mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2017年11月

30 11月

続・彼女が同じ日に3度痴漢に遭い最後は、犯された。

強めのおじさんに1度目の痴漢にあった続きを投稿します。

前回紹介した彼女は、23歳の堀北真希に似で身長は、152cmでB85・W55・H86のセミショートカットで付き合って3年目で

同棲生活中です。

強めのおじさんに痴漢されるのを目撃して興奮したまま会社へ行く準備して最中に彼女も準備中で、服を着ていました。

今日の彼女服装は、下着は、上下とも赤のレースでパンティは、ティーバックでノースリーブのワンピです。

彼女と同じ職場ですが、朝早く予定があるのことで先に出て行きました。

駅まで行くと事故の影響でホームは、結構人が多くて彼女は、電車に乗れず並んでいたので割り込んで彼女に近づいて

2人後ろに並び彼女は、気付いてないので後で声をかけてびっくりさせようと思い周りを見ていると前のおじさん達の会話が 

小さな声で聞こえてきました。

「前のOLさんエロいケツしてるなー」 「あーパンティラインが無いからティバックかノーパンですかねー」 「生足だしー

チャンスがあればごちそうになりますか」 「下着は、赤ですねーブラジャーの肩紐が見えてますよー」

会話を聞いていると電車が来たので乗り込みました。

電車に乗り込むと会話をしてた身長の低いおじさん1人はさんで後ろに立つことになりもう1人は、彼女の右に立っていました。

電車が動き出し自分は、朝の痴漢された彼女のことを考えながら後ろ姿を見ていると彼女は下を向き耳が赤くなっています。

まさかと思い自分の前にいる身長の低いおじさんを見ると右手が服の上からおしりを撫でています。

ここで痴漢かよーと思いましたが、さっきのごちそうは、痴漢なんだー止めないと思いながら様子を見たい気持ちが勝ちおじさんの

手に注目しました。

おじさんは、彼女が抵抗しないのをいいことにどんどんエスカレートしていき遂に、スカートの中に手が入っていきワンピの

スカートがめくられ生足なので赤のティーバックも見えておしりを撫で回しています。

彼女のおしりが、撫ぜられたり揉まれたりしているのを見て自分の心臓は、バクバクしてチンポは、勃起してMax状態です。

ティーバックも横にずらされて直にマンコに指が出入りしていて彼女は、顔も赤くなり感じているのがわかる。

いつの間にか右に立っていたおじさんも参戦していて彼女のワンピの前のボタンを外して手をいれて胸を揉んでいるのです。

電車が、駅のホームに着くと一旦は、2人のおじさんは、やめましたが電車が動くとすぐにスカートをめくりマンコを指で犯し

始めて右のおじさんも外しているボタンの間に手をいれて胸を揉み始めました。

右のおじさんは、更に前のボタンを外しブラジャーが見えてホックも外されていて胸が見え乳首も勃起しているのが見える。

彼女の左に立っているおじさんは、彼女の胸をしっかり見ながら手をスカートの前から手を入れて痴漢に参戦しています。

彼女は、おじさん3人に6本の手で痴漢されて、時々、「あぁーん うふーん」と小さい声で漏れてきます。

間違いなく感じていて自分も後ろから彼女のマンコを触るともう濡れ濡れで足も広げて自分からもっと触ってとアピール

しているみたいで、右のおじさんは、チンポを出して彼女の手を取って握らせて手コキさせ様としています。

彼女は、びっくりして首を横に振りましたが、途中からは自分から手コキをしています。

電車の中であの彼女が自分以外の男に胸やマンコをいたずらされて手コキまでして感じています。

ワンピのボタンも1つを残して全部外されてブラジャーは、めくり上がり両方から2本の手で揉まれ乳首も勃起している胸も

丸見えの状態で右のおじさんは、時々乳首を舐めています。

パンティは、膝まで降ろされて前から手が1本後ろから2本マンコとおしりを犯しています。

彼女は、自分から口をふさいで声が出ない様にしていますが、「ふうーん あぁぁぁぁーーーん ダメ―― いぃーーん」と

声が漏れて聞こえて感じまくってます。

彼女は、こんなにもいやらしいのか彼女がおじさん3人に痴漢される姿を見て自分のチンポは、爆発しそうです。

3人のおじさんに巧みに責められて彼女は、いってしまいました。

おじさん達は、まだ彼女の胸やおしりを触っていて、服には右のおじさんの精子が付いていました。

乗り換えの駅に着くと彼女は、あわてて電車を降りると2人おじさんも後を追って行くのを見て自分も急いで彼女を追って降りまし

た。

彼女は、降りるとすぐにトイレに向かいトイレの前には、さっきのおじさん2人が居て、しばらくして出てきた彼女に声をけました。

「すみません。 ちょっとこの写メ見てください」おじさんは、彼女に携帯を見せてます。

彼女「いゃー 」

おじさん「写メのことで相談しましょう」

彼女「・・・・・はぃ」

3人は、まだ開いてない商店街の裏に歩いて行くのを気付かれない様に尾行しました。

自分は、看板の影に身を隠し3人の状況を覗きました。

彼女「写メを消してください」

おじさん「いいけどー 痴漢されて感じているお姉さんはエロい顔だねー マンコもグチョグチョ濡れて手コキまでしてねー」

彼女「あれは・・・無理やりで・・・」

おじさん「そうかなー自分から手コキしてるよねーチンポ好きなんだろー消してあげるから俺たちのチンポをしゃぶってくれよー」

彼女「いゃです。」

おじさん「あーそうかい。 ネットに投稿してもいいんだねー」

彼女「困ります。・・・・・ 言われた通りすれば本当に消してくれますか」

おじさん「あー 消すよー 私、チンポしゃぶるのが大好きです。チンポしゃぶらしてくださいと言ってしゃぶったら消すよー」

彼女「本当に消してくれますね。・・・・・・私、チンポをしゃぶるのが大好きです。チンポをしゃぶらしてください」

彼女は、なんてことを言っているんだー 自分は、嫉妬と興奮に体を震えながら覗きを続けました。

おじさん「姉ちゃんがそこまで言うならしっかりとチンポしぶってもらうかー」

おじさんは、彼女に近づいてまずは、唇を奪い胸も服の上から揉み始めました。

キスをしてきたおじさんを彼女は、拒んだのは初めのうちで、舌と舌が絡み始め彼女の手は、おじさんの股間にいきズボンの

上から触っていてもう1人のおじさんは、彼女のワンピのボタンを外してしゃがんでパンティをずらしてクンニし始めました。

彼女「ダメ―――そこはーーあふー――ンーーーふうーんーーーいぃぃぃーーーゆるしてーーーーーあぁぁぁーーーーん」

おじさん「姉ちゃんーマンコおいしいどーもう濡れ濡れやのー気持ちいいか―感じてるなー姉ちゃんはスケベやなー」

彼女「ちがぅー感じないのー言わないでーーアハ―ン うふーん もうーゆるしてーあぁぁぁーーーーーん」

おじさん「そろそろ姉ちゃんのチンポしゃぶってもらうか―」

彼女は、2人のズボンとパンツを脱がして1人のおじさんのチンポを口に咥えてもう1人のチンポは、手コキしています。

彼女は、チンポを交合に舐めたり咥えたりして玉もしっかりと舐めています。

おじさん「姉ちゃん気持ちいいでーケツの穴も舐めてくれよーチンポおいしいかー大きチンポは好きか―」

おじさんは、彼女の胸をわしずかみして揉んで乳首を指でいじくっています。

彼女「はぃ・・・うふーん はぁーん チンポおいしいです。はふーん ふぅーーーん大きなチンポは好きです。」

おじさんが、台の上に足を上げると彼女は、おしりの方に顔が向けておしりの穴を舐めています。

服もブラジャーもパンティも脱がされ彼女は、全裸で2人のチンポを音をたててフェラしている姿を覗いている自分が寝取られ

願望があるのか?変態なのか?興奮して変になりそうです。

彼女は、痴漢からこのままだとレイプされるかも、どうしたらいいのか分かりませんが、彼女の屈辱される姿は見たいー

おじさん「姉ちゃんそろそろマンコにチンポがほしいやろーもっと気持ちいいことしてやろかーたっぷりと犯してやろかー」

彼女「ダメ――あぁぁぁぁーそれだけはゆるしてーーー」

おじさん「姉ちゃんチンポほしいんだろー指だけじゃー足りないだろー姉ちゃんのマンコは、チンポほしがっているどー」

彼女「ゆるしてーーーうふーーん  お願い許して―――あぁぁぃぃぃーーーー」

おじさん「姉ちゃんチンポほしいんだろー犯してほしいんだろー前と後ろから犯してくださいと言えよーー」

彼女「あはぁぁぁーーーーん  もうどうにかなりそーーーチチ・・・チンポを前と後ろから犯してください。チンポがほしいです。」

自分は、さすがにヤバいと思い大きい声で「何やってるだーーこらーーー」と叫ぶとおじさん達は、慌ててズボンを着て逃げ出して

行き、彼女もワンピだけ来ておじさん達の逆方向に走って行き自分も彼女の後を追いかけようとすると彼女は、ブラジャーと

パンティをおじさんは、写メが入った携帯を忘れていたので下着と携帯を拾って彼女の後を急いで追いました。

会社の方に向かって行くの彼女を見届けて自分も会社に向かいながら心の整理をしました。

彼女は、あのままだと間違いなく2人のおじさんに犯されていたでしょう。

犯されている彼女を見る勇気はまだなく、でも見たい気持ちもありよくわかりません。

おじさんの携帯から彼女の屈辱写メは、自分に転送してから消去して喫茶店に放置しました。

ただ、彼女の下着は、どうしたらいいかと考えています。

後、彼女は、今ノーブラ・ノーパン状態で会社にいます。

2度目の痴漢は、ここまでとします。

また、後日3度目の痴漢を投稿します。

30 11月

ヤクザに寝取られてしまうと。。。

やはり、ヤクザに寝取られてしまうと
よくある普通の寝取られプレイ等では
興奮すらできない心と身体に夫婦ともども
支配されてしまいます。

当時二十代の妻がパート先でヤクザに縁のある男と
不倫に堕ちたのがきっかけでした。
そして私の性癖につけこみ執拗に蹂躙し、強引に犯されまくりました。

遂には常時何かを使い・・妻の帰らない夜が頻繁になって行きました。
帰宅したときは、精液臭のようなものを感じることが多く、
異常な抵抗を示す妻を前にして、なし崩し的にセックスに至ると
膣内は愛液とは異なるものでひどく濡れそぼっており
注入されて間もない他人の男の精子を感じることが多々ありました。

私とセックスするときには、
その男を想像するように言いつけられていたようです。
逝く時にはその男の名前を叫べとも・・・。

妻の携帯電話からの着信があり出てみるととたんに、
「・・あああああなた…私。。。いくの・・いっぱいイカせてもらうの。。。。」
「ねぇ・・もういくっ・・だめ・・いったら中に出されちゃうの・・・いっちゃうああああ」
といって電話が切れたことも数回りました。
「あなた・・私・・今違うおちんちんに突かれて・・・
でも気持ちよくてごめんなさい。。。いっちゃうううう」
といった声も聞かされました。
「ねぇ・・・いっぱい出されたの・・・今も突かれてるの・・
精子でぐちゃぐちゃの音聞いて」
確実に、数人いた気配がありました。

次第に妻はヤクザ好みの厚い化粧をし、ミニスカートでパートへ出る事が多くなりました。
ストッキングをはいて出かけたのに、生足で帰宅することもありました。

自宅のPCメールを知らせることにもなり、
4人の相手をさせられて全員が中に出すまでの画像を送りつけられたりもしました。
「ああああ・・・お薬頂戴・・・」と妻が言うと
「中でいいな」と言われ狂う様に
「中に出して。ちょうだい。精子もお薬もほしいの」と泣き叫ぶ妻に
人生はじめてしごかずに射精しました・・・

人生が他者達によって支配されていることを感じながらも、
全身を包み込むような強烈で被虐に満ちた快楽に身をゆだねてしまうのです。

そうです・・
ありふれた寝取られプレイでは、やらせ的で満足できなくなってしまったのです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

30 11月

義父と伯父ときどき義理弟と  1章

今、私は夫の家族・親族と肉体関係(性処理奴隷)にあります。

出来事の始まりは、夫の長期出張が原因でした。
装置メンテナンスの仕事をしていた夫の会社も不景気で、人員削減が行われました。
結果、全国の工場を飛び回る事が多くなったんです。
時には3週間も家に戻る事はなく、会社(夫の努める事務所)に出勤するのは月に数日と
言う感じでした。
私が暮らす生活費(アパート代・水道高熱費)と夫が出張先で暮らす費用のダブル出費。
会社でも負担していると言っても、生活は苦しい状況でした。
そんな事もあり、私は夫の実家で暮らす事になったんです。
夫の実家は、私達が暮らすアパートから車で15分程の距離。
しかも実家にはお義父さん1人で暮らしていたんです。
お義母さんは夫が20歳の時に病気で他界し、弟も仕事を始めると同時に家を出た様です。
お義父さん(55歳)は大工さんで、”家事をして貰えるなんて助かるよ”と喜んでいました。
その日から私は一つ屋根の下お義父さんと暮らす事になったんです。
2人の生活が始まって1週間が過ぎた時でしょうか?
お義父さんの寝室を掃除していて、エッチなDVDや本を見てしまったんです。
”お義父さんもこんな物を見ているんだ”と思うと同時に男性である事を意識した瞬間でした。
その夜から、義父の視線を意識する様になり、やがて義父の視線に厭らしさを感じる様に
なっていきました。
食事の準備や掃除をしていると後ろから感じる視線。さり気無く振り向くと私のお尻辺りを
見つめる義父の視線。ソファーに座ってTVを見ている時も、私のスカートから出る太腿を
チラチラ見ている様でした。
しかも風呂は必ず私が先に入る様に言われ、脱衣場で着替えているとスリガラスの向こう側に
義父の姿を感じるんです。
そんな時、義父が風呂に向かった後に、私も洗濯物を出す為、後を追うと洗濯機の中に
手を入れ私の下着を物色し鼻に押し付けている姿が見えたんです。
その時、”お義父さん!何しているんですか?”と戸を開けると驚いた表情の義父が
”何覗いているんだ!変態女”と私を罵り、そして押し倒してきました。
何かが吹っ切れた様に、義父は私のパジャマを引き千切り、私は全裸にされその場で
義父に犯されたんです。
1ヵ月以上も夫とエッチをしていなかった私は、義父に乱暴に扱われながらもアソコを濡らし
胸を舐められ、アソコを指で撫でられただけで声が漏れてしまったんです。
義父がパンツを脱ぎ捨てると目の前に怒り狂った肉棒を差し出されました。
明らかに夫の物より長く太い肉棒は50歳代とは思えない硬さを保ち、私の口内へと
入り込んで来て、いつしか私は厭らしく舌を使い奉仕していました。
やがて肉棒は私の秘穴へ押し当てられ、ヌルヌルの愛液で満たされた穴の中へ意とも簡単に
入って来たんです。
押し広げられる襞と子宮の奥深くを刺激する肉棒に私は感じてしまい、義父の言いなりになっていました。
脱衣場で義父に逝かされた私は、その後義父と風呂に入り体を洗わされ、そして義父の寝室に
連れ込まれ、夜遅くまで体を弄ばれ何度も逝かされたんです。

その日から、毎夜の様に義父は私の体を求めて来て私はドンドン深海へと沈んで行きました。
義父は仕事帰りにエッチな道具を買い揃え、私に色々試してきたり、
下着も薄いレース生地で陰毛も透けて見える物ばかり付けさせられました。
義父の執拗な責めに私は直ぐに逝かされ、何度も繰り返し襲ってくる快感に頭も体も
支配されて行く感じだったんです。
義父に犯されて1週間程過ぎた時、夫が帰宅して来ました。
久々の再会を喜んでいる私に義父は追い打ちを掛ける様に、夫の傍でも体に触れて来たんです。
 「お義父さん・・・困ります・・・あの人が帰って来ているんですから」
 「そう言っても、身体は私の物を欲している様だよ」
 「違います。お願いですから、あの人の前だけは勘弁して下さい」
 「困ったのぉ!私もこっちがムクムクして我慢出来るか・・・」
 「分かりました!あの人が居ない所で・・・でも暫くは我慢して下さいね」
 「ハイハイ!分かったよ」
夫がコンビニに出掛けた瞬間!義父は私の目の前に肉棒を差出し、私は口で奉仕したんです。
やがて私のスカートを捲り上げると、バックから激しく差し込んで来て、私も声を出さない様に
必死で指を咥えて堪えたんです。
義父の肉棒に直ぐに反応する私の厭らしいマンコは濡れ捲り、絶頂を迎えていたんです。
ガクガクしながら必死に耐える私の体内へ熱い物が吐き出されたんです。
汚れた肉棒を口で綺麗にすると、義父は満足げな表情で”また頼むよ”と意味深気にソファに座ったんです。
アソコから溢れる精液を拭きながら、私は服装を直していると夫が帰宅して来ました。
結局、その後も夫が風呂に入っている時にも義父は私の体を求めて来ました。
風呂から上がった私はベットで、久々に夫に抱かれましたが、義父に毎晩の様に犯される私は
夫の物では満足出来ない身体になっていたんです。
夫は私の中で果てると、疲れたのか?直ぐに熟睡です。
マンコから溢れる精液を洗い流そうと脱衣場へ向かった私を待っていたのは義父でした。
 「抱かれたのか?あいつの物じゃ満足出来んだろう」
 「そんな事はありません」
 「そうかな?見れば分かるよ」
義父に押し込まれる様に風呂に入った私は義父の体を洗い、やがて義父の玩具と化したんです。
風呂では指で何度も刺激され、遂には潮を噴き上げる始末。
ハァハァ息を荒らす私に義父は犬用の首輪を付けさせ、裸体のまま四つん這いで歩かされ2階の
夫の寝る寝室前まで連れて行かれました。
 「お願いします。夫の前だけは勘弁して下さい!」
 「お前だって、こんなに厭らしい汁を溢れさせているじゃないか?」
 「これは・・・でも夫の前だけは嫌なんです」
 「じゃ、廊下で抜けたら今日は勘弁してやろう」
義父の言葉に私は四つん這いの姿で肉棒を咥え、必死に精液を絞り出したんです。
肉棒から熱い精液が口の中へ吐き出される頃には、私は愛汁を溢れさせ廊下の床に滴らせて
いたんです。

数日後、夫は何も知る事も無く、出張先へ出かけて行きました。
そして、私はここから更なる悪夢を見る事になるんです。

Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード