mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

20 8月

家庭教師と初体験

 6年前の夏休み。中学3年生の時初体験。

 相手は大学生の家庭教師です背が高く格好良く私の憧れの先生でしたが 暑かったからキティ柄入りキャミソールワンピース(ノーブラで薄い生地)で授業を受けていました。

  「先生 ここが分からないですけど」
 先生は優しそうな笑顔で「どれどれ まみちゃん是はこうすればいいんだよ」
 私に急接近する先生の横顔を見つめていたら胸の鼓動が激しくなり下半身が熱くなり、股間が気持ち良く成ってきました。オナニーの経験はあったけどオナニーをしなくても気持ちが良くなる事に気が付き、これが恋なんだなと思いました。

 私は冗談で少し先生を困らせようと思って、着ていたキャミソールのヒモを肩からわざとずらし小さく膨らみ掛けた乳房が見える様にしました。

 先生も気が付き、先生の視線は私の胸元。私も大人に負けないくらいの色気があるんだなと思っていたら「おいっ。まみちゃんのオッパイは小さいな。はははははっ」と爆笑するではないですか。

 思春期が始まった傷付く年頃の私は反抗的な態度で「先生っ、まみは怒った。大嫌い。先生帰ってよ。もう来ないで」と謝り続ける先生に心でもない事を言ってしまいました。

   先生は静かに立ち上がり「ごめんね もう・・・来ないから・・次はから別な先生が来るからね。本当にごめんね」と振り向いて行きました。
 私の瞳からは大粒の涙が溢れて、いつの間にか先生の背中に抱き付いて「先生、帰らないで。帰らないでまみが悪かったから。先生」
 先生は私の両肩に手を遣り「そんなに泣くなよ 分かったから分かったら」と優しく私を抱き寄せました。

 先生は泣いている私の唇にキスをしてきました。私の身体は先生を受け入れていて頭中はポーとなって、始めてのキスに息を止めていました。
 息はいつするんだろうと思っていたら、先生の舌先が私の口内に入って来た時にあそこからジュワと濡れてくるのが分かりました。

 心臓の鼓動はドキドキと激しく鼓動を打ち、先生の手が私のパンツの中に入って来て、私は先生を見つめながら首を左右に振り先生の腕を両手で押さえました。でも15歳の私の力ではどうにもなりません。

 先生の指が私のクリちゃんに中に入って来て、指先が冷たく感じたけど凄く気持ちがいいでした。
「まみちゃん ほらっ もうこんなに濡らして、いけない子だね。」と私の目の前にベトベト愛液が糸を引いた指先を見せました。

「嫌っ、先生。まみ・・恥ずかしいよ。先生っもう・・まみは嫌だよ・・」と言うと先生は私のワンピースの中に顔を入れてクリチャンを押し広げる様に舌先で舐める回すではありませんか。

「先生 駄目っそこは オシッコの出る汚い所 舐めないで」
 違う快感に私は「あっはあっうあぁぁぁ。うふんあふん」と自然に甘声が漏れました。

 下半身からは先生の舐め回すイヤらしい音がしました。
 その時先生が「まみちゃんは15歳だね。昔はお嫁行って赤ちゃんを産んでいたんだぞ。」
・・・・・・後は恥ずかしくて書けません・・・・ゴメンナサイ・・・・

 先生のお蔭様で今は名門私立高校に入りました。もし先生がこのカキコを読んだら遊びに来てください。

20 8月

義弟

義父が急に入院することになってしまいました。

入院中は、義母が付き添いするので、夫の実家はお祖母ちゃんと義弟だけ。

そして、専業主婦をしている妻の私が家事とかのお手伝いに行くことになりました。

夫の実家は少し遠いところにあり、夫は仕事なので、私一人で行く事になりました。

夫と住んでいる家からは車で三時間くらいかかるので 、泊り込みです。

お手伝いにいって、3日目くらいのこと。

おばあちゃんはデイケアに行ってて、高1の義弟は部活。

夫と義理の弟は10歳以上、年の離れた兄弟です。

私はお昼ご飯の後、疲れてちょっと昼寝しちゃいました。

寝ているとなんだか息苦しくて、誰かが上に乗っかっているみたいでした。

それにシャツの中に手を入れて、おっぱいを触って悪戯しているんです。乳首をイタズラしたり、揉んでるみたいでした。

寝ぼけていた私は、夫がいたずらしてるのかな?って思ったけど、そーいえば、ここは夫の実家だ!

と気がついて急に怖くなりました。

薄目を開けてそっと見てみると、義弟でした。

義弟は寝ている私にのしかかる様な感じで、夜這いをし、シャツを捲り上げて、おっぱいを揉んでました。

まだちょっと寝ぼけ気味の私は、心の中で「ヤバイヨヤバイヨ」となぜが出川の物まねをしつつ 、頭も回らなくて、
とりあえず寝たふりをしていました。

義弟は手のひらで両方のおっぱいを包んで、ちくびを転がしながら揉んでいます。

時々、おっぱいの谷間に顔をうずめて、すーうっと匂いをかいでいるみたいでした。

どうしよーって困ってたら、義弟はとうとうスカートをめくって、パンツの中に手を入れました。

義弟はどこをどうしたらいいか、わからないみたいで、指ででおまんこをなぞったり 、ヤミクモにいじっています。

そのぎこちなくて、まどろっこしい指使いに興奮してしまって 、自分でもおまんこが濡れてくるのがわかりました。

こんな状態で濡れちゃったのがばれたら、ヤバイーって心配してたら、指が動くたびにぷちゅんぷちゅん、
とHな音がしはじめちゃって、濡れたことに義弟も気づいたみたい。

手マンをようやく辞めてくれたのかな?と下着から手を抜いたと思ったら、一気に足首まで下着を脱がされてしまいました。

「ごくん」とつばを飲み込む音が聞こえて、義弟の息がおまんこにかかり 、義弟は私のおまんこを指で開いて
じっと見ているようでした。 ますますジュンと感じて濡れてきてしまいました。

ここも匂いをかいでいるようで、指で確認するように私の愛液を触って 音を立てたり、舌でちょんちょんつついたりしていました。

直接見て入り口がわかっちゃったのか、いきなり指をずぶーっと入れられました。

私は思っても見なかったことに、「あ〜ぁん」と腰を反らして反応してしまいました。

義弟はびっくりして指を抜きました。私が身を起こすと

「お、お義姉さん起きてたの?」

とかなーり動揺しているみたいでした。

「あんなに弄り回されたら、目がさめちゃいますよぉ」

と言うと

「ごめんなさい。」

と謝って、しゅーんとしてしまいました。

「もうーアナタのお兄さんの妻なのよ。兄嫁にそんなHな事して」

とちょっと私は怒ったフリをしました

でも夫の高校時代を見ているみたいで、可哀想&とっても可愛くなってしまい

「今日だけ許してあげるから。お義姉さんも気持ちよくしてもらったし!」

というと、「気持ちよかった?」と、ぱっと顔を明るくして聞いてくるので笑ってしまいました。

「でも、アソコはもっとやさしく触ってくれないと。」

とちょっと怒ったように言うと、「こんな感じ?お義姉さんをもっと気持ちよくしたいから触り方 教えてください」

と おずおずと指を伸ばしてきて、おまんこを触わります。

「もうちょっと力を入れてもいいよ。それからお姉ちゃんはこの辺をこうすると気持ちイイの」

と 義弟の指を持って、入り口や陰唇とかのいじり方を教えてみました。

今度はクリの位置を教えて、「こうやってなで上げるみたいにコスって。」 と触らせました。

「初めての女の子だったら、最初のうち中は感じないから、ここからかわいがってあげてね」

とまるでエッチな性教育するように教えながら、クチックチッといやらしい音を立てながら イイ感じにおまんこをさすられたり、
いじられたりして私はどんどん喘いできちゃって、喋れなくなってきました。

「おねえさん、俺、もう我慢できないっす、入れてみたくなってきちゃいました」

と義弟が言うので 、「仕方ないなあ、今日だけよ。」という約束で夫の弟と近親相姦。まあでも血はつながっていないし、

イケナイ妻と思いながらも可愛い義弟に筆おろししてあげてあくなちゃって、ゴムを出してきてつけ方を教えてあげました。

足を開いてオチンチンを入り口に当てて、「腰をこうして、いれてごらん」

っていうと 童貞の義弟はずずん!と突っこんできて

「はぁ〜」

と気持ちよさそうな息を漏らしました。

いきなりガンガン腰を動かし始めたので、両足で腰を抱え込んで固定して

「中はどんな感じ?」

と童貞喪失の感想を聞いてみました。

「あったかくて、すげーやわらかくて、ヌルヌルしてて、いやらしいんです。もぉ、たまんないっす。」

と ハァハァ切羽詰っちゃったようすだったので、足を離してあげました。

義弟はもう、夢中で腰を動かして、テクも何もないけどがむしゃらな腰使いがかわいくて
私もなかなか気持ちよかったです。

でも、義弟は「あー」と声をあげて、急に腰の動きが止まったかと思うと、どくんどくんとあっけなくイッてしまって、たくさんたくさん私の中に放出しました。

ふふふ、可愛い義弟の初体験は私だと思うと、胸がキュンっとしてきました

そして入れたまま私の上に、かぶさってきたので頭をなでてキスしてくれました。

さすが若いだけあって復活が早くて、「今日だけはいいんですよね?」と その日のうちに、あと3回もSEXしてしまいました。

(生意気にその日の晩も、また夜這いまでしてきました、そこでまた3回、合計6回も私の中に放出しました。)

そんな義弟も去年の冬、彼女ができたらしいです。

筆おろしして、手とり足取りエッチを教えてあげた事が役に立ってるといいんだけど。

20 8月

父親と娘の関係

登場人物の紹介から

まずは投稿している私。年齢は46歳。とある会社の会社員。名前は敏明。
もう一人。一人娘の彩香。年齢は20歳。中学からいわゆるエスカレートで進学して今は女子大生。中学からずっと女子高。
で、実は5年前から私と娘は2人暮らし。理由は、妻が病気で亡くなってしまったから。

もともと、娘とは仲良し親子ではありましたが、妻が亡くなってから、微妙な距離感ができていました。
しかも、あることがきっかけで、その距離はさらに遠く。
それは私が自分の部屋でエッチビデオ見ながら下半身丸出しでオナニーをしていたとき。娘が学校から帰宅していたのに気づかず、ビデオの世界に入り込んでしまい、私の使わなくなってしまった下半身を自らの右手で慰めていたのを、娘が見てしまったこと。もちろん声が漏れないように、ヘッドホンはしていたのですが、逆にそのことで、娘の帰宅に気づかなかったため、娘が私の部屋へと向かってきて、部屋の扉を空開け、見てはいけない父親のエロ姿を見てしまったのです。
最悪だったのが、父親と娘の近親相姦モノで、私が右手を動かしながら、あろうことか「彩香、、。彩香、、、。お父さんが、彩香のこと気持ちよくしてあげるから、、、。他の男に彩香の処女はささげたらいけないよ!彩香!!」なんて、口に出してしまっていたものだから。最近オナニーのときはいつもおかずは娘の彩香ではあったのですが、その場面を娘に見られたとあってはもうアウトでした。
それが2年前。娘が大学進学が決まり、少し、親としても一安心したことで、それまで我慢していたことが、一気に吐き出されたのでしょう。
それからというもの、同じ屋根の下にすごしているにもかかわらず、定型文的な会話以外ほとんどなくときが過ぎていきました。彩香はそれまで、女子高だったこともあり、男の影はまったくなく、純情な女の子的な子でした。それが、少し色っぽいというか、大人の女性を意識したような服装だったりが見られるようになり、帰宅時間も遅くなることも出てきました。おまけに、そんな目で見るからなのかもしれませんが、娘が急に妻を思い起こさせるような、むっちりとした、豊満な男をそそる身体つきへと変貌していくのがわかりました。高校1年のころ盗み見したときは確かCカップのブラだったはずが、大学生になり3年が過ぎ、Fカップへと成長していたのです。やはり妻の遺伝子の入った子だしそうだよなあと思うと同時に、彩香のFカップを誰かも知らない男が、、、。と、勝手な妄想をしていました。

それが、5ヶ月前の暑い夏のこと。その日は娘が朝から帰りが遅くなりといって出かけました。サークルの食事会があるといって出かけました。学校のサークル仲間とだから、女子ばかりだといって出かけました。でも、服装は男を誘うような露出の高い服装で出かけていきました。私は、今日は大丈夫だろうと、あの日と同じように、部屋で下半身をさらけ出し、悶々としていました。もちろん、あの日と同じ、父親と、娘の近親相姦モノのビデオをおかずにしていました。その日は、妙に興奮し、1度どころか、2度目も勃起させ、搾り出すように精液を出しました。
そして、3度目。2度も出したのに、私の下半身はまだ元気でした。そして、あの日と同じように、娘の彩香が私の部屋へと入ってきて私のエッチな行為を後ろから見ていたのです。ヘッドホンをしていたし、目線も画面に釘付けでしたので、いつ入ってきたのか、いつから見られていたのか、まったくわかりませんでした。
「お父さん!何やってるのよ!年頃の娘がいるというのにわかってるわけ?そんなにやりたいんだったら、いい人見つけなさいよ!いつでも出て行ってあげるから!そしたら毎日できるでしょ!」
「彩香!違うんだよ!お父さん、、、。彩香と5年前から2人の生活が始まって、こんなにしっかりした大人の女性に成長してくれてうれしいんだよ、、。でも、、、。彩香を見ていると、お母さんを思い出してしまって、、、。彩香がだんだんお母さんに似てきて、、、。それが、今度は彩香自体が欲しくなってきてしまって、、。わかってる、、、。お父さんと彩香がそんな関係いけないこと、、、。わかってる、、、。」
「お父さん、、。だめに決まってるでしょ!お母さんに似てるって言う理由だけで、お父さんと、私が、、、。できるわけないじゃん!」
「彩香!お前が本当に男と付き合うときに、そいつが初めてとかじゃなく、お父さんが彩香に、どういうものなのか先に教えておきたいんだよ、、、。わかるか?産まれてからずっと大事に育ててきた1人娘なんだよ。しかも、5年も私1人で育ててきたんだよ、、。最近彩香が一気に色っぽく、大人の女性になってしまったように見えて、ひょうっとして、男ができたのかと思って、、、。お父さんもう毎日耐えられないんだよ!」
「お父さん、、、。そんなに彩香のこと好き?お父さんこそ、新しいお母さんの候補がいたりしない?彩香以外の女性で気持ちよくなったりしてないの?」
「そうだよ、彩香のことだけを思って、お父さんオナニーしてる。今日なんか、彩香がそんなにむっちりした身体を露出するような服を着て出かけるもんだから、本当は男とデートで、いっぱいやって帰ってくるんじゃないかと思って、さっきからもう2回も出したんだから、、、。でも、まだ足りないんだよ、、、。こんなにお父さんの下半身、元気いっぱいなんだよ、、、。わかるか?」
「お父さん、、、。すごい、、、。彩香、、、。わからないけど、、、。すごくうれしい、、、。お父さん、でも、安心して、、。私、、。まだ男性を知らない身体だから。あの日お父さんが私の名前を叫びながらオナニーしてた。あの日から。最初の男性はお父さんって、決めてたの。あの時、実は同級生の彼氏がいたの、、。彼氏からもうそろそろいいだろって、、、。でも、私断った。そしたら彼氏が他に誰がいるんだよ!って怒った。私は、、、。そのとき、最初の男性はお父さんって決めてるの、、、。って、いっちゃったの、、。もちろん、馬鹿にされた。好きにしろっていわれて別れた。でもいつか、こんな日が来ると思って、、、。」
「彩香、、、。いいんだね。お父さんと彩香は親子。いけない関係なんだ。それでもいいんだね。」
「お父さん、、、。今まで、、、。ずっと、ろくに会話もせず、冷たい態度をとってしまって、ゴメンナサイ。本当はいっぱい、話したかった。一緒にいろんなとこ行きたかった。でも、無理だった。でも、今日からまた昔みたいにいっぱい仲良くして、、お願い、、お父さん、、。」
「彩香いいんだよ。年頃の娘の前でそんなことしたお父さんがいけないんだ。彩香、、。でも今日からは違うよ、、、。彩香はお父さんが、大人の女にしてあげるから、、。いいね、、、。彩香、、。じゃあ、お父さんと同じように、裸になって、お父さんの目の前に来なさい。彩香の大人になった、むっちりと豊満な身体見せてくれ」
娘の彩香は服を脱ぎ始めた。ミニのワンピースを、両手で裾から捲り上げると、下からまだまだかわいいピンクのフリルの付いたショーツがまず覗いた。さらに、同じピンクのブラは、胸の谷間にワンポイントのリボンが付いていて、これまたかわいかった。ただ、サイズがどうも合っていないのか、ブラから彩香のおっぱいはこぼれ落ちそうになっていた。ワンピースを捲り上げると、その勢いなのか、右のおっぱいだけがブラからポロリとこぼれてきた。
「彩香、、。本当は、彩香のおっぱい。Fカップより大きいんじゃないか。収まってないじゃないか?今度から、お父さんがネットで調べてちょうどいいサイズを探してあげるから、、、。見た限りでは、Gカップは確定だな、、、。お母さんそっくりだよ、、、。もっとこっち来なさい、、、。お父さんの手のひらで、サイズを確認してあげるから、、、。」
20歳の娘のおっぱいは柔らかく、弾力があり、いつまでも触り続けられるものでした。
「お父さん、、、。彩香、、、。おかしくなっちゃう、、、。すごく、、気持ちいいよ!お父さん、、、。」
「もうこんなに、乳首硬くしてるじゃないか?彩香、、、。本当はどスケベな女の子なんじゃないのか?初めてとは思えない最高の感度してる。」
「おとうさんのいじわるぅ、、、。彩香、、、。すごく気持ちいいよ、、、。いっぱいやらしいこと、教えて!」
「じゃあ、下のほうはどうかな?ひょっとしてもうぐっちょぐちょだたりして、、、。」
私は指をショーツに這わせ、娘の恥部へと動かした。もう、おしっこでも漏らしたのかと思うくらいに、ぐっちょりと濡れていた。
「彩香、、、。だめじゃないか、、、。どうしてこんなに濡らしてるんだ?」
「だめ、、、。お父さん。言わないで、、、。恥ずかしいよ、、。」
「彩香、素直でいいよ。気持ちいいんだろ?それでいいんだよ、、、。声も出していいんだよ、、、。」

こうして、私と娘は親子の一線を越えていきました。
続きはもうそのとおりです。
今でも、私と娘の関係は続いています。

Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード