mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

21 8月

女性先輩との出張

 俺が大学を卒業して、社会人4年目の時のことです。
 冬に30歳くらいの先輩の女性とある地方に出張に行きました。泊まる旅館には温水プールがあったのですが、先輩の女性から、忙しくてプール行く時間ないからこの機会にプールに入りたいといわれ、出張に水着を持参していました。先輩は化粧っ気がないですが、素は美人のようなので、俺は先輩の水着姿をみることができるのを楽しみにしていました。
 この日は早朝に出発して、現地での仕事を終え、15時くらいに旅館にチェックインしました。寒い上に特に観光したいところもないので、旅館の温水プールを利用することにしました。温水プールに行くと、平日ですので、他に誰もいませんでした。鍵をかけられる小さな更衣室が2つあったので、それぞれその中で水着に着替えました。
 先輩は青色のビキニを着ていました。胸は思っているよりも大きかったですし、ウェストも思っていたよりも細かったです。先輩と僕は、準備運動をしてからプールに入ることにしたのですが、準備運動をしている時に、先輩のワキを見ることになったのですが、ワキ毛がボーボーに生えていました。びっくりしたので少し凝視しましたが、すぐに準備運動を再開させました。準備運動を終えた後、先輩は、しばらく泳いでいましたので、同じように泳いでいました。プールに1時間くらい入っていたと思います。
夕食までまだまだ時間があるので、温泉に入ることにしました。温泉は、男女別の内湯と、混浴の露天風呂がありました。俺は、まず男湯で体を洗ってゆっくりお湯につかった後、しばらくして混浴露天風呂の方に行きました。混浴露天風呂には男女別の脱衣所があり、注意書きがあり、タオルはお湯につけないで下さいと書かれていました。脱衣を済ませた後、混浴露天風呂に行くと、誰もいませんでした。先ほどの男湯には2−3人いました。
 少しの間、露天風呂に使っていると、バスタオルを巻いた女性が露天風呂の方にきたのですが、先輩でした。露天風呂には3つの湯船があるのですが、先輩は俺を見つけると、俺が入っている湯船の方にやってきました。先輩は、「俺クン、混浴に入っているんだ。エッチ」と言いました。先輩が「恥ずかしいから後ろを向いていて」というので、後ろを向いていたのですが、その間に、先輩はバスタオルを取って、俺と同じ湯船に入りました。お湯につかった後、先輩は、手を伸ばしましたので、ワキが見えたのですが、ワキ毛はなくなっていました。プールに入った後で、処理をしたと思われます。
 結局、恥ずかしくて先輩の裸を見ることはできませんでしたが、水着姿を見ることはできましたし、ワキ毛というレアなものも見れた出張でした。

20 8月

私の初体験

私が17歳の高校2年のときの話です。

叔父(母の弟)が我が家に同居していて、当時31歳でした。叔父が入浴していると、「恵美子、恵美子」と私を呼ぶ声が聞こえました。
風呂場に外から私が「何?」と言うと、
叔父が「背中流してくれ。」と言うのです。私は叔父のことが嫌いではなかったし、まあいいかとおもって浴室に入ると

最初は背中を洗うだけだったのが、私の手首をつかみ、「恵美子も一緒に入れ。」と言われました。

私は彼氏がいたのだけれども、そういうことにも興味があったので、つい「うん。」と言ってしまいました。

私も裸になって風呂場に入ると、叔父は嬉しそうに「俺が洗ってやる。」と言って、手のひらにボディソープをつけると、私のCカップの胸をまさぐって洗いました。次に、あそこも洗ってくれました。何だか気持ちよくなってくると、「もう、ヌルヌルだぞ。」叔父が言いました。

「恥ずかしい」と私が言うと
「お前は処女か?」と叔父が聞いてきました。
こくんと頷くと、叔父はキスをしてきました。実はファーストキスでした。舌を私の口に入れてきて、なんだか頭がくらくらしました。
叔父が抱きついてきて、ソープがついたまま、体をあわせてきました。

そのまま、処女を喪失しました。お風呂から上がると、バスタオルでお互いの体を拭くと、叔父が全裸のまま、全裸の私を抱きかかえて、ベッドまで連れて行かれました。

処女を喪失したその日に叔父に1晩中抱かれました。いろいろな体位を教わって、「これからもよろしくな。」と言われました。

次の日から、叔父からはノーパンノーブラでいるように、言われて両親がいないとき、生理に日以外は必ず叔父に抱かれていました。

20 8月

ぼくの初体験

 ぼくは中2のときのことです。その夏、いとこたちと一緒に海にいったときのことです。

 いとこは1こ上のM美と1こ下のKで、いった日の夕方、「もうすぐごはんだから、いっしょに入っといで」というので、3人でお風呂に行きました。
 札をかけてはいる小さいお風呂なので、3人で入るとせまいくらいでした。KとM美はしょっちゅう一緒に入ってるらしくて、平気でかくさないで見せてました。

 3人で日焼けのあとをくらべあいしました。
 ぼくは女子のすっぱだかを見るのは初めてで、M美はわりとおっぱいもふくらんでるので、チンチンがぴんぴんになってしまいました。

 M美は「洗ったげる〜」とKとぼくを交代で立たせて、見たらKもチンチンがたってたけど、ぼくのほうが2倍くらい大きかったので、M美はびっくりして「おっきいねぇ〜」といって洗いながらさわりました。
 Kは見たいテレビがあるので、すぐに出ていって、M美とぼくの二人になると、M美は「すごいねぇ」といって夢中でぼくのチンチンをなでました。

「胸さわっていい?」というと、「いいよー!」というのでM美のおっぱいをもみました。
 初めてさわって、柔らかくてびっくりしました。おばさんが「早く出なさい」と呼ぶので、あわてて出たけど、トランクスをはいても、M美はとんがってるあそこをさわってきました。

 夜、3人で寝てたらM美はぼくの横にきて、ぼくが真中でした。
 Kはすぐ寝てしまい、ぼくも疲れて眠ってしまいました。
 夜中にふと目がさめたら、M美がぼくのをさわってるんです。
 ぼくはトランクスだけで寝てたので、チンチンが立ってテントでした。M美は、チンチンを指で押したり、つつーとなぞったりつまんだりしました。

 ぼくが動いたら、M美はあわててはなれて、寝てるふりしてたけど、何気に見たら自分でTシャツの胸をはげしくもんで、あそこもいじってました。

 しばらくしたら、またさわってきました。ぼくは気持ちよくて、じっと寝てるふりをしてたら、だんだんにぎったり、もんだりするので、ぼくはとうとうがまんできなくなって、トランクスの中にビュッビュッと出してしまいました。
 オナニーをしだしたころだったので、すごくたくさんたまってて出ました。

 ぼくはぐしょぐしょで気持ち悪いので、起き上がってトランクスを脱いで、ティッシュでチンチンをふきました。
 でも、たってたってしかたありませんでした。
 そしたら、M美が「ねえしよう」といってパンツを脱ぎました(M美も下はパンツで寝てた)。
 おたがいシャツも脱いではだかになって、夢中で抱きあいました。

 となりの部屋でおじさんたちが寝てるし、Kもそばにいるので声は出さなかったけど、はだかでごろごろ抱きあって、いつのまにか、あそこを入れあってました。
 ナマだったので、M美にいわれて出そうになったら抜いてM美の腹の上に出しました。ものすごく出て、ティッシュでふいたけどベタベタしてきもちわるかった。

 次の日も泳いで昼寝してから帰ったけど、昼寝のとき二人でお風呂に入って、中でまたHしました。
 この夏休みM美の家に遊びにいったとき、M美は高校生の彼氏とつきあってて、「Hしてるん?」ときくと「しまくってるよ〜!」と笑っていました。

 ぼくはがまんできなくなり、チンチンを出して見せると、「彼氏いるからだめだよぉ〜」といいながら、「彼氏のより立派だね!」といってさわってきました。

 胸をもむと「もう! じゃあ胸だけだよ〜」といって胸を出してもませてくれました。「Eカップだよ! 彼氏のおかげ〜」と笑うので、夢中で吸ったりもんだら、M美も興奮して、なりゆきでHをしてしまいました。ゴムを持っていったのでつけてしました。

 M美も彼氏が合宿で会えなくてたまってたらしくて、「内緒だからね!」といってもう3回、はげしくやりました。

Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード