mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

8 5月

なんて・・・

デブではないがキモオタの俺の初体験は24歳w某教室で知り合った20歳の娘。明るくってまじめでみんなに好かれてたんだが何を血迷ったか俺に告白してきた。んで付き合い始めて1ヶ月半,コースが終わる直前の,多分5〜6回目のデートでホテルへ。キモオタの情けなさ,道程だとバレると馬鹿にされて振られると思い込んでたので経験豊富なフリをしてたwが,必ずばれるだろうとビクビクしていたにもかかわらずシャワーからベッドまでスムースインwディープキスからあご→首筋→胸で一時停止→へそとなめつづけて生まれて始めての生マンと対面。すでにぐっちょんぐっちょんで指で広げるとこんこんと湧き出る泉状態。得ろ小説の記述がこんなに正しかったとは!と感動しつつ,まずは指で中を堪能。結構広いんだなぁ,経験豊富で広がってるのかなぁと思いつつ「つけるね」と言ってゴム装着。練習の甲斐あってw手早く装着。さて,と彼女に向き直ると,それまで終始無言(ため息もなし)だった彼女がいきなり「あのな」(関西弁)と言う。とうとうバレたか?もうカンベンしてくれってことか?とドギマギしつつ「何?」と聞くと「初めてなんで...よろしく」感動してその後は覚えてませんw
8 5月

ソープで童貞を・・・

今日行ってきました、やっとこさ童貞卒業。なんか体がけだるいです。今電車の中。しかし充実感があるっていうか・・・いい感じにマターリ厨。いつも童貞卒業しようと思ってはいたのですが、一歩踏み出せず。そこで先週の土曜日でオナニーをやめて禁欲生活に突入。水曜までは何とか我慢出来たのですが、昨日トイレ掃除のおばちゃんにまで欲情してしまい「これはマズイ」と急遽今日の朝に出陣決定。会社に「体調が悪い」と連絡を入れた後、風呂に入って体を清めました。一瞬、やっぱやめようかな?と怯みましたがボーナスが出ると客が増える、とあるスレで見たので「イクなら今しかない!」と電車に飛び乗りました。川崎までうちから一時間半、ガタガタと電車に揺られ到着したのは10時半くらい。そこから歩いて堀ノ内に到着。事前の下調べはまるでなし。何とかなるさと金だけをもってとある店に飛び込みました。カウンターごしにボーイさんが「いらっしゃいませ」と登場。色々説明されてちょっぴりゴージャスな待合室で待機。ボーイさんが「もう少しで(姫が)来ますので」と待たされました。多分15分くらいですかね?待たされてボーイさんが写真を持ってきて「こちらは今すぐ入れますが」と。写真の感じだと可もなく不可もなく・・・こんなもんか?と「いいですよ」しばらくして姫が「お待たせしました」と登場。何と言うか、茶髪でもしかして元ヤン?みたいな雰囲気ですが黒のスカートにヒラヒラのブラウスを着て清楚な感じを醸し出してます。特に巨乳と言う訳でもなく、本当にどこにでもいそうな極めて標準的な感じでしたね。んで、手をつないで部屋まで行くと「ごめんね、待った?」どうやら出勤してきたばっかりの様です。まじかで見ると30歳くらいすかね・・・ちょっぴり熟女でした。服を脱いでハンガーにかけてもらい、ベットで待ちます。なんかよくわかりませんが、ベットではいきなり飼い猫の話に突入。しかしおいらはアキさん(仮名)のバスタオルから覗いている胸に釘づけに。もちろんモツもビンビンになってタオルがテント状になっていました。そこからアキさんがパクッとフェラしてくれました。なんつーか皮オナしかしてないオイラには刺激強すぎです。すぐにうおー!と悶絶。すぐイッちゃうかと思ったのですが、あまりにも刺激が強すぎてイケず。アキさんはフェラを止めてするっとモツにゴムを付けると「上がいい?下がいい?」と聞きながらジェルみたいなのをアソコ入れてます。おいらは「上がいいです」と言って、入れてみると・・・んー微妙です。正直あんまし気持ち良くなかったです。すくなからず期待していたため、急にテンションダウン。しかも動きがぎこちなく、満足に動けず・・・モツもしぼんでしまいました。アキさんが「大丈夫?」と言うので童貞カミングアウト、「えー!」とビビるアキさん。でもまぁこの惨状を見て納得したようで「じゃ、マットでしようか」と提案。おいらは一人で風呂に入り、アキさんはマットを準備しています。準備が終わると「おいでー」と呼ばれて椅子に座らされ体中をくまなく洗われます。そしてマットに横になるとアキさんがスイーと乗ってきます。これがなんか気持ちいい!急速に元気を取り戻すモツを見て「あら、今度はあたしが上になるね」とマウントポジションになって手でモツをむぎゅっと捕まれました。で、次の瞬間ヌプッとそのまま挿入!え?ゴムは?と思いましたが、これが気持ちイイ!なんと言うか・・・あったかいっすね。で、柔らかい。優しく包まれてる感じでした。おいらもオナホを使った事はありましたが、本物は違います。かなりいいっす。そんな訳でスコン、スコンと腰を動かされ、もう10回くらい動かされたら何かイキそうに。アキさんが「気持ちいい?」と言った時にはすでに発射してました。こんなに貯まってたのか?というくらいアホみたいに出して、もうなんつうか、脱力しました。んで、おいらの腹にアキさんが例の白いヤツをぶちまけ始めて「結構たまってた?」と。アキさんは脱力したおいらをまた洗ってくれて、先にベットで待機します。アキさんはアソコに指を入れてシャワーで洗ってます。なんか勃起しました。ベットでは「どうだった?」と聞かれて「夢みたいです」と答えたら「あーよかった」とハハハと笑ってました。しばらく雑談してから「もう一回する?」と言われて、今度はバックでしてみる事に。また「ちょっと待ってね」と言われニュルンとジェルを注入してから「どうぞ」と四つんばいに。ブチュッと挿入するとさっきよりキツイ!しかも動きやすい。バックっていいなぁ・・・と思いつつも、気持ち良くて楽しむよりついついスピードがあがります。やっぱり今思うと余裕がないというか、出したくて仕方がない、と言うか。すぐにイキそうになって、そのままアキさんの中で果てました。それから時間までマッタリして出てきました。アキさんは「今日は特別だから言っちゃだめ」と言ってました。ごめんなさい、書いてしまいました。でも本当に感謝、と言うか来週もいっちゃうかもしれません。つたない報告終わり。正常位は何というか・・・腕が筋肉痛になりそうでした。ちょっとまだ無理wバックはまだ動けました。お尻を掴んで出し入れ、って感じですね。腰をかなり使ったので下半身がだるいです。
8 5月

5年生の時・・・

僕はスイミングクラブに通っていてそのクラブ主催で5年生の時、サマーキャンプである島にいきました。着いてすぐにみんな競泳水着に着替えて、上にシャツ1枚となって島の探検?みたいなのに出かけることになりました。僕は買ってもらったばかりの競泳水着(スピードの黒にたくさん模様がはいったやつ)を穿いていきました。探検は1時間くらいで、旅館のすぐそばが海岸だったので、そこでまた1時間くらい自由に泳いでいいということだったので友達とみんなで泳いで楽しみました。この時は5時くらいで、6時半までに旅館に戻ればいいということだったので友達は少しずつ旅館に戻っていきましたが僕は暫くまわりから離れたところで泳いでいました。海岸にはまだ一般の客も20人くらいいました。僕の周囲には人はいませんでしたが。素潜りとかしていると、20代後半くらいの女の人が近づいてきて、僕に話しかけてきました。「誰と来たの?」と話しかけてきた女性は黒のビキニ姿の人でした。見た目普通の人って感じだったから別に恐いとも思わなかったので、そのまま少し話をしながら一緒に素潜りしていました。そこは自分の首くらいまでの水深だったので少し行けば自分の背よりも深い場所でした。僕が潜るのを見て、女の人は結構泳げるみたいね、と言って、潜るところをもう1ど見せてくれない?と言いました。とりあえず言われたので僕が潜ってみせました。そうしたら、水中に潜ったとき、誰かが僕のあそこに手で触れてきました。後を振り返ると、その女の人が僕の後にいて左手で競泳パンツの上から僕のあそこをさすりはじめました。水面に顔をだしてからも、僕の後に密着してきて競泳パンツの上からあそこをさすられてました。「君、オナニーは経験済み?」と聞いてきました。僕はその時まだ知らなかったので、返事ができませんでした。「まだ知らないか。小学生だよね。大人になったらすることになるから、ちょっとだけ・・」と言い、僕の水着の左右を掴んで上に引っ張り上げられ、ブーメランのようにされてしまいました。それから競泳水着を掴まれたまま水着を上下に動かされ、後は食い込まされたり、前はあれにこすれたり、を2分くらいされました。「かっこいい競泳水着だねえ、もっとお尻に食い込ませて穿いたら、もっといいよ。」と言って女の人は楽しんでいるようでした。時々パンツの上からあそこをさわって何かを確認しているようでしたが・・僕は少しずつ変な気持ちになっていきましたそして、今度は僕の両足の間から手をとおしてきて、僕のあれをがっちり握ってきて、指先であそこに触れられてしまった次の瞬間、激しい快感が僕を襲いました。あそこの先から何か勢いよく飛び出すような感じでその場に立っていられないくらい気持ちよかったです。「ウフフフ、競泳水着を穿いたままイッチャうなんていやらしいね。」と言われました。そして「中はどんな感じなのか、」と言って僕の競泳パンツの中に手を入れてきました。恥ずかしいから、止めてって言うと、「こんなエッチな子はおしおきしなきゃね」と言い、僕のパンツを脱がしてきました。脱がされる時、一度上に引っ張りあげられてブーメランみたいに食い込まされてから、少しずつ脱がされてしまいました。体にはりついていたのですが、一気に下までおろされてしまい、その時は本当は恥ずかしいはずが、なんかおろされた瞬間気持ちのいい、快感みたいなのを感じてしまいました。水中で脱がせた僕の競泳パンツを両手で広げて「男の子の競泳パンツって、なんか私のビキニみたいね」って、喜んでいました。競泳パンツを広げて、最近の小学生ってこんなの穿いてるのだ、なんかエッチだねえ。結構これ小さいけど、よくこれであそこを隠せるねえ。と言いながら、パンツの中をのぞいたり、股のあたりを確かめたりしていました。そして、女の人は水中に顔を入れて「あれ?まだ出ないのか?そうかはじめてだもんね。」って驚いていました。それから今度は直接あれを握られて、激しくさすられて、イカされてしまい、なんかその日は何があったのか、よくわかりませんでした。
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード