mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

12 12月

騎乗位なら何回でもイケるロリギャル

24歳介護士150センチ加護ちゃん似の貧乳w見た目感度共に◎の子。この子は会うまでアドレスを教えてくれませんでした。駄目もとで今からエッチしよwと入れたらいいよ☆と気軽な返事w不細工臭がしなかったのでかなり期待しながら待ち合わせ場所へ。美人局を警戒しながら辺りを見回すと・・・いました。

炉理顔のギャルっぽい女の子wwww僕は基本的には複数回会うことはしません。よっぽどタイプな子以外は二度と会わないように決めています。こいつはセフレにしたい!!と思わせてくれるほど可愛くいい子でした。ホテルまでの道中は質問タイムです。経験人数や、今まで何人と会ったのか。

彼女は愛想よく答えてくれました。サイトをやってるのは「自分に自信がないから・・」など一部ネガティブな発言も有りましたが、基本的にはかまってチャンの暇つぶしです。部屋を選びエレベーターへ。エレベーター内では必ずキスをします。舌を入れるとすぐに舌を絡めてきました。密閉された空間で唾液の絡まるくちゃくちゃと言う音が興奮を誘います。

加護「こんなとこでキスするなんてぇ・・」と甘えてきます。後ろからお尻とマンコを触りながら部屋へ。扉を閉じた瞬間からまたキスの時間です。加護ちゃんはキスがお好きなようで。長いキスの後は「フニャーってなるぅ・・」とよく言っていました。ちょっと関西なまりのイントネーションです。

キスの後は口を半開きにしているのが印象的でした。ベットに移りキスをしながら服を脱がす。貧乳だが形のよいおっぱいと乳首にご対面wウエストもめちゃくちゃ細くてホントにお人形みたいに見えました。乳首を摘みながらキスを続ける。

んっ・・んぅ・・・と喘ぎながら乳首を硬くする加護ちゃん。耳をなめながら「硬くなってるよ」と言うと「ダメェ言わんでぇ・・・」とお決まりの回答ww加護ちゃんを押し倒してショーパンを下着と一緒に一気に脱がす。脱がされる瞬間の加護ちゃんは顔を手で覆っていました。

恥ずかしがる姿を見ながら無視してマンコをご開帳www「恥ずかしい?!」などのたまっているのを無視して顔を隠している手をベットに押し付け顔を目の前に持ってくる。

俺「濡れてるけど?」
加護「だってぇ・・・」
俺「30分前にあった男の前でマンコ見せて恥ずかしくないの?」
加護「・・・」
俺「加護は変態なの?淫乱なの??」

加護ちゃん顔真っ赤。泣きそうな顔で目をつぶる。つぶった瞬間に唇を当て舌をねじ込む。「んっ・・んー」と喘ぐ加護ちゃん。手マン開始。ただここでは指を入れず割れ目をなぞる程度。じらしプレイ・・大好きなんです。この辺りから加護ちゃんの受け答えが曖昧にwあそこはヒクヒクしてくるし、透明に光る液体がこぼれてくるしと限界が近い様子ww

加護「さわってぇ・・」
俺「どこを?」
加護「・・・」
俺「どこ?」
加護「あそこ・・」
俺「わかった」

アナルに指を入れました加護「ち、ちがっ・・!」全部言われる前に唇を塞ぐ。人差し指を入れていたからマンコには親指を入れておきました。案の定ぐちゃぐちゃでヌルヌルでした。あまりにもきつそうなのでアナルはすぐやめましたが、マンコはいじりっぱなし。膣の壁をこするようにぐりぐりと。クリも同時にこするのが気持ちよいようで声がだんだんと大きくなる。

ここまでくれば加護ちゃんはもう好きにして・状態初挿入は正常位。もちろんキスしながらさーwマンコはキツキツ。やっぱり体の細い子は穴も小さいのか?そんなことを考えながらパンパンしてた気がする。体重40キロの加護ちゃんを上に乗せ腰を振らせる。

ピストン運動・・・ではなく腰をこすりつけるって感じ??限界まで奥まで入れて腰を擦り付ける動きww骨がすれて痛いwwwwでも加護ちゃんそっから30秒でイッチャッた。その後は、仁王立ちしながら膝まづいてのフェラ↓頭つかんでイラマチオ↓ぐちゅぐちゅしながらそのまま口内射精↓ごっくんの基本コンボで一回戦終了。

聞けば加護ちゃん、上に乗ると何回でもイクから乗りたくないらしい。次の日に連続で5回イカせて失神したのはまた別のお話。この子はダントツで可愛い子でした。昨年の夏からの付き合いでしたが、先日別れを告げられたため非常に印象の深い子です。あっちなみに加護ちゃんBカップです。

体が細すぎるのがコンプレックスという世の女性の敵のような女性でした。家出ガルネルでもロリギャルは中々見つけるのが難しいので彼女以上の子は今後中々見つからないと思っています。
12 12月

結婚すると女は尻軽になるのか?

主婦と友たちになった。警戒心がまったく無いののか、すぐにメアドと電話番号を交換しようと主婦から言ってきた。そしてメールや電話でたまにテレフォンSEXやエロい写メなんか送ってもらってオナネタにしてたんだけど、ある日旦那が、出張中なので羽を伸ばしたいという。

60キロほどの距離を高速を飛ばしてやってきました彼女の自宅の近くです。実際会うとなるとドタキャンの可能性もあるな?って想像もしていたのでおそるおそる「着いたよ!」と電話で伝えるとやってきましたロングヘアーでキュートなミニスカートにブーツの女性が!赤ちゃんを抱いて!!この時点で普通ならテンションが下がりそうですが私には想定内の出来事でした。

早速彼女と赤ちゃんを車に乗せて近くの公園の駐車場に行きました。他にも車が停まっていて人の気配もあります。気にしませんけどね。簡単に自己紹介を済ませて赤ちゃんをいたわる感じで彼女の座っているシートを優しく斜めにしてあげました。抱っこしたまま赤ちゃんを寝かしたので、彼女の横に座って話しながら話を下ねたにもって行ってみたら意外にも反応が良いので早速行動開始です。

まずは奇麗な髪やヘアースタイルを褒めて奇麗だね?♪を連発!!気分が良くなってきたところで髪をかきあげながら耳の下半身のつぼをつまんでみたら「耳は弱いの!感じちゃう?♪」とかな?り感度が良いことが判明!!ここぞとばかり赤ちゃんを抱いて動けない耳の性感帯を攻撃しまくりました。

自分の経験上これくらい感じてくればあそこはヌレヌレに違いないと確信して思い切ってミニのスカートの中に手を滑らせました。なんと生足です。見た目のスレンダーさと違う印象の太ももの内側のむちむち感が最高です!!取りあえずあそこをパンティーの上からクリちゃんをいじめるべく触りまくりです!パンティーの上からでも分かるいやらしく湿った感触が指にも伝わってきます。

彼女は赤ちゃんを抱いたまま耳とあそこの愛撫で目もうつろで声がいやらしくエロエロになってきます。パンティーを少しずらそうとしたら腰を浮かして協力的な彼女に感激して、思い切って全部脱がしてあげました。ブーツも脱がしてオマタ全開です!赤ちゃんはまだ寝たままですが彼女の声で赤ちゃんがいつ起きても不思議じゃないくらいに彼女は喘いでます。足を開いて腰を自分の方に引き寄せると薄明かりに光って見えてるお○○こがびちょびちょです。普段は女の人のあそこを舐めたりはしない俺ですが今日はなんだか違ってました。

興奮が高まるにつれて彼女のキュートな可愛さと赤ちゃんを抱く母の優しさとあそこをいじめられて我慢出来なってる女の部分が愛おしくなって、思いっきりしゃぶり着いてしまいました!彼女のあそこはほとんど匂いが無く、うっすらとお風呂上がりのほのかな石けんの香りがしていました。心の底からあそこを舐めて「美味しい!!」と初めて思えました。彼女の感じる声がだんだん大きくなってきているようで、赤ちゃんが少しぐずり始めました。

赤ちゃんが起きちゃったら気持ちが冷めて合体出来なくなってはいけないので、早速自分もジーンズを脱いで下半身裸になりました。なんだか興奮しすぎて中学生の様にギンギンです。さらに自分の方に彼女の腰を引き寄せ、赤ちゃんを二人がサンドイッチにするように抱き合いながらキスしました。彼女が狂おしいほどの悶え様なので、ためらうこと無く自分の性器を彼女の濡れた性器の中に突っ込みました。

濡れたあそこは意外にも締まりが良く、途中に狭い部分があったのでさらに俺のあそこも更なる快感にこれ以上に無いほど大きくなってました。奥まで一気に突き回されてあそこに快感が走った彼女は、赤ちゃんを振り落としそうに悶え始めました。耳の愛撫に濃厚なキスに合体しているあそこにおっぱいまでいじめられて気が狂いそうになっている彼女は足を俺の腰に廻しました。

腰を振ってずんずん突きながら子宮のこりっとした部分に先っぽを当て快感に酔いしれていると、もうそろそろって感じで射精感が近づいて来ました。彼女から生理の時期も避妊状態も聞いてないので…。

このままで中出しはまずいよなーって理性が働いて射精の瞬間に抜いて外に出そうと思ったのですが、腰に廻された彼女の足と赤ちゃんをサンドイッチにした体制で赤ちゃんを潰さないように支えていた腕の疲労で全く腰を引けないまま思いっきり中で精子が出ちゃいました。

出ちゃったらしょうがない!せっかくなのでさっきこりこり当たって気持ち良かった子宮の入り口を探して残りの精子を子宮の中に届けようとドクドク出しました。自分の人生の中で最高にエロティックで背徳の凄い快感が体中に走りました。射精の瞬間彼女は足を絡め俺の腰を引き寄せるように射精を受け止めていました。たぶんあの凄い快感は彼女にも走ったんだと思います。

中出しした後も体制が立て直せないのでずーっとそのままで奥に突き立てたまま彼女の耳元に話しかけました。

「中に出しちゃったけどごめんね。あまりにも気持ち良くて抜くのが間に合わなかったよ!」と囁くと、快感の余韻を肩の動きや息づかいに残しながら「ああ?ん赤ちゃん出来るかも…。」とつぶやき涙ぐみ始めました。抱き締めながらあそこを引き抜くと、信じられないくらいの大量の精子が溢れてます。

腰を引き寄せていたせいで溢れた後にあそこが自然にぱくっと開き、薄明かりの中で中に溜まった精子が彼女の膣口から子宮まで満タンになってたぷたぷしながら潮が満ち引きしている様に見えてます。最高です!!一生忘れられない光景です。

赤ちゃんがぐずったり静かになったりでハラハラしてましたが、結局セックスの邪魔になることはほとんどありませんでした。赤ちゃんを抱いてて彼女の体の自由度が少なかった分、かえって事がスムーズだった気さえします。

彼女は小さい声で「もし妊娠してたらお願いします。」と言って涙ぐんだままあまり話してくれなくなり、家の近くに送るとそのまま車を降りて別れました。それから人妻ハンモックも退会したので連絡はとっていませんww
12 12月

出会い系で年下の男の子を食いまくる肉食な私w

タイプは、弟系で母性本能をくすぐるタイプの可愛い顔で、素敵なお姉さんを演じてみたら、一人の若者Aが食いついてきたw

家出ガルネルで食いついてきた若者Aが「相談にのって欲しいこと色々あるので聞いてください」と可愛いではないか。よしよし、お姉さんが相談でもちんこでも乗ってあげよう。でもタテマエ飲みオフってことで特にスペックや写メは交換せず、約十日後にサシオフ決定。

たまには遠くから相手を観察してみようと思うも家出ガルネルで待ち合わせた場所が混雑しててとても無理。素直にお互いの服装をメールしあい普通に探す。聞いた服装がダサめっぽい気がしたのでちょっと不安。でも現れたのはごく普通でダサくもなくオサレでもない大学生風の若者でした。

TAKE2の深沢そっくり(以下深沢)で身長低め(165・52)ぜんぜん可食範囲です。あくまで飲みオフだけどね!新宿は全然わからないと言うのでてきとうに個室居酒屋へ連れ込む。

都会に住んでいながら、新宿知らないって一体どんなつまらない生活してるんだ!まずはとっかかりとして相談事とやらを聞くことにしたが、深沢は転職関係で悩んでるらしく仕事の話一色に。畑違いなので正直アドバイスの仕様がないが頑張ってしゃべりまくる私。

なんか部下と飲んでるオヤジみたいなノリになってくるが、ひょうたんから駒的にいいことを言えていたようで感謝され「さすが人生の先輩って感じですね!今日来てよかったです!」と言われる。

おい私!ダメだよこれじゃ!エロイ雰囲気にならないじゃん!深沢はとっても真面目で、お勉強もよくできる良い子ちゃんぽい。勝手が違っててやりづらい。共通の話題もなく、相談事が終わると話すことがなくなる。エロ話ができるタイプではないので非常に困る。なのでひたすら食べて飲んで店をハシゴ。

ひょっとしてチェリーか?とも思える草食系男子の雰囲気の深沢だったが、大学時代は彼女がいたというのでとりあえず経験はありそう。「家が遠くて終電が早いので11時まで」とかぬるいことを言っていた深沢だが「明日休みだしいいじゃん、朝までつきあってよ!」と酔っ払い姉さんと化した私のごり押しに負けたのか承諾。

「じゃあ酒買ってホテルで飲もう」とさりげなくセックスを決定する私。深沢は別に抵抗しなかったので合意です。慣れ親しんだ歌舞伎町のラブホ街まですごいスピードで引っ張っていきORIONにイン。運良く空室アリ。

近辺のホストクラブがクローズする午前1時を過ぎると、この辺のラブホはあっという間に満室になるようなのです。この時点で私はかなり酔っ払ってました。もともとそんなに強くないのに、ハイピッチで飲みすぎた。さっさと風呂溜めて、さっさと一人で入って、なぜかお湯抜いて出てきました。

なので深沢はシャワーのみ。寒いって言ってた。で、ラブホガウン(ここのは厚手のタオル地で気持ちいいです)でベッドに倒れこむと、深沢も無言で隣に来て、ちゅう?ってキス。あんまうまくないが、こっちも酔ってるのでけっこうどうでもいい。

とりあえず必須のフェラ。細身の14センチくらいだけどカリ高でカッチカチです。よっしゃ!で、ゴムつけてあげて、跨って腰を振った・・・はずです。この部分あまり記憶がありません・・ホント酔ってました不覚です。だけどクリ触られて気づいた。

こいつ爪切ってない!言語道断。「爪痛いよ!」って手を掴んで即刻やめさせた。「かわりに舐めて」ってクンニさせたら、何も言わないのにアニャルまで丁寧に舐めてくれたので許しました。正常位で突かれたとき奥に当たって良かったんでめっちゃ声出したら「痛い?」と心配そうに聞く深沢。そのくらいのちんこで痛いことあるかい。

「当たって気持ちいいぃ」と言ったら「玲奈さん、やらしい」って嬉しそうに言ってた。「後ろから入れてぇ」って言ったときも「玲奈さん、やらしい」って嬉しそうに言ってた。いいからお前もなんかやらしいこと言え。でも終始ほほえみながら私の頭を撫でてたのが印象的。癒し系セックスなのかも。

挿入してから30分くらいやってて私は逝ったんだけど深沢は酒飲んでるせいか出ない模様。遅漏バンザイの私ですが、どうにもこうにも眠くなってきちゃって午前3時半ころ中断して寝た。7時ころ、先に目覚めた深沢にちゅうされたりおっぱい舐められたりして半分寝ぼけたまま朝の部スタート。

やっぱり逝った翌朝のセックスはいいです!子宮口が下がってて準備万端な感じで当たりまくりです。また「痛い?」と聞いてくる深沢。私のまんこはそんなヤワじゃありません。遠慮なく突くがいい。あれ?ゴムつけた?と聞くと、しっかりついてた。

というか昨夜のゴムがついたままだったのでした。寝てる間も萎えなかったんですね。若いっていいですね。この朝もけっこうな遅漏君で単調な動きながらカッチカチので長時間突かれて満足させてもらいました。かなり眠かったので騎乗位はしないで正常位でごちそうさま。

「寝不足にさせてしまってすみませんでした」って真面目なメール来ました。あ、返事してないや。男は黙って深爪!あと、ホテル代ワリカンできるくらいのお金は持っとくといい。男子たるものいかなる場合でも「万が一」に備えることは必要だと思うんだな。
最新体験談
Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード