サークルの夏合宿に行った時です。僕にはサークルの中に付き合って2年の彼女がいます。最終日に打ち上げをして、みんな順番に潰れていきました。10人くらいになった時に「王様ゲーム」が始まりました。30分もすると命令がどんどんエスカレートしていきます。さすがに僕は彼女の前、いやらしい命令は出来なかったのですが、普段からオナニーネタにしていたY子やK子が、キスをしたり、おっぱいをもまれたり、男のあそこを握ったりしているのを見てるのは、とても興奮しました。そしてついに彼女までが10秒間おっぱいを揉まれることになりました。「どうする?」みんなが僕に聞いてきましたが、ここで断ったら場がしらけると思い、「いいけど、やさしくね」彼女もイヤな顔はしていましたが、僕と同じ思いだったらしく、素直に従いました。みんなのカウントダウンに合わせて、王様の男が彼女のおっぱいを揉みはじめました。嫉妬と興奮で僕のあそこはちょっと固くなってきました。「すげえ、やわらかい」王様が言いました。さらに次の王様が「5番が王様に10秒間胸を見せる。」Y子が5番でした。他の人には見えない様に、部屋の隅に向けて、Y子がTシャツを捲り上げました。僕の方からはY子の背中と横乳が見え、次のネタに使えるぞと思い、すっかり勃起してしまいました。「感想は?」はやしたてられた王様は「お椀型で、乳輪はちっちゃくてピンク」などと、調子に乗って細かく説明しました。そして次の王様が「うらやましいから、7番が今のと一緒」なんと7番は彼女でした。「さすがにやめとく?」気を使ってみんなが言ってきましたが、Y子も素直に見せていただけに、彼女だけ断れません。彼女も観念したように、部屋の隅に行き、Tシャツの上からブラのホックをはずして、ゆっくりとTシャツを捲り上げました。王様の男は覗きこむようにじっくりと彼女のおっぱいを凝視しています。みんなが彼女の方を見ています。彼女のおっぱいを正面からじっくり見ている男に加え、角度によっては横乳までも見えているに違いないのだ。僕は彼女の体の中で、おっぱいが一番好きなのです。そのおっぱいが揉まれたうえに、こんな風に見られることになるとは・・・。長い、長い10秒でした。やっとおっぱいを隠して振り向いた彼女の顔は、恥ずかしさに真っ赤になっていました。「感想は?」びっくりしました。そんなこと言わせるな。そう言うより早く、「オレンジで、巨乳。でも、乳輪もでかい」2人にとって、彼女の乳輪の大きさと、僕の包茎については2人だけの、今まで誰にも言わなかった秘密だったのです。僕と彼女だけのそんな秘密をばらされて、屈辱感と妙な興奮が入り混じって、変な気持ちでした。その後、王様だった男が性懲りも無く「あいつ巨乳だなあ、乳輪もすごかったけどな」などと言ってきましたが、返す言葉もありませんでした。ただ、合宿が終わりしばらくすると、恥ずかしそうに顔を赤らめておっぱいを露出している彼女の姿を思い出し、たびたびネタにしています。