mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2020年04月

30 4月

レンタルビデオ店員

やっぱり あそこに書き込むのはやめておきます。
前スレ全部読み直しました。
相談する前にやらなくてはいけないこと・・・
母親にお金を借りて興信所を利用します。
ピンポイントで依頼したいので嫁の携帯の隙をつきたいなと
思っています。まぁ子供がいないので他の人より気持ちが楽かな。
興信所を利用していろいろわかってから来ます。
ひとつだけアドバイスをお願いします。
ときどき嫁が思い出したように甘えてきたり、ベットで手をつないで
きたりするんですが白々しくてそれが苦痛です。
一応 笑顔で返したり手を握り返しているんですが顔にでているんだろうなぁ。
平常心でいるっていうことは難しいですね。
妻と別々に寝たい気分です。
前スレ908です。結果は黒でした。興信所を使うつもりでしたがいろいろ
あって友人に助けてもらい本日ラブホで確保しました。

俺31歳 嫁29歳 間男29歳フリーターレンタルビデオ店員
嫁と間男の関係 学生時代のバイト仲間
1.決定的証拠 本日(木曜日)友人、友人嫁とでラブホで捕獲
2.調停・裁判に向けて詳細な記録 しまった!特にしていなかった。
3.間男情報は取得済みか 運転免許証より住所氏名を取得済み
4.嫁、間男に対する制裁 もちろんするつもり
5.離婚、再構築の意志 さっきまで100パーセント離婚だったが今は半々
6.財産を押さえているか 本日確保した。
7.慰謝料、財産分与、親権等の方向性 今は考えられない 子供はいない
最初に・・・ 1昨年 嫁の卵管異常のため人工授精 3回チャレンジしたがだめでした。
3回チャレンジ後、彼女はまた再チャレンジ希望 俺は子供についてはもういらないと
思いましたが貯金して再チャレンジすることに同意。
嫁 フルパートにて働き始めるも上司のセクハラにて2ヶ月にて退職
現在アルバイトで週3日出勤 人工授精については棚上げ状態

疑惑の始まり(後から思うと)
 昨年10月ごろ 伯母よりお前の嫁を〇〇市の〇〇で見た。若い男性と仲良く
しゃべりながら歩いていたと電話あり。服装の特徴から嫁だと思った。
あとで 嫁に(場所を言わず)なんであんなところをあるいていたん?と聞いた。
えっ どこどこと言いながら慌てていた。あぁ 服を買うために〇〇まで言ったよ
なぜかパチンコがしたくなって入ったら高校の同級生がいてお茶したよ。
パチンコ初めてだったから8000円ぐらい使ちゃった。御免なさい。もうパチンコ
はやらないよ。
その他の疑惑 
 いつも携帯を持っていて手離さない。お風呂・トイレにも携帯を持っていく。
 携帯電話にロックがかかっている。
 女友達とカラオケに行って今日は遅くなったと発言(先週木曜日)→今週火曜日
 に仕事帰りに偶然 スーパーで嫁友人に会う。嫁は最近何を歌うの?と聞く。
 最近?最近忙しいから先回はいつだったけ?という返事 その他思い当たるところがあり木曜日が怪しいと思いました。
本日ラブホにて捕獲に至った経緯(今の時点では昨日)
 本日 起きたら嫁が珍しく朝風呂に入っていました。携帯は充電中でした。
 ロックの解除を試みる。嫁の誕生日を逆から打ったらあっさり解除。きっと
 神が俺を哀れに思ったんだなぁと思いながらメールをチェック 佐藤ひで 
 と名前がひらがなのメールを読む。内容は要約すると予定変更だよ ○○(地名)
 に新装のラブホ評判いいよ。○○公園もあるし それといつも駐車するところ
工事中で入りにくいので○○の第二駐車場にて・・・
 PCで検索 新装で該当するラブホの住所 電話番号を記入 嫁風呂から上がる。
 なんで朝風呂に入ってるのと聞く あんたが遅くまで起きてるから寝れんかった
 頭 すっきりしないから あなたも入ったら 気持ちいいよと返事が。
 今日は何処かいくの?と聞いたら友達と遊びに行くという返事
 俺 今日早いからと言って 友人宅に電話 車を貸してくれと頼む。
 事情を話すと 俺も休むという返事。彼の家まで車で急ぐ。
結局ナビがついていないからという理由で彼の嫁さんの車で・・
 友嫁の運転で○○第二駐車場へ それからしばらくして嫁の車到着。
 間男の車に乗り換え○○市方面へ走り出す。途中コンビニに寄る。
 友嫁コンビニに付いていく。弁当、飲み物、お菓子をかっていた。
 再び○○方面へ 弁当を買っていたので○○公園にいくのかなぁと
 思ったら左折せずまっすぐ進む。ラブホへ向かうみたいだ。
 でラブホ駐車場についたら腕を組んで歩き始めた。俺は頭に血が上り
 ラブホに入ったところで おまえら!いいかげんにせいよ!と怒鳴る。
 嫁の驚きようといったら・・・

 結局 近くの茶店で5人で話をする。俺は頭に血が上ったまま。
 最近付き合い始めたような言い方をするので、お前が10月以前
 から不倫をしてるって知ってるぞ!相手が誰だか分からなかった
 だけで!(いわゆる はったりです 興奮していたので・・)
 嫁泣き出す。間男も下を向いて否定せず。
 嫁と間男の関係ですが、学生時代のバイト仲間で、レンタルビデオ店で
 再会。間男がもうすぐ仕事が終わりだからコーヒーでも飲もうよ
 と誘ったのが最初。それから数回会って間男がラブホの駐車場に車を
 止めたのでちょっと押し問答 結局ラブホに入っていったということ
 だそうですが(これは家に帰ってから嫁に聞いた)
免許証にて住所氏名をメモして間男開放。
4人で帰路だったんですが後ろの席で俺と嫁 嫁はごめんなさいといいながら
泣いているし、俺は本当は前の席に座りたかったのですけどね。
彼の家によって車に乗って第二駐車場へ
家に帰る途中バックミラーを見たら嫁が電話してるじゃあーりませんか。
家に着いて早速 お前 間男に電話してただろう!口裏あわせかというと
さっきさよならを言ってなかったから電話したとのこと。(うーん)
ここから俺が本格的に逆上しちゃっていろいろ罵声を浴びせてしまいました。
本当はいつからだから始まり、おまえら生でやってたんだろうとか(嫁否定し
ないぜおいおい!と心の中でつっこみ)その他いろいろ 結局ただ御免なさい
許してとしか言わない嫁。
当然離婚するしかないね。
嫁は離婚はいや 本当に悪いと思っているよ 反省してるよと言いながら
泣いていました。
最近ベットで白々しく手を握りやがってとか勢いにまかせてしゃべり続ける俺。
最近冷たい目で私をみるから関係を修復しようと思って とか訳のわからん
言い訳をする嫁。お前が不倫してるから当然だろ。
しまったぁ 市役所の前を通ったとき離婚届もらってくればよかったといったり
してしまいました。
結局今日のうちに 嫁実家に行って事情を話そう 今から行くぞ!といって
車に乗ろうとしたら俺の助手席に座ろうとしやがる。お前みたいな汚いやつ
助手席に乗せたくない自分の車で行け。
俺は心のちっちゃい奴と思いながら

さすがに眠くなってきたので後は尻つぼみで・・・
嫁の両親に成り行きを話し離婚をするつもりだと宣言。嫁は俺を愛してるから
別れたくないといわれました。嫁父よりちょっと待ってくれ
といわれとりあえず保留
間男は俺より背も高くていい男 準イケメンといったところかな。
嫁実家で録音したのを再生したら 俺の声だけ大きくてあとはぼそぼそしゃべって
るて状態でした。
読み直してコピペ貼り付けを多用したので順番等や誤字脱字があるかもしれません。
寝る。 誤爆したということでよろしく。

ついさっき起きました。恥ずかしながら・・携帯の件ですが、確保しておりませんでした。
さっき嫁に電話して履歴を消すなよと言って置きました。今の気持ちは離婚と再構築 半々ぐらいと
嫁には言いました。昨夜、嫁実家に置いて来てるんです。書くのに夢中で俺の母親にも電話入れてませんでした。
今朝、母親に電話入れました。子供を生めない女うんぬんと言ってました。
話が長くなりそうなのでこちらから切りました。まぁ今日は遅刻していこうかなと・・・
ほぼ毎週木曜日に逢っていました。木曜日に逢えない日は月曜日みたいな・・
さて なんか食べて仕事に行くかな。

いって置きました。一応携帯のメールはチェックしましたがほぼ毎週木曜日に逢っていました。
木曜日な逢えない日は月曜日に逢っていたようです。
皆様 アドバイスありがとうございました。
また このスレに投稿してしまったこと お詫び申し上げます。
今、嫁は俺の家にいます。着替えを取りにいきたいと電話があり
夜 来るように言いました。ガサガサ 鬱陶しいのと昨夜は俺ばかり話して
彼女の話(言い分)を聞いていないため今夜はここに泊まっていけと言いました。
明日にでもゆっくり話をするつもりです。
また gdgdしてるばかりでは、何も解決しない、積極的に
動こうと思えばなんとかなるんだなぁと改めて感じました。
また 何かありましたら スレ違いにならないような場所に
投稿いたします。本当にありがとうございました。

30 4月

夢を捨てて田舎に帰ってきたものの・・・

えっとまず馬鹿なんで文才無いんで読みづれーよって人は叩きまくって下さいね
俺の地元はすげー田舎なんだよね。マクドもないし、セブンも最近やっとできたんだ。DQNも多い。
俺はちっちゃい頃から変な奴で友達も居なかったんだよ。で、ハマったのはギターなんだけど。

小、中と友達も近所の幼なじみ二人位しか遊ぶ奴いなくて、学校がすんげーつまんなかったよ。
高校は地元の公立に落ちたんで隣町の私立に行き、バンドしてたよ。色恋は一切無し。童貞、チューなし。
バンドメンバーは幼なじみで構成、SとT。

登場人物多いんですんません。削ると嘘っぽいかなと思いまして。
やがて卒業になってやっぱり音楽で食っていくなんて甘ーい考えで東京に行ったんですよ。一人でね。
SとTは地元で就職が決まり『頑張れよ、お前ならやれるさ』なんて言ってくれました。

東京に着いて最初はバタバタしてましたがスゲー楽しかった。建物は高いし、人なんか地元の祭りより多いし、歩くの超早い!
そんな暮らしをしながらライヴハウスを回ってバンドメンバーを探しました。
出会いは省きますが《涼》と言う男に出会います。

涼はベースを弾いてたんだけどピアノもできてセンスをスゲー感じたんだよね。涼も俺の事、『下手糞なんだけどやろうとしてる事が一流だなぁ。下手旨だね』と、すっかり意気投合。
そのまま涼の知り合いのドラムが入り3人バンド結成 で俺たちの青春発動。

バイトはパチ屋。金も時間も満足したし、何より楽しかった。なんか都会の人ってだけで緊張してたから接客がウケてたみたい。常連の年寄りからいつも食い物もらったり、勝った時は飯を食わしてくれたり。
ウチで働けよーなんて土方の親方に誘われたり。

ある時、Sから連絡があって『結婚するから式でてくれよ。』って。
バイトに休み貰って、涼に言って地元凱旋。
式はスゲー感動した。彼女も普段キューピーみたいな顔してんのに、可愛かった。
二次会行って高校時代には話をしなかった奴とかも話したりして楽しかったよ。

次の日に昼頃起きたら横にTが寝てた。
『なぁ〇〇。いつ帰るの?東京に。』「一週間位いるよ、久々だし」『パチンコイカネ?』「別にええよ。」と、近所のパチ屋へ。
店の規模もショボく店員の態度もなってない。大都会勤務の俺は見下しまくった。

二人ともトントン位で帰る事にしたんだが、俺はそこで後の修羅場相手《理恵》に出会う。
彼女はカウンターで愛想よく接客をしていた。スゲー可愛い。ハイ、一目惚れです。笑うと笑窪がチョコっとでて…最高でした。

オイラは東京に帰るまで毎日通った。あーキャバ嬢にハマるオッサンの気持ちわかるわーって思いながら。
愛想は良かったんで直ぐに話せるようになった。暗い性格の俺が気軽に話し掛ける様になったのは東京のおかげだ。というか、地元の人間を見下す性格になってしまった。

ご指摘ありがとう。初めて書くんですいません。まぁココまで書いたんで省いてもいいんですがどうしましょう?         オイラの好きにしていい?

了解しますた。みんなも後で読んでもらえるといいかもしれんです。

俺が東京に帰る日、新幹線は午後二時。朝番で居てくれと祈る気持ちで店に行くと彼女は居た。スゲー笑顔でこっちみてる。俺は真剣に真顔で「俺、もう東京に戻るんだ。で、理恵さんの事スゲー好きになったんだ。嫌だったら捨てていいから。」と携帯番号渡して店を出た。

新幹線の中でドキドキだったよ。初めて告ったし、彼女の返事も聞いてないし。
その日は電話なかったよ。次の日もその次も。
暫らく落ち込んだけどそんなに深く関わった訳じゃないんで直ぐに気にならなくなったよ。
それからはバンド一本!
の…つもりでした。

ドラムの奴は涼が居ないなら意味ないって消えてった。帰って凹む俺。やる気0でぼーっとしてた。
理恵に電話して話すと『会いたいなぁ。』と言った。俺は地元に帰ろうと思ったが音楽をあきらめきれなかった。夢だったし。

が、理恵の言葉に負けて地元に帰る事に。俺の中では全てを捨ててお前を選んだって気持ち。で、帰郷。
その日に改めて告白。んで、チューした。五日後にはHしてすんごい愛しあったよ。何事もななく半年がたった。

が、何もなくと俺が勝手に思ってただけだった。初めての恋愛で女の嘘は見抜けないです。
ある時SとTが市内を夜中徘徊してると理恵と俺達のイッコ上の奴とラブホに入ったと連絡してきた。

「あいつ今日親戚の家に行くっていってたぞ?」
そういえば俺が東京にいるときから電話出ない日もあったし、帰ってきてからもなんかソッケない感じがした。「悪い、場所教えて。俺も行くわ。」

地元に一個しかない汚いホテル。その影で男3人が見張ってる。俺はビックリする程冷静、Sは馬鹿で脳まで筋肉みたいな奴なのでノリノリTは頭がキレるやつなので黙って見てる。
二時間位してシルビアが出てきた。助手席は…理恵だ。

S『おいっ!追いかけようぜ!シバキ倒そうぜ!』 T『〇〇、どうしたい?お前がしたいようにするぞ?』
俺は絶望したよ。音楽が大好きだった。東京が大好きだった。でも全て捨てて帰って来たのに、浮気?

そう思うと憎しみしか残らなかった。すぐに追い掛けてもう殺す!位の気持ちだったよ。そしていざ行こうってなったときSに電話。町一番のスーパーDQN。拘置所からでてきたばかりのできれば関わりたくない3コ上の先輩。

Y『あっS?何してんの?暇じゃけぇ遊ぼうやぁ』 S『あのー〇〇ってわかります?そいつの女が浮気しよったんで、今からその男ボコリに行きます』
Y『マジで?俺も行ってええかの?場所ドコ?』
あー馬鹿。参加する気満々じゃんかぁ。

とりあえずできたばかりのセブンに集合。5分位すると竹ヤリマフラー四本出しマジョーラカラーの馬鹿丸出しクラウンがやってきた。Y『おー〇〇君、災難やったなぁ。まかしとけ、お兄さんが懲らしめたる。』えっと頼んでないんですけど。

「先輩すんません。見失ったみたいやし、現場押さえて吐かせんとしらばっくれたら嫌なんで今日は…」と言うとスゲー不機嫌になりましたが、Tがなんとか話てくれて、また後日となりました。その日は携番交換で全員帰宅。

帰ると涙が出てきて馬鹿馬鹿しくなってきた。今でも後悔してる。あのアマ地獄みしたると、恨みながら寝た。
次の日から電話に出ない、友達と飲みとか理恵が言う日は毎日彼女の家の前で見張った。

暫らくは何もなかったが遂にその日はきた。理恵は親戚の家に行くと言った。
なんか直感で全員に連絡。但し、Yさんは目立つからSの車で来てくれと言った。10分後、全員集合。皆で見張ってる事3時間位。シルビア登場。理恵、周りを警戒せず乗る。

二人を乗せたシルビアは隣町のチョイ栄えたとこのファミレスでご飯食べてる。Y『〇〇君。もしラブホ行ったらもう許さんのやろ?俺無茶苦茶するで?つーかあの男、俺の後輩なんやけど、前から態度気に入らんやったんよ。ええんやな?』

「もう、どうでもいいです。ただ女は俺に任せてもらえますか?」
と言うと満面の笑みでわかった!と言いました。
Sはコンビニにミニカーを買いに走って行かされました。何をしようとしてるのかわからずその時は不思議でした。        Y『チョロQかい!!』 S叩かれてます。

二人が出てきてそのままラブホ直行。バレないように尾行。二人は部屋に入ります。一時間経過。
Y『よしゃっ。〇〇ちゃんラストコールしたれ。』
訳わからず電話すると中々でません。切ろうとすると繋がったので話すとすごく不機嫌そう。

『何?今忙しいんだけど』「あーごめん。もう親戚の家着いた?」
『着いた。てゆうかもう寝るから明日電話するわ』
「そっか。わかった。オヤスミ、愛してるよ」
『あ?うんおやすみー」
マジ、許さねえ。

Y『どぅ?最中やったかね?声とかどーやった?』  「んんー多分。」
するとYさんは誰かに連絡してた。ラブホの場所と何かの金額を聞いてた。
暫らくして…ん?レッカーが来た。するとYさんは普通に話してる。シルビアに指差しながら。

どうやらYさんの悪友のようだ。するとYさんはこっちにきて車で待っとけと。三人で様子をみてると、イキナリガラス割ってワイヤー通して車吊り上げてレッカーに乗せて二人で消えてった。Sは爆笑だったが俺とTはかなり焦った。

Yさんは暫らくして戻ってきた。シルビアがあった場所にチョロQを置いて。
『道言うけぇ車出して』
山を登るとYさんの悪友の仕事場がありスクラップの車が沢山あった。
「さっきのシルビアは?」そうきくとガシャーンってすごい音がなった。

すでにシルビアはユンボの餌食に。原型とどめず。
それやりすぎだろうと思ったが。あん時は冷静じゃなかったよ。
そこから少し登るとさっきのラブホが見える。
そこでそのまま様子を見ることにした。Yさんは疲れたとか言って寝ました。

明け方、二人が部屋から出てきた。立ち尽くしてる。ほんと、ポカーンってカンジで。すると何故かYさんに電話が。
間男『Yさん!大変ッス!Yさんのシルビアがパクられました!』
Y『あっ!?場所どこじゃい!』
Sだけ爆笑、俺意味わからず。

どうやら今のクラウンの前に乗ってたのをあげたようだった。だが名義はまだYさんのまま。
俺達はファミレスで飯食って1時間位して現場へ。
Y『俺だけ降りて話してくるから、頃合いみて出てこいよ』と言って行った。

理恵は隠れてるようだ。言い合いみたいなカンジになって間男が土下座してる。
そこへ、理恵が庇うように出てきた。俺出陣。
理『はっ?えっ?なんであんたここにいんの?』
「お前の親戚は愉快やのー」とハイキックを入れました。

肩を狙ったんですが屈んだので顔に当たり口から血がでてます。俺がすかさず
「何?あんたこいつと俺が付き合ってるの知ってるよね?」と間男を殴りました。二人してすいませんとか言ってたんですが、途中からお互いが、喧嘩しだしました。

二人ともなんだか見苦しかったのでTが落ち着かせて話をゆっくりききました。・理恵はシルビアと昔付き合っていたが、別れても週1でヤッテいた事。
・今は、俺と付き合ってる事もシルビアは知ってた。・後輩にとられたみたいで悔しくてやっていた。

理恵は泣き崩れどひたすら謝っていたが無視した。
Yさんが最後にとどめ。
『車はお前にあげたもんやけぇしらん。ただ〇〇は俺の大事な後輩。二度と顔みせるな。県外でもいけば?せれとここに来る時スピード違反で捕まった罰金とガス代を払え』

最初は何か言いたげでしたが相手がYさんなので渡してました。土下座して色々謝ってましたが無視して帰りました。
その金をYさんは悪友に渡して帰りました。
山に登り二人を見てると喧嘩してました。それを四人で笑ってみてました。

後日、理恵が家の前で待ってました。家には入れず近くの公園で話しました。
理『私が好きなのは〇〇だけ。これだけは信じて欲しい。彼はもう県外に行ったし着いていってないでしょ?あの日だって本当は無理矢理連れて行かれたの。もう〇〇を裏切れないって』

嘘で固めた言い訳を必死に考えたんだろうなぁと思いながらフンフンと聞いてました。それでも理恵は続けます『ホントにHはしてない。本気で嫌がったから。手ではしたけど。ごめんなさい。でも好きって事は信じて!』俺は冷静に話しました。

「あのさぁ、前に一度地元のラブホに入ったとこ、見てるんだよね。で、あの日からお前の事、ずっと見張ってんの。だからあの日ノリノリでドライブしてホテルに入るまで見てんの。わかる?シルビア、なんでなくなったんだろうね?」

理恵顔面蒼白。人が震えるの初めてみたよ。最後に、『お前、結構無事でよかったじゃん。普通に俺に話し掛けてるし。でも、次はないから。もう話す事ないから消えてね。顔見せたら何するかわかんね』と、言って帰りました。

それから理恵は見てません。多分県外に出たと思います。後、涼は工場で事故にあい、左半身不随の体になり入院してます。時々連絡とったりしてます。やっぱり音楽しとけばと後悔したっていってました。
Yさんの家に行くとテレビの上にシルビアのエンブレムがありました。終

長々とすいません。2ちゃん初心者なんで。    一応事実です。削らなければもっと長くなってたと思うんで省きました。
みなさんの意見、ありがとうございました。

沢山の意見ありがとう。
簡単にまとめれる頭がなくてすんません。
最近の事もあったんですがもう辞めときます。
スレ汚しスマソ。
30 4月

新幹線

新幹線に乗った時の話です。露出とはちょっと違うかもしれませんが…
洋式トイレに入ろうと思ってドア開けたら、
男の人が目ぇつぶっておなにー中でした。鍵かけ忘れてたみたい。
ヤベェ!と思って見なかったフリしてカーテン付いた洗面台に隠れたました。
カーテンの隙間から見てたんですけど、
新幹線のドアって手動じゃなくてスイッチで電動で開くからとっても静音w
電車の騒音もそれなりにあるせいか、
その男の人、気づかないでずっとシコシコやってました。
しかもあのドアって「閉」押さないといつまでも閉まらないんだwww
もう扉全快でオナニーにふけってる姿丸見えです。こっちが恥ずかしくなっちゃいました。

新幹線のトイレって車両の連結部分?みたいなところにあるので
何人か人は通ったんですが、その男の人は全然気づかないんです。
でも、チラチラ見てるうちに、男の人のおちんちんがだんだんおっきくなってきて
なんだか興奮してしまいました。
自分でも大胆な事しちゃったな、と思うんですが
通路に人がいなくなったのを確認して、洋式トイレの個室に入り込みました。
私が入ったところでその人はやっと気づいたらしく
物凄く驚いた顔で立ち上がってズボンをずり上げようとしてました。
私は、個室に入って扉を閉めてから、
わざとらしくそこで初めて人が入っていたことに気づいたフリをしました。
私「イヤッ!!」
男の人「あっあっ…あぁぁ…!」
私「やだー!こんなとこで!信じられない!!何してるんですか!」
男の人「すみまっあの…ごめんなさい!ごめんなさい!!」
私「今オナニーしてたでしょ!!」
男の人「あのすみません!出ますから!」
でも扉のところで私が立っているので男の人は出られません。
私はわざと男の人に体がぶつかったふりをして、
まっすぐに立ってるおちんちんに下腹部を押し当てました。
私「あっ!!ナニコレ!」
男の人は焦っていたのか、パンツをずりあげきれていなくて、
直に私の服におちんちんが触れました。
先が濡れていて、少し私の服から粘りの有るお汁が糸を引きました。
私「あっ…ヤダ……」
そういいながら、(あくまでやめてください!的な態度で)おちんちんを握りました。
男の人「あっ…!」
男の人は驚いて腰を引こうとしましたが、私は手を離しませんでした。
私「カチカチじゃないですか…いつもこんな場所で、してるんですか…」
そういって手を前後に動かしはじめました。
男の人「ちょっと、やめてください…」
私「でも…ほら、どんどんかたくなって気持ちよさそうなんですけど…」
男の人「やめて…あぁ…ああぁぁ…」
男の人も、ラッキー(と思ったかどうかはわかりませんが!)とばかりに
私に身を委ねてきました。
おちんちんの先からどんどんお汁があふれてきて、
手を動かすごとにくちゅくちゅ音がなりました。
男の人「あぁ…気持ちいい…」
そういいながら、ヤレると踏んだのか、私のスカートの中に手を入れてきました。
正直、私はその人を手でイカせてイタズラしちゃおう、くらいの気持ちだったので
びっくりしちゃったんですけど、下着の中はグチョグチョだったので、反抗する気持ちは起きませんでした。
男の人「あ?…すっごい濡れてるよ…」
私の耳元でささやきました。
男の人「エッチしたかったの…?」
私「イヤ…」
そういいつつも、私は男の人のなすがままに足を少しずつ開きました。
太い指が私の中に入ってきて、ゆっくり、ゆっくりピストンしはじめました。
私「あっ…あ、んん…」
男の人「んん…?どうしたの?」
私「もっと…」
そういうと男の人は指をいきなり3本入れてきました。
私「んんんっ…!」
ちょっと痛かったのですが、ゆっくり、舌で舐めるようにヌルヌルとピストンをするので
すぐに気持ちよくなってしまいました。
私「はぁ…あ…あ…あ…もっと…あっ…太いのほしいです…」
男の人「これ…?」
いきなり、熱くて硬いおちんちんを私のおまんこにすりつけてきました。
バックから、素股の状態で、ゆっくり腰を押し付けてきます。
すごくヌルヌルの状態だったので、とにかく気持ちよくてそれだけでイってしまいそうでした!
でもそこで終わっちゃうのはイヤだったので、
私「あぁ…あん…あっやっ…入れてっ…あっおちんちん…入れて…お願いっ…」
とおねだりしました。
男の人はそれ以上何もいわず、いきなり私のおまんこにおちんちんを突き入れてきました。
私「っあ…!!」
すごく熱くて、おまんこの中が圧迫感でいっぱいになりました…
もういきなりすごいピストンでした。
ドアはガタガタするし、外に声が聞こえるかも…と思いましたが
むしろその状態に興奮しってしまって、いっぱい声を出してしまいました。
私「あっあっ!あっ!あっああっスゴっやん…おっきぃいいい…!!」
気づくと私はお尻の穴まで見えそうなくらいお尻を突き出して足を開いていました。
私「あ?…い、い、いぃぃい…!イク!やっだめ!まだ…イキたくない!や!あっ」
男の人「あ??スゴイ、いい、イイ、閉まる、閉まるよ、あっイイっ」
そういってピストンしながら、私のお尻の穴に指を入れてきました。
私、実はアナルセックスもすごく好きなんで、両方の穴から攻められるとほんとに気持ちイイんです…
膣がさらにぎゅっと圧迫されるのを感じました。
私のおまんこのお汁で、ヌルヌルになった指がお尻の穴に出たり入ったり…
私「あっお尻!イイ!あんっんっんっもっとあっあっあ?!あ??!!」
男の人「すっごいキツ…!あっお尻入れるよ、入れるからね…」
そういうと、ズルっとおちんちんを抜いて、お尻にさきっちょを押し当てました。
私「はっ…あ…っぁうう…!」
さすがに一気に挿入は出来ませんでしたが、ぐいぐいと少しづつ押し当てて、
ゆっくり私のアナルにおちんちんを突き刺しました。
男の人「あぁ?…すぐイク…!!」
私「キツい…!あ……抜いて、おねが…ぁっぁあ…」
アナルをピストンでかきまわされ、気持ちよすぎてヘンになってたかも…
私は自分でクリちゃんをいじって、男の人の指は今度はおまんこに、
もういろんなところからぐちゅぐちゅmズチュズチュ音がしました。
私「はっぁぁぁああああああ…!アナルで、アナルでいっちゃう、いっちゃ、…ぁああ!!」
男の人「俺も、イク、イクよイクよイクっあっあっあっあ???!!!!!」
私「あっ、あっ、あっあっっんんあぁあ!!!!!」
二人で声をあげて、イッてしまいました。
お尻の中で、ビクっビクっと精子が飛び出しているのを感じました。

この後は二人とも妙に恥ずかしくなってしまって、
何も言わずに分かれたのですが、凄く勿体無いことしたな…
今も思い出してオナニーしちゃってます…
あの人も私でオナニーしてくれてるのかな…
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード