あぁ・・・また「この時間」がやってきた。私がこの場所に監禁されてから、もう何日たったのか分からない・・・。それでも変わらず「この時間」は一日に一回必ずやってくる。「この時間」・・・狂わしい快楽・・・壊れそうな快楽・・・。人格が破壊されそうな、しかし理性はちゃんと保たれるようなギリギリの。・・・そう。ギリギリの線までイカされる。私はもう二度と・・・「この時間」からは逃れられないと・・・思う。暗い部屋・・・窓のない暗い部屋。あるのはベッドとヤツが「この時間」になると持ってくるランタンだけ・・・。そして一日2回の食事と排泄用の小部屋。私は今もベッドの上で裸のままボーッとしていた。監禁されてからは、服などというものは身につけてはいない。私は感じている。今までの感覚からして・・・もうすぐヤツが・・・来る。ギギィィィ・・・。重い扉の開く音。のっそりとした足音。私の全身が緊張している。ヤツの手が私の裸体をそっと撫で回す。私の全神経が、ヤツの手へと注がれる。最初は頬。そして首筋。鎖骨。胸。乳首をなぞり、鳩尾。お臍を通り腰骨。太股をなぞり足首まで・・・。そこからまた、ヤツの手は上がってくる。再び太股をなぞり、そしてクリトリスを何度も何度もなぞるのだ。「んぅ・・・」今までの快楽で敏感になった私は、いとも簡単に甘い吐息を漏らす。その声に反応したのか、ヤツはクリトリスを摘み上げた。「あ?あぁぁ!」ビクッビクッと身体が波打つ。ヤツはクリトリスを摘み上げたまま、もう片方の手で何かをクリトリスに塗り始めた。ヒヤッとした感触・・・しかし次第に熱くなってくる。ヤツはまだ塗る手を休めようとはしない。「ん・・・ふぅぅ・・・。んあぁ!」クリトリスだけがビクビクと脈打ち始め、甘く甘く痺れる様に疼き・・・。そこでやっとヤツは手を放した。そして今度は私の膣の中へと指を挿入してきた。同時に何かチューブのようなものも膣に挿入している。チューブの中身を膣の中に流し込んでいるようだ。とたんに私のアソコ全体が痺れた。「ああああぁぁ?や・・・何!?」膣の中は猛烈な痒みを伴い、クリトリスは熱く焼けるような感覚。「痒い!!あぁぁ!熱いぃ!!いやあああぁぁぁ・・・助け・・・」ヤツは私の声を無視し、今度は両乳首にクリトリスと同じ薬を塗り始めた。すぐに乳首もジンジンと熱く感じ始める・・・。「うああああぁぁぁぁ。んんんんぅ!く・・・くあぁぁ」暫く身体の疼きに悶えていると、いつのまに拘束されたのか。両手両足が動かなくなっていた・・・。「ひっ・・・ひああぁ。くぅぅぅ。」ヤツはクスッと笑う。<相変わらず良い声だ。今日は今まで以上に楽しませてもらうぞ>そう言って、ヤツはスポイトを取り出した。それをいきなりクリトリスに被せたのだ。クリトリスを極限まで吸い上げられて、私は腰を浮かせて絶叫した。「うあ!?うあああああああ!!」腰を何度も振ってスポイトの刺激から逃れようとするが無駄だった。そうこうしているうちに、今度は両乳首にローターが固定された。そして膣内には巨大なバイブ。さらにはクリトリスにもスポイトの他にローターが固定されたのだ。ヤツは言う。<お前は最高の玩具だ。私と一緒に堕ちろ。快楽の底まで・・・>そしてヤツは全てのローターとバイブのスイッチを入れた。「っっっっっっっ!?!?!?ああああああああああああああああああ!ひぎぃぃぃいぁ!!ふぅぅ・・・んく。わあぁぁぁ!!!!!う・・・あぁ・・・止め・・・てぇぇぇぇ。いやだぁぁぁ!死・・・死にたくないぃ」<こんな事で死にはしない。もっと悶えろ>そう言ってヤツはローターとバイブのレベルを一気に最強まで引き上げた。ヴィイィィィィッィィィイ!ヴォバババババババババババ!ヴゥゥゥゥゥゥゥン!!!!!!猛烈な痒みを感じる膣内。吸い上げられ、熱く敏感になっているクリトリス。同じく熱く敏感に尖った乳首。そして全ての箇所で暴れ回るローターとバイブ・・・。私は狂ったようにガックンガックンと腰を揺らし。頭を振りたくり。悲鳴を上げて悶え続けた。ここから逃げられるのは悲鳴だけだというように・・・悶え続けた・・・。「いやああぁぁぁぁぁぁ!死んじゃう!!死んじゃうぅぅ!!ヒッ・・・あひあぁぁぁぁぁぁ!やあぁぁぁ・・・止めて止めて止めてぇぇぇぇぇっ!!!!イクッ・・・もうイッチャう。だめ!ああああああああああああああああああ」ビクンビクンビックン・・・。それでも刺激は止まらない。アソコからはグチュグチュと止めどなく愛液と音が溢れ出す。失神も許されず、直ぐに目を覚ましてしまう程の快楽。「ああああああああああああああああ!!もうイッた!もうイッたのっ!!が・・・あっぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・止めて・・・。ひぎぃ・・・ヒッヒアアァァ。んぐ・・・んんんんぅ。もう死ぬぅぅぅ絶対・・・死んじゃうぅぅぅ。あっあっあっ!!・・・ん・・・きゃああぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ」<貴様が悶える姿は最高に美しい。気の済むまでそうしているがいい。気の済むまでな>そう言い残し、ヤツは部屋を出ていった・・・。いつ、この絶頂地獄は終わるのか・・・。私が本当に死ぬまでなのか・・・分からない・・・。きっと私はヤツと堕ちてしまう・・・快楽の底まで・・・。絶対に失う事の出来ない意識の中で、私はそう感じた・・・。「んうあぁぁぁあぁっぁぁぁぁぁ!!ひ・・・く・・ぅぅぅ。あああっああああああああああああああああああああああああああ」ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ・・・。ヴィイィィィィッィィィイ!ヴォバババババババババババ!ヴゥゥゥゥゥゥゥン!!!!!!ガックンガックン・・・ビクッビクビクビクン・・・。「も・・・もうイヤァァァァ!!イキたくないぃ!!た・・・助け・・・。うあぁぁぁぁぁぁぁ」きっと、ずっと続く。この快楽・・・絶頂地獄・・・。