mako1988

私たちのエッチな体験談

私のエッチな体験・皆のエッチな体験、ネットで拾ったエッチな体験の話をいっぱい掲載

21 1月

たえ

この間遠距離恋愛中の年下の彼とホテルでエッチした時。
彼の失態で私は怒っていた。エッチなんかしない。と思っていたけど、
彼のしょんぼりした顔みると可愛くてついつい、、

彼が私をベッドに押し倒し「ああ、ずっとこうしたかった・・・。」と抱きついてきた。
「待って、スーツ皺つくから・・」と私がうろたえると
「どうせすぐ脱がせてあげるから・・・。スーツ姿がたまらない。」ともうハァハァしてる様子。
可愛すぎ。
ジャケットの中からキャミをたくしあげて胸をもんできた。
手前には大きな鏡があってなんか照れた。乱れた衣服の自分をみて興奮してしまって・・。

「あぁ・・おっぱい大きい・・おっきい・・」
と胸をもんできた。
「ダメよ・・。」とかいいながら私も・・・。

サラサラの髪に細いフレームのメガネ。顔は幼いのに体は大きくて、手が長くて綺麗・・。
白いシャツが似合って、細い一重の瞳がまたなんともいえない。
ストイックな印象なのに、実はすごいエッチ好きなとことか。たまらない。

彼が私のブラをぐいっと下げてきた
「たえサンのおっぱい綺麗・・。乳首大好き・・」と言って私の乳首をコリコリっとつまんできた。
「あん。。」
乳首つままれるとたまらない。。
「舐めて良い?ねぇ、なめちゃう・・」
と彼が私の乳首をレロレロとなめてくる。
「あぁん、、ダメ・・・。ねぇ、後で。また後で。」
「待てないよ。俺待てません」
そういって手が私の下に伸びてきた

「だーめ・・。ここはダメよ」
せいいっぱいじらして切ない顔を彼にさせようと思った
「触りたい・・。たえさんの。触りたい」

「ダメ、、でも私は触る・・・」
と彼の股間をなでるとカチカチになった大きい彼の物が。。
「あぁ・・」彼よりさきに私から声が出てしまう。
「あ、ぁ・・。たえさん・・・」
かれがまた私の股間にてを入れようとする。
「だめよ。。。私も舐めたい・・」
そういって彼のシャツをたくしあげて彼の乳首をレロンと舐めた
「あぁ・・・」
紅潮する彼の顔がかわいくてたまらない

「おっぱいおいしい。。。もっと舐めて良い?コリコリしてきた」
「ああっ・・。僕も、僕もたえさんの舐めたい・・・ずるい」
「ずるくないよー。あぁっ・・・」
彼の乳首をコリコリとなめながらわたしは彼のカチコチのおちんちんをひざでさすりあげる。
「あぁっ・・たえさん、、やらしい。足でなんか・・・」
「手のほうがいい?カチコチだよ。おちんちん・・・」

私は舌で彼の乳首をなめまわしながら手でおちんちんをにぎるようにさすりあげる
すると
「あぁ、、たえさん、、やらしい。たえさんの乳首なめたい・・・」
彼はもじもじとしながら目線は私の指でなでまわされてる自分の股間に・・・。

綺麗にマニキュアの塗った指に薬指には自分の知らない男のリング。こういうのがよけいいいみたい。

「たえさん、、あぁ、ダメ、たえさん!」
がばっ!!
と私におおいかぶさって私のキャミとブラをぐいっとさげてきた
「あぁ。。舐めたい/・・。」
そう言って私のつんつんに立ってる乳首にしゃぶりついてきた。
「あぁん。。ダメ!」
もう軽くいっちゃいそうなくらい乳首が感じて、随分セックスしてなかったから
こんな事だけで頭が真っ白になった。

「たえさん、さわっていい?指入れたい・・・・」
「ダメよ」
絶対じらしてみよう。このまま触らせないで終わったらどうなるだろ?とか考えてみた。

暫くダメよ、触りたいの応酬が行われて・・・
「もうだめ。。たえさん、ねぇ、ねぇ」
と彼はズボンのまま私の股間にカチコチの物をおしつけてきました。
衣服の間からも解るくらい彼のは大きくなってて・・。
「ダメ。そんなに触りたい?」と聞くと
「うん、触りたい・・・。ああぁ・・。たえさんのきっと・・熱くてぬるぬる・・・」
彼の目がとろんとしてきました。
その顔がたまらない・・。

「たえさん、ああ,もういいでしょ、じらさないで。」
そういって彼の手が私のスーツのスカートからショーツへ。
「あぁっ」

「あぁ?・・・たえさん、ぬるぬるだ・・・。きもちよさそう・・・。あぁっ」
彼がせつなくあえぐ。
彼の長くて綺麗なゆびが私のオマンコにヌチュヌチュとふれている。
ショーツを横ずらしにしてひとさし指と薬指でオマンコを広げて彼の長い指が私のぬるぬるのおまんこに・・

「んぁあっ!だめっ、、ああっ」
「ダメじゃないよ、、ここまでじらされて・・・。ああぁ、ぬるぬる。どう?たえさん?どう?」
「あっ、ああっ!!だめぇっ!」
ヌチュヌチュと細かいピストンでバイブレーションする指!う、うますぎる・・・。
「だめっ、だめっ・・」
「ダメじゃないよ。何がダメなの?あぁ?・・・たえさんのオマンコあったかくて
入れたらきもちよさそう・・・・。たえさん、きもちい?ん?こっちむいて」
こうなったらもうだめ。。彼の細くキレ長の目みたらいっちゃう・・・

このままだとマジでいっちゃいそうなので、一度止めて指をぬかさせた。
一回イっちゃうと何されてもくすぐったくなっちゃうし。

「今度は私のばんよ・・」
そういって彼のズボンにてをかける。
現金なものでそこを舐められるのは大人しい。
なめて、といわんばかりに股間をつきだしてくる。

ズボンを下ろすとカチコチのおちんちんがトランクスからはみでそう。
そして濡れてる。
おちんちんを出してながめる
「おっきぃ/・・。おいしそう・・・・」指でさする。
「あぁ。。たえさん、、あぁっ。」ちいさな声で「早く」って聞こえる。

まずはゆびでさすって、それから舌先で袋のあたりをちろちろっと舐めて・・・
鬼頭前までうらすじをすーーーっと舌先でなめて。
それから袋をベロベロって舐める。
袋を口にふくむくらいなめてから・・また舌先で上、、下、、、上,、
なかなか鬼頭にはさわらない。

うらすじを舐めて鬼頭の裏あたりをぬちゅ、っとなめる
「あぁ・・・!たえさん、、、!!!」
ワイシャツが乱れてる若い男って最高にエロイ。
可愛い顔しながら鬼頭のうらをヌチュヌチュ舐める。上にいって、、下にいって、、カリを舌先でちろちろして、、
また上いって下いって、、ずっと彼を見てる。
「あぁ、、たえさん、たえさん!僕、、ああっ」
サラサラの前髪。普段どんな顔して仕事してるんだろう。こんな乱れた姿で・・。
そんなこと考えてたらもっと苛めたくなる。

下からなめあげて、そして鬼頭を含み、一気に喉のオクまでのみこむ
「あぁ、、、。」
彼も腰をうかせておくへいれてきた。
いやらしい。この腰があとからどうやって自分のオマンコをつくのか・・・。
そう思うと口の中さえ生還帯担った気分。

そこからは手と下とを駆使してジュボジュボナメあげて喉オクで彼の鬼頭をしめて。。
「たえさん、、あぁ、ほしい!いっちゃうから、だめ・・・」
彼はそういって口からぬいて、それからそのまま私にインサート。

「んぁ・・・!」この入ってくる感覚がたまらない。きつくて、こじあける感覚。こしがよじれた。

「たえさん、、はぁ・・。俺やばい。。」
そういって彼は入れたまま体をおこし、ネクタイを急いではずし、
シャツのボタンを急いではずす。
ば、っとぬぐその姿・・・エロすぎ!!たまんない!!!

長めの前髪が乱れててメガネをはずし、いったん髪をかきあげる。
細見なのにしまった肉体がそこに。。
「たえさん、,、、」
そういって目を細める彼はもう年下の男じゃなく、私を組み敷く男でした。
このギャップがたまんない。
「たえさん、どう?」
「あぁっ、だめ、あっぁあっ、!」
「かわいいね、たえさん、ああぁ、入ってる。俺の固いの、わかる?」
「う、、ん、わか、るっ、、ああっ!」
「どう?俺、いい?ねぇ」
「いいよ、、あぁっ」
「たえさんの旦那よりいい?ねぇ?」
「うん、、いいっ!ああっ!!」

たくましい腕に太めの腕時計。体の上で揺れる若い肉体。垂れ下がった前がみと鋭い目で
そのまま彼の若い肉棒につかれて私は絶頂を迎えました。

というわけで忘れられないというか、今もまだこの関係は続いてるけど・・・。
この間のエッチは忘れられないなぁ。

お高いホテルでのエッチとか、ケンカ後のエッチって燃えるもんね。
それにスーツ姿って3割マシで萌える。
格好良すぎてどうにかなりそう。
顔みてるだけでいっちゃいそうだもんな。

所で書いてて思ったけどこれじゃ私熟女じゃん(w
私27で彼が25。2歳下なだけなんだけど、この年齢の2歳は堪える。

たえ158cm48kgです。あと2キロやせないとやばい。でぶい・・。
ちなみに彼は182cmで足長いしモデルみたいだよ?

21 1月

幸せなカップル

去年の夏。
彼に急に家においでよと誘われ、行きました。
最初はテレビを見ながら2人でごはんを食べました。
ごはんを食べ終わって彼が洗い物をしてくれてて、私は机の上においてあった雑誌を眺めてました。
そしたら、彼が、
「なにしてんの?」って言いながら後ろから抱きついてきました。
急だったのでびっくりして
「ちょっと・・・」って言ったら、「なんで?こんなにここが硬くなっちゃってるよ?」といいながら
私の手をカレの方へもっていかれました。
そのまま、彼は私のおっぱいを舐めたりして、「こんな濡らしちゃって・・・」と言われながら
そのままかき回されました。
私もカレのを手で動かしたり、口に入れたり。
そうするうちに、彼も私も裸になりそのままお風呂へ。
シャワーを浴びながら、フェラをしてあげました。
「気持ちいいよー、もっと奥まで口にいれてごらん?」といわれながら・・・。
袋を口に入れたり、裏を舐めたり、カリをペロペロしてみたり・・・。
「あー、イキそう・・・」と彼が言うので、「簡単にいっちゃイヤだよう」と言い、
オフロから上がり、そのままベッドへ。

部屋の明かりは真っ暗で、ベッドの枕もとに薄暗く明かりがついてました。
「これじゃ、明るいよ・・・」と言うと、「顔みたいから」と言われ、
そのままキスされました。
「さっき、洗ったばっかなのにこんなにグチョグチョだよ。」なんて言われながら
そのまましばらくクリを触られて・・・。「あ・・・いっちゃいそうだよ」って言うと、
「いっていいんだよ?それとも一緒がいい?」と言われ、もっと濡れてしまいました。
「じゃあ、いれちゃうね」といわれそのまま彼が覆い被さってきました。
「あん、ダメ・・・」というと、「じゃあ、抜いちゃう?いや?」と言われ
「抜かないで」と答えました。その時に彼が、
「これ、おまえのHな愛液だよ」と言いながら、指を舐めて・・・。そのしぐさがよけい感じてしまいました。
彼が、どんどん腰を振ってきて、私も敏感になってしまい、
「こんなに腰振っちゃって、Hだなあ」と言いながら、
私の体を横向きに。カレも、さらに激しくピストンしてきます。
あまりに気持ちよすぎて声が大きくでちゃうくらい。
「もう・・・もう、ダメ、いっちゃう、」と言い、本当にピクンピクンしてしまい、
いっちゃいました。
「もういっちゃったの?さっき、あんなにいじっちゃったから、敏感になっちゃった?」
と言いながらも、まだピストンしてきます。
「じゃあ、バックしたいな」と言われ、そのままバックへ。
喘ぎっぱなしで、彼が「エッチな子だなあ」と言いながら、どんどん突いてきます。
「もう壊れちゃうよぅ・・・」と言うと、「もう、イクから・・・」と言われ、そのまま中へ・・・。
ドクンドクンと波打つように・・・。
「おまえ、エロ過ぎだよ。イクっていったら、ジワーってまた濡れちゃって・・・」
と言われてしまいました。
そのままベッドに横になりキスをしました。

なんか、書いててムラムラしてきちゃいました。
濡れてるし・・・。物足りないというか、つまらなかったかな?
でも、最後まで読んでくれてありがとうございました。

20 1月

中2の彼女

俺が中3の頃のエチーな話だがしてもいいか?
1月の終わり頃に1つ下の結構可愛い後輩から告られたわけだ。
その後輩は入学してから俺に一目惚れして、この2年間ずっと俺のことが好きだったらしい。その証拠に彼女が入学して間もない頃に、俺と同じ部活の男の後輩が
「○○先輩のこと好きな子がいる」
と言って彼女がいるところに俺を呼んで彼女に挨拶をさせたからだ。
でも俺はその当時は別に好きな子もいたからあまり気にしてなかったわけだが。
だから告られた時は正直驚いたし嬉しかったよ、あの時からずっと好きでいてくれてたってことにね。

・・ここまではあまりえろくないな、要望あればえろいとこまでいきますが。

まぁOKして付き合うことにした。
それで付き合ってて後々分かったことなんだが、彼女が2年間俺のこと好きだったのは事実だけど俺が他の子と付き合ってるとかの噂(彼女と付き合うまでは全然付き合ってないんだが)が何度か彼女の耳に入って、俺のこと諦めた時期があったらしいんだ。
(諦めたと言っても好きでなくなったわけではないらしい)
それで他の男と付き合ったりしてて、処女はもう喪失してるって聞かされたんだ。
聞かされたってゆうか自分の口からは言えなかったらしく手紙にして渡われたんだけどね。
そりゃもうショックだったよ。俺は彼女のこと処女と思ってたしそんとき童貞だったから初めてセクースする相手は処女がいいって思ってたしね。
後日会ったときに泣きながら
「まだ付き合っていてくれる・・?」
と聞かれたんだ。正直かなり悩んだ。今更ながら童貞の処女願望は恐ろしいねw
でも結局そんときは俺も好きになってたし付き合っていくことにしたんだ。

しかしそれからもこのことが頭から離れず、『俺は経験してないけど彼女はもう他の男に入れられたことがあるんだ・・』
とか考えては一人で欝になってたよ。

それからちょっと経って俺の学年の卒業式も終わり俺は後輩達より一足速く春休みに入ったんだよ。卒業式が終わり、彼女から
「○日、○○君の家に遊びに行ってもいいですか?」と。
でも○日ってのは平常日で彼女の終業式もまだ先なのにどうするの?って聞いたら、
「さぼる」
だって。
付き合い出してから2ヶ月経ってたし、キタ!と思ったね。普段は多くても3時間くらいしか一緒に居られなかったしお互いの家には一度も行ったことない。俺の親は共働きだから平日は丸一日家にはいないし。
もうこの頃にはキスと胸触るのも済ませてたわけだからこうなると真っ先に想像したのは当然セクースですよ。

そしてついに○日、
朝の9時頃に彼女が私服で俺の家へ来た・・

俺の部屋は割と小さい空間だし物が結構あるので座るところと言ったらベッドか椅子しかないのね。
俺はほとんど椅子の方には座らないから彼女に俺の部屋までついてきてもらっていつものように俺がベッドに座ると彼女は椅子の方へ。
ちょっとショボーン。それでいろいろと話をしていたわけだがもうその日の俺は最初っからやる気マンマンだったから話などどうでもよかった。
話をして1時間程経過、
『もう我慢できない!』
俺は思いきって立ち上がり彼女の方に体を向けた。彼女は少しハッとしたがもう後戻りはできない。彼女の方へ詰め寄り、なだれ込むように彼女の閉じた太股に座り、ディープキス・・。
椅子の後ろは壁だったので彼女を壁に押し付けている感じだったかな。

いつもはキスにも集中して彼女の反応などを楽しんでいるんだが今日ばかりはそうもいかない。
キスをしている最中にも、
『ここからどうやって進めよう・・?』
とか考えてた。
それでとりあえずベッドの方へ持っていこうと思いつき、
「ここじゃキスしづらいから・・ベッドに行こ・・?」
恥ずかしそうに下に目をそらしながら頷く彼女。
抱き抱えたままベッドの方へ移動。そのままベッドへ倒れ込む二人・・

ベッドの上へ寝転がり、キスをし続ける。
キスをしばらくした後、俺の手が胸に近づく。初めて触った日以外はいつも無言で触りに行ってたんだが、なぜかその日は
「触るよ・・?」
と聞いてから触った。
いつもと同じ、柔らかいBカップの胸に触れたがやはり興奮と緊張で集中はできなかった。
しばらくして乳首を軽くつまむと彼女が
「んっ・・!」と反応した瞬間、俺の中の理性の一部が消し飛んだ気がした。そして
「なめていい?」
と聞くと
「・・ウン」
と一言。ハッキリ言ってこの時俺は本能だけで行動していた。ただひたすら彼女の胸を揉み、乳首をなめ、吸い、舌先でチロチロする度に彼女が身をよじらせて反応し、
「ん・・んんっ」と感じている。ときどき声が漏れ、
「ハッ・・あっ!」と声をあげる。その吐息と声で俺は益々興奮した。

さて、ここから先は俺にとってはまだ未体験ゾーンだ。そう思うと更に緊張してきて手が震えた。
胸の上までめくりあげたシャツとブラを取り、ベッドの横に落とす・・
胸が完全に露わになりジーンズ姿一枚になった彼女は、恥ずかしさを我慢しているのか下唇を軽く噛み俺と目が合うと横に目をそらした。

尚も胸を触り続けるが考えていることはただひとつ・・
『どうやってあそこを触ろう?』
彼女が来ることは知っていてやる気全開だったくせに段取りを全く考えていなかった自分に後悔した。
とりあえず何も言わず彼女のズボンの中に手を忍ばせることにした。
キスをしながら、左手で乳首を刺激し、右手は彼女の体を滑り、ゆっくりとヘソを通過し下腹部あたりまで進軍した…

その時である、彼女が小声で
「・・ダメ」
と言ったのだ。
俺はすごい焦ったよ。だって俺は彼女もセクースOKで俺の家に来たと思ってたからね。どうしようかとすごい悩んだ。
でもここまできてしまってはもう俺の本能と暴走は止まれない。彼女の声とを振り切りさらに手を奥に進めパンツの中に手をやった、すると・・
生まれて初めて女性の陰毛に触れた。想像していた程柔らかくはなく、かといって硬いわけでもない。その感触に驚き少し我にかえった。
しかし俺の手は止まらなかった。彼女はこれ以上先へは行かせまいと俺の腕をつかむが、女の力では俺の手を止めることもできず、陰毛をも通り過ぎついに俺はあの部分へと手をやった・・

『これって・・濡れてる?』
俺は触れた瞬間そう思った。ジンワリとなま暖かい感触・・触ったとたんに彼女は
「ん・・」
と声を漏らし抵抗をやめた。後で聞いた話だが、濡れてるのが恥ずかしくて抵抗をしていたらしい。
俺は少しの間触っていたが『直接見たい』とゆう衝動に狩られ俺は彼女のジーンズをおろした。
はいていたのは黒いスポーツタイプのパンツ。俺はそのパンツの上から彼女のあそこをこすった。
「ん!ん・・ん」
彼女の頬が赤くなり息が乱れてきた。
俺は我慢できずにパンツも一気にずらした。
・・目の前に初めて生で見るまんこ・・
俺はそれを見るとなぜか今までの興奮が冷め冷静になった。俺はまんこに指をやりいじりだした・・「んっ!・・ん!」
しばらくいろいろなところをいじっているとイボみたいのに指が当たった。瞬間
「あぁっ!」
彼女の声が部屋全体に響く。―そう、俺はクリトリスを触ったのだ。

彼女はここが一番気持ち良いんだと思いただひたすらクリのみを指でいじる。
「ぁんっ!んっんっ!そ・・やっ!」
しばらくしていると彼女が
「んっ!○○君、お願い・・そこ・ダメ・・」
と言われた。当時の俺はそれがなぜなのかは分からなかったが言われたとおりにやめた。そしていよいよ膣に指を入れようとしたとき・・あの感情が俺を襲った。
『俺は経験してないけど彼女はもう他の男に入れられたことがあるんだ・・』
『この白い胸もクリトリスも俺の知らない男に責められ同じように喘いでいたんだろうな・・』
などとイヤなことばかりが頭の中を回る。俺はそれを振り切るかのように彼女の膣に指を入れ昔の男のことなど忘れさせてやろうと、激しく、激しくかき回した・・
「ちょ・・んっ!あぁぁっ!あっあっ!」
彼女の喘ぎ声と愛液の匂いだけが部屋中に響く…
【クチュ…クチュグチュヌチョグチョ】

ただ膣内を責めて、責めて、彼女が喘いでいるのを見てもなかなか不安はおさまらない・・
「やっ!ちょ・・待っ・ん!ど・・・したの!?あぁっ!!」
それでも俺はやめずにかき回していた。しかしその時である!俺はある異変に気が付いた。
彼女の膣をかき乱していた中指の付け根周りになんと血がついていたんだ・・
俺は我が目を疑った。指を引き抜き見てみると、指のところどころについた真っ赤な血・・
彼女のまんこを見てみると膣の入り口周辺に少し乾いて黒くなった血の跡が・・
俺は爪を切っていたし彼女の膣を切って傷つけたわけでもない。
胸の鼓動が急激に加速した。
俺はいじられすぎてぐったりしている彼女の横の布団にバタッと倒れ、そっと彼女の顔の前に血のついた指を差しだし見せ
「どうゆうこと?」
と聞いた。すると彼女が話し始めた・・

話は長かったのでまとめて説明すると、彼女は中学に入ってから同じ学年の男3人と付き合ったことがあり、最後に付き合った男の家で遊んでいるときに寝てしまい、目が覚めると服がはだけていてその男がとなりに座っていて
「ヤッちゃった」
と言われて信じていたらしい。しかし実際はされてなかった。この血が何よりの証拠・・
俺は喜びで涙目になった。そこで彼女にトドメを刺された。すこし涙目で上目遣いで恥ずかしそうに
「初めては○○君がいい・・・」
それを聞いた途端俺は涙がブワッと出た。

そして俺と彼女は布団の中に入りキスをした。しばらくキスをしていると俺のティンポは再び勃起してきたのだがはっきり言って『今日はできなくてもそれでいいかな。』
と思ったりもしていた。しかしそのときである!
【コツ!】
何かが俺の勃起したティンポに当たった・・なんとそれは彼女の手である!彼女が布団の中で手を移動させていると偶然俺のティンポに手が当たってしまったのだ。しかも俺は下はジャージだったから勃起するとすぐ形に出ちゃうのね。
俺と彼女はキスをしていたがお互いハッ!となり口を動かすのをやめしばらく時が止まり沈黙・・
するとまた
【コツ・・・】
あろうことか彼女はさっき当たったモノが本当に俺のティンポだったのか確認するためにもう1度触ってきたのだ。
彼女に勃起してるのがバレてヤケになり俺は彼女の手を引っ張りズボンの中に押し込んだ

そしてパンツの下を潜りティンポを触られた。そしたら彼女が
「どうすればいいの?」って聞いてきたから、
「こう…握って上下に…」と答えると、ぎこちない手つきでパンツの中から俺の勃起したティンポをしごき始めた。
お互い無言。ただ彼女の腕の動きでジャージがこすれる音だけが聞こえる。彼女がやりづらそうにしていたからズボンとパンツを下にずらした。俺はフェラの願望があったし布団をめくると彼女にティンポを見られると思うと興奮して、つい
「なめて」と言ってしまった。拒否られるかなと思ったら
「ウン・・」って答えが。心の中で大きくガッツポーズをしたよ。彼女に手を離してもらい布団をめくると布団の下に隠れていたティンポが姿を現した。
彼女は起きあがって数秒間ティンポを凝視、そして俺の股の間に入りティンポの付け根を握り、小さな口で亀頭をくわえる・・
『か・・可愛すぎる!!』フェラ自体はテクもなく上手くなかったが
『彼女にフェラをされている』と思うと異常に興奮して3回程しゃぶられただけでイキそうになった

でも俺はここまでしたらやはりえっちをしたいと思ったから、イクの我慢して起きあがり彼女を押し倒しまんこに指を当てた。
【クチュ・・】
まんこはまだ濡れていた。彼女も俺と同じ気持ちなんだと思い指をやさしく動かしクリや膣を刺激する。
「ん・・んんっ・ん」彼女の吐息と声をこらえる表情に我慢できなくなり俺は
「挿れたい・・」とついに言った。彼女はしばらく沈黙し、
「・・ゴムは?」と聞いてきた。
前にも書いたが俺はやる気全開だったが段取りなどを決めていなかったためゴムも用意しないでいた。俺は素直に
「持ってない」と答えると
「じゃあダメだよ・・」と返ってきた。でも俺はここで引き下がらなかった。なぜなら初体験の初挿入は人生の記念となると考えていたためゴムなどつけず必ずナマで直接味わいたいとずっと思っていたからだ。

俺は諦めきれず彼女に
「イクときは自分で分かるしイキそうになったら抜くから」と頼んだ。彼女はしばらく考え、そして
「・・ちょっとだけだよ?」と言ってくれた。それを言われた時、俺の気持ちは、嬉しさよりもついにハメるとゆう緊張のほうが上回っていた。
彼女の足を手で押し広げる・・俺の目に飛び込むハッキリとしたまんこ・・
よく漫画などで童貞がハメる前に
『俺の童貞さようなら』とかの思考があるが緊張のあまりそんなこと思う暇もなく俺はティンポを彼女のまんこに近づけ、ついに俺のティンポと彼女のまんこが触れた。
腰を前に突くが入らずに上へ滑ったりゴチンとまんこのどこかに当たったりしてなかなか入らない。入らずに焦り勢いよく突いたその時、
【ズプ!ヌルゥ!】と音をたてて入ったと思った瞬間、
「んんっっ!!!」と大きな声を漏らす彼女。
俺が少し腰を動かすとそれに反応して彼女が悶え喘ぐ。
【ヌルッズプ!ブプヌチョ】
「ん!、ぁっ、あっ!はっ!・・ん!」

『気持ち良い・・・!!』今までしてきたオナとは比べられない感触が俺のティンポを襲った。俺は休むことなく更に腰をふった。

【グプッ!ヌッブズプ!ズンッズッズン!】
「んっ!んぅ、ぁっ!あ・・ぁ、んあっ!!」
彼女の喘ぐ姿が可愛くてもたれこみキスをしながら腰をふる。
「ん!んんっ!は!・・ぁん!んん?っ!」
だんだんと射精感が身をつのり、そろそろ腰を動かす速度を緩めようかと思ったとき、なんと彼女が足で俺の腰を引き寄せ、膣を、キュゥ?ッと締めつけてきたのだ。俺の射精感は一気にMAXへと駆け昇り、
『ヤバい!』と思った俺は手で体を浮かしティンポを膣から引き抜こうとした時に射精が始まった。
俺は間一髪で膣内に出す前に抜くことができたまらず彼女の陰毛部分に射精した。
白く濁った大量の精液が彼女の陰毛にからみつく。

そして疲れて彼女の上で汗いっぱいなっている俺に向かって
「頑張ってくれてたね、嬉しかった・・お疲れ様☆」と声をかけてくれた。俺はその言葉で嬉しくなり、結局その日は彼女が帰るまで2回もしてしまいました・・

彼女とは今も続いています。

一応完結しました。支援してくれてた方サンクス。

Archives
配信中@twitter
エッチな体験談を投稿しています。
エッチな体験内談検索
その他の体験談
アクセスランキング
スマホ・携帯でも
QRコード