mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2011年02月

25 2月

本当に危ない橋

今19歳の愛奈といいます。今でこそ理性がちゃんと養われて落ち着くことがてきてますが、昔は本当に危ない橋渡ってたんだなぁと思います。笑。そしてそんなことが出来た昔の自分を本当にうらやましく思います。思い出しただけで興奮しちゃって、誰かに読んでもらいたいと思ったのでいくつかここに書きます。中学3年生の時、初めてHをしました。私はもともと凄くHに興味があって、初体験の時にも「ほんまに初体験?」と言われたほどでした。別に自分が何をしたわけでもないと思ってたのでその時はその言葉の意味もわかりませんでした。そして初体験の彼とは会えない時間が多かったり微妙な関係が続き、その彼が大好きだった私には本当に辛い日々でした。ですがその一方で、初体験をしてしまった私は、またしてみたい、もっとしてみたい、という好奇心にかき立てられていました。。そんな頃に丁度、5歳上の、その時の私からしてみれば凄く大人に見える人にナンパされました。最初は拒否ってたんですがなんとなくメアドを交換し、メールが始まりました。彼のことで荒れてる一方に男の人とのHにかなり興味があった私は、その人とメールでHな話になっても拒否したりしませんでした。そして軽はずみな気持ちでその人Hする約束をしてしまいます。ですがその後、彼氏が急に謝ってきて、これからはちゃんと付き合っていきたい、と言われました。それで舞い上がってしまった私は、約束したのにも拘わらず年上の彼に、「彼氏とヨリ戻ったから、もうメール出来ない、ごめんね」と送りました。するとその人は「いいよ☆良かったな、彼氏とうまくやれよ☆」と祝福してくれました。そして私もその人のことはすっかり忘れ、彼と順調に付き合っていったのですが…数日後。急に年上の人からメールが来ました。「約束したくせにお前ナメてんのか?」という内容でした。あの時は祝福してくれてたのに何故今更…と全くわけがわからず、中3だった私はビビるばかりでした。どれだけ謝っても許してもらえず、しまいには「謝ってすむか。今すぐ〇〇駅にこい。来んかったら…どうなるか知らんぞ」と言われました。ですが怖くて仕方なくて、待ち合わせの場所の近くまで行って、引き換えしてしまいました。。すると翌日、「いい度胸してるやんけ、本間にどうなってもいいみたいやな」というメールが届きました。。怖かったから行けなかったと言っても男性は許してくれず、「最後のチャンス。13時に〇〇駅来い。こんかったら、お前のまわりがどうなるかしらんぞ☆」と言うメールが。。まだ私は中3だったのでその言葉を本気で信じてしまい、学校を早退して服を着替え、指定の駅へ……行ったこともない駅で路線もろくにわからなかったけど、私の中の何かが、早く行かないとやばい、と叫び足を急がせました。たどり着いた駅は本当に全く見知らぬ土地で、それが更にこれから起こることへの恐怖の気持ちを大きくさせた。。ついた、と電話をしたら、目の前の道路に車が止まった。中に乗ってるのは、ほんのかすかにしか記憶にない、茶髪で髪を綺麗にセットしている大人の男の人。私に目を合わせず、車に乗るように顎で促した。何も言わずに私は車に乗り、車は発進した。隣で無言で運転する、メールをしてたときとは別人のような男性。怖くて顔を見ることもできない。顔もはっきり覚えていない。全く見知らぬ道をどんどん走っていく。どこに連れていかれるのか全くわからない。本当に恐怖につぶされそうだった。体が震えていた。ついた場所は車が何台かしか止まって無い駐車場。そして、え、と思う暇もなくシートを倒された。「ちょっとまって、やめて」「お前、ここまできてやめてはないやろ」そう言って、男は私の耳に舌を這わした。怖い反面、体がビクッと反応した。もう何も言えず、抵抗もできなかった。。聞こえるのは自分の心臓の音と、耳元の男の息遣いとクチュクチュという耳を愛撫される音。そのまま舌は私の首筋を這う。怖いはずなのに、私の体は反応し始めていた。まだ経験は初体験の彼氏だけで、しかもその彼氏は同い年で、愛撫も単純なものだった。手で触って、挿入。初めてした時、何もしらなかったのに物足りないと思ったのは、もっといやらしい刺激が欲しかったから??その時感じた。今私は、ずっと年上の知らない男性に脅されて、車の中でされるがままになってる。男の手がブラにかかった。彼氏とは違って慣れた手付きで外される。首筋を愛撫しながら指が私のまだ小さい胸に少し乱暴に、だけど丁寧に触れる。「んっ…」と自然に声が漏れた。男の唇が私の唇に触れた。柔らかすぎて驚いた。文字通り唾液が絡まりあう、柔らかくて激しいキス。頭の中がとろけていくようだった。こんなの初めてだった。唇が離れ、男は私の服をめくりあげ、舌で胸を愛撫し始めた。その息遣いがさらに私を感じさせた。「経験人数1人ってゆうたよな?さすがまだ綺麗なチチしてんな」「いや…」外は真昼、明るいところでしたのも初めてだったので、とにかく恥ずかしかった。我慢するため必死で目を瞑った。まだ残る恐怖の気持ちで、男の服を強く握り締めた。車内にクチュクチュと言う音が響く。そしてスカートの中に男の手が触れた。ビクッと体が反応した。そのときはたまたまメッシュのパンツをはいていて、じかに見ると毛や割れ目が丸見えだった。男の舌はゆっくり、ゆっくり私の下半身へ向かっていく。そのとき、男の指がパンツの上から私のアソコをなぞった。男はニヤニヤしながら「なんや、めちゃめちゃ濡れてるやん、パンツから染み出てんで。こんなやらしい体で本間に経験人数1人なんかぁ?」と言った。恥ずかしくて涙が出そうだった。そのまま何も言えなかった。。「かなり可愛がったるからな」男は私のパンツを脱がした。一層目をきつく閉じたが、何もしてこないので目を開けると、男は私のアソコをじーっとみていた。「いや、みんといて!」「何ゆうてんねん、今更。どうなってもええんか?」「……」そして男は、舌で私のアソコを愛撫し始めた。そんなところを見られたのも舐められたのももちろん初めてだった。「いやや!!やめて!!」私が足を閉じようとしても男はその力で私を押さえ付け、そんな私を見ながらわざと見せつけるように舌でクリトリスを愛撫し続けた。恥ずかしくてたまらなかった。けど初めてのことだらけで本当に頭がおかしくなりそうだった。男は私のクリトリスを激しく舌で愛撫しながら、もう洪水状態のアソコに指を這わした。指が1本入った。足が震える。2本目もはいった。「もうグチョグチョやしヒクヒクゆうてんで、いやらしい女やなー」といってGスポッとをピストンし始めた。まだ私には刺激が強すぎて、たまらず大きい声で喘いだ。まるでアソコに何十本もの指が入って責められてるような感じがした。それでもやめてくれなくて、更に舌でのクリトリスの愛撫も再開し、車の中は私の声とグチュグチュと言う音で満たされていった。気絶しそうなほど激しく、必死で抵抗した。すると彼は急に愛撫を止めた。そしてズボンをぬぎはじめ、ボクサーパンツを脱いだ。彼の固くなったものが顔を出した。初めて男の性器をみた。グロデスクで、真っ赤で大きかった。そして私はそのとき確かに、興奮した。「シャクれ」「え、、」「ほら」そういって男は私の頭を掴んで無理やり運転席の自分の性器の目の前へ引きつけた。目の前に固くなった男の性器があった。「ほら舐めろ」舌で性器の先にふれた。苦い味がした。そのまま性器を咥えた。口を大きく開けなければ入らなかったので、動かしたりするのはかなり大変だった。たまに歯があたる。なぜか「お前本間にシャクんのも初めてなんか?本間やらしい女やな」と言われたが、頭をはなしてくれなかったので性器を口から抜けなかった。しばらくして頭を放してもらえて、苦しかったのでぐったりしていると、後ろの席に移れ、といわれた。後ろの席に移ると男も移って来て、着ていた服を脱ぎTシャツ姿になった。そしてわたしの足を開き、またアソコに指を這わした。また始まるのか、と思って目を瞑ると、アソコに熱いものがふれた。その瞬間、ズン!!と奥まで男の性器が入って来た。「あぁ〜っ!!」男のモノはかなり大きくて、刺激が強すぎて叫んだ。そのまま激しくピストン運動が続く。私は気絶しそうになるのを一生懸命堪えながら男の顔を見た。そのとき初めてはっきりと男の顔を見たのだけど、目はするどく綺麗な二重で茶色いカラコンを入れていた。綺麗な顔をしていた。そして激しくピストンしながらその表情は、甘くとろけていた。中学3年生の私は下半身と頭が壊れてしまいそうになりながら、その顔に凄く、凄く興奮した。体位を色々かえられながら、そのときの私にしてはかなり長く感じた時間を経て、男は私の顔に射精した。しばらく休憩して、男が口を開いた。話によると彼女と喧嘩をしてイライラしていたらしい。今考えるとそれで私を犯すのとは関係ないだろうと思うけど、その後話をしているとそんなに悪くない人で、私は安心した。その後はちゃんと家まで送ってもらった。その後、普通にメールをするようになるほどになった。そのあとにも色々あったけど…それはまた書きます。長文乱文ですが、これが私を目覚めさすきっかけとなったお話です。
24 2月

8年越しのSEX

以前好きだった会社の後輩と、飲み会の後、2人で3軒目へ。かなり酔った状態の彼女。そこでもワインをがぶ飲みし、私もかなり酔いが回り、店を後にすることに。一人では立てない彼女を肩に抱きタクシーで私の家に。2人ともかなり酔っ払い、記憶がとんでいるのだが、いつのまにか、彼女がパンツを脱いで横たわっていた。これは!と思い、彼女をベッドに連れていき、すかさずべロチューをかます。彼女も舌を絡め返してくる!感動した私は、彼女のきていたものをすべて脱がし全裸にさせた。何度となく、おかずにしていた彼女の裸に、また感動!一気に、彼女のあそこをクンニクンニ!薄い陰毛だった。もう止まれない!すばやく私も全裸になり、わが息子を彼女にあてがった、その時彼女が、「避妊は?」と意識朦朧の中、うめいだ。私は、「大丈夫、発射しないから・・・」と、今考えればよくわからない返事をして、高ぶる気持ちを抑えきれず、生のまま彼女の中に挿入した。彼女と出会ってから8年。長い間想ってきた彼女も、今、別の男がいる。そんな彼女との、思いもよらなかった初めてのSEX。信じられない気持で、腰を振っていた。夢のような時間だった。とりあえず、簡単に報告まで。
23 2月

彼女の妹

俺が、厨房女と付き合い始めたのは、友達の彼女の紹介俺が航1で彼女が注1まぁ最初は、遊園地や街デートしてたけど注2の夏休みに泊りがけで出かけて、お初を頂いた。張りのいい胸と固く閉ざされた蕾今まで何も入り込む事の無かった初々しい蕾を引き裂き押し広げながら入っていく肉棒、苦痛で歪む可愛い顔が余計興奮する。一気に突き刺すときつく絞め付けるマムコからは、生温かいマン汁と鮮血が交じり合いながら、チムポに絡みこびり付いていた。彼女の家は、母子家庭で母親36歳、妹11歳の三人暮らしだった。たまに家にお邪魔して彼女の部屋で、時間過ごしたりしてたので妹とも仲良くなった。母親は、働いていたので、ほとんど家には居らずよく家にあがりこんでは、彼女の部屋で時間を過ごしてた。妹に始めてあった時は、幼く感じて恋愛対象にも思わずふざけ合ったりして、愛称で呼ばれるぐらい仲が良かった。妹が賞6にあがったときに、どうせ家に来てるなら勉強を教えてあげてと彼女から言われ、妹と時間を過ごす事が多くなった。勉強を教えながら、たまに学校の話や友達の話をしてきて色々相談にも乗ってあげるようになった。そんなある日、「妹からおねぇちゃんともうしたの?」と聞かれ一瞬ドキッ!として「何を?」と言うと「キス」内心ホッとして、「あぁキスね、うん!したよ」「私の友達もしたって言ってた。みんなすごいな〜」「まみちゃんは、まだしたことないんだぁ」「うん、卒業するまでには済ませたいなぁ」「えっ?そんなもんなの?済ませるとか、怖いなぁキスとかもっと大切にしなきゃぁ、そんな簡単にしちゃダメだよ」「えっ〜!だって、じゃぁ卒業までに出来そうになかったらしてくれる?」「だからそんな好きでもない人とかと簡単にしちゃダメだって」「簡単じゃないもん、だって好きなんだもん」急に告白されて心臓が高鳴った。焦りながらも「またまた、鹹かったりしたらダメだって」「ほんとだもん、おねぇちゃんにしたことしてほしいもん」えっ?本番?いやいやキスってことねと思いつつ「はいはい、じゃぁこの問題全部解けたらね」「えっ〜絶対無理だよ、ケチ〜!よ〜しじゃぁ全問解いちゃうからね!」30分後、まみちゃんの唇と俺の唇が重なり合ってた。一問ぐらいは、間違えると思っていたのに・・・見事に正解大喜びのまみちゃん「やった〜!全問正解!はい!約束通りキスして」と目を閉じ唇を突き出すまみちゃんしょうがないなぁと思いつつも、驚かしてやれと思い舌入れたらビックリするだろうなぁと唇をゆっくり重ね「軽く口開けて」「えっ?」「ほらキスは、唇重ねるだけじゃないんだよ」恐る恐る唇を開けるゆみちゃん開いたと同時に舌を滑り込ませるとビックリしたように「えっ?!何?」「えっ〜知らなかったの?みんなしてるんだよ。舌を入れてお互い絡ませるのがキスなんだから」椅子に座ったまま唇を開け、体を硬直させていた。舌を入れると、体をビクッと震わせた。「ほら舌出してごらん」ゆみちゃんの華奢な体を強く抱きしめゆっくりと出てきた舌を吸いながら、舌を絡ませるとまた体をビクッビクッと何度も震わせると、感じたように声を漏らし始めた。ゆっくり唇を離しお互い見つめあうと唾液でベットリと濡れた唇を見て、お互い笑い始めお互いの唇を拭きあった。それ以来、勉強を教えるたびキスをするようになり強く抱きしめるたび、盛り上がり始めた胸を触ると最初は、くすぐったいのか身を捩っていたが数日後には、胸を揉んでもキスをして塞がった口から声を漏らし感じ始めていた。いつもキスの後、恥ずかしそうに下を向く姿が愛しく終わったあとも、強く抱きしめていた。そんな時に限って、急に彼女が部屋に入ってきたりするのでマジ焦ってた。そんなある日、彼女は修学旅行で留守の時妹を抱ける唯一の日早めに家に行き、彼女も母親もいない家に二人だけの空間母親が帰ってくるのは、仕事が7時に終わって家には8時半夕方、家に着きゆみちゃんの部屋へベッドに並んで座り、しばらくいろいろな話をした後、おもむろに華奢な肩を抱き寄せ、ゆっくりと唇を重ねた。舌をゆみちゃんの中に滑り込ませ舌に絡ませる。強く抱きしめながら、重なり合うようにゆっくりとゆみちゃんの上に覆いかぶさり、唇を重ねたまま両手でブラウスのボタンを外し、両手を胸に・・・両手にはスポブラと膨らみ始めた張りのある乳房の感触ゆっくり下からブラを釣り上げると、小さなピンク色の乳首が目の前に重ねた唇から、乳首へと移動舌で転がすと、小さな乳首が段々硬くなりコリコリに恥ずかしそうに両手で顔を隠すゆみちゃん我慢できずに、荒い息を出し声を漏らす。左手で乳房を揉みながら、右手を股間へと・・・スカートを捲りあげ、下着の中に手を入れると両足を絡め、嫌がりながらも蕾からは、蜜が指に絡み付いてベットリ「ゆみちゃんすごいよ、ほらこんなに感じてる」「エッチ、感じてないもん」「でもほら」べっとり濡れた指を見せると「だって、なんか変な気持ちになっちゃって、胸がドキドキしちゃって、どうしようもないんだもん」胸に耳を当て心臓の音を聞きながら右胸を揉む「本当だ、ドキドキ言ってる」「もぉダメ、すごく気持ちいい、体が熱いよぉ」「ほら、心配しなくても、僕のも熱くなってるよ」と硬くなったチムポを握らせると、「本当だ、熱い」「これが、ゆみちゃんの中に入るんだ、すごいでしょ」「えっ〜!無理だよ、こんなの絶対入らないよぉ」「大丈夫、痛くないから」下着を脱がし、両足を広げると、小さなピンク色の蕾から透明の汁が滴り流れていた。舌でそれを舐め取ると、声を上げ感じるゆみちゃんまだ剥けてないクリを舌で転がし甘噛みすると、一気に感じたのか蜜が一気に吹き上がり、「出ちゃう、なんかオシッコ出ちゃいそう、待って」「大丈夫だって、オシッコじゃないから大丈夫、ほら力抜いて」前スレの続き両手で顔を隠しベッドに横たわっている、ゆみちゃんの足を広げチムポを蕾に押し当て、ゆっくりと突っ込むと徐々に開花するように蕾を広げながらチムポが奥へ奥へと入っていく。足に力が入り、伸びきる華奢な足チムポを押し出すように、蕾に力が入りチムポを絞め付け押し出そうとする。押し返されないように、強引に奥まで突っ込むと声を上げ「いっ!痛い!痛いよぉ!」「大丈夫、力抜いて、力入れるともっと痛くなるよ」目を瞑ったまま、必死で痛さを我慢しているゆみちゃんを見てると、可哀想に思えながらも、早く一緒に逝きたいという気持ちが混ざり合い、一気にピストン運動一度抜けると、二度と入りそうに無いぐらいの締め付け抜かずに、そのままピストンを続けると声を上げたと思うとゆみちゃんは、逝ったのか気を失ったようにグッタリと横たわった。しばらく、そっとベッドに寝かせていると目を覚まし同時に抱きついてきて、涙を流した。その涙を見て、罪悪感にとらわれていると、ゆみちゃんが「うれしい、でも勝手に涙が出ちゃう」言葉の後、抱き寄せ、また唇を重ねた。
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード