mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2021年06月

30 6月

男「…へ?」姉「だからさ」

姉「部屋を片付けなさいって」

男「そりゃ確かに散らかってるけど・・・何の脈絡もなしにいきなり言われても訳分からないんだけど」

姉「明日、アンタの部屋が綺麗になってないとあたしが恥ずかしいのよ!」

男「まったく以って訳分からん…」

姉「…あたしの友達に女っているでしょ?その女があんたに興味あるんだってさ」

男「女さん…って、姉貴の友達とは思えない程おとなしそうな?」

姉「ちょっとアンタ…それどういう意味よ!!」ジロッ

男「何でも……いやいやいや!ありえないっしょ!!」

姉「ん?なにが??」

男「…だって俺中3だし…姉貴の友達なら姉貴と同じ二十歳でしょ?」

姉「歳のことは言うなー!」ベシッ

男「痛っ!…それに俺、顔もたいしたことないし、この性格だよ?どこに好きになる要素があr」

姉「はいそこー! 誰も好きだなんて言ってないよ?だ」ニヤニヤ

男「!……」

姉「『興味がある』って言ってただけもんね?」ニヤニヤ

男「………性格悪」ボソッ

姉「なんか言った?」ギュー

男「いたいいたいいたいいたい!脇つねるな!!」

姉「それにね、アンタの顔、言うほど悪くないよ?」

男「そんなことないだろ?姉貴、身内補正入ってない?」

姉「んー、それはあるかもね。でもあたしの弟だもん。そこそこいいとこいってるよ?」

男「いやいやいや、そりゃないって」

姉「だってアンタさぁ、近所の女の子に声かけられるでしょ?モテないオトコに声かける女の子なんていないからさぁ。それなりにそれなりなんじゃない?」

男「…意味がわからん」

※ちなみに始まりは1980年の11月15日(土)の設定。
 だからケータイは無い。電話は親子電話。学校も会社も週休1日制。
 一部の言葉は分かりやすくするために今風に置き換えてます。

男「で、それがどう展開すると俺の部屋を片付けることになるんだ?」

姉「んふふ?、明日、家であたしと女と姉友1と姉友2の4人でクッキー焼くんだけどさ?」

姉「女とお話してやってほしいのよ」

男「はぁ?なんで??」

姉「だーかーらー!女がアンタに興味を持ってるって言ってるでしょ!?」

男「は、はぁ」

姉「で、あたしの部屋だとギャラリーがいるから話しづらいかな?って」

男「ちょいまち!俺は仮にも男だし?ひとつの部屋に閉じ込めたりしたら襲うとか考えないの?」

姉「隣の部屋にはあたしらがいるし、第一アンタに女を押し倒す勇気なんて無いじゃん。ヘタレだし」

男「うぅ…反論できないのが悔しい…」

姉「……それだけにね、アンタなら大丈夫かなって」ボソッ 

男「ん?なんか言った?」

姉「なんでもなーい」

男(しっかり聞こえてたんですが…)

?11月16日(日)・男の家?

姉彼「おはようございます」ガチャ

男「あ、姉彼さん。おはようございます。今呼んできますね」

姉彼「ん、ありがと」

男「おーい姉貴ー。姉彼さん来たよー」

姉「分かったー、今行くー」

男「じゃ、掃除機掛けてくるわ」

姉「はいよー、じゃあたしらも行ってくるわ」

男「姉彼さんも大変ですね。姉貴の友達を迎えに行くとか…」

姉「なんだってぇ?」ジロッ

姉彼「それぐらいたいした事じゃないさ。掃除より車の運転のほうがマシだろ?」

男「確かに…」

姉彼「じゃ、行ってきます」

男「いってらっしゃーい」

男「さて、掃除機掃除機…と」

?男の部屋?

男「んー、昼前か…掃除機も掛け終わったし、疲れたし、一休みするかな?」

男「ちょっとベッドで横になって…ふぅ…」

男「………zzz」
  ・
  ・
  ・
男(…ん?……なんか…いい匂いが…)

男(…ああ…姉貴達がクッキー焼いてんのか…)

男(…でも…クッキー以外の…匂いもする…)

男(…なんだろ…なんか…いい匂いだなぁ…)

男(…そろそろ…起きないと…)

男「…」パチクリ

女「!?」

男「……あー…えー…っとぉ?」

女「…あ、あの!…え、えっとぉ…おはよう…ございます…」ペコリ

男「あ、お、おはようございます」ペコリ

女「……や、その、えっと…」アタフタ

男(なんかパニクってるなぁ…おかげで落ち着くけど…)

男「どうしました、女さん?」

女「!?…な、なんでもないです!」

男(赤くなってる!…って視線の先は…)アサダチーン

女「………」ボンッ

男「…」\(^o^)/オワタ

男(…気を取り直して…)「お、女さん、想像は付くけどなんでここに?」

女「や、あの、姉さんに…クッキーを持っていくように言われたから…」

男(やっぱり…)ハァ

女「そ、そしたら…男さん寝てて…起こしたら悪いかなって…」モジモジ

男「…ありがとうございます」ペコリ

女「え?いえ、そんな…なんで?」キョトン

男「いや、気を使ってくれたんでしょ?起こさないように」

男「だからありがとうございます」ニコッ

女「……い、いえ」

男「で、クッキーはどこですか?」

女「あ、はい。机の上に」

男「ああ、これですね。で、女さんが作ったのはどれですか?」

女「あ、これです…」

男「綺麗な形してますね」

女「いえ、そんなことないです」

男「しかもうまい」

女「でも、味のほうは同じ生地を使って、一緒にオーブンで焼いたからどれも変わらないですよ?」

男「いやいや、見た目も味のうちってね。例えばこっちの歪な奴なんて見るからに味が悪そうでしょ?」

男「一目で誰が作ったかすぐに分かりますよ。姉友2さんですね、これは」

壁の向う『アトデシバク』

男「…やっぱり聞き耳立ててたか」

女「…」クスッ

男「あ、クッキーありがとうございます。」

女「あ、いえ、こちらこそ…そろそろ隣の部屋に行きますね」

男「え?」

女「さっき寝てたでしょう?まだ眠いんじゃないですか?」ニコッ

男「ええ、まぁ」

女「じゃ、おやすみなさい」ペコッ

?夜・居間?

姉「ほれほれ?♪女の電話番号だぞ?♪」ノシフリフリ

男「……」

姉「掛けちゃうぞ?掛けちゃうぞ?♪」ノシフリフリ

男「……俺は出ないぞ?」

姉「ノリ悪いな?、その日のうちに連絡しないと女の気持ちが醒めちゃうよ?」

男「ふ?ん…」

姉「なにその反応。いいじゃん、電話するぐらい…」

男「姉貴が電話するのは構わないけど俺は出ないからな!」

姉「およ?なにその反抗的な態度。あたしに喧嘩売ってんのぉ?」ギロリ

男「…!滅相もない!」フルフル

男(姉貴に喧嘩うって無事ですむわけがない…)ガクブル

姉「ん、じゃあいいけど…」スッ

男「…いつの間にメリケンサック装備してたんだよ、姉貴…」

男「てか、女さん、俺のどこに興味があんの?」

姉「お!アンタも女に興味ある?」ニヤニヤ

男「…正直に言うとね。女さんっておとなしそうで言葉使いも丁寧だし声もかわいいし、それに可愛くて綺麗だろ?乳は小さいけど」

姉「最後の一言余計! でも意外だわ、アンタがまともに感想言ってる…」

男「いやまあ、好意を持ってくれた人のことは一応まじめに考えるもんでしょ?」

姉「『好意』じゃなくて『興味』ね」

男(やけにこだわるなぁ…)「…まあいいや。とにかく、今まで俺の周りにいた人とは全然違うタイプだし?」

男「恋愛感情は抜きにしても、興味があるのは当たり前じゃないか?」

姉「ふぅ?ん、ちょっと引っかかるけど。ま、アンタの言うこともなんとなーくわかるわ。女のこと、知りたい?」

男「どっちかってーと……知りたい…かな?」

姉「じゃ、なんか飲み物持ってあたしの部屋においで」

男「へ?い」

※ここで軽く人物紹介

男 :中3、170cm、60kg。ヘタレで生真面目で楽観主義者。顔は姉曰く中の上以上。割と筋肉質な体格は毎日の犬の散歩の賜物。

女 :20歳、155cmぐらい、痩せ気味。会社員。姉の元同級生。思い遣りがあって大人しくて奥手で真面目。童顔で可愛い。殆ど化粧をしない。きれいな黒髪ストレートのセミロング。Bカップ。

姉 :20歳、160cmぐらい、やや痩せ気味。会社員。ブラはD。明るく楽観的でノリが良い。見た目は可愛くて綺麗系なので高校時代はファンクラブまであった。いろいろと最強。栗毛の髪がちょっとコンプレックスでショートヘア。

姉彼:23歳、リーマン。割とクール。結構マッチョ。いざという時に活躍するタイプ。

姉友1&2:ここでは空気。姉の元同級生。会社員。姉友1は170cmぐらい、遠目で見るとスーパーモデル級の容姿なれどお肌がゲ゙フンゲフン。姉友2は155cmぐらい。ヤンキー。顔の造りは上の下。姉には頭が上がらない。

兄 :地方の無名私大1回生で下宿中。盆と正月しか実家に帰ってこない。

女妹:高3、155cmぐらい。チョイ痩せ気味。可愛い。黒髪ロングのストレート。普通の女子高生。顔は上の中。

?姉の部屋?

姉「で、何から聞きたい?誕生日?家族構成?それともスリーサイズ?」

男「おい最後の…いや、知りたいです」

姉「このスケベ!それは最後の楽しみに取っておいて…」

男「知ってるのかよ!で、聞きたいのは俺に興味がある理由なんだけど…」

姉「おぉう、それはあたしも知りたかったんでばっちり聞いてるぜい!」

男「さすが姉貴」

姉「…アレは3年前の冬だった…」

男「なんでやねん!」ビシッ

姉「ナイス突っ込み!」グッ

男「…頼むからまじめに…ねぇ?」

姉「って言ってもねぇ…ん、まいっか。あたしの友達がうち来るときさ、いつもアンタに犬を押さえといてって頼んでたでしょ?」

男「姉貴に頼まれるからな。それにうちの犬、結構吠えるし」

姉「他にはお菓子を持ってきたり」

男「姉貴に言われて買いに行きました」

姉「…飲み物持ってきたり」

男「姉貴に(ry」

姉「な・ん・か・文・句・あ・る・の?」ギギギ

男「…!ギブッ!ギブです、姉貴殿!!」メキメキッ

姉「まったく…おつりは小遣いであげたのに…」

男(毎回チロルチョコぐらいしか買えなかったんですが)

姉「とまあ言うわけで、女は徐々に男に『興味を持った』のでした?チャンチャン♪」

男「なにが『と言うわけ』なのかは分からないんだけど…要約すると、姉貴のパシリしてる俺に興味があると」

姉「…あんたその言い方、失礼じゃない!」ドスッ

男「(鳩尾!)…い…き…が…」チーン

姉「…まあそれがきっかけで女は男を見るようになったんだけどさ、興味を持ったのはそこじゃなくて」

姉「他の男とは違うって思えるところがあったからなんだってさ」

男「なんだよ、それ?」

姉「ん?…教えない、て言うかあたしも聞き出せてないんだな?」

男「はぁ?それじゃわかんないって」

姉「こうじゃないかなーってのはあるんだけどね」

姉「ところで男。アンタの方はどうなんよ?」

男「どうって?」

姉「女のことをどう思ってるか聞いてんの」

男「そんなのわかんねぇって。…後姿は綺麗だとは思ってたけどね」

姉「そういえばアンタ後姿フェチだった!」

男「それに今日は差し障りのないことをちょっとしか話してないし」

男「まあ、姉貴の友達だし、失礼の無いようにしてたつもりだけどね」

姉「そっか。で、どうする?これから電話するけど、アンタも話する?」

男「いや、しないって」

姉「照れるな照れるな♪」

男「…それもあるけど…相手のこともロクに知らないのに、どういう会話をせよと?」

姉「そんなこと言ってたらいつまでたっても話なんてできないんじゃない?ここは一発自己紹介からいってみよう!」

男「……ハァ、どうしてこうなった…」

?21時・姉の部屋?

姉「んじゃ、今から電話するから」

男「…」

姉「覚悟決めて、ちゃんと話しすんだよ?」ジロッ

男「…『御茶と御花と御琴を少々』でいいんだっけ?」

姉「まじめにやれ!」ペシッ

男「あたっ!デコピンかよ…」

姉「まったく…あ、もしもし。女さんのお宅ですか?はい、お願いします………」

姉「あ、女?うちの男があんたと話したいんだって」

男(無理矢理話をさせようとしているオーラが…)

姉「ほれ、後は思うとおり話しなさい。失礼のないようにね」

男「あー…ごめんなさい、姉貴が強引に電話したもんで…迷惑じゃないですか?」

女『…いえ、そんなことはないです』

男「そう?だったら少しお話しませんか?」

女『えっ?……はい』

  ・
  ・
  ・
女『???…それじゃ、おやすみなさい』

男「おやすみなさい」ガチャ

男「ふぅ?、んー…」ポキペキッ

姉「おーい、そろそろ交代…って、もう終わってたの?まだ20分ぐらいしか経ってないんじゃ…」チラ

男「そんなもん?もっと話してたように感じてたけど」

姉「で、どうだった?ん?んん?」グリグリ

男「肘で脇を押すなって!まあ、今日のお礼と、新情報は好きなものと嫌いなものぐらいかな?」

男「絵を見るのが好き、本を読むのは苦手、ミカンとりんごは好きだけどスイカは嫌いとか、他には…」

姉「………」

男「ん?どしたん姉貴?」

姉「あたしゃアンタに呆れてんの!なにやってんのよ!!」

男「だって何にも知らないもん同士なのに仕方ないだろ?それに収穫はあったし」

姉「収穫?」

男「うん、好きなものが分かった」

姉「あー、うん、それは収穫・・・って言うか、それぐらいならあたしも知ってるわー!」

男「あー…でも話のネタにはなったし…で、次の日曜に会う約束もしたし」

姉「ふぇえ?アンタ、ヘタレの癖にそこまでやるとは…さすがの私もビックリだわ!」

男「いやいやいや、たまたまだよたまたま!今○○美術館で特別展示やってるから、それを見に行こうって」

男「期間は11月末までだからまだ見れるよって事で、行ってくる」

姉「…アンタ、そんなことよく知ってたね」

男「ああ、購買部にポスターと割引券があったからね。じゃ、風呂入って寝るわ」

姉「はいよ?、あたしゃ今から彼に電話♪」

男「へいへい」

男(女さんか…意識しなきゃ普通に話せるのかなぁ…)

?11月22日(土)・夜?

姉「おっとこー!」

男「はいはい、なに?」

姉「明日デートでしょ?アンタの服適当に買ってきたよ」

男「え?俺の服?」

姉「後で請求するからね♪」

男「…勝手に買っといてそれはないだろ…まあ出すけど」

姉「冗談冗談、出さなくていいから、その分明日のデートで女に奢ってあげなよ」

男「およ?いつになく太っ腹!妊娠何ヶ月?」

姉「そろそろ臨月でーす♪ってちがーう!そんなこと言うなら服代出せ!」

男「すみません私が悪うございました。で、なんで服買ってきてくれたの?」

姉「そりゃあねぇ、女に紹介した手前もあるし、アンタまだ中3だし…」

男「いやまあ、正直助かるよ」

姉「まあ、姉としては身内に恥を晒してほしくないんだよねぇ」

男「金がないだけでそこまで言われるかな?」

姉「デートのお金は男が出すもんなの!アンタはまだガキだから分かってないだろうけど」

男「ちょ、それ言うか。まぁ確かにガキだわな。自分で稼いでるわけじゃないし」

男「ていうかデートじゃないし!絵を見に行くだけだし!」

姉「チッチッチ。それを世間ではデートと言うのだよ」

?11月23(日)・朝?

姉「ふぁあ?…おはよー…」ポリポリ

男「…姉貴、乳丸見えだって。もうちょっと恥らいを持とうよ…パジャマの前ぐらい留めてさ?」ハァ

姉「いいのよ、家族に見られてもノーカンだから。歯磨き粉ちょーだい」

男(何がノーカンなんだ?)「ほい」

姉「さんきゅー」

男「じゃ、俺そろそろ行くから」

姉「んほ?もうひふの?」シャカシャカ

男「なに言ってるか分からんけど、○○駅前に11時待ち合わせだし」

男「1時間以上あるけどバス停まで距離あるし、ちょっと早いけど行ってくるわ」

姉「ほーい、いってらっしゃーい。ちょっとぐらい待たされても怒るんじゃないよー」ニヤニヤ

?○○駅前?

男「ん、約束の10分前に着いたか。ちょうどいい感じだな」
  ・
  ・
  ・
男「11時か…来る気配なし…」
  ・
  ・
  ・
男「11時半。姉貴だとそろそろ来る頃…あ」

女 キョロキョロ

男「おーい、こっちこっちー」ノシブンブン

女「あっ…ごめんなさい!」タタタ

男「ああ、別になんともないですよ?」ニコ

女「でも…遅れてごめんなさい!」ペコッ

男「いえいえ、あ、お腹すいてないですか?」

女「え?」

男「混まないうちに昼飯、先に済ませちゃいましょう」

女「あ、は、はい」

?喫茶店?

女「…あの…ここって…」

男「すみません、こういうのって慣れてないもんで…喫茶店はダメですか?」

女「いえ、そうじゃなくて…喫茶店に入ったのが学校に知れると良くないんじゃないですか?」

男「ああ、注意はされますが、保護者同伴なら問題ないですよ?」

女「…保護者…ですか…」

男(あっ、マズッたかな?)「と、とにかく、注文しましょう」

  ・
  ・
  ・
男「結構イケますね、この店」

女「そうですね。ピラフおいしいです♪」

男「自分のナポリタンも中々…」

女「…男さん、慣れてる感じがしますけど、いつもこういうお店に行ってるんですか?」

男「いえいえ、こういうところは姉貴に引きずられていくんですよ」

女「引きずられ…」

男「姉彼さんの前じゃ思いっきり食えないからって」

男「デートで気に入った店があると俺をつれていって、いっぱい注文して平らげて…」

女「…」クスッ

男「ってことで、小マシな店も多少は知ってます」(今は姉貴に感謝…かな?)

女「じゃあ、いつもはどんなところに行くんですか?」

男「いつもは駅地下の軽食コーナーとかダイエーのドムドムですかね?」

女「駅地下のたこ焼きっておいしいですよね?」

男「…ひょっとして姉貴ですか?」

女「そう。やっぱり引きずられて…」フフフ

男「…そうですか」ハァ

女「イメージ崩れちゃいました?」クスッ

男「うーん、というより姉貴に呆れてるんです」
  ・
  ・
  ・
男「そろそろいい時間だし、美術館に行きますか」

女「そうですね。バスですか?」

男「いえ、15分ぐらいだし歩きましょう」

女「そうですね。そのほうが…っぽいですね」ゴニョゴニョ

男「?…あ、疲れたら言って下さいね」

女「大丈夫ですよ。こうやっていれば」ギュッ

男(!…手握られてる!)

女「疲れたら引っ張っていってくださいね♪」ニコッ

男(うーん…これは脈あり…かな?)

?○○美術館?

男「…意外と…」

女「…混んでますね」

男「逸れないように手を繋いで行きましょう」ギュッ

女「はい♪」ギュッ
  ・
  ・
  ・
男「なんか、ゆっくり見れたような見れなかったような…」

女「私は割りとゆっくり見れましたよ?」ニコッ

男「あれでですか?」

女「こういうときは、一旦全部の展示物を流し見してから、ちゃんと見たいもののところに戻るんです」

男「なるほど」

女「そうするとゆっくり見た気になれますよ」ニコッ

男「分かりました。覚えておきます」ニコッ

女「男さん、見たいものがあったら今からでも戻りましょうか?」

男「んー、でも見たいものは見れたからいいですよ」

男(女さんの後姿、じっくり堪能させていただきました♪)

女「そうですか?…じゃあ、これからどうします?」

男「あ、時間があるならそこの公園を散歩しませんか?」

女「いいですよ」ニコッ

男「っとその前に、手洗いに…」

女「はい」ニコッ

?結構広い公園・遊歩道?

男(美術館からの流れでずっと手を繋ぎっぱなしなんだが…)

男(いまさら離す理由もないし…このままでいっか)

男「…結構落ち葉が多いですね」

女「もうすぐ12月ですもんね」

男「……」フッ

女「?…どうかしました?」

男「いえ、なんか…こんなの初めてです」

女「なにがです?」キョトン

男「身内じゃない女性と公園で散歩って言うのが、です」

女「…そういえば私もそうですね」

男「なんか、新鮮な気分ですね。今まで経験したことのないような」

女「そういわれると…何か意識してしまいますね」ニコッ

男「意識されると困ります」

女「あら?どうしてですか?」

男「普通に喋れなくなりますから」

女「うふふふ」

女「でも、男さんも結構意識してるかも…ですよ?」

男「え?」

女「ほら、手のひらの汗」パッ

男(!?俺、こんなに汗をかいてたのか…)

男「なんか…すみません」フキフキ

女「いえ、私の汗も混じってますから」フキフキ

男「…とりあえず、あそこのベンチが空いてるから座りませんか?」

女「そうですね」
  ・
  ・
  ・
男(しかし…こうやって見ると可愛いな。女子高生って言っても通じるぞ絶対)

女「どうかしました?」

男「いや、可愛いなあと思って」

女「え?いえ、その…恥ずかしいです」カァ//

女「それに私より姉さんのほうが可愛いのに…」

男「女さんのほうが可愛いと思いますよ。というか、姉貴は身内だからそういう風に見たことなくてですね」

男「でも結構な数の男たちが家の周りでウロウロしてたこともあるし、世間一般的には可愛いのかも」

女「…もってまわった言い方ですね」

男「まあ、実態を知ってますから。といっても口外する気はありませんが」

女「私も実態は今と掛け離れてるかもしれませんよ?」

男「それはそれで受け入れますよ。それも含めて女さんですから」

女「…そんなこと言われると…嬉しいですよぉ」テレッ//

男「そういうとこも可愛いです」ニコッ

女「んもう!」

男「いたいいたい、腕つねらないで!」

男「…日が陰ってきましたね」

女「そうですね、ちょっと肌寒くなってきました」

男「じゃ、そろそろ戻りましょうか」

女「…そうですね」

男「それじゃ」ギュッ

女「はい」ギュッ

男「手のひら、汗かいたらごめんなさい」

女「…いえ、私のほうこそ…」
  ・
  ・
  ・
男「今日は電車かバスですか?」

女「いえ、ちょっと前に軽四を買ったので、練習もかねて…」

男「そうですか、そのうち乗せてくださいね」

女「…生命保険に入ってます?」

男「…しばらくは乗せていただかなくていいです」

?駐車場?

男「休日なのに結構空いてるもんなんですね」

女「この駐車場は駅からちょっと離れてるからでしょうね」

男「不便じゃないですか?」

女「でも、広いし空いてるから車の練習にはちょうどいいんですよ。車庫入れとかバックとか」

男「なるほど」

キュルルル ブルン

女「それじゃ、今日は楽しかったです。ありがとうございました。」

男「こちらこそ。また遊びに行きましょう」

女「そうですね、それでは、また」

男「じゃ、またね」
  ・
  ・
  ・
男「…さぶっ!俺も帰るか」

男(女さん…姉貴から電話番号聞き出さなきゃ)

?12月20日(土)・男の部屋?

姉「それで?」

男「は?『それで』とは?」

姉「とぼけんじゃないの!明日も女とデートするんでしょ?」

男「いやいや、そもそも明日はお互い都合が付かないから会う予定はないよ?」

姉「お?それでいいのか?いやいや、ダメでしょ!」

男「しょーがないだろ?プレゼントも買いに行かなきゃいけないしさ」

姉「クリスマスの?」

男「そ。24日の夜に、プレゼント交換だけでもしようってことになって」

男「女さんの仕事が終わってから会う予定なんだわ」

姉「…まいっか。アンタまだ中坊だし、おしゃれな店でディナーなんてこともできないだろうからね」

姉「なんせ今までのデートで行ったところってのが映画と本屋とデパートって、ガキの遊びかってーの!」

男「中学生の健全なお付き合いってのはこんなもんです」

姉「…はぁ、あたしゃ情けないよ。我が弟はこんなにもヘタレだったのかと」

男「ヘタレは今に始まったことじゃありません。それより、アクセサリー屋さん教えてくれる?」

姉「ん?女にプレゼントするやつ?何買うつもり?…いっとくけど安物はダメだかんね!」

男「ネックレス。予算1万ぐらいなんだけど…ダメかな?」

姉「んー、ギリギリってとこかな?っていうか、アンタ結構金持ってんのね?」

男「小遣いを貯めてたって言うか、この辺は駄菓子屋もないし、使うような所がないからね」

男「でも最近は女さんとのデートで大分使ってるんで、これぐらいしか出せないんだけど…」

女「ん、じゃ、明日一緒に店に行こ。午前中ならあたしも空いてるからね」ニコッ

男「すんません、お世話になります」ペコッ

?12月21日(日)・アクセサリーショップ?

姉「…っと、最近の流行は大体こんなもんかな?」

男「うぅ…目移りして何がなんだか…」

姉「なに情けないこと言ってんの!で、なにかいいのはあった?」

男「そんなのすぐに見つかるわけないだろ?今説明してもらったばっかなのにさ…」

姉「もう!」

男「もういっぺん店の中をまわってみるよ。自分で選びたいし」

姉「お?もう姉ちゃんの助けは要らない?」

男「あとで意見はほしいけどね。でも、選ぶのは自分でしないと女さんに悪いしさ」

姉「ふーん…」

男「昔姉貴が言ってただろ。『人にプレゼントするときは自分が気に入ったものを贈らないと失礼になる』ってさ」

姉「あ、なんだ。まだ覚えてのか」

男「当然。あの言葉には共感できたからね」

男「姉貴ー、大体決まったよ。ちょっと意見ちょうだい」

姉「おー、どれどれ?…あー、シルバーばっかり?」

男「予算の都合です。あと、ペンダントトップもh(ry」

姉「あっちにゴールドのがあるよ」グイグイ

男「どれどれ?…あーでもあの辺りのやつだとネックレスだけで予算オーバーだし」

姉「いいよ、あたしが貸してやるよ。一万ぐらいでいい?」

男「え?…あ、いや、いいよ、そこまでしなくても…」

姉「いいのいいの、これはアンタのためだけじゃないからさ」

男「へ?」

姉「アンタは中坊だけどさ、女は社会人だから安くても『本物』でないと見栄えが悪いでしょ?」

男「あ…」

女「それにアンタ、女にずっと身につけててほしいんでしょ?だったらなおさらだよ」

男「う…」

姉「いいものを送るっていうのは…例えばアンタさ、もし女がアンタのほしかったものと違うものをプレゼントしたらどう思う?」

男「そりゃ…でもプレゼントしてくれる気持ちが嬉しいから」

姉「そりゃ偽善だね!いや、妥協かな?あんまり嬉しくないけど喜ばなきゃって妥協して、嬉しいって言葉で偽善をする」

姉「だけどね、それがもし自分が思ってたより高価なものだったらどうよ?欲しいものじゃなくても相手が頑張って用意してくれたものだって思ったら…」

男「それは…嬉しいな」

姉「そ。だからさ、ここは素直に言うこと聞いときなよ」

男「…ありがと、姉貴」

男「あ、このネックレス見せてください」

店員「こちらですね。かしこまりました」

?喫茶店・昼前?

男「今日はありがとな、姉貴」

姉「どういたしまして。ってか貸しだからね」

男「了解してます。出世払いだけどな」

姉「自分で言うなー!」ペシッ

男「痛っ!」

姉「で?そのプレゼントには満足してる?」

男「もちろん!自分にしてはえらく背伸びしたと思ったけどな」

男「やっぱ女さんの喜ぶ顔が見たいから」

姉「…そっか」

男「ん?」

姉「いや、やっぱ女をアンタに引き合わせてよかったなぁってさ」

男「…すごく感謝してるよ。自分でもこうなるとは思わなかったし」

姉「すぐに別れると思った?」

男「うん。だって女さんは5つも年上だし俺はまだまだガキだし話も合いそうにないし、続くって思うほうがおかしいっしょ」

姉「あたしも最初はそう思ったんよ。でも彼がね」

男「姉彼さん?」

姉「そ、彼が『男君なら何とかなるんじゃないか?』って言うから…」

男「何とかなるって…どういうこと?」

姉「…ちょっと長くなるけど…いい?」

男「『昔々、あるところに…』ってのは勘弁な」

姉「ちっ!先を越されたか…」

男「ははは、で?」

姉「じゃあ、出来るだけ簡単に言うね。」

姉「女ってさ、大人しくて可愛くて薄幸の美少女系でしょ?だから前の会社に入ったときに色々な男に言い寄られてさ」

姉「で、女もそういうのに慣れてないってのもあって、ちょっと危ない事になりかけたことがあったのよ」

男「!」ガタッ

姉「落ち着いて!そのときはあたし達がうまく処理したし、そのあと女も転職して何ともなかったんだけど」

男(『うまく処理した』って…何やったんだよ、姉貴…)

姉「でも、それ以来女は男性恐怖症というか、男達の視線を怖がるようになったのね」

姉「最初のうちはまだよかったんだけど、そのうち女友たちにも彼氏ができたりして」

姉「一緒に遊ぶときに女が怯えたりしてさ、さすがにこれはまずいんじゃないかなって」

男「…彼氏同伴だと一緒に居れないってことか…姉彼さんも?」

姉「あ、彼については女が高校の時から面識があるから大丈夫みたい」

姉「で、彼にそのことを相談したら、彼の答えがさっきの発言だったのよ」

男「…姉彼さんの発言の意図が読めん…」

姉「簡単に言うと、『女』にとって自分より弱い存在の年下の『男の子』と付き合えば、恐怖心も小さくて怯えないんじゃないかって」

男「それで女さんをうちに連れて来るようになったのか?」

姉「そう…女の家は町の反対側で遠いし犬が苦手だから、それまではうちに誘うのは控えてたんだけどさ」

姉「でもよく考えたらさ、アンタってまだガキのくせに『オンナ』に幻想を抱いてないし」

男「まあ、姉貴を見てるからな」

姉「…それどういう意味?まあ、普通の『オトコ』はそうじゃないんだけどね…。で、生真面目なくせに楽観的だしヘタレだし」

男「…なんかバカにされてる気がするんだけど?」

姉「イヤチガウヨ。で、女を家に連れてきたんだけどさ」

姉「彼が言うように、女も怯えてなさそうだったし…これはいけるかなって」

姉「で、何回か連れてきてるうちに女のほうもアンタに興味を持ち始めたって訳」

男「…でもその話だと俺は…あて馬だったのか?」

姉「……怒った?」チラッ

男「………いやいや、ちょっとまてよ?これって怒るところか?」

姉「え?」キョトン

男「プレゼント一つ選ぶのにさ、こんなにドキマキしていろんなこと考えてさ、女さんの反応を想像したりしてさ」

男「今の俺ってさ、これまでの人生の中で最強に浮かれてるんだぜ?」

姉「…」パチクリ

男「まあ、キッカケはどうあれ、今の俺は女さんと出会えてよかったって思ってる」

男「そのキッカケを作ってくれたのは姉貴たちだろ?感謝してるよ」

姉「…エグッ…ヒック…」

男「ありがとう、姉貴。俺と女さんを出会わせてくれて」ニコッ

姉「…ウック…うう…うぇぇぇ………;;」ポロポロ

男「あ、いや、泣くようなとこじゃないだろ」アセアセ

姉「だって…ヒック…ずっと…ヒック…気になってたんだもん…アンタを…騙したみたいでさ…」ズビッ

男「まあ、あて馬だったとしても、本命馬になれば万事解決!ってことで姉貴殿!」

男「協力よろしく!」ビシッ

姉「…おう!まかせろ!!ヒック…」ビシッ

?12月24日(水)・○○駅前?

男「う?、あっちを見てもこっちを見てもカップルだらけだぜぃ」

男「6時半に待ち合わせだから来るのは7時頃だろうなぁ」

男「襟元立てとかないと体温が逃げるし、だんだん寒くなってきた…あ」ノシ ブンブン

女「お待たせしました?」タタタ

男「仕事のほうは大丈夫ですか?今日はいつもより早いから…」

女「今日はクリスマスイブだからって若手と女性陣は早々に帰されたんです」

男「なるほど。いい会社ですね。とりあえずサテンに行きましょう。体が冷えちゃって…」

女「はい」クスッ

?喫茶店?

男「ふぅ?、やっぱホットコーヒー最高ですね♪」

女「…ひょっとして、ずいぶん待ったんですか?」シュン

男(うっ!俯き加減で下から見上げられるといろいろとヤバイ!)

男「い、いやいや、5分ほどしか待ってなかったんですが」

男「マフラーを忘れたせいで、首元から熱が逃げちゃって」ポリポリ

女「なぁんだ!」パァッ

男「?」

女「私の今日のプレゼント、何だと思います?」ニコニコ

男「ずいぶん大きな袋ですね…なんだろう?」チラッ

女「うふふふ、これ、開けてみてください♪」

男「…いいんですか?」ゴソゴソ

女「♪」ジー…

男「…!これは…手編みのマフラー!?」フサァ…

女「久しぶりに編んだから、ちょっと目が揃ってないかもしれないけど…」テレッ//

男(ベージュのマフラーに赤のイニシャル…なんかすげえ嬉しいぞ!)

女「…あ、あの」

男「ありがとう!すごく嬉しい!!」ダキッ

女「あっ…//」

男「あっごめんなさい!調子に乗っちゃいました…」アセアセ

男(でも、女さんの体、柔らかくていい匂いがしてた…)

女「…いえ…私も…その…嬉しかった…です」カァ//

男「…え?」

女・男「「…」」カァ//

男(あっ!俺もプレゼント渡さなきゃ!!)

男「あの、女さん」

女「は、はぃ!」

男「これ、俺からのプレゼントです!」

女「え?あ、ありがとうございます」

男「開けてみてもらえますか?」

女「あ、開けていいんですか?」

男「ぜひお願いします」

女「は、はい、では…」ガサガサ

男(ドキドキ…)

女「…!?」カパッ

女「…ネックレス?…え?…これってゴールド?…ええ?」

男「…ひょっとして…ネックレスは好きじゃなかったんですか…?」

女「いえ、違うんです!…男さん中学生だし…こんな高いものは想像してなくて…」

女「ネックレスは前から欲しかったんですよ。でも、なかなか気に入ったものがなくて…」

女「…嬉しい…グスッ…嬉しいです、男さん。ありがとうございます」ヒック

男「…良かったぁ…ホントに良かったぁ…」ホッ…

女「…グスッ…プレゼント、首繋がりですね」

男「あ、そういえば」

女「…ふふふふ…グスッ」

男「あははは」

?駅前の駐車場・女の車の前?

女「それじゃ、今日はありがとうございました」ペコリ

男「こちらこそ、ありがとうございました」ペコリ

男「マフラー、暖かいです♪」ニヨニヨ

女「…巻きが緩んでますよ?」

男「え?そうですか?」

女「直しますから、ちょっと屈んでください」スッ…

男「こうでs…んっ!」チュッ

女・男「「…」」

女「…それじゃ、おやすみなさい!」カァ//

バタン!キュルキュルブロロロ…

男「…」ポー
  ・
  ・
  ・
?30分後?

男「…ひぇっくしゃい!…あ、あれ?俺、こんなとこで何してるんだ?…」

?男の部屋?

男「…キス…したんだな…女さんと…」ニヘラ

男「唇、柔らかかったな…」ニヘラッ

姉「おっとこー!」ガラッ

姉「今日の戦況報告をしろー!…あれ?」

男「…」ポー…

姉「…うーん、この様子だと撃沈かぁ…よしよし、一緒に次の手を考えよう、ね?」ポンポン

男「…ん?…ああ、姉貴か。お帰りー…」ポー…

姉「なあに、一回ぐらいの失敗ならまだ取り返しがつくさ!今日何があったのかお姉さんに話しな?」ナデナデ

男「…女さんに…キス…された…」ポー…

姉「そうかそうか、女にキスされたかー…ん?…チョットマテ。『シタ』んじゃなくて?『サレタ』ってこと?」

姉「女にキスしようとして嫌われたってんじゃなくて?女にキスされた?」

姉「…ちょっとアンタ!顔みせな!!」グイッ

男「…」ポー…

姉「…ダメだこりゃ。魂吸い取られてるわ…」ジー…

姉「よし!女に電話してくる!!」ニヤニヤワクワクトタタタタ…

男「…女さん…」ポー…
  ・
  ・
  ・
男「……zzz」ニヘラッ

?12月25日(木)・男の家?

男「おはよ…」

姉「…あれ?早いじゃん。冬休みでしょ?」

男「…あ、そっか。忘れてたわ」

姉「こりゃ相当舞い上がってるわ…ま、昨日は女のほうも珍しくよく話してたからねぇ…」

男「もう一度寝てくる…」

姉「で、次はいつ会うの?」

男「…あー…約束するの忘れてるわ。今夜にでも電話しよう…」

姉「…アンタ、大丈夫?」サスリ

男「…今なら空も飛べそう」ニヘラッ

姉「もう…どうしようもないな、こりゃ」ハァ

男「それより姉貴、仕事は?」

姉「あぁ!やばいいいいぃ!!」ドタタタタ

男「…寝よう」

?12月28日(日)・駅前?

男「あ、女さん」

女「…お待たせ」ニコッ

男(あー…やばい、まともに女さんの顔が見れない…)チラッ

女「…どうしました?」ジー…

男「いや、その…上目遣いで見られると…照れます…」カァ//

女「…あら」フフッ

男「…と、とりあえず、サテンに行きましょう」

女「はい!」ギュッ

男(!)

女「…手、暖かいです♪」ニコニコ

男(…なんか、女さんに振り回されてる感じが…こんなに積極的だったっけ?)

?喫茶店?

男「女さん、なんか、ちょっと変わった感じがしますね」チラッ

女「そうですか?」ジー…

男「なんか…その…明るくなって…積極的ですね」

女「イメージ、変わっちゃいました?」

男「うん。あ、悪い意味じゃなくてですね、なんかこう…すごく素直になって可愛さ倍増というか…」

女「え?そんな…」カァ//

男「いえ、本当に…一緒に居るだけでなんか…ドキドキしてしまって…」

男「…ごめんなさい。一人でテンパってます」ペコッ

女「いえ、そんな。私もちょっと…」モジモジ

男「でも女さん、本当に可愛くなりましたよ、クリスマスの時から。いや、その前から可愛かったんですけど」

女「褒め言葉として取っておきますね?」ニコッ

男(ヤバイ!心臓が暴走しそう!!)

男「以前の女さんもいいけど、今の女さんもすごくいいです」

女「あの…私が変わったとしたら、それは男さんのせいですよ?」

男「え?俺、なんかしちゃいました?」ドキッ

女「男さん、よく姉さんの話をするじゃないですか」

女「それでね。私、姉さんに嫉妬したんです。」

男「嫉妬?でも姉貴は身内だからそんなんじゃ…」

女「いえ、私が嫉妬したのはそういうことじゃなくて…」

男(?)

女「男さん、気付いてないかもしれないけど、姉さんの話をしてるときって、すごく…素敵な優しい笑顔になってるんです」

男(…そうなのか?)

女「なんかこう…愛しい人っていうんですか?そんな感じで話す男さんを見て…」

女「私も、男さんのあの笑顔で見つめてほしい…って思ったんです」

女「自分でも我侭だって思いましたけどね」クスッ

女「…変でしょ?でも、嫉妬してることに気付いたのはクリスマスの時なんです」

男「え?」

女「…男さんに抱きしめられた時なんです」カァ//

男「あっ…」カァ//

女「あのときね、心臓がドキドキして苦しくって…でも離れたくなくって…このまま男さんの温もりを感じていたいって…」

男(あのとき俺は無意識に抱きしめちゃって…)

女「そのあと駐車場に着いた時、ああ、このあと男さんは姉さんのいる家に帰っちゃうんだな…」

女「そう思ったらなんだか寂しくなって…男さんにずっと想ってもらうために、自分の出来る事ってなんだろう?って…」

女「その…キスしちゃったんです」カァ//

男(俺のこと、そこまで想ってくれてるなんて…)

男「…なんか、すごく嬉しいです」

女「え?」

男「女さん、本当は今の話はしたくなかったでしょ?」

女「…」コクリ

男「それでも話してくれた。すごく勇気のいることですよ、それって。そして…」

男「…俺、そんな女さんを誰にも渡したくないです!」

男「女さん、こんな奴ですがお付き合いしていただけますか?」

女「い、いえ!こちらこそお願いします!」ペコッ

男「あ、ありがとうございます!女さん!!」

女「…えへっ」

男「女さん、泣いてますよ?」グスッ

女「男さんも…ですよ?」グスッ

男「…嬉し泣きです」グスッ

女「私もです…」グスッ

?1月1日(木)・男の家?

男「年賀状、年賀状…と」ガサゴソ

男「今年は13枚か。あ、女さんからも来てる」

男「…この妖怪、ひょっとして酉のつもりか?」

?1月3日(土)・男の家?

姉「どう?この振袖♪」

男「ああ、可愛い可愛い。あとは襟巻きだな」

姉「うぅ?…あれ苦手…狐の顔が…」

男「でも、振袖に毛糸のマフラーじゃミスマッチもいいとこだぜ?」

姉「くそう、そんなこと、あんたに言われるまでもなく分かってるわよ!」

男「…外に出るときだけ巻きゃあいいんじゃね?」

姉「…そうするわ」ハァ

男「じゃ、そろそろ出るよ?姉彼さん、家の前で待ってるし」

姉「そだね。女の家にも寄らなきゃいけないからね♪」

?姉彼さんの車・移動中?

姉「…でもアンタ達、本当に付き合うようになるとは思わなかったわ」

男「何だよ、うまくいくって思ったから紹介したんじゃないのかよ?」

姉「や、まあ、うまくいくとは思ってたけど…正直、半々ぐらいだったんよ?」

姉彼「俺はそうでもなかったけど?」

姉「あー!この裏切りモノー!!」ペシペシ

姉彼「やめろって。事故るぞ?」

姉「むー…」プクー

男「…まあ、自分でもこんなことになるとは思わなかったよ」

男「でも俺、ホントに今幸せって思えるから…皆に感謝です」

姉・姉彼「「…」」

姉「…よーし!今日は皆で楽しむぞー!初詣のあとは家でカルタ大会だぁー!」

男「おーっ!」

?女の家の前?

ピンポ?ン

?『はーい?』

姉「あ、姉です。女さんはいますか?」

?『あー、ちょっと待ってくださいね。今準備してますから』

姉「はい」

姉彼「なんだって?」

姉「もうすぐ出てくるって」

男(…女さんの家・・・初めてみたけど、庭なんかも手入れされててきれいな家だな…)

ガチャッ

女「お待たせしました?」ソロソロ

姉「おーっ!女、可愛いよぉ!」

男(うわぁ!振袖の女さん、いつにも増してむちゃくちゃ可愛い!)

女「えっと…その…どうかな…?」チラッ

男「…すみません、めちゃくちゃ可愛くて昇天しそうになりました」カァ//

女「ダメですよ!昇天するのはまだ早いです!!」ペシッ

男「あたっ!…目が覚めました」

女「よろしい」クスッ

男「着替え、トランクに入れとくね」

女「うん、お願いします」

女母「……」ジー…

姉「…女、乗って乗って。初詣に行くよー♪助手席はあたしのものだからねー」

女「あ、はーい。じゃあ、行ってきます、お母さん」

女母「…いってらっしゃい」

姉「………」

男「頭、気をつけて」

女「はい、ありがとう、男さん」

?地元のちょっと有名な神社?

姉彼「まずはお参りを先に」

姉「えぇ?!?おなか空いたー!」

女「あ、姉さん、たい焼き半分あげる」

姉「お、サンキュー♪ってか、いつの間に買ったの?」

女「男さんが…ねぇ?」ニコッ

男「だって俺も腹減ってたし…ねぇ?」ニコッ

女「でも、たい焼き食べてると」チラッ

男「手を繋げないのがちょっと…ねぇ?」チラッ

姉彼「…ハァ、もういいから早くお参りしよう」

姉「ホント。この二人見てると呆れてしまうわ…」

  ・
  ・
  ・
男「うわっ!おみくじ最悪!!」

女「うわぁ…私、凶のおみくじって初めて見た…」

男「うぅ…慰めてください」シクシク

女「よしよし」ナデナデ

男「で、女さんはどうだった?」

女「私は…ナ・イ・シ・ョ♪」

男(!唇に人差し指を当てる女さんが可愛すぎる!)

姉彼「はいはい、二人とも。写真撮るからそこに並んで」

女・男「「え?」」

姉「早くしてよ。次はあたし達も撮ってもらうんだからね!」

男「あー、うん。了解」

姉「ほらもっとくっつい…これ以上くっつき様がないわね…」

姉彼「じゃ、撮るよー。はい、ちーず」

  ・
  ・
  ・
女「ね、あっちに絵馬があるよ。行ってみよう?」

男「オッケー。合格祈願だな!」

姉彼「おーい、30分後に車のところに集合だぞー!」

男「了解でーす」

姉「あれ?女は?」

男「あぁ、お花摘んでくるって。姉彼さんは?」

姉「雉撃ってくるってさ。…アンタ達、うまくいってるみたいね」ウリウリ

男「あー、おかげさんで♪」ニコッ

姉「女、変わったよねぇ。明るくなったし、敬語もあんまり使わなくなったし」

男「うん、それでますます可愛くなったし」ニヘラ

姉「惚気まくりだね…ハァ…アンタ、女のエリアの中に入れてもらえたみたいだね?」

男「エリア?何それ?」

姉「自分の大事なものはさ、他の人に手出しされないように、いつでも守れるところに置いておくでしょ?」

男「うん」

姉「その『いつでも守れるところ』っていうのが『エリア』なのよ」

男「なるほど。でも、守られるより守りたいなぁ。よし!俺も女さんをエリアの中に…」

姉「はいはい…でも、気になることがあるんだ…」ボソッ

男「え?」

?男の家・居間?

姉彼「久しぶりのお泊まりだな」

男「今日は親も兄貴を連れて親戚巡りで帰ってこないですし」

姉彼「親御さんたちがいないときにお泊りってのも気が引けるんだが」

男「まあ、俺が居ますからあまり気にせずに。お茶、入れますね?」

姉彼「ああ、頼む。」

男「コーヒーでいいですか?」

姉彼「問題なし」

男「…テレビも三が日が過ぎるとつまらないですねぇ・・・」コポコポ

姉彼「…なあ、男くん」

男「なんですか?」

姉彼「進学はどうするんだ?」

男「…姉貴…ですか?」

姉彼「いや、俺が聞きたいだけ」

男「去年、兄貴が私大に行ったのは知ってますよね?」

男「…うちは貧乏だし、親にも昔から高校を卒業したら家をでて働けってずっと言われてたから…」

姉彼「やっぱり工業高校…か」

男「はい。手に職を就ければ食いっぱぐれはないですし」

男「姉貴にも借金を返せますからね」ニコッ

姉彼「…偏差値60だっけ?普通科でもそこそこの進学校に行けるのになぁ…」

男「仕方ないですよ」

男「…それに、早く金を稼げるようになって一人前になりたいですし」

姉彼「まあ、自分で選んだんなら後悔しないようにな」

男「はい」

トントントントン ガチャッ

姉「おまたー♪」

女「…」モジモジ

姉彼「お、こりゃまた可愛い服だな」

男「?…どうしたの?女さん」

姉「女ってさ、結構ドジッ娘なんだよ?」

男「ん?そうかなぁ、そんなこと無いように思うけど?」

姉「だってさぁ」チラッ

女「…姉さん!」コソッ

姉「下着持ってくるの忘れてるんだもん」ニヤッ

女「!?」カァ//

男「!?でも、問題ないんじゃないか?下着なんて風呂入るときぐらいしか着替えないだろうに」

姉「チッチッチ。アンタ知らないの?着物のときは下着を着けないって言うのが常識なんだよ?」

男「え?…っていうことは…つまり…」ドキドキ

女「もう!男さんのエッチ!!」ベシベシ

姉「あははは。あたしのやつ貸したわよ。いくらなんでもそりゃないわ」

男「…そ、そうか…びっくりしたよ。でも、何で女さん赤くなってんの?」

姉「ああ、ブラはサイズが合わなかったからねぇ?」

女「もう!知らない!!」

男「あー…えーとぉ、その…女さんぐらいのほうが好きだよ?」ポンポン

女「慰めになってないですよぉ…ふえぇぇぇ?ん;;;;」

姉(ちょっ、アンタ!チッパイ認めてどうすんのよ!!)コソコソ

男(いや、だって嘘はつけないだろ?)コソコソ

姉彼「…とりあえず、たこ焼き食べようよ」

?男の部屋?

男「もう、姉貴も姉彼さんもはしゃぎ過ぎ!」

女「うふふ。あとのほうなんかカルタ札の取り合いで家中走り回ってたね」

男「…あの二人、なんだかんだ言ってお似合いだよなぁ」スッ

女「そうだね…」ダキッ

男(…なんか…肘に当たってるような気が…)

女「…」ジー…

男(うわぁ!めっちゃ上目遣い!!これって…アレだよな?)

女「感じる?」

男「え?へ?」ドキドキ

女「私、こんなに胸がドキドキいってるの…」ムニュ

男(うぅ…やっぱりこのやわらかい感触は…女さんのオッパイだよ)

女「でもね、気持ちはすごく安らいでるんだよ?」

男「え?」

女「こうして…男さんの腕にしがみついて…男さんを感じながら…」ジー…

男「…」チュッ

女「…お返し」チュッ

壁の向う『ソコダオシタオセ』

女・男「「…ぷっ」」

女「うふふふ」

男「あははは」

男「姉貴ー!聞こえてんぞー!」ドンドン

?夜・居間?

男「やっぱ大勢で食べる晩飯はうまいなぁ♪」

女「これ、私が作ったの。ブリの照り焼きなんだけど」ヒョイ

男「ん」パクッ モグモグ

女「あっ」

男「うん、うまい!」ニコッ

女「よかったぁ。でも『あーん』って言うまで待ってね?」ニコッ

男「あ、ごめんごめん。ところで女さん、和食が得意なの?」

女「男さんが好きだって言うから…頑張ったんだよ?」ニコッ

男(うわぁ、すげえ可愛いぞ!)

姉「男ー、このから揚げ食べてみ?」

男「姉貴が作ったのか?ん…おっ!姉貴も腕をあげたじゃん!!」モグモグ

姉「お?美味しい?えへへへ、やったね♪」

男(なんか…いいなぁ…久しぶりだな、こんな楽しいのは…)

  ・
  ・
  ・
姉「おさきー」

女「お風呂空きましたよー」

男「ほーい、姉彼さん起きてくださーい」ユサユサ

姉彼「…んー、風呂かぁ?」

男「そうです。先にチャッチャと入っちゃってください」

姉彼「んー…」ポリポリ

姉「もう!シャキっとしなさい!!」ペシペシ

姉彼「んー」ガチャッ パタン

姉「さて…っと。布団敷いてくるわ。女も手伝って」

女「うん」パタパタ

姉「…男、これ渡しておくね?」コソッ

男「ん?…これって…」コンドーサン

男「!?何考えてんだよ、姉貴!」

姉「いいからいいから♪」

男「いや、だから!俺と女さんはまだそんなんじゃないんだって!!」

姉「ありゃ。まだヘタレのままなの?」ニヤニヤ

男「だから…」

姉「いいから持っときな。今日使わなくてもいつか使うんだろうし。備えあれば憂いなしだって♪」ポン

男「あのねぇ…」ハァ

女「姉さん、どうしたの?早く行こうよ?」ガチャッ

男・姉「「!」」ビクッ

女「…?どうしたの?」

男・姉「「ナンデモナイヨー」」

姉「よし!チャッチャと敷いちゃおう!」

女「うん」ガチャ パタン

男(うーん…)コンドーサン

男「いやいやいやいや!まだ早いって!!」アセアセ

姉彼「何が早いって?」ガチャ

男「!?な、なんでもないです!風呂入ってきます!!」ドタドタ

姉彼「…?」

?1月4日(日)・男の部屋?

男「…んー…ん?」

女「…」ジー

男「………おはよ」ボー…

女「おはよう」ジー

男「…どしたの?」ボケー

女「…2回目の目撃です…」ジー

男「…へ?」

女「これって正常な男子の生理現象だって教えてもらったから…」ジー

男(…えーっと?つまり…)アサダチーン

女「…今度から恥ずかしくない様に…今のうちに見慣れておかなきゃ…」ジー

男「いやいやいやいや!見慣れなくていいから!!俺が恥ずかしいから!!」ガバッ

女「あ!布団で隠さないで!!」グイッ

男「男子存亡の一戦、今ここにあり!」ドタバタ

隣の部屋『ウルサイゾー!』

?朝食中?

女・男「「…」」モグモグ

姉「まったく…朝立ちぐらいで大騒ぎしすぎなのよ、あんた達」

男「いやだってさ…」

姉「で?昨夜はどうだったのよ?」

男「なにが?」

姉「ナニよ」

男「言ってる意味が分からん」プイッ

女「?」キョトン

姉「…アンタらの反応、分かりやす過ぎ!…まあ、ヘタレと奥手じゃあねぇ…」ハァ

女「……あっ」カァ//

姉「女もようやくわかったみたいね。ホントにこの二人は…いつになったら結ばれるのやら」ハァ

姉彼「まあ、焦らずとも良いんじゃないか。男君が我慢できるのならな」ニヤリ

姉「せっかくのチャンスだったんだけどなぁ…」ショボン

男(何を期待してたんだ、姉貴!)

?ボーリング場?

順位 :1位 姉彼、2位 男、3位 姉、4位 女

男「惜しかったね、姉と2ピン差だったよ」

女「…でも…悔しい…」

男「…ま、まあ、ゲームなんだし、楽しんでやらないと…ね?」

女「そうだけど…どうせなら勝ちたかったなぁ」

男(…うーん、何とか気をそらさなきゃ…)

男「そういえば姉彼さん、すごかったな!」

女「うん、びっくりしちゃった!あんなことってあるんだね!!」

男「すげーダイナミックなフォームでさ」

女「うんうん!すごい勢いで玉が転がっていって!」

男「ピンが真っ二つだもんな!」

女「係りの人が飛んできたもんね!」

男(良かった…とりあえずうまくいったみたいだな…)

姉「おーい、ソフトクリームだぞー」

?夕方・男の家の前?

姉「んじゃ、女を送ってくるね」

男「ああ、安全運転でお願いしますね」

姉彼「わかってるよ」

男「それじゃ、また」ノシフリフリ

女「うん、またね」ノシフリフリ

姉「…このヘタレ」

男「ん?なんか言ったか、姉貴?」

姉「なんでもなーい」

ブロロロロ…

男「…」ノシ ブンブン

男「あ、次会う日を決めるの忘れた」

?2月11日(水)・男の部屋?

姉「今日はうちで手作りチョコを作りまーす♪」

姉「ってことで、姉友たちが来るから犬のほう、ヨロシク♪」

男「了解」

姉「女も誘ったんだけどねぇ…予定があるらしくってさ」

男「そうなのか…んじゃ、めんどくさいから今のうちに犬を裏庭に移動しとくわ」

姉「おぉ!アンタ頭いいねぇ」ナデナデ

男「いやあ、それほどでも」ポンポン

姉「てかさ、それって女がいたら犬を抑えていいとこ見せようってことかい?」

男「…さあ?ナンノコトダカ」

姉「おぬしも悪よのう」

男「いえいえ、お代官様には遠く及びません」ホッホッホッ

姉「よし!じゃあついでにみんなのオヤツ買ってきてよ!!」

男「チョコでいいか?」

姉「胸焼けするわボケー!ポテチにしろー!!」

男「分かった分かった。後は適当に買ってくりゃいいか?」

30 6月

昨日ホテルで…

昨夜ビジネスホテル(都内某所)に泊まりました。夜中に寝付けなくて、2階の自販機までビールを買いに行くことにしました。ホテルに備え付けのパジャマはロングシャツ形式で、ズボンではなくむしろネグリジェ的な長いものを着るのですが、その下はノーブラ、パンティは着用という格好。もう午前1時を回っているしきっと誰もいないだろうと楽観視し、エレベーターに乗りました。

驚いたことに開いたドアの中には40代後半の男性が乗っていました。ドキッとはしましたが、まさかホテル内だし変なことはされないだろうと思い直し、エレベーターに乗り2Fのボタンを押しました。

 その人は少し酒臭く、酔っているようでした。2Fで降り、ビールを買いエレベーターに乗ろうとすると…降りた時からエレベーターは止まったままで、その男性がまだそこに乗っていました。

…変な予感はしたのですが引き込まれるように私は乗ってしまいました。予感が当たったのか、閉まるボタンを押した瞬間その人は後ろから私に抱き付いてきました。ビクッとした私の耳元で「声を出すんじゃない…出したらどうなるかわかってるな…」と低くドスの効いた声で言いました。

私が恐怖で固まっていると、パジャマ越しに胸を触り、前のボタンを上からいくつか開けられました。そして露出した右の胸を触ってきました。「ほら、ノーブラじゃねぇか…こういうことしてほしかったんだろ?」と囁き、さらにボタンを開け、今度は左の方も直に触ってきました。私の胸は全開にされ、男は両方の乳房を揉みしだきました。

「ほら…こんなに感じてるじゃねぇか」と言われ指でコリコリされると、本当に乳首が勃起してしまい、「あぁ…」と声も出てしまいました。男は私の耳を吸い、首に唇をはわせ吸ってきました。私の足はガクガクして、恐怖と快感で、立っているのがやっとの状態でした。

 男は自分の部屋がある階のボタンを押し、その階で私を降ろし自分の部屋まで連れていきました。その間私の胸は全開のままで、片方の乳房は揉まれていました。男の部屋に入ると、パジャマを脱がされパンティだけの姿で鏡の前に立たされ、後ろからまた胸を揉まれました。

「…こうして欲しかったんだろ?」と言われ、怖くて黙っていると「答えろ!」とまた胸を激しく揉まれ、あまりの恐怖に「はい」と言うと、「いい子だ…犯してほしいのか?」と言われました。

首を横に振るとパンティの中に手を突っ込まれ、あそこを探られました。恥ずかしいことですが、私のそこは濡れていました。それを知った男は笑って「“ここ”は犯してくれと言ってるぞ。犯して下さいと言え!」と命令してきました。

さらにパンティが下ろされ「言え!」と強く乳首をゴリゴリされ、私の体はどんどん火照っていき、とうとう「犯して下さい」と言ってしまいました。

男は「聞こえない…もっと大きな声で言え!」と何回も言い、その度に私は「犯して下さい」と言い、その度にどんどん感じている自分に気付きました。男は満足げにあそこに指を入れてかき回しました。乳房も力いっぱい揉まれて私も声が出てしまい「まずい」と感じたのか、男はタオルで猿轡をしてきました。

 不思議なことにそれでまた私は感じてしまい、その後ベッドに連れていかれ、犯され続ける間にも何回もイってしまいました。“犯されてるんだ”と思えば思うほどどんどん感じていき、1回終わってまた犯されようとしても逃げる気は起きませんでした。

 途中で猿轡が解かれ、男のペニスを咥えさせられた時も自分からどんどん舐めたり吸ったりしました。頭を両手で押さえられ、口で咥えたまま前後にピストンさせられたときもあそこがすごく濡れてくのがわかりました。

 朝まで何回犯されたのか覚えていません。でも本当に恥ずかしいのですが、今までのどのセックスよりも感じていました。明け方自分の部屋に戻ってから、シャワーを浴びる前…男に好きなようにされた体を全裸になり鏡で見てオナニーしてしまいました。

全部で何回イってしまったのかはわからないくらい感じてしまった夜でした。こんな目に遭ったのに…もしかしたらまたそのホテルに行ってしまうかもしれません。そしてきっと今度はノーブラノーパンで出かけてしまう…そんな気がして…自分で自分が怖いです。
28 6月

私♀の×彼女♀


私と彼女はつきあいはじめてもう10数年になります。
彼女との馴れ初め、小学6年生の頃の話から

私は地方都市の社長さんの愛人の母の子供として生まれました。
もっともコレは後々になって聞いた話しです。
小さい頃は「病気で死んでしまったのよ」と言われていましたが。
それにしても写真一つないので「ああそうなのかな」と
なんとなく勝手に納得してました。

社長さんは、母と会う時はもっぱら母を呼びつけていましたので
出かける母を見送るのみで私は成人するまで
まともに社長さんとお話しする機会はありませんでした。

だから未だに実の父親だと言う気がしません
恩や義理は感じています。
しかし母と社長との関係に肯定的になれないのは事実です。

母は私を育てるには十分すぎるお金をもらっているようで
水泳やバレーなどあらゆる習い事を私に習わせました。
着る物も食べるものも不住しませんでした。
父親が居ないということを除けばとても恵まれていたと思います。
ただ社長の趣味なのかやたらと女の子ちっくな服が送られてきて
それがなんとなく嫌で
反動になったのかもらったお小遣いで男の子が着るような服を選んでは着ていました。
そのうちバレーも辞めてしまうのですがそれは又別の理由です。

当時6年生・・物心ついて有る程度自分の置かれている現状が解ってくると
私に芽生えたのは男へ対する嫌悪感でした。
どこでも同じだと思いますが、当時男の子と言えば
誰彼構わずスカートめくりをするのが流行っていました。
殆どの女子は表向き嫌がっていましたけど好きな男の子にされるのは
あんまり嫌じゃないみたいで、影で「○○くんにめくられた」等と
影で自慢げに言ってる子もいました・・・が

元々スカートと男が嫌いな私は面白い訳がありません
いつも一人で憤慨していました。
水泳とバレーが良かったのか解りませんが、この頃
私の身長は小学校6年生の女子では異例の170センチに迫っていました。
そんなわけでよく男子からは「デカ女!デカ女!」とからかわれました。
デカ女ならまだましです。少なくとも女ですから
中には「花崎って男前だな!」と言われたのが一番ショックで
家に帰って母の前でわんわんないてしまいました。
今思えばその男の子なりにカッコいいと誉めてくれたんだとも思えますが
私は、身長でからかわれたより傷つきました。
「男子なんて大嫌い!!!」がこの頃の口癖でした。

コレがきっかけだったのかは忘れましたが
少しだけ女の子を意識した格好だけはするようになりました。
髪はショートカットを伸ばしスカートも出来るだけはく様になりました。
自分で言うのも本当に難ですが
元々美貌だけで愛人になった母の子なので私の容姿はそれなりだったと思います。
この頃からよく周りの大人から将来綺麗になるよと言われていました。
男性に良く言われたと思いますが
綺麗になるのは嬉しいので素直に喜んでいました。
すでにこの頃から綺麗な自分や綺麗な女の子が大好きでした。
気がつけば友達のグループはクラスでも可愛い女の子ばかりでした。

有る意味女性という性に対しての執着心
徹底的に男性という性を周りから排除したいという
潔癖な素地が出来つつありました。

それに反して男性には良く声をかけれました。
小学校を卒業する頃には170センチをゆうに超え
180センチに届こうとしていました。
われながらもう小学生どころか高校生にしか見えなかったと思います。

だからなのか声をかけてくる男性と言えばナンパや援助交際ばかり
益々男性への嫌悪感が増大していきました。
元々母譲りのバタ臭い顔なので
そんなことをしそうに見えたのかもしれませんね

そんな私の小学校6年生の3学期
サオリは私たちのクラスに転校してきました。
先生に紹介されクラスへおずおずと入ってきた少女に
私は今までどんな女の子にも感じたことが無い震えを感じました。

私のこの頃の女の子好きは性とは切り離されたある種ただの潔癖でした。
男性への嫌悪感の反動、汚いものとしてみている男性を
自分の周りから排除して綺麗な女性だけを身の回りに置きたいという
ただそれだけのものでした。

サオリだけが違って見えました。
白(女)と黒(男)でしかない世界に一人だけ鮮やかな桜色の花弁
そんな風に見えました。
私の世界が大きく変わった瞬間だと断言します。
私よりはるかに小柄で華奢で女の子らしい細い線指先
何もかもが愛おしく感じました。

今思い返しながらこの文章を書いて確信しました。
私はこの時はっきりと思ったんです。
「この子が欲しい」ってね

サオリは案の定クラスの人気者になりました。
主に男子にですが・・・

大人しく控えめで誰にでも優しい女の子でした。
しかしソレが良くなかった。

3学期も終わりに近づいた有るとき
女子に人気の男子の一人が突然みんなの前で彼女に告白したのです。
サオリは戸惑っていたようでしたがその場で断りませんでした。
優しい彼女らしくその場で断るのはかわいそうだと思ったのでしょう

しかしソレが周りの女子の反感を買ったのです。
告白した男子は女子に相当な人気があり
たしか私のわずかな記憶を頼りに思い出すと
当時の都大会かなにかの陸上の優勝かなにか?とした子でした。
どうでもいいですけど

案の定サオリは女子から無視されるようになり
状況はエスカレートしていきます。

意外かも知れませんが
この頃私はまだサオリと親しくはありませんでした。
男性を嫌って女子だけの世界に生きてきた指物の私も
初めて好きになったのが女の子であることを自分のなかで整理できていなかったのです。
何かのきっかけで話すことがあってもぶっきらぼうにするしかありませんでした。
凄く嬉しかったのに・・・

告白の一件も実は私の居ないところで起こった事件で
その後女子グループが憤慨してるところを聞いて
初めて事態を把握したのです。

元々私がサオリにつめたいのは仲良しグループの間でも周知だったので
私も彼女に反感が有るのだと思ったのか
皆私の前で次々と嫌がらせを話していました。

私としては皆仲のよい女の子達です。
またその一人がその男の子を好きだった事を知っていただけに
私の立場は非常に微妙な状態でした。

最初は無視
そして徐々に彼女が何かを言うと「またぶりっ子?」みたいな
つめたい言葉が投げかけられるようになりました。

微妙な変化に気がつく繊細な男子は女子の気迫に押されて何もいえません
反対に鈍感な男子にいたっては気がついてさえいません

そして事件が起きました。
とうとう我慢できなかったのか私のグループのメンバーが
私の知らないところで彼女を校舎裏に呼び出したのです。
何も知らずに先生の頼まれ物のプリントを運んでいた私のところに
問題のサオリに告白した芋が顔面蒼白で走ってきて教えてくれました。
私はまだ何か言ってる芋にプリントを突き渡して芋を置き去りにして
2階教室へ走りました。居ません・・・
どこにいるのか解らず思わずベランダに飛び出します。
居ました!ベランダ下の影で何か言っています。
「あんたAちゃんが芋君の事好きなの知ってるでしょ?」
「Aちゃんの気持ち知ってて芋君になにやってんの?」
「3学期からきたくせに、Aちゃんは前から好きだったんだよ!」
なんかこんな事をいってたと思います。幼稚ですね
ソレを二階から見ている私いつの間にか周りは野次馬だらけ
芋君もいつの間にか後ろに居ます。流石足だけは速いようです。
(何おろおろしてんのよあんた助けなさいよ!!)と思いました。
そんなこんなしてると感極まったのかとうとう
Aちゃんがサオリに掴みかかろうとしました。
引っ張られるサオリの髪それをみてあざ笑う女の子達

その瞬間私はカーッと頭に血が上ったようになりました
ベランダ手すりによじ登ったかと思うと豪快に飛び降りていました。
ドシーンと自分でビックリするくらい大きな音がしたように思いました。
野次馬の中には私が飛び降り自殺でもしたかのように悲鳴を上げる女子もいました。

女子グループは私が勢い良くサオリの後ろに飛び降りてきたのをみて
あっけにとられていました。
私は直も掴みかかってるA子の間に割って入ります。
Aちゃんのビンタが私のあごあたりに命中しました。
Aちゃんを突き飛ばし
サオリをかばうように抱いていました。無意識でした。
「あんた達最低!!もう絶好だよ!!」
私は過去・現在通じて女の子にも男にもこんな剣幕で怒ったことはありません

Aちぁんはイキナリのことに動転したのかその場で泣き出してしまいました。女子グループも私の剣幕に押されたのかオドオドしていました。
後は騒ぎを聞きつけた先生が駆けつけてお説教でした。

むしろ一番怒られたのは2階から飛び降りた私だったような気がします。
それが良かったのか、虐め自体は軽い注意ですみ
相当怒られることを覚悟していた女子グループも意外にアッサリ許してもらえた安堵感からかサオリに快く謝ることが出来たようで
わだかまりは解消・・むしろ後々になって
あの状況で助けにいけない芋君ってかっこ悪いみたいな流れになり
なんと和解・・・まあ、時間にして2週間程度のイザコザでしたから
女ってこんなものです。

大きく株を落とした芋君・・哀れ芋君・・・ちょっと同情します。
一寸だけだけどね
私はあの事件以来男子からも一目置かれる存在になりました。
「2階から飛び降りた凄い女」という不名誉なものでしたが・・

その日から私とサオリは豆と人参のように一緒に居るようになりました。
女の子グループとは絶好はしませんでしたが、少しずつ疎遠になっていきました。
後にサオリが言いました。「あの時のサキちゃんは世界で一番かっこよかった」と

小学校をそんな感じで卒業して中学にあがりました。
この頃身長は180近くいい加減嫌になっていたバレーの習い事をやめて
水泳とピアノだけにしました。
最大の理由は、何よりサオリと遊ぶ時間が欲しかったのです。

私とサオリは急激に親しくなって行きました。
サオリの家は余り裕福ではありません
サオリのお父さんは小学校5年生の頃に亡くなってしまい
身寄りの無い母親のため今はお父さんの実家に身を寄せていました。

お父さんの実家はお豆腐屋さんでおじいちゃんとおばあちゃんが
切り盛りしています。
お母さんは外にパートに出ているので
サオリが家事に関しては体の弱ったおばあちゃんを支える形で手伝いです。
私はそんなサオリが可愛そうで良く遊びに行っては
恐縮するサオリに無理強いで手伝っていました。
だって一緒に居るだけで嬉しいんだもん、仕方ないね!

もっと嬉しかったのは、手伝いに行く時はよく髪をまとめて
動きやすい格好で遊びに行ってたので目の悪いちょっとボケ気味のおばあちゃんは私の事をサオリのボーイフレンドだと思ったらしく
いつも「サオリはいいねぇ?こんなに男前の彼氏がいて」が口癖でした。
男扱いされるのが嫌だった私ですが
サオリのおばあちゃんにそんな風に言われるのはとても嬉しくて
さり気に手伝いに行く時だけは少しでも男っぽい服を意識して着ていくようになっていました。

サオリもボケたおばあちゃんだと思ってるので特別訂正もしないのが
また嬉しかったと思います。

そんなわけで中学です。
中学くらいなるとチラホラとおつきあいというのを始める男女が出てきます。まあ、もっぱら交換日記程度の付き合いですが
周りの女子が楽しげにそんな話をしてる横で、自分がとても惨めに思えました。

私は、男性になりたいと言う願望は全くありません
女性として女性が好きなタイプです。
この頃になるとそういう本をコッソリ見つけては読んだりしていました。
自分がこういう人間だと理解して楽になった一方
その生き方がとても大変であることも漠然とした不安から
現実的な不安に置き換わっていき周りが当たり前に出来ることが
自分にはとても困難であることが恨めしく思えました。

こんな男より私のほうが良いのに!
とそんな風に変なジェラシーを男子に感じていました。
サオリとの関係は未だに親友レベルです。
凄く良好ですがだからこそ悪戯に本心を打ち明けて気まずくなるのは
避けたいと思っていました。

また私自身、男性に声をかけられたり告白されることが増えていきました。
基本的にクラスメイトならはぐらかしていましたが
先輩とかになると面倒で本当に憂鬱でした。

一番嫌なのがサオリと一緒に街を歩いてる時や
登下校の時のナンパです。サオリの前で告白されたり
男性に声をかけられ自分が女であることを思い知らされるのが
歯がゆかった。
サオリの前だけは女でも男でもない自分でありたいという気持ちがありました。
「君綺麗だね!一緒に居るのは妹さん?」こんなこと言われたら2重3重に腹が立ちました。

3年生にあがる頃には私の男性嫌いは周知の事実となり
言い寄ってくる先輩も消えたおかげで少し楽になりました。
その代わり有る噂が立っていたのです。
「3年の花崎先輩ってレズなんじゃないの?」
この頃の私は知りません、でもサオリは知っていたみたいです。
何でってサオリに直接聞いてきた人が居たみたいです。
勿論その頃のサオリはそんなこと微塵も思っていないので
「男の人がきっと苦手なのよ」と返していたそうです。

元々女子には人気がありました。
口が堅く女の陰口が嫌いだった私は
絶対に女子のそういう話にだけは関わりませんでした。
また小6の時のエピソードが今では小学校でもちょっとした伝説になっているらしく(一時期度胸試しに飛び降りるのが流行り、ベランダに飛び降りるな!の張り紙が有るらしい)

後輩の女子からは頼りにされていました。
女の子は嫌いじゃないので懐いてくれる後輩は可愛く
サオリと遊べない時は大勢を連れ立ってカラオケへいったりしていました。

「サオリ先輩と一緒のときは何をしてるんですか?」
有るとき後輩の一人から唐突にこんな事を聞かれてました。
今思えば素朴な質問だったのですが
私は 別 の こ と を聞かれたような気がしてドキッとしました。
そんな妄想ばかりが広がっていた時期でした。
サオリとあんなことやこんな事を・・

その質問をした後輩 アキちゃんが私のファーストキスの相手

アキちゃんは天真爛漫 子犬がそのまま人間になったような人懐っこさと
陸上部で鍛えた細い足と良く焼けた肌がキュートでHな小柄な女の子でした。

「私の自慢のコレクションの一つよw」

同好の徒にそんな風に自慢したい女の子
サオリとは又違う元気で素直な感じがとても良く
幸せな家庭で育った眩しいところが私は逆に好きでした。

アキちゃんは何かと私とサオリの後を付いて回りたがりました。
私としてはサオリとの時間は何者にも変えがたく
最初は憤慨もしてたのですがサオリがアキちゃんのことを気に入っており
最後はまあ、可愛い犬くらいの気持ちで我慢していました。
(サオリが楽しそうだしいいか・・)
「アキちゃんクッキー焼いたから持って行きなさい」
サオリは何かと作ってはアキに餌付けしていました。(私はそう思うことにしていたヤキモチです。)
「わぁ?部活終わったら食べます!」
「こないだのシフォンケーキおいしかったです!部活の先輩達も喜んでいました!」
「ふふw又作ってあげるね」
「やったー」
そんなやり取りの時私は必ず一寸不機嫌
「アキは本当に子供ね」
という嫌味の一つも出るのですが
「へへっw」
とそんな私の言葉すらなにやら嬉しそうに笑っているので毒気が抜けます。

アキちゃんは部活がない時は私のところへ遊びに来ます。
クラスの友達との関係は大丈夫なのか?心配になり一度聞いてみたのですが
「私陸上部で先輩に気に入られてますから!」
運動部は男子も女子もそういうものらしいです。

私は基本的に部活はやっていませんがたまに美術室を使わせて貰って
油絵やアクリルガッシュで絵を描いていました。
美術部はいまや漫画クラブになっており油絵をやるような生徒は
おらず場所も大人数が入れる多目的室に場所をうつしていたので。
殆ど放課後の美術室は私一人でした。

まあ大抵サオリやアキちゃんまたはその両方
もしくは後輩達が遊びにくるのですがサオリすら長居はしません
描いてる時の私は殆どサオリとすら話をしないからです。
大抵の後輩は空気を察して2度ときません

アキちゃんだけは例外でした。
アキちゃんも最初こそ色々と話しかけてきましたが
私が絵を描く時は全く喋らないのがわかると今度は不思議なくらい
何も言わなくなりました。
時々居ないんじゃないかと思って私の方から振り返るくらい存在を消すのです。

何をするわけでもなく私が絵を描くのをズーッと見てるのです。
今更「何が楽しいの?」なんて私の方から聞くのもプライドが許さず
この奇妙な状況は1度2度3度と続いていきました。
いつも五月蝿いくらいなのに、アキちゃんのちょっと違う一面を知って
「静かにも出来る子なのね」とこのとき初めて他の子より少し特別に感じました。

後から知ったことですが彼女なりの対抗心だったようです。
何ってサオリへのです。

部活がないときで私が美術室にいるときは
必ずといって良いほどアキちゃんがいるようになりました。
サオリは家の手伝いが有るので出席率はアキちゃんが勝っています。

この奇妙な状況は数ヶ月続き
夏休み中たまに私が美術室に来ても
アキちゃんも部活にきてるので帰りはいつも一緒でした。

部活が終わると汗をタオルで拭きつつ必ず私のところへ来ます。
相変わらず何も言わないで私が描いてる姿を見てるわけです。
ふと彼女を見るとかすかに汗で濡れた髪とシャツが目に付きました。

・・・・・・・何も見なかったように・・・・・・

・・・・・・・絵を描き続ける私・・・・・・

・・・・・・・長い沈黙・・・・・・・・

・・・・・・アキ帰るよ・・・・・

私は今まで一度もこんな風に声をかけたことはありません
私が片付けるのをみて帰るのを悟るだけです。
私はアキのほうを見ないようにしながら徐に道具を片付け
美術室を出ました。

夕暮れの廊下を歩く間 アキはとぼとぼと私の後を付いてきました。
無言です。

良く焼けた肌と汗に濡れた髪をしたこの子犬みたいな少女を見て
私は我慢できなくなったのだと思います。

・・・・壊してしまいたい・・・・

下駄箱までいって靴を履きます。
「グズグズしないであなたも履きなさい置いていくわよ!」
語気が荒くなります。
ドキドキしています
アキがいそいそと靴をはき始めます。
ソレを見下ろしています。(何しようと思ってる?)
(何しようとするの?)
不思議とサオリのことは忘れていました。そもそも色んなものがもう切れそうでした。

アキが立ち上がって私をオドオドと見上げた瞬間
私はアキにキスしていました。
キス・・なんていう代物じゃないですね
アレはもう私が一方的にアキを食べちゃったようなキスでした。
時間にしてドノ位でしょうか・・・1分?30秒?
玄関先を野球部の男子が野太い声で大勢で走っていく掛け声が聞こえます。
後姿は見られたかも知れない・・でも私が死角でアキがいるのは見えないはず・・・・・吹奏楽部の調子外れのトランペットとトロンボーンの音が遠くから聞こえます。
とても長く感じました。 でも終わってみるとあっけない
そして物足りない時間でした。

ぷはっ・・はぁ・・はぁ

口を離したら唾液がツーッと糸を引きます。
アキの口の周りは私とアキの唾液でべとべと小麦色の肌ごしでも解るくらい
上気した頬肩で息をしています。
私も息が荒くなります。さっきよりドキドキしています。

「アキは私のだからね」
私はソレだけを言うとアキを置いて家路につきました。

今日はここまで続きます。

「アキもっと、そばに来なさい」
「はい」

アキとキスをしてから特に大きく変わったことはありません
キスをしたからといってアキの態度は大きく変わりませんでした。
急に馴れ馴れしくされることも心配したのですが
アキは意外と頭が良い子なのかもしれません
今まで以上にサオリと私の間に入ってこようとすることもありません

違うのは美術室で2人っきりの時は
直ぐそばに椅子を持ってきて座らせています。

サオリと一緒の時は相変わらず元気な子犬のようですが
2人っきりになると静かになる
特に私が目線を送ると怯えたように私の目から何かを探ろうとするような
不安げな表情になります。

その表情を見るたびにゾクゾクしてきます。
それが好きで美術室にいるときはたまにアキの方を見るようになりました。

キスはたまにしました。
と言っても最初のような激しいのではなく
又明日ね程度の軽いものですが

アキはそのたびに安心したような顔をして帰っていきます。
殆どキスをされるためだけに顔を出してるような感じですが

アキが美術室にやってくる頻度はどんどん増えていきました。

サオリとの関係は相変わらずです。
アキとそういう関係になったからと言って
サオリへの気持ちがなくなることはありませんでした。
むしろ麻薬患者のようにアキの味を知ってより
サオリへの乾きは強くなりました。

(サオリはどんな感じなのかな)

そんなことをふと考えてしまうことも前より多くなりました。
サオリと間近で話しているとつい唇の動き・・・そしてたまに見える舌
「どうしたの?」
怪訝そうにサオリが言います。

「ううん、なんでもない」
アキにあんなことをしておいて私は浮気者なのでしょうか?
アキには悪いと思うのですが
このときの私にとってはアキは禁煙補助剤のようなものでした。
サオリという大事な存在に手をかけないための大事な大事な抑止力

こういう時私はやはりあの母親の子供だと思うのです。
今にしても私は我がままで実に勝手な人間です。
詳しくは話しませんが、母親も又わがままで我の強い人でした。
よくもまあ、サオリやアキその後も多くの女の子達とそういう関係になりましたが、一体私の何が良かったのかは私には解りません

実際に私みたいな女が自分の近くに居たら絶対に嫌いになっていると思います。

こういう女にありがちですが私は朝が極端に弱く
非常に不機嫌です。いつもどおり目の覚めない頭を抱えるようにサオリと一緒に登校
どのくらい不機嫌かと言うと朝目の覚めないうちにサオリに話しかけられても「五月蝿い」と声が出るくらい不機嫌です。

「花崎さんちょっといい?」
有る日の朝教室に行くと陸上部部長3年の宮田さんが私を待っていました。
「はい?」眠気で思わず目じりと語尾がつりあがります。
サオリの話だと私の体格でこの態度だと非常に怖いらしく
宮田部長はちょっと怖気づいた感じになりましたがそこは部長だけあって
直ぐに持ち直して言いました。
「あなた2年生の秋田さん知ってるわよね」
「だからなに?」語尾が以下略
また一瞬怖気づいた表情を見せますが、もう気にしない要件を言ってしまおうと持ち直したのでしょう
「最近秋田さん部活に身が入ってないみたいなの」
「一応部としても彼女に期待しているから、親 し い 貴方なら何か知ってるんじゃなくて?」
「出来れば先輩としてもう少しあの子のこと考えて貰えないかしら」

眠く重い頭がかーっと覚醒していくのがわかります。
(親 し い?)妙に引っかかる言い回しです。

「秋 田 さ ん の部活のことは私には何の関係もないわ!!」
「何か問題が有るのなら本人に言って!!」
「ちょちょっとサキちゃん・・・」
私が思わず大声を上げたのに驚いたクラス中の視線があつまり
それを心配したサオリが私と宮田部長の間に割るように入ります。
心配そうなサオリの顔を見てハッとします。

「とにかく私としても部活としても秋田さんがこのままだと心配だから」
「とにかくそれだけ言って置きたかったの、じゃあよろしく」
宮田部長はまだ何か言いたげな表情をしつつ自分のクラスに帰っていきました。

なおもクラスの視線は私に向いたままヒソヒソと話すクラスメイトを尻目に
何も無かったように席に着きます。
カバンから教科書ノートを無言で机に詰め込みながら
私はおなかの中でドス黒いものが渦巻くのを感じずには居られませんでした。

(私と親しいからアキがだめになった?)
(私が恋愛すると迷惑みたいじゃない!!)

別にはっきり指摘されたわけではありません
でも、あの言い方は間違いなくそいう風にとれました。

その日の昼休みいつもの様に屋上で
サオリとのんびりしてるとアキが私のところへやってきました。
部長本人からか誰からか聞いたのでしょう
珍しくサオリの前でも不安げに私に何か言いたそうにしていました。
「なに?!」つい不機嫌になります。
「あ、あの・・」
ちらちらと不安げな視線が私とサオリの間を行ったりきたりします。

「私先に行くね」
サオリは何かを感じたのか私とアキを置いて教室に戻りました。
「・・・アキ部活ちゃんとしてないの?」
急に肩から力が抜けて自分でも優しい声になるのがわかります。
正直この日はこの瞬間までずっと戦闘態勢だったのだとわかりました。

「ごめんなさい・・」
ばつが悪そうにアキが謝ります。
こういうときのアキは本当にしかられた子犬のようです。
垂れ下がった耳と尻尾が見えるようです。
「私に謝っても仕方が無いでしょ」
「私はアキに何も強制してないわよね?」
(嘘・・アキが居ないと困るくせに・・)
「アキが嫌なら別に無理しなくていいのよ?」
(嘘・・アキが嫌じゃないの知ってるくせに・・)
「・・・・・・」

アキは黙ってうつむいてしまいました。
「何も話がないなら私いくよ!」
「部活やる気があるなら確りしなさい!」
「朝みたいなこと私のところにこられても迷惑なんだから!」
アキを置いて去ろうとしました。
「先輩!」もう殆どタックルの勢いでアキが私に後ろから抱き付いてきました。
「ちょっとなによ!」
ぐるっと見回しますが幸い昼休み終わり際で人は居ません
「見捨てないで!!そばに置いてください!!」

今思えば山門芝居のドラマのような台詞です。
アキなりの必死さがそういわせたのかもしれません
子犬のようなアキの震えが私の体に回された細い手から伝わります。
私はゾクゾクするものが体中に広がるのを感じました。
急に下腹に熱いものを感じます。
(・・・濡れてる・・)

「先輩がそばに居てくれるなら何でもします!!」
「部活だってやめます!もう先輩に不愉快な思いはさせません!」
「だからずっと一緒に居てください!!愛してます先輩!!」

正直(そこまでしてくれなくていいのに)
と言う気持ちと(これからはずっとアキをそばにおける)という
黒い気持ちが渦巻いていました。
(私のこの歪んだ感情が・・性がこの子の運命を捻じ曲げているだ・・)

私はアキが愛おしくてそして
いっそ壊してしまいたい位不安げで儚いものにみえました。
泣きはらしたようなアキ・・・2回目の深いキス
細いアキの体が軋むくらいに強く抱き私の下腹部は更に熱く・・・
自分でもソレが太ももを伝っているのが解りました。
始業のベルが鳴ります。もう行かないと言い訳が面倒です。
何より朝の一件もあります。無駄な注目をこれ以上浴びたくありません
私は無駄に目立つのも本来は嫌なたちなのです。
ただでさえこの身長で目立つのですから
荒い息をするアキを見つめてハンカチで涙とよだれを拭い
自分も唇を拭います。

「やめるか続けるかは貴方自身が選びなさい」
「でも・・・」
「いいわね」
「はい・・」
(辞めなさいとも続けろとも言わない・・いえない・・卑怯な人間)

「さあ、もう行きなさい」
「でも・・」
「一緒の所を見られると何を言われるか解らないでしょ私は後から行くから」
「はい・・」

アキを見送り私は自分の処理をして教室へ戻りました。
その後半日非常に不快な気分を我慢しつつさっさと家路につきました。

アキは部活はやめませんでした。
その代わりにレギュラーから外れ受験勉強を理由に部活への出席を減らしたようです。

親には先輩(私)に勉強を見てもらうと言ったようで
後日アキにそっくりのこれまた人のよさそうなお母さんと2人で
我が家に挨拶にやってきました。
「うちの子が受験勉強するなんて・・・本当に感謝しています。」
「なんでも花崎さんは学年でも上位だとか、そんな先輩が見てくださるなら主人も安心だと申しておりました。」
「しかし、花崎さんも受験を控えてるのによろしいのですか?」

「はい、私のほうの勉強はもう十分ですから」
(実際コレは事実しかも私が行く進学校は社長の息がかかっている、殆ど合格したようなものなのです。勿論それに頼って勉強しないわけはないですが)
「こちらこそご期待にこたえられる様に厳しくさせていただきます。」
「せんぱ?い;」アキがおどけて不安の声を上げる

表向きはおどけるアキ
そして出来る限り愛想笑いで た だ の先輩を装う私
成績が上位なのはたしかだが別に教えるのが得意なわけではない
アキはアキで元々スポーツ特待生を狙ってたのを
私と同じ進学校へ行くことを念頭に勉強をすることにしたわけで
アキの両親はどちらかと言えばそちらの方が嬉しかったらしく
私とアキで考えたこの半分嘘の話は順調に進んでいった。

大事な娘がとんでもない女に惑わされてるとも知らず
丁寧に挨拶するとアキとアキのお母さんは帰っていきました。

一緒に勉強をすることになった事は勿論秘密です。
アキには美術室には来ないように言いました。
勿論私もいい加減受験生で美術室にいると教師も五月蝿いので
さっさと家に帰ることが増えました。

サオリは私と同じ高校へ行くことになっています。
サオリの成績は私よりいい位それでもサオリの家では資金的に難しく
最悪私の父親に頼んででも・・
等と思っていたけどサオリに「それだけはしないで!」と怒られました。
しかしそんな私とサオリの事を知ったサオリのお母さんが
「貴方が勉強するのにお金を惜しむことはしませんよ!」
「貴方には色々不住をさせてきたけど勉強することだけは遠慮しないで頂戴・・おじいちゃんもおばあちゃんも、お父さんもそう思ってるわよ」
と言う感じで晴れて私と同じ高校へ行くことになってほっとしました。

アキと私は学校が終わると別々に下校し
アキが私の家に来る形で勉強するようになりました。
時々はサオリも参加して3人で真面目に勉強します。
2人きりの時は始めこそ勉強の形をとって準備するものの
やっぱり2人きりになると歯止めが中々ききません

「先輩・う・・ん・・ふっ・・」
もうこうやって勉強会を始めてから何度もキスを繰り返しています。
アキは小柄で髪型はショートにしています。
肌も良く焼けてるので部活の時など遠くで走ってる姿を見ると
なんだか男の子にも見えるのですが
くりくりの目と長い睫毛で女の子らしい可愛さもある中性的な女の子です。

サオリは身長は出会った頃と余り代わらないのですが
最近は出るところが出て随分女性らしい体型に変わって来ました。
ふっくらしていかにも女の子と言う感じです。
何もかもアキとは正反対

「先輩・・先輩・・」
アキは興奮すると直ぐに私の懐にもぐりこむようにぐりぐりと
必死に抱きついてきます。
ソレがとても可愛くてつい乱暴にしてみたくなってしまいます。
両手ですっぽりを覆う事が出来るくらい華奢なアキを抱きしめつつ
彼女の敏感な部分に手を運びます。
耳の中に舌を入れるととても可愛い声を出すのでソレがお互いのお気に入りでした。
アキの胸は小さく殆どまな板に小さいぽっちが有るような感じ
とっても敏感で触りがいがありました。
セーターを捲くりスポーツブラを剥ぐと腕や足と比べて日焼けしてない
コントラストがまたHでした。
「はぁあ・・・うっう・・」
小さい手が私の服を力いっぱい掴みます。
「アキ気持ちがいい?」
「は・ぃ・・・き・ちがいい・・」
切なそうにしながらも聞かれると素直に答えるアキ
この子の表情やしぐさは一々私をゾクゾクさせてくれるから大好きでした。
「舌をだしなさい」
言われるとおずおずと口をあけて舌を出すアキ
なんだか餌をもらおうと必死なヒナみたい
アキは興奮すると唾液が良く出るようで
ぽたぽたと口の端から唾液が伝います。
「よだれまでたらして」
アキの舌を引っこ抜けるくらい強く吸い上げる
じゅるっ・・じゅるじゅるるる・・・アキの味がします。

吸われるたびにアキの体がぴくっぴくっと震える
「アキ・・イク所みせて」
そう耳元でいうのが合図ぶるっと震えるアキ
これからされる事を理解していっそう強く抱きついてくる
私は密着した状態から腕を動かし彼女の下腹部に手を回していきます。
彼女の太ももをなぞるようにしながらスカートの中に
アキは普段陸上部なのでブルマをはいてることが多かったのですが
私はスカートの下に何か履いてるのが嫌いなのでアキにはやめさせました。

アキと一緒にショップにいってアキに似合う可愛いやつを選んで
私の家に来る時は必ずはいてくるように言いつけています。
手触りで言いつけを守っていることを確認しつつ
下着の中に手を滑り込ませます。

「あぁ・・っ・・・」
アキはまだ余りアンダーが生えていません
産毛のようなものが少し有るくらい
でもそこはソレと解るくらいに十分すぎる熱を帯びてトロトロになっています。
「アキ大変・・」そう言いながら私がとがめる様に意地悪な目線を送る
「ご・・め・んなさぃ・・」ばつが悪そうにトロンとした目で答えるアキ
アキの中心を探り当てると優しく摘んでコリコリっとしてあげる
最初は痛がったが今は私が触れる前に確りとかたくなって顔を出している
「あああああううっうういく・・いくうぅう」アキがつぶやく様に繰り返し始める
「アキいきなさい私に可愛くいくところ見せなさい!」
「あううっうう」抱きしめてる私の片腕を振り切るくらいに直ガクガクっと
震えるアキの細い足はぎゅっと伸びきり太ももは私の手を挟む
しばらくはピクピクと小さく痙攣して目線はどこを見てるのかわからない
しかし口元は満足げに笑ってるようにすら見える
いつも素直で天真爛漫な女の子のなんだか壊れた姿が
なんだかとっても悪いことをしている気分で私を満足させるのだった。

しばらくして息が落ち着くと今度はアキが私にしてくれる番
アキは息が整うと何も言わずに私の服を捲くり胸を露出させる
私は自宅ではノーブラなのだ
アキはまるで飢えた赤ん坊のように必死に私の乳首を吸い上げる
快感よりはむしろこの子を支配しているという気持ちの方が強い
優しくアキの髪をなでるとても幸せな気分がする
私がやめさせるまでアキはちゅっちゅっと赤ん坊のように吸い続け

アキが疲れてるとそのままアキが寝てしまうことも有る
アキとのHで私がいった事は無い
でもアキがイクのをみてこうして吸わせてると満足してしまうのだ
もう直ぐ3年生も終わる・・・アキとも一時的にお別れだ
「もう直ぐお姉ちゃんいなくなる・・」
アキには2人だけのときは私を姉だと思うように言いました。
「なに言ってるのどうせこうやって家では会えるでしょう・・」
「でも寂しいです・・・それに・・」
アキがうつむく
「どうしたの?」
「お姉ちゃん私以外の人を妹にしないでね!」
「サオリさんと仲良くするのはいいの・・でも他の人は絶対にやめて!」
「アキ・・」
私は涙をためて訴えるアキの背中を優しくあやすように
ぽんぽんと叩きながら頬にキスしました。

アキは知っていたのです。
本人から聞いたのですが、最初は単純に憧れだったのだそうです。
自分よりずっと高い身長や長い指先、颯爽と堂々と歩く姿
(バレーをやってたせいで姿勢がやたらよいだけなんですが・・)
「あんな先輩と知り合いになりたい」と思ったのだそうです。
私の事を好きだったからソレこそ一生懸命私を見ていたのだそうです。
そしたら解ったのだそうです。私がどれだけサオリを大事にしているか
サオリへの態度サオリへの愛情がどんなものか
自分や周りのほかの子達がどんなに相手にされてないか

気がつくと私に気に入られることばかり考えていたそうです。
そして美術室に私がいる事を聞きつけ
そこではサオリすら私が余り相手にしない事を知り
「サオリさんに何とかして勝ちたい」と思ったのだそうです。
だから必死で私に会いにきたそうです。

だんだんと部活への身が入らなくなり
記録は伸び悩み周囲の期待が重くなってきた頃
私とのあのキス・・・

アキは最初ただの憧れだと思っていたし
美術室に通いつめてる間も好きだとか付き合いたいとか
そういう風には発想していなかったようです。
ただ、サオリさんより大事な友達になりたい
そんな感じだったそうです。

だから私にあのキスをされたとき
自分が私を好きなことを始めて気がついたのだそうです。
そして私が女性を好きな人だということ
サオリを好きなんだと全てが理解できたそうです。

「私とアキはいつまでも姉妹よ寂しい思いはさせないよ」

しかし私の予想しないアキとの辛い別れが迫っていました。

「サキ来年からロンドンへ行くわよ」
「は?」
夕食中に突然 母が言い出した。
「貴方のお父様が来年からロンドンで新事業を開始されるの」
「それに付き添って私と貴方もロンドンへ行くわよ」
「ちょっとなによそれ!私はS高校へ行くって言ってたじゃない!」
「お母さんだけでいきなさいよ、私はロンドンなんか行かないわよ!!」
「サキ!誰のおかげで今の生活が有ると思ってるの?」
「お父様があちらに行かれる以上何かとパーティに同席したりしないといけないの」
「そんなの本妻の仕事じゃない!なんでお母さんが行く必要があるのよ!!」
「あの人の奥様はロンドン行きは嫌だそうよ」
「・・・だからってお母さんが本妻のふりしてロンドンいくことないじゃない」
「サキ・・・コレは私たちにとってもチャンスなのよ」
「貴方だってその年で海外を知るのは良いことだし」
「私とお父さんの関係が更に良いものになればもっと良い生活だって・・」
「ソレってつまり本妻と別れてお母さんと正式に結婚してくれるって事?」
「さぁ、ソレは解らないけれど・・・私だってこのままは嫌なのよ」
「お願いよサキ・・・」

と、こんなやり取りを1週間ほど続けたのですが
私の立場では母親に従うしかなく

私は結局最初の1年間だけ、ソレも社長と一緒に住むのは母親だけ
私はロンドンの寮つきの学校ですごす事その後は日本に帰り
S高校を2年から編入するという条件でロンドンへ行くことになった。

最初に打ち明けたのは勿論サオリ
「そう・・・私としてはサキちゃんと一緒の方が色々安心だったのだけど」
「でも仕方ないよね・・・それに留学って羨ましいな」
「2年になったら戻ってくるんでしょう?私沢山手紙書くからね!」

そして問題はアキ
「え・・」
事が済んだ後ベットで私が1年間ロンドンへ行くといったら
声も出さずにボロボロ泣き出し裸のまま必死にしがみついて
なだめるのに小一時間かかった。
「私にもどうしようもないのよ」
「がっ・・がっ・・ヒックこうぇあへ・・なくなるだけれも辛ぃのに・・グスッ」
「休みには一度戻ってくるわよ」
「本当ですか?」
「貴方に嘘ついても仕方がないでしょう?」
「グスッ・・」
アキの頭をなでながらいつもよりずっと優しく言う
「手紙いっぱい書きます・・・サオリさんより沢山書きます・・・」
「私も楽しみにしてるわアキ」

その日はアキを家に泊めて朝まで抱き合って眠りました。

その後の年末年始から卒業の日までは出来る限りアキに構ってあげました。
この頃になると私自身もアキへの情が一層深くなり
本当に恋人のようにデートを繰り返していました。

サオリは合格自体は確実ではありましたが
優秀者奨学金制度を目指して受験勉強に忙しく
私はなるべく邪魔をしないようにアキとばかり遊んでいました。

アキは私が行くところならどんなところへでも黙ってついてきました。
あえなくなる寂しさを忘れるように私たちは色んなところでキスしたり
抱き合ったりしていました。
人目は出来る限り考えてしていたつもりだったのですが事件は起きてしまいました。

「3年の花崎さんと2年の秋田さんってレズらしいよ」
「なんか2年の子が水族館ですっごい親密に見つめ合ってるの見たんだって」

卒業秒読みの時でした。

学校では私たちの噂が飛び交い
人づてに聞けばとんでもない尾ひれはひれが付いて広まっていました。
「前途あるアキを無理やり陸上部から奪い取った」とか
「アキ以外にも何人か手に掛かった」とか
どれも勝手なものばかりでした。

挙句私とアキは別々に指導室に呼ばれ先生方お歴々の集まる中
色々と聞かれることになりました。
私はもう正直ウンザリでした。
好奇心いっぱいで聞いてくる男子や女子クラスメイトの面々に
好奇の目で見られいい加減頭にきていました。
「何もかもぶちまけてしまいたい」と
そんな黒い炎が渦巻いてくるのを感じていました。
しかし、そんな私の理性をつなぎとめたのは他ならないアキでした。
不安げに私を見るアキの顔を見て
(この子に可愛そうな思いはさせたくない)
そう思い踏みとどまりました。

私もアキも噂になってるような関係はない事
ご両親の公認で勉強を私が見ている事
親しそうに見えたのも
純粋に先輩と後輩としての関係であると言い張りました。

先生方はそれで十分納得してくれ
これ以上教師側でも騒いだり火消しに回れば
余計に不要な噂が広まるだけだと考え
この事は今後無視するようにいわれました。

噂はそのうち収まるだろう
ソレでなくても私はそのうちいなくなるのです。
しかしアキにはその後1年があるのです。
アキは私がいない間も猛勉強して必ずS高校へ行くと言っています。
私のいない1年間余計な事で辛い思いはさせたくありませんでした。

私は以後何を言われても無視で通しました。
卒業に向けての準備もサオリが何かと防波堤になってくれ
私は他の生徒達と余り関わらずに済みました。
アキは出来る限り私のそばに居たいだろうに学校では
私の言いつけを守り、私のそばにこようとしませんでした。

   そして 卒業式当日

私は音楽室に朝早く一人で来ていました・・・
見飽きたはずの教室と廊下 
気持ち一つでこんなに見違えて見える物なのでしょうか

「やっぱりここに居た」
「サオリ・・・」
ピアノの前に座ったところでサオリが入ってきました。
胸には卒業生がつける花をつけています。

「小学校の卒業の朝もサキちゃん音楽室でピアノ弾いてたから」
「はいこれサキちゃんのお花」
「2年生の子達張り切っててもう来てたよサキちゃんの分ももらってきた」
「つけてあげるね」
サオリは私の隣に来ると私の胸元に花をつけてくれました。
「サオリ御免ね・・最後に色々迷惑かけて・・」
「ん、そんなことないよ」
サオリは静かに首を左右に振る
「でも・・嫌でしょう?私みたいな(レズ)のが親友で・・・」
「私は気にしないよ・・それに私・・知ってたもん・・・」
「えっ?」私は思わず驚いて振り返る
「あっwサキちゃんがそんな顔するの始めてみたw」
「サキちゃんでも驚いた顔するんだねw」
サオリが無邪気にでも静かに優しく笑う
「私だって驚くことはあるわよ」少し憤慨する
「ふふふ・・うん・・そうだねごめん・・いつも私の前ではクールだから」
「ちょっとだけ嬉しくてw」

「・・・・・」
「・・・・」

しばらく見つめあう
「それにね私嬉しかったよ」サオリが言う
「何が?」
「うん、サキちゃん私・・あの時の恩返しが出来たかな?」
「あの時?」
「そう・・6年生の時の事」
「ああ・・別に良いのにそんなこと」
「ううん・・良くないよ私ずっと感謝してた。」
「あの時のことだけじゃないよサキちゃんが友達になってくれて」
「お父さんが居なくなっちゃってからずっと寂しかったから・・」
「家に遊びに来てくれるようになって、おばあちゃんもおじいちゃんも凄い元気になった。」

「本当サキちゃんと親友になってよかった。」
「ありがとうサキちゃん・・・」
急に胸を強いものが締め付けてきた。
「ん・・」
(わたしこそ・・)
(ごめんね・・こんな我がままで勝手な女で・・)
言いたいこと感謝したいことが沢山あったけどいえなかった。
こういう時、素直なサオリやアキが羨ましかった。

「私行くね・・他にもサキちゃんとお話したい子がいるみたいだから」
サオリが何もいえない私を察して立ち上がるという
「えっ?」顔を上げると扉の前にアキが立っていた。

「アキ・・・」
「ごめんなさい・・先輩の靴があったから・・・・・」
「アキちゃんサキちゃんをヨロシクネ」
サオリがアキの前に行き優しく抱きしめて言う
「えっ・・」驚くアキ
「サキちゃんの大事な人だもの私にとっても大事な子」
アキの頭を優しくなぜると
サオリは私のほうを見ないで音楽室を出て行きました。

「・・・・・」
ばつが悪そうに私をみるアキ
「そんなところに立ってないでコッチいらっしゃい」
「は、はい!」
たぱたぱと小走りで私のそばに来る
「学校じゃそばにきちゃダメって言ったでしょう?」
「ごめんなさい・・でも今日で最後だから・・・」
言葉をさえぎるようにアキの頬に手を置く

「そんなんで1年間やっていけるの?」
(それは貴方のほうじゃない?)
「S学校に行くんでしょう?」
(寂しがり屋はどっちかしら)
「はい絶対行きます・・・」
(絶対来るのよ・・・)
自分の中で心が叫びます。

  卒業式が始まりました。

卒業式は滞りなく進んでいき
一人ひとりの名前が呼ばれ校長先生による賞状の授与という
大詰めのところへ来ていました。

サオリが呼ばれます。 涙ぐむ生徒も増えてきました。
そこらかしこですすり泣きが聞こえます。
親友が誇らしげに賞状を受け取ります。
いつもは涙もろいはずのサオリ、TVなんかで感動物を見れば
いつでも号泣してる子なのに
今日はいつに無く堂々と口元は微笑んでいます。

花崎 サキ 
私の名前が呼ばれた瞬間明らかに一瞬会場の空気が変わりました。
(あの先輩だ・・・)(あの人だ)
かすかな空気ですが確かにそう感じるものが会場に一瞬で広がります。
先生達の顔がこわばります。

「はい」
こんな所で怖気づくわけには行きません
自分で選んだ生き方なのです。
アキも見ているのです・・アキのためにもここは堂々としなければ

足が震えました。元々目立つのは好きではありません
でも負けるわけには行きません
(私には何も後ろ暗いところは無い!)

賞状を受け取り席に戻ります。
安堵感から思わずアキの顔を捜そうとしてとっさにやめます・・
サオリが不安げに見ていました。
彼女には手に取るようにわかったのでしょう私がいつもと違うと

(大丈夫、心配しないで)
そんな気持ちで精一杯笑って見せました。

そして式は終わり

卒業生同士感慨深そうにしてる生徒や
泣きじゃくる女の子達
先生と話をする生徒
後輩達に囲まれる運動部の先輩
「卒業しちゃったね・・」
サオリがそんな生徒達を見ながら言います。
「そうね」

「あの・・・先輩・・」
アキが後ろに立っていました。
「アキ・・」
「先輩そ、そ、そつぎょううえええ」
言葉にならないようです。
ハンカチを取り出し涙を拭いてあげる
「まったく・・コレじゃあどっちが卒業かわからないわね」
「だって・・うぐ・・」

目ざとい生徒がもう私達を見つけて何か言いだしてます。

「先輩・・・」
「なに?」
「・・・・」涙をためたアキの目が訴えます。
「ばか・・できるわけないでしょう?」
「貴方にはあと1年あるのよ?」
あせります(この子は何を)
「いいえ構いませんここでして下さい」
「私は先輩の物です。その証をココでください」
「私に1年間戦う力をくだ・・」

素直な気持ちで体が動きました。
アキを抱き寄せます。
キャッと気がついた周りのギャラリーから声が上がります。

でも、私にはもうどうでもいいことでした。
時間にして一瞬のキスです。
アキを抱きしめてありったけの気持ちをこめて口付けました。
「姉から手のかかる妹へ餞別よ」
「利子は高いから必ず合格して返しにきなさい」

騒ぐ生徒たちを尻目にサオリと一緒に門をくぐりました。
「やっぱりサキちゃんは王子様だねw」
サオリの言葉が妙に誇らしい桜散る日のことでした。

卒業後直ぐにロンドンへ行くことになりました。
事前に住む場所や学校の手配は社長が統べて手配してくれたようで
私たち母子は自分達の身の回りの荷物を整理して梱包するだけで
あっという間に準備は終わってしまいました。

母は何年いるか解らないので今のマンションはとりあえず引き払うことに
私は1年後はS高校の寮にでも住む予定なので問題ありません

私の通う学校はロンドンでも有名な寄宿制のパブリック・スクール
普通パブリックというと公立校の意味合いが強いようですが
イギリスでは有名私立高校の意味合いが強いようです。

私は1年間の留学生と言う扱いになるそうです。
この辺はS高校への顔が利く父の権力が存分に働いているのでしょう

母は同じイギリス市内の高級マンションに社長とお手伝いさん数名での
生活のようです。
「家事しなくて良い」と喜んでいました。元々得意じゃないしね
母は一応秘書を兼任するとか言ってましたが
あの人でどこまでそんなことが出来るのか疑問でした。

ロンドンの寄宿生活は最初気が重いものでした。
英語の授業はそれなりに得意だったと言っても所詮中学生レベル
しかもイギリスは北部や南部などで微妙になまりがあり
最初はなじむのにとても苦労しました。
幸い超お坊ちゃまお嬢様が多い学校だったのか
皆とてもフレンドリーで親切にしてくれました。
特に男の子達は何かと私を物珍しがって付きまとうので
正直うんざりしたくらいです。

そんな中でも一番頼りになったのが
寮で同室になったエリーでした。
エリーはアッシュブロンドの目はグリーン
本当にお人形さんのような女の子でした。
何処かの由緒正しい一流企業の社長令嬢らしく
物腰は柔らかくレディのマナーが完璧な
まず日本には居ないようなタイプの本当のお嬢様でした。

マナーは勿論イギリス独特の英語は統べて彼女に教えて貰いました。
彼女も小さい頃からバレーやピアノをやってたそうで
私たちは話が合いとても仲良くなりました。

更にビックリなのがイギリスの学校はとにかくお休みが多い!
年間で4ヶ月近くがお休みなのです。

コレならたまに日本へ帰れると喜んでいたのですが
結局ソレは実現しませんでした。
なぜかと言うと夏休みは夏休みでエリーの別荘へ招待されたり
冬休みも結局あちこち招待され1年間みっちりイギリスにいることになりました。

とにかく見るもの聞くもの全てが新しく
私は驚くことばかりの1年間でした。

初めてスクール内で紹介された時は
皆興味津々で質問攻めにあいました。
「恋人はいるのか?」とか「好きなタイプは?」
など基本的な質問から始まり、とにかく男子も女子も積極的で
英語がまだ不安な私はエリーに助けられながら
次々とやってくる男の子女の子達を相手にさながら
それじたいが英語の特訓のようでした。

私が英語ができたならおそらくこんなに正直に自分の事を
話すことは無かったでしょう・・ある意味サオリ達と話す時よりも
自分の事について沢山のことを言葉にした気さえします。

しかしおかげである程度自分の言葉で話せるようになるのに
さほど時間は掛かりませんでした。
そうなってくるといつもの自分のペースが戻ってきます。
次々と興味本位なのか本気なのかわからない男の子達のデートの誘いを
断り続ける私に女の子達も「結婚しないとデートはしないの?」と言うようなジョークでからかうのでした。

中には熱烈な詩を作っては何通も手紙を送ってくる男の子も居ました。
夏休み前の学生主催のパーティではビックリするくらい立派な
バラの花束を持ってきた男の子もいました。
「グランマのバラ園でつんだバラだよ」とか言ってたと思います。
とにかく男性のアプローチがビックリするくらい
濃い・・・濃すぎるのです。
街をエリーと一緒に歩けばほぼ確実にナンパです。
挙句夢にまで出てきてうなされてしまい
ソレを見たエリーがみんなの前でその話をしたせいで
大笑いされてしまいました。
「男の子に言い寄られてうなされるなんて傑作だわ」
だそうです。

サオリにそんな話を手紙でしたら
「素敵ね!私もバラ欲しいなぁ?リースにしてお部屋に飾りたい」
とズレた返事が返ってきました。
もらった方は捨てるわけにも行かず邪魔で困るのだけど・・・

余りにたまりかねた私は実は日本に許婚がいると嘘までついて
その場を切り抜けるという苦肉の策までとったのです。
写真を見せろ!と五月蝿くいわれたのですが
「日本人は家族や恋人の写真なんか一々持ち歩かない!」という
とんでもないでまかせで逃げとおしました。
(今思うととんでもない話ですが)

アキとの手紙のやり取りは主に受験勉強への励ましが殆どでした。
アキはアキで私を心配させまいと、随分無理をしている様でした。
サオリとはたまに会って勉強の相談に乗って貰っているようです。
手紙の最後は必ず
「サキお姉ちゃんに早く会いたい・・」
となっておりたまに涙でにじんだままになっているのが
アキの精一杯の本音なのでしょう
そのたびに私もたまらなくアキに会いたい気持ちになるのです。

アキの手紙は本当に毎週のように届き
週によっては3通も来たことがあります。
あんまり頻繁に返せば逆にあの子はセッセと返事をよこすと思い
私はあえて2週に1度程度しか返信しませんでした。
余りに頻繁に手紙がくるので
エリーは当然日本のフィアンセと手紙のやり取りをしているのだと思ったらしく随分何とかいてあるのか誰なのかと興味津々で質問されました。
しかしあいまいな返事しかしない私に
決まって最後は「サキは秘密主義ね」と呆れられるのです。

さて女性が好きな私ですから、もしかするとエリーとの関係はどうだったのか?
そこを知りたい人がいるかもしれませんね
しかしご期待にこたえるようなエピソードは生憎ありませんw
エリーはとっても美人だったけど残念ながら
恋愛の対象にはなりませんでした。
なぜってまずエリーも結構な身長でモデルさんみたいな子なのです。
早い話が私の好みじゃないわけです。

レズだからって当然女性なら皆対象になるわけではないので
なんとも無い相手なら裸だって別になんとも思いません
そもそも自分ので見慣れていますからね
エリーもシャワー上がりに殆ど半裸で室内を歩くこともありましたが
別に何も感じませんでした。綺麗でしたけどねw
あ、絵には描きたかったな・・頼んでみるんだった。

そうするうちに半年があっという間に過ぎ夏休みです。
すっかり学校の皆とも打ち解けて特に仲の良いメンバーで
エリーの別荘でバカンスです。
この頃になるとエリーの仲介が無くても
自然に会話が成立するようになっていました。
このまま何事も無く1年間が過ぎ楽しい思い出だけで日本へ帰れる
そんな風に思い始めていました。

しかし事件がおこったのです。

バカンスへ来たのはホストのエリーと女友達数名
その彼氏の男の子とその友達数人、その中にマークが居ました。
マークはブロンドでブルーの目で背も私より高い185cm
学校のラグビー部のクォーターバックをしてる
ガッチリした体格の超イケメンです。

このマーク・・私の何が気に入ったのか・・と
私をしつこいくらいに口説いてくるのです。
私も仲間内だし女の子友達の彼氏の友達なので
気を使って適当にはぐらかしていたのですが
多分そんな中途半端が良くなかったのだと思います。
当時の私は男性に対しての経験が余りにも無さ過ぎました・・・

長いバカンスも終わりに近づいた頃
その日も夜遅くまで皆でゲームをして盛り上がった後
カップル同士や意中のもの同士でバラバラになり始めました。

私はエリーにお休みを言い
自分の部屋に戻ろうとしていたのです。
そこへマークがやってきたのです。
マークはバカンスの間あの手この手で私を口説こうと必死でした。
「サキちょっといいかい?」
「何?マーク私もう眠いんだけど・・・」
私は眠くなると機嫌が悪くなるのです。
「どうしてそんなに冷たいんだい?」
「マーク貴方は良い人だけど私恋人がちゃんといるのよ」
「解ってるよ、でも別に良いじゃないかコッチに居る間だけでも」
「私はそんないい加減な女じゃないわよマーク」
「サキ君のことが好きなんだよ」
「ごめんなさいマークとにかく今日はもう休ませ・・」
食い下がるマークを無視して扉を閉めようとした時でした。
マークは急に扉を力任せに引くと部屋に入ってきました。
そして私を強引に抱き伏せたかと思うとキスをしてきたのです。
「いやぁあああああああああああああ!!」
男と・・・キスされたと思った瞬間意識が遠のいていきました。
思えば男性にこんな力で抱きつかれたこと自体始めての経験でした。

気がつくと私は自室のベットに横になり
エリーや女の子達が心配そうに私を見つめていました。

「気がついたのね・・良かった・・」エリーが安心したように言います。
「わたし・・・」声が震えています。
声だけではありません・・足が腕がガクガクと震えていました。
「可愛そうに・・よっぽど怖かったのね・・」
「もうマークの奴最低!」
女の子達が怒り心頭に口々に言います。
「凄い悲鳴がしたからみんな直ぐに駆けつけたの」
「そしたらサキが気を失ってて・・」
「マークはキスしただけだって言ってたけど」
「本当?キスだけだったの?」
「酷いことされなかった?」
皆の言葉を聴いていると実感がわいてきます。
(ああ、夢じゃない・・・)
じわじわと涙があふれてきました・・・
「やっぱりもっと酷いことされたのね!」
「許せない!」
「ち・ちがうの・・ごめんなさい・・」
自分が情けなくなりました。
「私が・・・悪かったのよはっきりしないから」
「マークに勘違いさせたのかもしれないわ・・・」
「私はもう良いから・・皆心配かけてごめんなさい」
「そんな、サキが謝ることないのよマークにはキツク言っておいたから」
「うん・・でも本当もう大丈夫だから・・・一人にして・・」
震える手を震える手で押さえながら私はそれだけ言うのが精一杯でした。

結局ソレがショックで体調を崩し
残りの夏休みはエリーの別荘のベットの上で寝てすごしました。
ちょっと強引にキスされたなんて
本来そんなに大きな事件ではなかったかもしれません
しかし私の心は確かに大きく動揺していました。

余りに私の様子が可笑しいため
女の子達はマークが私をレイプしたのではないかとしきりに
私に聞きに来ました。
「大丈夫?何かあったら私の家の顧問弁護士を紹介してあげる」
このままでは大事になると思い私は女の子達には
自分の秘密を打ち明けることにしたのです。

まさか明かす気など毛頭なかった秘密をこんな形で話す事になるなんて
つくづく自分のこの性を恨みました・・・
私が実はレズビアンであること・・
生い立ちから男性へ絶対的拒絶感があること
日本にいるのは恋人であることアキのこと
私は生まれて初めて素直に自分のことを話しました。

皆静かに聞いてくれました。

「秘密にしててごめんなさい・・」
最後にそういった私を
エリーは何も言わずに抱きしめてくれました。

一番嬉しかったのはエリーは私がそうだと知った後も
普通に接してくれたことでした。
シャワー後の半裸も相変わらず
「サキにサービスよ」なんてジョークを言われて参りましたけどね
女の子達も今までどおり・・ちょっとだけ警戒されてる気もするけどw

マークにはその後ちゃんと謝って
そのあとキッチリふりましたとさ

夏休みの一件で
女性陣とは公私共に良好な関係を築くことができました。
男性のアプローチは夏を過ぎても相変わらずありましたが
エリーたちが旨くガードしてくれたので随分楽になりました。

そんな頃から少し不安な事がありました。
夏を過ぎた頃からアキの手紙の頻度が少しずつ少なくなっていったのです。
前は週に1度は来ていた手紙が微妙に遅れがちになってきたのです。

手紙自体には「受験で忙しくて塾にも行くようになった。」と言うようなことが書いてあったので一抹の不安を感じつつも
その時は気にしていませんでした。

私自身もロンドンでの生活が楽しくなってきた頃で
不安を感じつつもそこまで気に留めていなかったと言うのもありました。

さてロンドンにも慣れ言葉の壁も克服した私は
この頃から女友達の紹介で街の花屋さんでアルバイトを始めました。
と言っても簡単な仕事ばかりでしたが
自分で働いてお金を稼ぐことは新鮮で充実した毎日でした。

そんなバイト先で知り合ったのがパティでした。
パティは花屋さんのご主人の姪っ子の11歳
家の仕事である花屋をよく手伝う
栗色の毛をおさげにしたブルーの瞳の女の子です。

パティはとても大人しい女の子で
最初は恥ずかしがって中々話をしませんでしたが
近所の男の子にからかわれているところを私が助けてから
とても良くなついてくれました。

アキに似てとても素直で一人っ子だったせいで
お姉さんに憧れがあったようで毎日学校が終わると
真っ先に私の所へやってきて色んなことを私に話して聞かせてくれました。
そんなパティが可愛くて私も随分楽しいアルバイトでした。

「ねぇサキ、サキはキスした事あるよね?」
パティは恥ずかしそうにしながら聞いてきます。
「まあね、パティはどうなの?」
「私はまだ・・・でもお隣のターニャはもうHもしちゃったんだって」
「へ、へぇ?凄いわね」
「パティはキスに興味があるの?」
「うん・・でも私・・ブスだから・・」
パティはシュンとして言います。
「私もサキみたいな美人に生まれたかった。」
「あのいじめっ子に言われたのねw 大丈夫パティも相当の美人よ」
「でも・・・ジョンってばいつも言うのよお前はブスだって・・」
「ジョンは貴方のことが好きなのねだから虐めたくなるのよ」
「男の子にはよくあるのよ、気にしないでパティそのうちもっと美人になるわよ貴方は」
「サキ優しいよね、私サキ大好き!」
「私サキがお姉さんだったら良かったのに」
パティは無邪気に抱きついて頬にキスしてきます。

「私もパティみたいな妹ほしかったなぁ」
「本当?!」パティの顔がひまわりみたいに笑顔になります。
「じゃあ私たちは今日から姉妹ね!約束よ!」
パティがぎゅっと抱きついてきます。
「うん、約束」

その日からパティは本当に私を姉のように慕ってくれ
お別れの時は空港まで来て
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード