が混ざった液体を移した。
2人で半分ずつにして僕の精子を飲んでくれた。2人とも美味しかったと言ってくれた。
ザーメンキスを生で見て、いま射精したはずの僕の竿は早くも元気を取り戻した。
「Yのは元気だねっ。ちょっと休んでからまたやらない?」
とTが言い、Mと僕は頷いた。
僕はこれ以上リビングで続けてはいろいろ汚しかねないと思い、
「次は風呂場に移動しない?」
と提案した。するとMは
「分かった」
と。Tは
「Yはソーププレイが好みなの?エロいねぇ〜」
と。そういう訳で提案したのではないが、そう言われると意識してしまうのが人間ってものだ。自分の顔が赤面しているのが分かった。


休憩の後、3人で風呂場に向かった。
ウチの風呂場は決して大きくないので、3人で入るとなるとかなり狭かったが、それはそれで密着できていいと思った。
Tが
「Y、どんなプレイがお望みかな」
と聞いてきた。先ほども述べたように、ソーププレイが好きで提案したわけじゃなく、プレイにも詳しくないので、とりあえず普通に
「体洗ってほしいな」
と言ってみた。
「じゃあ洗いっこしよう」
とT。Mも異論はなし。
3人で普通に手や足、背中などを手に石鹸をつけて洗いあった。そのあとはもちろん局部。僕は2人の胸を揉むようにして洗い、2人は僕の竿と玉を優しくなでるように洗ってくれた。唐突にTが
「私の胸の感触はどう?」
とストレートに聞いていた。Mも僕がなんと答えるか興味津々のようだ。
僕は答えに戸惑った。Mが聞いているので「大きくてよかった」とは言いにくい。迷った挙句、
「柔らかくて気持ちよかった」
と伝えた。Tは、Mも聞きたそうにしているのに気付いたのか、ただ面白がってかは分からないが
「Mのはどうだった?」
と聞かれた。Mは赤面して
「いいよ。私のなんて所詮小さいし。」
と小声でつぶやいた。その仕草があまりに可愛くて、
「そんなことないよ。Mは体は小さいけどそれがとっても可愛らしいよ。僕は好きだな。」
決してうわごとではない、心から出てきた言葉だった。


一度体を洗い流して、僕が
「素股やってほしいなぁ」
と言うと、TはあっさりOK。Mは素股を知らなかったみたいで、首をかしげている。それを見てTが
「じゃあまずは私のプレイをみてて」
と言って、
「Y、私のおまんこ、泡でいっぱいにして」
と石鹸を渡してきた。まぁローションがないから泡で滑りやすくするのは妥当だろう。僕はTのおまんこを手で撫でるようにして洗いつつ泡立てていった。Tは感じやすいのか、殆ど強い刺激は与えてないのに途中幾度となく喘ぎ声を漏らした。
たくさん泡立ったところで、
「じゃあ、腕出して」
と要求してきた。まずは腕を挟んでくれるのだろう。おとなしく腕を差し出すと、ゆっくりとまたいで、おまんこを接触させてきた。前後に動いて僕の腕を泡まみれにしていく。さっきまで手でおまんこに触っていたのにこっちの方が興奮するのはなぜだろうと疑問に思いながら、ただTにされるがままになっていた。Tは
「あぁ、気持ちいい。Mもやってみなよ」
と言いMに促す。ずっと見ていたMも
「おねがい」
と私に股を開いてきた。僕は反対の手でMのおまんこを泡まみれにして、
「じゃあお願い」
と腕を差し出した。Mもゆっくりとまたがり前後に動いて腕を洗ってくれた。
2人とも気持ちいいのか、だんだん息が荒くなってきたようだった。2人の漏らす吐息と、泡だらけのおまんこが僕の腕で動いている光景が予想以上にいやらしく、僕の竿はどんどん硬くなっていった。
そんな僕の竿の様子を見て、Tが
「じゃあそろそろかな。Y、寝て」
と言われたので、少し痛いが風呂場の床のタイルの上にそのまま寝た。
僕が寝るとほとんど床は足の踏み場がなくなり、Mは一度空の浴槽への中に入ってもらった。
Tは僕の上にまたがり、自分で泡を足して、再び泡まみれになったおまんこをゆっくりと僕の股間に近づけ、くっつけた。
初めて自分のちんことおまんこが触れた。そう考えただけでイキそうになってしまった。
Tはゆっくりと体を前後させ、程よく僕の竿に刺激を与える。Tは
「あぁん。思った以上にきもちいな〜これ。腰が止まらなくなっちゃう。Yはきもちい?」
「ヤバいな、これ。マジきもちい」
と答える僕。ふとMのほうを見てみるとMは僕たちを見ながらオナニーしていた。ちっちゃな体のMがオナニーしている。その光景がエロ過ぎて、僕は更に興奮が高まった。
2人の喘ぎ声は次第に大きくなっていった。お互いに会話がまったくなくなっている。ふとMの声が聞こえなくなったのでMのほうを見てみると、その十数秒後、オナニーしていた手が止まり、足がピクピクしていた。これはもしかしてイッたのかと思い、
「M、イッたの?」
と尋ねたが、返事はなかった。たぶんイッたのだろう。Tは
「M独りでイッっちゃったの?じゃあおちんちん譲ってあげる」
といって僕から離れた。竿がおまんこから離れるときに糸を引いていて、とてもいやらしかった。竿は泡以外に自分の我慢汁とTの愛液でぐちょぐちょになっていた。
少し落ち着いたのか、MはTの言葉を理解したようで、僕にまたがって腰を動かし始めた。
一度イクとすぐにまたイクというのは本当らしくて、すぐに動きは激しくなっていった。あまりに激しくで僕は本日2発目の射精をしそうになった。
「もうイキそうだよ」
と言うと
「いっしょにイって」
とM。それから数秒後、僕は自分の腹から胸にかけて精子をぶちまけた。2発目だというのにこんなにもいっぱい出たことに自分でも驚いた。Mもほぼ同時にイッたらしく、僕の体の上で放心状態だった。その後
「ありがとう」
と言って、僕の体についた精子を舌でなめてきれいにしてくれた。
それを見ながらオナニーしていたTは
「私もそろそろイキそう。Y、シックスナインでイカせて」
と言い、僕とは逆向きに覆いかぶさってきた。
Tは愛液と我慢汁と精子で汚れた僕の竿をお掃除フェラしてくれている。僕は、Tのクリを指や舌で猛烈に刺激してやった。次第に僕の竿を舐めるのをやめ、吐息だけが竿にかかる。Tは
「もうらめぇ〜、イクぅ〜」
と叫び、その数秒後足をピクピクさせてイッた。
3人がイッたところで、そろそろあがろうということになり、シャワーで体をきれいにしてから、風呂場を上がった。
脱衣所では特にエッチなこともなく、皆自分の体を拭いて、着替えてからリビングに戻った。


時計をみるといつの間にか7時を回っていた。これ以上遅くなると危ないので今日はおしまいということになった。
僕は2人を家の近くまで送ることにし、3人で歩いていると
「今日はありがとう」
とT。僕はなんか恥ずかしくなり、すぐに言葉が出なかった。
「Y、私は勉強のこと言ったんだよ。エッチのほうだと思ったんでしょ。Yはほんとエロいね」
と言われた。すっかり勉強教えたなんてこと忘れてた。どんだけだよ、僕。
Tの家の前に着いてTと別れて、Mと2人きりになった。しばらく会話はなかったが、ふと
「今日はありがとう」
と小声で一言。僕は
「また分からないことがあったら遠慮しないでどんどん連絡してくれていいからね」
と答えた。
Mの家の前まで来て、
「じゃあね」
と言って別れた。このとき僕は、Mが少し元気がなかったのに気付いていたが、あまり深く考えなかった。
独りで家まで戻っているとき、今日の2人の行動について「随分と痴女になったなぁ」という感想が頭に浮かんだ。
Tが、Mがそれぞれどんな思いでこんな痴女みたいな行動に出たのかも知らず、僕はただ呑気に家に帰るのだった。



【あとがき】

最後まで読んでいただきありがとうございます。お察しの通り、この話にはつづきがあります。暇なときに書いてみようと思うので、この話の続きが気になった方は、気長にお待ちいただければと思います。

"