mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

2008年03月

28 3月

バイト中に集団で

日、バイト先で痴漢されてしまいました。バイトはスーパーや酒屋などで試飲を勧めたり宣伝する仕事です。その日はお酒のディスカウントストアで試飲を勧めていました。お昼の人が少なくなったときに野球のユニホームを着た人たちが最初5人くらいお店に入ってきました。私の方に来たので「良かったら、どうぞ」と勧めました。最初は感想を聞いたりしていましたがだんだん「彼女かわいいねー」「これから一緒に飲まない?」とか言ってきて、気がつくとその人たちに囲まれる感じになっていました。少し怖かったのですが仕事なので愛想良く調子を合わせていました。そのとき一人が「おっぱい大きいねー」と言いました。全員の視線が私の胸に集まり「おっ、ホントだ」「揉みてー」「なにカップ?」など興奮気味に近づいて手や、顔を胸に近づけて来ました。私は飲み物の入ったお盆を持っているのであまり動けないでいると、ついに近づいた手が私の胸の乳首のあたりをそっと撫でました。その時、逃げ出していれば良かったのですが、もともと私はMっ気があって男の人に囲まれた時からに少し変な気持ちなのもあってつい「あんっ」といやらしい反応をしてしまいました。その反応を見て一斉に手が私の体を触り始めました。お店の人はお昼休憩に出ていてレジに一人いるだけで、棚の陰になるこちらの様子はわからないようでした。私も派遣のバイトなのでお店で問題が起きるのは嫌だったので小さな声で「やめて下さい」と言いましたが興奮した男たちは止めてくれずじっと我慢するしかありませんでした。私が動けないのをいいことに男たちは容赦なく胸やおしり、おまんこを触り「柔らけー」「気持ちいいー」「乳首見つけた」などいやらしい言葉をかけられ、私はだんだん感じてしまい飲み物をこぼさない様にモジモジしていました。そのとき後ろの一人がしゃがんでおしりに顔をうずめてきて、「はぁぁんっ」と声が出てしまいました。その反応に彼らはまた興奮したようで、さらにエスカレートしブラウスのボタンを外し直接、胸を触りだし、乳首をつまんだり、引っ張ったりたりされながら「彼女スケベだねー」「感じてるの?」と言われ、怖いのにすごく興奮し濡れてくるのがわかりました。そしてついにしゃがんでいた人がズボンのボタンを外し、ズボンとパンツをゆっくりと下げはじめました。その間も私の敏感なところを刺激するたくさんの手に感じてしまいもう抵抗がすることができませんでした。ゆっくりとズボンとパンツが下げられて、少し出たおなか、大きなおしり、黒々と生えた陰毛、男たちの視線に晒されていきます。きっと、おまんこからはいやらしい汁が糸を引いていたのを見られたと思います。私はいつの間にかお盆も持ってなくて彼らに支えられて、ズボンとパンツは足首までさげられ、シャツとブラも胸の上までずらされてほとんど裸の状態にされてしまいました。そして「おまんこ見てー」の声で片足からズボンとパンツを外され、片足を抱えられ大きく広げられ、濡れたおまんこを見られてしまいました。「すっげー、クリ勃ってる」「びちゃびちゃだね」「ケツの穴まで見えてるよ」と私の体をすべて見られながら愛撫する手にともう声が止められなくなってしまいました。一人にキスで口を塞がれて二人で片方づつ乳首を舐められ、クリを擦られながらおまんことおしりの穴まで指を入れられ、こんなに一度に感じさせられたことは初めてだったので私はあっという間に逝かされてしまいました。気がつくと後から来たのか、同じユニホームの人たちが回りにいてかわるがわる手をのばしたり、いやらしいお汁を垂らして感じている私を携帯で撮っていました。そのとき休憩の終わったお店のひとが帰ってきたので彼らは慌てて私の服を戻し「ごめんね」「ありがとね」「またね〜」と口々に言いながら、商品を買って帰って行きました。彼らはたくさん買って行ったようでお店にの人に「接客が上手だね」とても喜ばれました。最後まではされなくて良かったと思いますが、あの日の快感が忘れられずバイトの日にはノーブラで行き、乳首が擦れるたびに密かに興奮しています。とくに男の人たちに接客するときは、あのままおちんちん咥えさせられたり、おまんこやおしりに入れられ精子をかけられる想像をしてしまいます。あと、あの写真でいつか脅されると考えると仕事中でもオナニーを我慢できないくらし濡らしてしまいます。長々とすいませんでした。
26 3月

微妙な報告

脱童報告じゃなくて悪いのだけど、おしっこ飲ませてもらったんで記念かきこお許しください。いつもの・・とはいっても3回目ですが、裸になると「お。いよいよ慣れたものだね!」などといわれ。なんだか複雑な気分に・・でも尻を洗われるのはどうにもこそばゆくて慣れない。お風呂で「前きたときにお願いしたの覚えてます?」ときいてみたら、「あ〜、うんうん。おしっこね」と。覚えているよう。マットしてもらいつつ(ほんと気持ち良いなぁ〜)と思ってたらおもむろに騎乗位っぽい感じになり「どうする?やめとく?」ときいてきた。え?入れるの?と思ってたら、どうやらおしっこを体にかける気らしい。それも悪くない・・しかしおしっこの量には限りがある。俺は飲みたかったので、まずは手にお願いした。直飲みがしたかったけど、もしむせてしまったりしたら、姫に悪いし。しかしおしっこのチャージがいまいちなようで、なかなか出てこない。でも暫くしていると「ちょっと出たみたい」と言ってきたので、尿道?のあたりをなぞってみて、舐めてみた・・シャワーのせいか味が薄い。でもなにか覚えのある味で、やっぱり体液だからかなぁと。このときの感想としては「むしろ美味いじゃないか」そんな感じでした。休憩後、姫が寝転がってちんこをいじってきたのだけど、「今日はいいや」といって、一緒に寝転がって、話してた。姫には後ろを向いてもらって、背中から抱きつく形で。女性にあまりに縁が無かったから、正直、話して抱けるだけで幸せいっぱいなんだよね(;ω;)やわかいし。つか次からマットも抜いていいかもと思いました。3回中一番幸せだった。ところでアナル舐めたりおしっこ飲むとキスしてくれないのかな、と疑問。何もやってないときは積極的にしてくれたのですよね。時間がやばそうなので「そろそろ時間だね」といって起きると、姫が突然「あっ、今なら出せるかも!」と言い出したので、顔面騎乗みたいな感じに。姫の下でおしっこを待つ。暫くすると、本当に少しだけ、ちょろっと出てきたのがわかったので、おしっこの穴に吸い付くようにして飲んでみた。最初のときよりずっと濃かったのでびっくり。いや、美味そうに飲める奴すげぇなって思いました。不味くは無い。不味くは無いのだけど、例えるならカップに大さじ7杯もの珈琲を入れたらどうなるか。そういったものだなと。まず思い浮かんだのは海の味だった。兎に角塩分が多い。でも海水のようなトガッた辛みは無く、かすかな旨み、甘味さえ感じました。そして、すぐにその甘味成分がスポーツ飲料独特の風味なんだと理解しました。凄く「ああ、なるほどな」と思ったのを覚えてます。アクエリアスに海水ほどではない程度の塩を入れれば、あの味になるでしょう。またトイレで感じる臭み、アンモニア臭などは全くしませんでした。おしっこを飲んでる人たちはみんな直飲みなのかな。個人的には水とか味の薄い飲み物で割った方がおいしそうだなと感じました。なんか微妙なレポですみません
25 3月

遊び人の調教

私の元彼Oは男前でモテルし本人もすごく女好きでした。そんな彼への復讐話です。彼はすごくHも上手でそれもあり他の女にも自信満々で手を出していたのだと思います。性格等の不一致もあり別れましたが、悔しい思いもあったので最後のHと決めた日、実行しました。ずっと隠していましたが私は元風俗嬢です。今まではFもほとんどしませんでしたが、その日は全身舐めから始まり極上F→ローションプレイ→アナル責め→4点責め(この頃には彼はフラフラでした)…とにかくイカせず延々と色々なモノで責め続け得意のスマタでフィニッシュ。ベッドでくたばっている彼を残し一人シャワーを浴びてさよならを言いホテルを後にしました。あれから2年、彼は未だに私を求めてきます。(会う事は拒否していますが)彼曰く「他の女で立たないし普通のHができなくなった」そうです。私は普通の女性よりもプライドが高くて意地悪なんでしょうね↓でも男前が汗だくで我を忘れてあえいでるのってカイカーン(>_<)
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード