mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

19 10月

恐怖の親子丼・その4

僕は恋人と彼女のお母様と3Pをしています。お母様は高校卒業と同時に結婚されて恋人を産まれたので若いです。また社会に出たことが無いせいか実年齢よりも10歳くらい若く見えます。恋人と並ぶと親子と言うよりも姉妹に見えます。恋人とのセックスにお母様の不倫が絡んできて3P関係が出来上がったのです。今ではこの3P関係がが当たり前になってしまいました。彼女達2人に呼ばれて夫婦の寝室の大きなベッドで毎日のように乱交を楽しんでいます。今朝も早くから呼ばれました。

僕はお母様にセックステクニックを仕込まれてそれを恋人に応用して彼女を喜ばせています。バッチリ避妊したお母様には固く立ったペニスから若い熱いタネ汁を注入して喜んで貰っています。今日は「愛撫をしていてペニス挿入のタイミングを見極める方法」を習いました。ペニスを入れて貰いたくなったら女性はどんなサインを出すかと言うお話でした。そんなお話をしながらお母様とまず一回交わりました。タップリと子種を注込めてお母様も満足されて良かったです。

一休みののちお母様にコンドームをつけて貰って恋人の体に挑みました。愛撫とクンニが進んで恋人はどういうサインを送れば良いか話を聞いていたので露骨に体をコロンコロンさせました。僕は彼女の女性器から口を離すと太ももの間に腰を入れペニスの先端を代わりにつけました。ぐっと腰を押し出して挿入し昨日習った淡々としたピストンをしました。お母様から恋人に体重をかけないように注意が有りました。慣れないうちは僕が上体を起こして正常位で交わるように教わりました。

今日も5回ずつ2人と交わりました。昨日習った後戯を思い出し両手で2人に同時にかけました。お母様にはちょうど良いクールダウンになりましたが、恋人には刺激が強いのか「ああん。また欲しくなっちゃう。」と言われてしまいました。そのあと1人ずつ女性器を綺麗に拭いてショーツをはかせました。また2人に腕枕をして3人でセックステクニックの話をしました。やはり長い年月セックスをしてきたお母様の言葉には非常に説得力がありました。恋人も頷いていました。

僕は4月から大学に通いそして卒業して就職して社会人になります。結婚まではまだ時間がかかります。それでも愛する恋人を捕まえておいて将来妻になって欲しいです。その話を真剣にしたらお母様が「娘をしっかり抱きしめてわき目を振ってはいけません。少し早いけれど良い縁談なので私も出来るだけバックアップします。」と言って下さいました。恋人も「あなたから離れてしまうなんて私には耐えられないわ。必ず結婚して子供をなして一生共に過ごすつもりよ。」と言ってくれました。

このサイトの投稿記事を遡ってどんどん読むと高校時代に良い女性を見つけてキープして結婚すると幸せになれるお話が散見されるので僕もそれに習いたいと思います。

19 10月

夫と恋人9

昨日のホワイトデーは不倫人妻の恋人とセフレをはしごしたので性欲の強い俺もさすがに疲れた。またセフレは側位でつながったまま寝て欲しいと言うのでコンドームをして分厚いバスタオルを敷いたベットで寝たが今朝になってみるとタオルは彼女の愛液でぐっしょり。コンドームは寝ているうちに何度か射精したらしく精液だめがパンパンになっていた。

急いで後始末をすると朝ご飯を食べさせて貰い7時ごろ出勤するセフレと部屋を出た。彼女には無駄に早朝出勤をさせてしまったが彼女は俺と手を繋いで一緒に出勤できるのが嬉しかったようだ。本当に良い娘だと思う。若い今は良いけれど早めに男遊び、と言っても相手は俺だけのようだが、から足を洗って好条件の男を見つけて結婚して家庭を築くと良いなと思った。

俺は自分の部屋に戻ると念入りにシャワーを浴びた。ドライヤーを使っていると人妻恋人から出動要請があった。もう子種は尽き性欲も無い状態だったが、また自転車でお屋敷に行った。彼女はセックスをすぐに始める気満々でベッドに俺を引き入れた。仕方が無いのでタップリと前戯に時間を取った。彼女は自分が恥ずかしがるところに性感をもっていっるので羞恥心と性感攻めができて結構前戯は楽しい。

前戯とクンニをして彼女のクリトリスを攻めに攻めて外イキさせているとだんだん精液が溜まって来たのか陰茎がやっと固く勃起した。彼女のぐじゅぐじゅにゆるんだ膣に挿入して膣内の感じるところを亀頭でこすっていった。彼女は今日も生姦と中出しをさせてくれた。さすがに怖くなって「妊娠は大丈夫なの?」と俺は聞いた。「愛する男性の子供を産めるのは女の特権だわ。」と彼女が答えた。

俺は不義密通の子の親にはなりたくないので明日からコンドームを使おうと思った。今日は3回の性交でペニスが立たなくなったので、それで勘弁して貰った。「あなたには他に女がいるのじゃない?」と疑われた。そこで週末に精液が溜まって苦しい事とセフレ2人と別れた現状を話した。週末限定セフレの件は俺の性欲処理に必要だと認めてくれた。セフレを妊娠させないこと恋人にしないことを約束させられた。

今日は彼女とセックスよりもベッドでのおしゃべり中心になってしまった。今日は何となく昼前には帰宅したかったので引き留める彼女をなだめて早めにお屋敷を出た。明日は汚名挽回でセックス本番を頑張りたいと思う。

19 10月

私も夫も不倫を満喫している

  デキ婚して16年して知ったことだが夫にはデキ婚する前から付き合っている女性がいる。頭に来たので隣に住む娘達の幼馴染みの正二くんを誘惑した。あっさりと私のものになった。
あれから2年が経った。
 私は久しぶりに正二くんに抱かれて満足している。私が彼の童貞を奪い、自分の男にした。
「ママ、次はあたしなの、早く代わって」
去年、産んだ長男を抱きながら18歳の長女の美佳が文句を言う。
「そうだよ、ママ。正二くんに3回もしてもらったんだから、早く代わって」
今年産んだ三女にミルクをあげながら16歳の次女の由佳も美佳に同意する。
「僕も乃佳を抱くのは久しぶりなんだからもう少しこうしていたいな」
正二くんがそう答える。
「正二くん、年下は黙ってお姉さんたちのいうことを聞きなさい」
「そうよ、あたし達の処女をあげたんただから、いうことを聞きなさい」
「あらでも私達には赤ちゃんがいるのよ」
「そんな人妻の特権を持ち出さないで」 二人の娘の声がハモった。正二くんは苦笑する。
 夫は現在単身赴任で不倫を満喫しているようであった。私は私で不倫を満喫していた。
あはは・・

Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード